『スパイダーマン』『テッド』主人公が成長する映画10選

『スパイダーマン』『テッド』主人公が成長する映画10選

身体的であれ精神的であれ、人が努力して成長する姿をみるとやる気が出てきますよね。今回は主人公が成長する映画を紹介します。


『ベスト・キッド』

© 2009 Columbia TriStar Marketing Group, Inc. All Rights Reserved. **ALL IMAGES ARE PROPERTY OF SONY PICTURES ENTERTAINMENT INC. FOR PROMOTIONAL USE ONLY. SALE, DUPLICATION OR TRANSFER OF THIS MATERIAL IS STRICKLY PROHIBITED.

11歳のドレ(ジェイデン・スミス)は母親の転職で北京に引っ越してきたが、言葉や文化の違いからいじめに遭う毎日。そこで、ドレは武術の達人・ハン師匠(ジャッキー・チェン)に出会い、2人は猛特訓を始める。いじめられっ子から、飛びぬけた精神力によって武術の達人へと心身ともに成長していく。
師匠と弟子の関係が素晴らしくて、成長していく主人公をみていると自分も頑張りたくなります。

『百万円と苦虫女』

© 2008『百万円と苦虫女』製作委員会

就職できずにフリーター生活を送る21歳の佐藤鈴子(蒼井優)。親元を離れようと実家を出ることを決意した彼女だったが、友人とのルームシェアを解消されてしまう...。そこで100万円を貯めて、ひとりアルバイトを転々としながら生きていくことを決意する鈴子。海を越え、山を越え、行く先々で誰かに出会っては、その関係から逃げていく中で、少しずつ彼女の中で変化が生じる。鈴子と同じように人と接する方法が分からず、学校でいじめに遭いながらもそれを乗り越えようとする小学生の弟・拓也の存在が、彼女の背中をそっと後押しする。そして鈴子は、ホームセンターのアルバイト先で出会った大学生の中島(森山未來)に、恋をする。
初めは主人公のことを馬鹿にする周りの登場人物に嫌な気持ちが湧きますが、そんなことを気にせず地味ながらも心の強さを持つ主人公をみてスカッとした気持ちになれます。

『テッド2』

© Universal Pictures

「奇跡の物語」はまだ終わらない...!バイト先で知り合ったタミと結婚したテッドは、テディベアであるにもかかわらず子どもがほしいと願う。そのためには人間であることの証明が必要だ。ここから始まるドタバタの法廷コメディー!一体何をやらかす!?
下ネタや薬ネタは健在どころかパワーアップしています。おふざけキャラでありながらしっかりと主義主張を持ったテッドが面白く、軽い気持ちで観れる作品です。

『ロッキー ザ・ファイナル』

© 2006 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries Inc., and Revolution Studios Distribution Company, LLC.

ボクシング界を退いて十数年、最愛の妻・エイドリアン(タリア・シャイア)を亡くし、息子とも疎遠になったロッキー(シルヴェスター・スタローン)は、フィラデルフィアで小さなレストランを営み、常連客を相手に過去の栄光を語る孤独な日々を送る。そんなある日、テレビ番組で現在のチャンピオンであるメイソン・ディクソン(アントニオ・ターバー)とロッキーとのバーチャル試合が放映され大反響となり、ロッキーは再びリングに上がることになる。手強い対戦相手、不運、そして何より、年老いた自分自身と戦いながら、ロッキーは命を賭けて自らの限界に挑むことに...。
主人公が辛い現実に立ち向かいながらリングに上がり、戦う姿に魂を揺さぶられます。

『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』

© 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

デイヴ(アーロン・ジョンソン)とミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)はキック・アスとヒット・ガールというヒーローの姿を捨て、ごくごく平凡なスクールライフを手にしていた。しかし、卒業を間近に控えたデイヴは将来にやりたいことが見つからず、世界初のスーパーヒーロー軍団を作り、平和を守ることを決意するのだが...。
キャラクターに魅力があり、深みのある作品です。青春だけどバイオレンスというギャップが面白い作品になっています。

『エージェント・ウルトラ』

Alan Markfield/© 2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.

