小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ20選!原作と比較しておもしろさ倍増!

小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ20選!原作と比較しておもしろさ倍増!

昨今、映画作品はオリジナル作品が少なくなってきて久しいですが、そんな賛否両論ある「原作もの」も、監督独自の脚色によって、生まれ変わるケースは多くあります。ラストを変更するだけでなく、作品全体のトーンを変えたり、登場人物を新たに加えたりと、その方法は様々。こちらのまとめでは、原作と映画の比較や、作者の背景にも迫りました。


目次

小説が原作の映画おすすめ1:フィリップ・ディジャン著「Oh...」/『エル ELLE』

© 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINÉMA - ENTRE CHIEN ET LOUP

新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、猫と暮らす瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、留守中に誰かが侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲にいる男たちを怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった――。

60代のイザベル・ユペールが、体当たりで挑んだエロティック・サスペンス。この役が高じてか、後に『エヴァ』という映画で娼婦役として登場し、イケメン俳優ギャスパー・ウリエルを誘惑しています。

『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINÉMA - ENTRE CHIEN ET LOUP

『エル ELLE』の原作は、フィリップ・ディジャンが2012年に上梓した小説「Oh…」フィリップ・ディジャンは、他にも「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」という、これまたセンセーショナルな作品も発表しています。「Oh…」はフランス五大文学賞のひとつ、アンテラリエ賞を受賞していますが、これは記者経験のある作家が選考基準であることに対し、フィリップ・ディジャンは記者経験がないにも関わらず受賞した異例の作品でもあります。内容は、主人公ミシェルの性悪さが映画の倍くらいあるので、映画を見た後に原作を読むのがオススメです。タイトルが「Oh…」の理由もわかります。

異色サスペンス『エル ELLE』あらすじ

https://pickup.cinemacafe.net/articles/1481

第89回アカデミー賞主演女優賞ノミネートほか、数多くの賞に輝いた、イザベル・ユペール主演の『エル ELLE』が8月25日(金)より公開されています。本作のあらすじをご紹介します。

小説が原作の映画おすすめ2:ジェイムズ・サリス著「ドライブ」/『ドライヴ』

© 2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

昼はハリウッドのスタントマン、夜は強盗の逃走を手助けする運転手という2つの顔を持つ、主人公のドライバー(ライアン・ゴズリング)。その名も過去も明かさず、孤独に生きてきた彼は、同じアパートに幼い息子と暮らす女性、アイリーン(キャリー・マリガン)に一目で恋に落ちたことをきっかけに、危険な裏社会に身を投じることになる。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督を日本にも知らしめた代表作。この作品を皮切りに、レフン監督のキワモノ路線が『オンリー・ゴッド』『ネオン・デーモン』と加速していきます。ライアン・ゴズリングも、『ラースとその彼女』にて、およそ過去にダッチワイフを恋人だと兄弟に紹介するトリッキーな役を演じていたとは微塵も思わせない、ハードボイルドな佇まいが最高です。

© 2011 Drive Film Holdings, LLC. All rights reserved.

原作はジェイムズ・サリスの『ドライブ』 2006年に一度ハヤカワ・ミステリ文庫で刊行されるものの、あれよあれよと入手困難になってしまうほど、当時は注目されませんでした。しかし映画化に合わせて再度刊行されると、注目を集めます。若干25歳で詩や散文の著作集を発表し、『黒いスズメバチ』『コオロギの眼』と言った小説を発表。他にもミュージャン、インディペンデント映画に出演など、枠にとらわれない活動も行なっています。ちなみに小説版「ドライブ」は結末どころか展開も映画とかなり異なります。映画よりクライムサスペンス感が強く、ラブロマンス要素は薄めです。

キャリー・マリガンまとめ

https://pickup.cinemacafe.net/articles/336

演技派女優として多くの話題作に出演し、素晴らしい評価を得ている女優キャリー・マリガン。役によって雰囲気がまるで違う彼女に大注目!

