スッキリしたいときにはアクションがおすすめ!爽快!主人公が強すぎるヒーロー映画50選!

スッキリしたいときにはアクションがおすすめ!爽快!主人公が強すぎるヒーロー映画50選!

『スーパーマン』などのヒーロー映画の定番って主人公がやられそうになり、最後に逆転勝利するというものだったりするんですがこの世には主人公が強すぎて負けない、むしろ一方的にボコボコにしてしまうなんて映画もあります。そんな主人公が強すぎる映画を紹介します。


目次

『96時間』(2008)

2008,フランス,FOX
© 2008 Europacorp - M6 Films - Grive Productions

初めての海外旅行で訪れたパリで、何者かに誘拐された17歳のアメリカ人少女・キム。そのとき、偶然にも携帯電話で話していた父親のブライアン(リーアム・ニーソン)は、愛する娘を襲った悪夢のような出来事に胸を引き裂かれる思いでいた。そして、受話器の向こうからキムの悲痛な絶叫が聞こえたとき、ブライアンは心に決めた。地獄の果てまでも犯人を追い詰め、自らの手でキムを必ず奪還してみせると...。政府の元工作員として幾多の修羅場を潜り抜けてきた彼は、あらゆる危機に対処できる特殊なスキルを備えていた。そして、キムとの通話の音声から犯人の一味はアルバニア系の人身売買組織だと判明。過去の事例から、事件発生後96時間が過ぎると被害者は救出不可能だという。わずかな手がかりをたどって単身パリへ発ったブライアンは、暴力と欲望が渦巻く暗黒の迷宮へと突き進んでいく。しかし、キムを救い出せるタイムリミットは刻一刻と迫っていた。
娘のためなら全世界だって相手にすると言わんばかりの主人公の暴れっぷりがかっこよくて、強すぎます。

『エクスペンダブルズ』

© 2010 ALTA VISTA PRODUCTIONS, INC

鉄壁のチームワークを誇る精鋭軍団“エクスペンダブルズ”はある日、南米のヴィレーナという島国の軍事独裁政権を壊滅させる危険な任務を受ける。そこでは、ガルザ将軍の圧政に対し、サンドラという美しき女性闘士が反政府運動を指揮していた。調査の為にヴィレーナに潜入したエクスペンダブルズのリーダー・バーニー(シルヴェスター・スタローン)だが、調べ上げていくうちに、ある陰謀が絡んでいることが発覚する。
ハリウッドのスターたちが集結して大迫力の銃撃戦を繰り広げるパンチの効いた作品で、とにかくみんなかっこよくて、危ないおじさんたちといった感じです。

『ジャッジ・ドレッド』

© Rena Films (PTY) Ltd. and Peach Tree Films Ltd.

ドレッドは、新人ジャッジ、アンダーソンと共に、悪名高きギャング、マーマ一味が支配する200階建ての縦型ビル、ピーチ・ツリーへと乗り込む。しかし、マーマはビルを完全にシャットダウンし、ビルの全住人に向けてジャッジ二人を追い詰めて発見次第、殺すように命じる。その数、75,000人。出口がなく、まさに絶体絶命。次なる手は防御か、潜伏か、はたまた攻撃か。そして生き残りを賭けた危険で血も涙もない戦いが始まった。
とにかくハードボイルドで寡黙でありながら完全無敵の強さを持つ主人公がかっこいい作品です。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

© 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

イカれてるのはオレか?世界か?どっちだ?マックスと仲間達は、自由を賭け、壮絶なる逃走を開始する。石油、そして水も尽きかけた世界。愛する者を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官のマックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられえたマックスは、 ジョーに囚われた女たちを連れ、反逆を企てるフュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの男・ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、自由への逃走を開始する。凄まじい追跡、炸裂するバトル...絶対絶命のピンチを迎えた時、マックスと仲間たちの決死の反撃が始まる!
地球が放射線に汚染され文明や秩序、そして愛も優しさもなくなった世界で人としての心を保ち、生き抜く主人公たちの色々な意味での強さが光っています。

『ボーン・レガシー』

© 2012 Universal Studios. All Rights Reserved.