マイク・ハウエル(ジェシー・アイゼンバーグ)はバイト中にレジでスーパーヒーローのサルを主人公にした自作漫画を描きながら、のらりくらりと過ごすダメ男。一念発起で最高のプロポーズを演出しようと同棲中のガールフレンドのフィービー(クリステン・スチュワート)とのハワイ旅行を計画する。しかし直前にパニック発作を起こし、飛行機に乗ることさえできない。フィービーは、そんなマイクを責めることなく優しく見守っていた。ある日マイクは店番中に謎の暗号を告げられる。気が付くとスプーン1本でふたりの暴漢を刺殺していた。なんとマイクはCIAの極秘計画でトレーニングされた最強エージェントだったのだ!覚醒したマイクは、極秘計画の封印を目論むCIA幹部に命を狙われながら、州を封鎖され、殺人マシーン化したエージェントたちからも次々と襲われる。ハッパ中毒のダメ男から、最強エージェントとして覚醒したマイク。人質に取られたフィービーを救い、見事プロポーズをキメる事ができるのか?
アクション主体の映画でが、他にはない斬新な魅せ方やアイディアがたくさんあるので、アクション映画が好きな方いがいも楽しめると思います。

『アメイジング・スパイダーマン』

© 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. MARVEL, and all Marvel characters including the Spider-Man character ™ & © 2012 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.

幼い頃、両親に捨てられ叔父と叔母とともに普通の生活を送っていたピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。だがある日、科学者であった父のブリーフケースを発見したことから、両親の隠された過去を追い始める。父のパートナーであったコナーズ博士のもとを訪ねたことをきっかけに、ピーターは自身の過酷な運命に気づいた。
主人公の複雑な感情は誰もが持つもので、超人的な存在でありながらどこか共感できるためにアクションだけでなく人間ドラマも楽しめます。

『LIFE!』

© 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

雑誌「LIFE」の写真管理部に務めるウォルターは、何ひとつ変化のない日々を繰り返していた。唯一の楽しみは、虚しい現実から逃避して突飛な空想に浸ることだけ。そんな中、「LIFE」誌の廃刊が決定。最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気づいたウォルターは一大決心をして、カメラマンを捜す旅に出ることに。その波乱万丈な道のりは、彼の人生を一変させることになる...。
話が作り込まれていて話の中に数多くのオマージュやパロディがあります。主人公の生き方からメッセージが受け取れるような作品です。

『主人公は僕だった』

©2006 Sony Pictures Entertainment (J) Inc. All Rights Reserved.

私たちの人生のストーリーを書いているのは、運命?神様?それとも自分自身?国税局に勤めるハロルド・クリック(ウィル・フェレル)の場合、なんとそれは文字通り“作家”だった! 毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数歯を磨き、同じ歩数でバス停まで行き、会計検査官の仕事をこなして、毎晩同じ時間に眠る。そんな几帳面すぎる毎日を送っていたハロルドに、ある朝突然、彼の行動を正確に描写する女性のナレーションが聞こえてくる。声の主は、悲劇作家のカレン・アイフル(エマ・トンプソン)。10年の沈黙を破る最高傑作の完成を目の前にした彼女が、ラストでいかにして死なせようかを悩んでいる主人公こそ、ハロルドだったのだ。何とか自分の物語を喜劇にしようと生活を変え始めるハロルド。自分と住む世界が違う女性(マギー・ギレンホール)に恋をしたり、子供の頃の夢だったギターを弾いたり、愛すべき姿に変わりゆくこの人生を、ハロルドは守ることができるのか?
特に落ち込んだ時などに観ると、作品の中のキーワードが胸に刺さって前向きな気持ちになります。

『天才スピヴェット』

© EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

主人公は、10歳の天才科学者スピヴェット。自分の才能を理解してくれない家族に黙って、権威ある科学賞の授章式に出席するためアメリカ大陸を彼ひとりで横断するという、壮大なスケールの家出が描かれている。
ジュネ監督は自身初となる3Dに挑戦、独自の世界観を極めたプロダクション・デザインで徹底的に作りこんだ映像が、観る者をまさに夢の旅へと連れ出し、デジタルとアナログの絶妙なバランスによる異空間がとても気持ちいいです。少年の行動にも胸を打たれます。