小説が原作の映画おすすめ3:テッド・チャン著「あなたの人生の物語」 /『メッセージ』

突如、地上に降り立った巨大な球体型宇宙船。言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)はヘプタポッドと呼ばれる知的生命体が人類にとって平和の使者なのか脅威なのかを判断するため、彼らと接触し言葉を理解してほしいと軍から依頼を受ける。物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)とチームを組み、人間のものとは全く異なる、まるで動く絵画のような異質な言語解読に没頭するうちに ルイーズは時間が逆行するような奇妙な錯覚に陥っていく。そして言語の謎が解けたとき、彼らが地球にやってきた驚くべき真相と、人類に向けた美しくもせつないラストメッセージが明らかになっていく――。

『メッセージ』

『メッセージ』原作、「あなたの人生の物語」の著者は、アメリカ出身のテッド・チャン。「あなたの人生の物語」はネビュラ賞中編小説部門をはじめとする多くの賞を受賞しましたが、テッド・チャンの本業はあくまでテクニカル・ライター。小説はアイデアが浮かばない限り書かないスタンスだそうです。『メッセージ』の原作も中編のひとつであり、ほかにも天使降臨が現実にあったら天災どころではすまないスーパーナチュラルを描いた「地獄とは神の不在なり」や、人間の顔から美醜を認識できなくなる近未来を舞台に描いたドキュメンタリータッチの文章構成で描く「顔の美醜について : ドキュメンタリー」があります。「顔の美醜について」はドラマ化の規格が進行中で、『メッセージ』で脚本を担当しているエリック・ハイセラーが企画・制作総指揮を行うと発表されています。

映画『メッセージ』アカデミー賞SF映画で8部門ノミネート!エイミー・アダムス渾身の演技!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/157

観る者が言語学者のルイーズと共に、未知なる生命体からのメッセージをとしてい感じ取っていく作品です。邦題のチョイスも巧み。原題は宇宙人の到着を意味する『Arrival』なのですが、受け手がそれぞれ考える『メッセージ』となっているのです。

小説が原作の映画おすすめ4:エマ・ドナヒュー著「部屋」/ 『ルーム』

菅野美穂、ジェイコブ・トレンブレイ、ブリー・ラーソン/『ルーム』ジャパン・プレミア

突然の監禁から7年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人生を取り戻すために、何より<部屋>しか知らない息子に、<本当の世界>をみせるためにーー。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

ジェイコブ・トレンブレイ&ブリー・ラーソン『ルーム』/photo:Nahoko Suzuki

著者で映画の脚本も担当したのは、1969年にアイルランドで生まれたエマ・ドナヒュー。原作は完全に5歳児ジャックの語りで進むため、あえて誤字や言い間違えがそのままになる文体となっています。作品の着想は、実際にオーストラリアで発覚した父親が実の娘を監禁し、7人の子供をうまされた監禁事件「フリッツル事件」をはじめ、ベルギー、ロシア、アメリカ、そして日本での事件から得たことをエマ・ドナヒューは明かしています。しかし映画同様、原作も監禁された過酷さを描くだけではなく、監禁から脱出したその後の展開こそが、本作が一番読者に伝えたい内容であることに変わりありません。何より、目を背けたくなるストーリーをあえて描くのは、正しいものや普遍的なものをより強調させるためだそうです。

ブリー・ラーソン、話題作に続々出演するオスカー女優まとめ

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2468

今大注目の女優の一人であるブリー・ラーソン。『ルーム』でのアカデミー賞主演女優賞受賞や、超話題作『キャプテン・マーベル』への主演など、美貌だけでなく実力も兼ね揃えて話題作に引っ張りだこな彼女の、プロフィールや出演作・ファッションについてまとめました。

小説が原作の映画おすすめ5:ジョナサン・エイムズ著「ビューティフル・デイ」

© Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. ©Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

個性派カメレオン俳優ホアキン・フェニックス×『少年は残酷な弓を射る』でセンセーションを巻き起こしてきたリン・ラムジー監督初タッグ作。第70回カンヌ国際映画祭男優賞・脚本賞W受賞作品。元軍人のジョーは行方不明の捜索を請け負うスペシャリスト。あるとき、彼の元に舞い込んできた依頼はいつもと何かが違っていた。依頼主は州上院議員。愛用のハンマーを使い、ある組織に囚われた議員の娘・ニーナを救い出すが、彼女はあらゆる感情が欠落しているかのように無反応なままだ。そして2人はニュースで、依頼主である父親が飛び降り自殺したことを知る――。

© Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. ©Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

映画化に合わせて原作本が発刊された「ビューティフル・デイ」もとは2013年に電子書籍として発表され、その後ペーパーブックで販売。その際に評判を集めたことで、フランスの映画プロデューサーから、映画化の監督を務めたリン・ラムジーの監督にわたった経緯があります。そのため、映画がカンヌ国際映画祭にて脚本賞と男優賞を得たことも合わせて、20ページほど新たに書き足されているそうです(書き足して110ページほど) ちなみに映画と原作ではあらすじもラストも、キャラクターの造形もかなり異なっていますが、そのことに関して原作者のジョナサン・エイムズは映像も音楽も主人公を演じたホアキン・フェニックスの髭面もとても良いと評価したそうです。本作ではスリラーを手掛けたジョナサンですが、普段はコミカルなものや、テレビの脚本ではシチュエーションコメディを手掛けることがほとんど。スリラーは「ビューティフル・デイ」は初。なお映画・原作の原題”You Were Never Really Here”は、主人公の頭の中で聞こえる「お前は元からいなかったんだよ」から来ています。

