『ミッション・インポッシブル』『インセプション』張りつめる緊張感!スパイ映画10選

『ミッション・インポッシブル』『インセプション』張りつめる緊張感!スパイ映画10選

戦う際に情報は大きな武器になります。そんな情報を手に入れるために命をかけるスパイの映画を紹介します。


『デンジャラス・ラン』

© 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

最果ての地、南アフリカにあるCIAの隠され家にひとりの男が連行されてきた。彼の名はトビン・フロスト。36か国で指名手配を受けた犯罪者にして、元CIAの最強エージェント。そして彼が収容されるや否や、完璧なはずの隠れ家が襲撃される。新米CIAで隠れ家の管理人のマットは、壊滅寸前の隠れ家からフロストを引き連れ、決死の脱出を試みるが――。
アクションではなく交渉などの中にある駆け引きが醍醐味となっています。エンターテイメント性もあり独特の空気感が臨場感を演出していてとても面白いです。

『裏切りのサーカス』

Jack English © 2010 StudioCanal SA

1980年代の冷戦時代。英国対外諜報組織「MI6」とソ連「KGB」が熾烈な情報戦を繰り広げる中、英国諜報部“サーカス”を引退した老スパイ、スマイリー。しかし、彼に新たな指令が下る。20年間“サーカス”に潜り込み幹部にまでのし上がったソ連のスパイ、モグラを捜し始末せよ、と。ティンカー(鍵師)、テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵士)、プアマン(貧者)の4人の容疑者を探る中でスマイリーがたどり着いた意外な真実とは――。
スパイの諜報活動がハリウッド映画に比べると地味ですがリアリティがあり終始ピリピリとした緊張感が漂っています。

『ワールド・オブ・ライズ』

© 2008 Warner Bros. Entertainment Inc.

ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、ヨルダンを拠点にテロを計画する大規模テロ組織の首謀者の手がかりをつかむ。そして彼は組織に潜入しようとするが、それには、狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)と、敵かもしれないヨルダン諜報部トップの協力を得なければならない。表面上は味方であっても、彼らをどこまで信用していいのか確信が持てないまま、フェリスの命を懸けた作戦実行の期限が迫る...。
ドキュメンタリー映画のような地味さがありますがよくまとまっていて世界のどこかでこんなことが起きていると思うと考えさせられる作品です。

『グッド・シェパード』

2006,アメリカ,東宝東和

イエール大学でエリートコースを進んでいた青年、エドワード・ウィルソン(マット・デイモン)は米軍にスカウトされ、第二次世界大戦中の戦略事務局(OSS)で諜報任務に従事することになる。終戦後、OSSの延長線上に創設されたCIA(アメリカ中央情報局 )の一員となり、世はソ連との冷戦時代に突入する。そしてCIA最大の汚点と言われた「ビッグス湾事件」の失敗の原因を追求していくうちに、エドワードは国を守るか家族を守るかの究極の選択を突きつけられることに...。
アメリカ人向けに作られた映画で少し予備知識が必要かも知れません。作品の中に無駄なものが一切なく登場人物の演技表情や雰囲気からその哀しさなどが伝わってきます。

『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』

© 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

かつて祖国イギリスを救ったエース・スパイ、ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)は、モザンビークでの失態で引きこもり生活を送っていた。そんな折、MI:7から「英中首脳会談に出席する中国首相の暗殺計画を調べ、阻止せよ」と新たなミッションの要請を受ける。新人スパイ・タッカーを助手に、暗殺を企てる“ボルテックス”という3人組に接近していくのだが――。
制作スタッフの気合が感じられる力作と言えるような作品です。コメディ要素が強くずっと笑っていられる一風変わったスパイ映画です。

『フェア・ゲーム』

© 2010 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

2001年9月11日、同時多発テロ発生。それ以降アメリカ合衆国は、イラク共和国が大量破壊兵器を保持した悪の枢軸のひとつであるとしていた。CIA秘密諜報員ヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)と、夫で元ニジェール大使のジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)は、捜査の末、イラクに核開発計画がないことを突き止める。しかし、ブッシュ政権はヴァレリー夫妻の報告を無視し、遂にイラクへ宣戦布告。“真実”を世間に公表するためニューヨークタイムズ紙に調査報告を寄稿したが、政府の報復により、ヴァレリーがCIAの秘密諜報員である情報がばれてしまい状況は更に悪化する...。
国家権力という大きな力と戦う個の力の正義や良心に胸が熱くなります。現実世界ではこんなこと絶対起きて欲しくないと思うような恐ろしさがあります。

『ソルト』

© 2010 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

大統領暗殺を計画するロシアのスパイと疑われたCIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)。自らの潔白を証明しようと、裏切り者を捜す姿を描いたスパイ・アクション作。
王道のスパイ映画といった感じの映画です。捻りや工夫など変わった点はあまりありませんがとにかく主人公がかっこよく素直に観れる作品となっています。

『インセプション』

© 2010 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人が一番無防備になる状態。夢に入っている時に、他人のアイデアを盗み出すという、犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリスト。その類稀なる才能は企業スパイの世界において引っ張りだこの存在になっていた。だがそんな才能ゆえ、彼は最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。そんな彼に絶好のチャンスが訪れる。このミッションを果たすことさえできれば、かつての幸せな人生を取り戻せるかもしれないのだ。だがその任務はほぼ不可能に近い「インセプション」と呼ばれるものだった――。
相手の夢の中に入り込み情報を盗む産業スパイという設定が斬新な作品。物語が少し難解ですが理解してしまうととても面白いです。