まとめ

-(C)2010 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved

主人公が成長する映画を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。修行、失恋、失敗など成長する過程がそれぞれ違っているのも面白いですね。気になった映画があったらぜひ観てください。

関連する投稿


アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

現在27歳という若さにも関わらず、さまざまなジャンルの映画に出演するほか、一回り年上の女性監督と結婚、最近では『アベンジャーズ』シリーズにてクイックシルバー役を演じていることでも話題のアーロン・テイラー=ジョンソン。彼がこれまでにどのような役を演じてきたのか、主演・脇役問わずまとめました。


恋愛映画ランキング・ベスト20!あの有名作品から隠れた名作まで!【2018年版】

恋愛映画ランキング・ベスト20!あの有名作品から隠れた名作まで!【2018年版】

映画と気っても切り離せないジャンルのひとつ・恋愛もの。 邦画洋画問わず、その作品数は多岐にわたり、正直似たような話も多くて、良作を見つけられない・・・なんて人も多いのでは? 今回はジャンルに捕われず、恋愛要素を持ちかつロマンチック度の高い作品をランキング形式でまとめました!


『キングスマン:ゴールデン・サークル』前作おさらい&新作トリビア&出演者まとめ!【ネタバレ注意】

『キングスマン:ゴールデン・サークル』前作おさらい&新作トリビア&出演者まとめ!【ネタバレ注意】

2015年の話題をさらった大ヒット映画『キングスマン』。その続編が2018年1月5日(金)ついに日本で公開!ぶっ飛んだ爽快(!?)アクションで前作からさらにパワーアップした今作のあらすじや出演者の紹介に前作のおさらい、知ると楽しいキングスマンのトリビアなどをまとめました。


東京コミコン2017開催!豪華来日キャストや展示まとめ

東京コミコン2017開催!豪華来日キャストや展示まとめ

12月1日〜3日に開催された東京コミコン2017。来日スペシャルゲストや映画ファン垂涎の展示、見どころ満載の様子をまとめました。


『彼女がその名を知らない鳥たち』に出演!女優蒼井優の魅力!出演作まとめ

『彼女がその名を知らない鳥たち』に出演!女優蒼井優の魅力!出演作まとめ

窪田正孝主演『東京喰種 トーキョーグール』で喰種(グール)であるリゼ役を演じる女優の蒼井優さんが劇中で見せている”怪演”が早くも話題に!蒼井さんと言えば『花とアリス』『フラガール』などで有名ですね!間もなく公開の『彼女がその名を知らない鳥たち』にも出演する彼女の出演作をまとめました!


最新の投稿


青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

若き良き青春時代!誰にでも一度はあった切ないあの時を思い出したいときに!おすすめの青春映画の傑作、名作をご紹介いたします。いま青春真っただ中のあなたにもピッタリ!


今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

6/22(金)、6/23(土)に公開される映画を一挙ご紹介。大泉洋迫真の演技『焼肉ドラゴン』から、沢尻エリカ6年ぶりの主演映画『猫は抱くもの』、昨年多くの映画賞を獲得したドキュメンタリー作品『祝福〜オラとニコデムの家〜』など、話題作が続々公開!


アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

現在27歳という若さにも関わらず、さまざまなジャンルの映画に出演するほか、一回り年上の女性監督と結婚、最近では『アベンジャーズ』シリーズにてクイックシルバー役を演じていることでも話題のアーロン・テイラー=ジョンソン。彼がこれまでにどのような役を演じてきたのか、主演・脇役問わずまとめました。


面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

最近なにか面白い映画ないかな~と思ったらこの記事を読めば間違いなし!最新~過去3年以内に公開されたおすすめ作品をまとめました。


『アベンジャーズ』ドン・チードルまとめ!シリアスな作品にも定評のある彼の演技とは?

『アベンジャーズ』ドン・チードルまとめ!シリアスな作品にも定評のある彼の演技とは?

『アベンジャーズ』シリーズにおいて、アメリカ空軍中佐、ジェームズ・"ローディ"・ローズをテレンス・ハワードから引き継ぐなど、その活躍が目覚しいドン・チードル。現在でこそ大衆作品のイメージですが、過去作ではシリアスな作品でアカデミー賞にノミネートするなど、その演技力ある作品などをまとめました。