暗殺のスペシャリストを養成するCIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”。この計画が生み出した“最高傑作”はジェイソン・ボーンだけではなかった。ボーンが起こした一連の事件を引き金に、完璧な戦闘能力を備えた“もうひとりの最高傑作”アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)もまた巨大な陰謀に巻き込まれ、生命の危機に晒されていく。
この作品は過去3作品と少し違い、主人公が今までの自分に疑問や嫌悪感を覚えるという人間くさい描写があります。スピード感と緊張感の共存ができていて面白い作品です。

『ハンコック』

© 2008 Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.

人間の姿で地球にたった一人、何千年も生きている“ハンコック”(ウィル・スミス)。不死身の体で空を飛び、嫌々ながら人助けをするものの、やりすぎパワーで街を破壊し、市民は大迷惑。でも、本人は反省する気もなく、その不良的態度がさらにブーイングを受ける嫌われ者のヒーローなのだ。そんなハンコックは「真のヒーローにならないか?」というある人物の言葉をきっかけに、慣れないヒーロースーツを身につけ、悪質な銀行強盗事件を解決するなど、市民から惜しみない賛美を受ける。だが、その喜びを感じ始めた瞬間に、ハンコックの不死身のパワーに大きな異変が起こり始める...。
普通のスーパーヒーローとは違いかっこいいコスチュームではなく適当な服、そして正義のためというよりは「一応」、「仕方なく」悪を懲らしめておく。そんなスタンスであまり好かれてはいませんが桁外れの強さを持っていてどこか愛着の湧くような主人公です。

『ランボー 最後の戦場』

© 2007 EQUITY PICTURES MEDIENFONDS GMBH & CO.KG IV

軍事政権の暴挙に世界から注目を集めるミャンマー。軍による少数民族への迫害が激化する中、ランボー(シルヴェスター・スタローン)は一線から遠ざかり、淡々と日々を生きていた。そんなある日、彼は少数民族を支援するボランティア団体の女性、サラと出会う。 彼女の真っ直ぐな情熱にうたれたランボーだったが、数日後、ランボーに届いたのはサラたちが軍に拉致されたとの報せだった...。救出のために雇われた最新装備の傭兵部隊に、手製のナイフと弓矢を手にしたひとりの男が加わった。遂に、ランボーは戦場への帰還を決意したのである。
グロテスクな描写が多いですがそれだけリアルに戦争を描いています。あれこれと深いことを考えるのをやめてしまえばとにかくスカッとする作品です。

『ダイ・ハード ラストデイ』

©TWENTIETH CENTURY FOX

現代テクノロジーが“人質”になったとしたら...。アメリカ全土のコンピューターをダウンさせ、経済インフラを破壊しようとする凶悪な犯罪計画が持ち上がった。事件解決は“不死身の男”ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)の手に委ねられた。しかしアナログで昔気質のジョンに、この陰謀を暴くことができるのか...?
父と息子の照れくさくてギクシャクとした関係にある愛が感じれてとてもいい作品です。カーアクションや車の爆破シーンは迫力があり、これぞダイ・ハードといった感じです。

『007/慰めの報酬』

Quantum of Solace © 2008 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

前作『007/カジノ・ロワイヤル』で愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイトを追及していくうち、その裏にある悪の組織の存在を知る。そこには、ラテンアメリカの一国の政府転覆と、秘められた天然資源を手にし、世界をコントロールしようとする陰謀が隠されていた...。復讐を果たすためには、テロリストやCIA、さらにはMI6に先んじて動かなければならないボンド。愛の復讐を誓ったボンドの孤独で壮絶な戦いがいま始まる!
陸海空と次々に乗り物が変わる映像はスピード感があり、アクション映画でありながらもストーリーの中に人間ドラマが存在し面白い作品です。

『バイオハザード Ⅲ』

© Motion Picture Photography 2006 Constantin Film International GmbH. All Rights Reserved.

あの惨劇から8年…。感染は全世界へ広がり、地上は砂漠と化していた。ラクーンシティの生存者たちはアラスカを目指し、ネバダ州の砂漠を横断していた。全ての元凶であるアンブレラ社の陰謀に向かって闘い続けるアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、離ればなれになっていたカルロス(オデッド・フェール)と生存者一団に遭遇、遂に命を賭けたラスト・バトルを迎える!アンブレラ社が企てた“アリス計画”、そして驚異的なパワーに目覚めたアリスの本当の正体が今、明かされる...。
主人公が強すぎてホラー映画ならではの怖さがあまりありませんがストーリーは、やはり面白く誰でも楽しめる作品となっています。

関連する投稿


週末におすすめ!シリーズものの映画20選!【2021年最新版】

週末におすすめ!シリーズものの映画20選!【2021年最新版】

シリーズ長編ものの洋画は見ごたえのある作品が数多くありますよね。シリーズものと言えば、伏線や時系列を考えながら観ることも楽しみの一つとなっています。この記事ではシリーズものの洋画作品の中からおすすめ20作品をご紹介。最新作の情報もお伝えいたします。


映画ジャンルって意外と多い!?全32種類の”各特徴”と代表作をマルっとおさらい!