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2535

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。

関連する投稿


ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

豪勢な暮らしぶりや優雅で上品な立ち振る舞いが羨望の的となる豊かな財力をもつ人たち。今回はそんな、いわゆるお金持ちを描いた映画を紹介します。


『るろうに剣心』シリーズ第1作みどころ、ネタバレあらすじ

『るろうに剣心』シリーズ第1作みどころ、ネタバレあらすじ

『るろうに剣心』はどんな映画なのでしょうか?人気コミックの実写化として話題になった、『るろうに剣心』のみどころ、ネタバレあらすじ、登場人物、評判などを紹介します。この記事を読めば『るろうに剣心』をもっと楽しめること間違いなしです!


聴くだけで "泣ける" 映画音楽は!?<邦画編>極上サントラに酔える映画15選!

聴くだけで "泣ける" 映画音楽は!?<邦画編>極上サントラに酔える映画15選!

思いっきり泣いた感動映画は何年経っても忘れないものですが、サウンドトラックが感涙ものならなおのこと深く記憶に残りますよね。ここでは、昭和~平成の邦画の中から "泣ける" 映画音楽をピックアップ!サウンドトラック・主題歌が印象深い作品たちを紹介していきたいと思います!思いっきり "思い出し泣き" しちゃいましょう!


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


映画『宮本から君へ』【ネタバレ】あらすじ・結末まとめ!R指定の話題作!

映画『宮本から君へ』【ネタバレ】あらすじ・結末まとめ!R指定の話題作!

日本で最も嫌われた伝説の漫画を実写化した映画『宮本から君へ』は、未熟だけど情熱だけは半端ない熱血営業マン・宮本が悪戦苦闘しながら成長する姿を描いた熱血ラブドラマ。彼に訪れる“究極の愛の試練”とは?この記事では映画『宮本から君へ』のあらすじをネタバレ解説付きでご紹介いたします。


最新の投稿


市原隼人の出演映画おすすめ13選!嫁は元モデル?2021年最新情報まとめ

市原隼人の出演映画おすすめ13選!嫁は元モデル?2021年最新情報まとめ

10代の頃から多数の映画に出演してきた市原隼人。"熱い男"のイメージが強い彼の演技に、不思議と引き付けられてしまった方も多いのでは?この記事ではそんな市原隼人の出演した映画の中から、おすすめ13作品を紹介いたします。


映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

実写版『アラジン』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では実写版『アラジン』のあらすじ、登場人物、キャスト、みどころ、ランプの魔人ジーニー役のウィル・スミスが主演の映画『ジェミニマン』などを紹介します。この記事を読めば実写版の『アラジン』をもっと楽しめますよ!


映画『スタンド・バイ・ミー』の魅力と新トリビア&主人公たちの今!輝きを失わない名ゼリフも!

映画『スタンド・バイ・ミー』の魅力と新トリビア&主人公たちの今!輝きを失わない名ゼリフも!

人生を振り返る時ふと観たくなる映画『スタンド・バイ・ミー』。忘れかけていた何かを思い出させてくれる名作ですよね。当時4人を演じていたキャスト達の今も気になりませんか?ここではキャスト達の今、そして改めて作品の魅力・新トリビア等を "名ゼリフ" と共に紹介していこうと思います。少し時を止めて読んでみて下さいね。


池田エライザの出演映画おすすめ15選!2021年最新情報まとめ

池田エライザの出演映画おすすめ15選!2021年最新情報まとめ

モデル、編集者、歌手、タレント、女優とジャンルに囚われない多面的な活動で注目を浴びる池田エライザ。2020年には映画監督に初挑戦しました。この記事ではそんな彼女が出演するドラマ・映画の中からおすすめ15作品をご紹介いたします。


岡田准一の出演映画おすすめ13選!宮崎あおいと結婚!子供は?

岡田准一の出演映画おすすめ13選!宮崎あおいと結婚!子供は?

演じることについて、ストイックで真摯な姿勢が高く評価されている岡田准一。2017年には女優の宮崎あおいと結婚し、現在では2児のパパになりましたね。この記事ではそんな岡田准一が出演する映画の中からおすすめ13作品をご紹介。2021年公開の最新作の情報も合わせてお伝えいたします。