『ミッション・インポッシブル ゴーストプロトコル』

© 2010 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

ロシアのクレムリンで爆破事件が発生し、その容疑がIMF(極秘スパイ組織・不可能作戦班)のイーサン・ハントとそのチームにかけられる。米大統領は政府が事件に関与した疑いを避けるため、「ゴースト・プロトコル(架空任務)」を発令、イーサンチームはIMF から登録を抹消されてしまう。国や組織という後ろ盾を失ったまま、事件の黒幕を追い、さらなるテロを未然に防ぐべく、彼らは黒幕たちの取引の現場、世界一の高さと最新のセキュリティを誇るドバイの超高層ビル、ブルジュ・ハリファへの侵入を試みる。だが、幾重にも張り巡らされた罠と、よぎる裏切りの影が...。次第に明らかになるミッションの“真の目的”とは――。
緊張と緩和のバランスが非常によくスピーディなテンポにのって観れます。チームミッションの連帯感や緊張感がよりスパイ映画ならではの面白さを出しています。

『ボーン・アルティメイタム』

© 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

記憶喪失の男、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が、荒れる地中海沖で救出された。政府の極秘計画“レッド・ストーン”によって育成され、最強の暗殺者となった彼だったが、計画そのものが闇に葬られた瞬間、一変してその存在は邪魔者となり、彼の元に次々と暗殺者が送り込まれるのだった。スイス、フランス、イタリアと、激しい追跡から逃れながらたどり着いたのはインド。彼はそこでやっと愛する女性との平穏な日々を手にするが、そんな日々も束の間、新たに送り込まれた暗殺者によって彼女の命を奪われてしまう。怒りと悲しみに最高点に達したボーンは復讐を心に決め、自分を陥れた陰謀を暴くべく組織との戦いに挑む。
展開のスピードがはやく、情報や手がかりをもとに世界中を飛び回る主人公をみると地球が小さく感じます。

関連する投稿


この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

洋画が日本で公開される際に新たにつけられるタイトルである"邦題"。洋画の日本公開を楽しみに待っていたのに、思わず「どうしてこうなった」と言ってしまいたくなるような、あまりにひどい邦題がつけられてしまうというのは、映画ファンあるあるなのではないでしょうか?この邦題、アリ?ナシ?むしろ、ダサさに愛着さえ抱いてきてしまう!?そんな映画を独断と偏見でご紹介していきます。


アカデミー賞受賞映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のあらすじ、キャスト、魅力のすべて(ネタばれ有り)

アカデミー賞受賞映画『レヴェナント: 蘇えりし者』のあらすじ、キャスト、魅力のすべて(ネタばれ有り)

第88回アカデミー賞10部門のノミネート、監督・主演男優等4部門受賞の快挙を成した長編大作『レヴェナント: 蘇えりし者』。生きる事に執念を燃やす男たちの生々しい描写がとても強烈でしたね。今回はこの作品のもっとディープな魅力にハマってみましょう!様々なトリビアを盛り込みましたので是非ご覧くださいね。


映画『ザ・ウォーク』あらすじ・キャストまとめ!衝撃のノンフィクション

映画『ザ・ウォーク』あらすじ・キャストまとめ!衝撃のノンフィクション

『ザ・ウォーク』は、ワールド・トレード・センターにて命綱なしの空中綱渡りに挑戦したフィリップ・プティの実話を基に作られた映画作品です。今回は、誰もが体験したことのない未知の世界への挑戦を描いた『ザ・ウォーク』のあらすじやキャストなどの魅力を紹介していきたいと思います!


ナオミ・ワッツ出演映画おすすめ12選!『キング・コング』ほか!

ナオミ・ワッツ出演映画おすすめ12選!『キング・コング』ほか!

『キング・コング』のヒロイン役で注目を浴びてから数多くの作品に出演している女優ナオミ・ワッツ。彼女が主演を務めるおすすめ12作品をあらすじと見どころを合わせてご紹介します。


デンゼル・ワシントン出演映画おすすめ9選!『イコライザー』『フライト』など

デンゼル・ワシントン出演映画おすすめ9選!『イコライザー』『フライト』など

アカデミー賞を2度受賞した黒人俳優デンゼル・ワシントン。彼が主演を務めるおすすめ作品9選をあらすじと見どころを合わせてご紹介します。


最新の投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

アメリカの大統領でブッシュを知っている人は多くても、副大統領であるチェイニーという人物を知る人は少ないのではないでしょうか?実はこのチェイニー副大統領こそ、影でブッシュ大統領を操るほどの実力を握り、今のアメリカを作り上げて"しまった"人物として知られているのです。そんな彼の半生を描いた映画『バイス』を紹介します!


秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭とは、“アキバ”に来る人の“大好き”を集めた映画祭。アニメ作品をメインとしてコミックやライトノベル、ゲームが原作の作品からアイドルが主演の作品など、ポップカルチャーに分類される作品を対象として上映されます。今回はそんな秋葉原映画祭2018で上映された作品について紹介します。


ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

日本のみならず、世界的に注目されているジブリ作品。その大きな特徴は、魅力的なキャラクターたちです。どのキャラクターも個性的で魅力的ですが、中でも人気が高いのは誰なのでしょうか?今回は、ジブリのキャラクターランキングを大公開します。はたして、ランキング1位に選ばれたのは…?