映画ジャンルって意外と多い!?全32種類の”各特徴”と代表作をマルっとおさらい!

観たい映画を探す時、意外と "ジャンル検索" に戸惑う事ってありませんか?そんな時、どんなジャンルがあるのか知ってるだけでも便利かもしれません。ここでは洋画を中心に、映画ジャンル32種類とそれぞれの特徴・代表作をいくつか紹介していきたいと思います。豆知識程度に、気軽にチェックしてみてくださいね!


悪には容赦なし!アンチヒーローの映画15選

悪には容赦なし!アンチヒーローの映画15選

典型的なヒーローは正義を愛し、善良な市民を守るために身を呈して戦いますよね。ですが悪を裁くためなら手段を選ばないのがアンチヒーロー!そんなアンチヒーローを描いた映画を紹介します。


映画『ワンダーウーマン 1984』キャスト&登場人物・あらすじ・見どころ!2020年、最も期待される映画!

映画『ワンダーウーマン 1984』キャスト&登場人物・あらすじ・見どころ!2020年、最も期待される映画!

3年ぶりに、あのワンダーウーマンが帰ってきました!去年から待たされてウズウズしてるファンも多いのでは?今回もヒロインを演じるのはガル・ガドット。また "スケール規格外" のド迫力映像を楽しめそうですよ!ここでは期待の新作映画『ワンダーウーマン 1984』のキャスト・あらすじ・見どころを紹介していきます。是非チェックしてみて下さいね。


目が離せない!誘拐事件を描いた邦画洋画20選

目が離せない!誘拐事件を描いた邦画洋画20選

最愛の人が誘拐されたら、家族はパニックに落ち、命かけて救出する展開となります。実話の実写化も含め、本記事は誘拐事件を題材とした映画を厳選し、ご紹介します。


最新の投稿


池田エライザの出演映画おすすめ15選!2021年最新情報まとめ

池田エライザの出演映画おすすめ15選!2021年最新情報まとめ

モデル、編集者、歌手、タレント、女優とジャンルに囚われない多面的な活動で注目を浴びる池田エライザ。2020年には映画監督に初挑戦しました。この記事ではそんな彼女が出演するドラマ・映画の中からおすすめ15作品をご紹介いたします。


岡田准一の出演映画おすすめ13選!宮崎あおいと結婚!子供は?

岡田准一の出演映画おすすめ13選!宮崎あおいと結婚!子供は?

演じることについて、ストイックで真摯な姿勢が高く評価されている岡田准一。2017年には女優の宮崎あおいと結婚し、現在では2児のパパになりましたね。この記事ではそんな岡田准一が出演する映画の中からおすすめ13作品をご紹介。2021年公開の最新作の情報も合わせてお伝えいたします。


ナザリック地下大墳墓の美しき守護者アルベドとは?アニメ・オーバーロードに登場する美女アルベドの正体に迫る!

ナザリック地下大墳墓の美しき守護者アルベドとは?アニメ・オーバーロードに登場する美女アルベドの正体に迫る!

多人数同時参加型RPG「ユグドラシル」に存在する最強ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の拠点を守る最強の階層守護者たちを統べる美女・アルベド。彼女は一体何者だろうか?アニメ『オーバーロード』の世界観をおさらいしながら彼女の正体や魅力をまとめて紹介する。


ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

豪勢な暮らしぶりや優雅で上品な立ち振る舞いが羨望の的となる豊かな財力をもつ人たち。今回はそんな、いわゆるお金持ちを描いた映画を紹介します。


『るろうに剣心』シリーズ第1作みどころ、ネタバレあらすじ

『るろうに剣心』シリーズ第1作みどころ、ネタバレあらすじ

『るろうに剣心』はどんな映画なのでしょうか?人気コミックの実写化として話題になった、『るろうに剣心』のみどころ、ネタバレあらすじ、登場人物、評判などを紹介します。この記事を読めば『るろうに剣心』をもっと楽しめること間違いなしです!