ヒース・レジャーの死因まとめ ジョーカーを怪演!

ヒース・レジャーの死因まとめ ジョーカーを怪演!

クリストファー・ノーラン監督作品2008年の『ダークナイト』で、バットマンの永遠の敵であるジョーカーを演じたヒース・レジャー。ジョーカー役を演じる俳優の中でも一際支持を得ている彼と、その衝撃の死因についてまとめました。


伝説の演技派俳優、故ヒース・レジャー

ヒース・レジャー-(C)Getty Images

『アイム・ノット・ゼア』のN.Y.プレミアに出席したヒース -(C) Reuters/AFLO

1979年生まれでオーストラリアのパース出身のヒース・レジャー。学生時代はホッケーの選手として活躍し、高校を飛び級卒業して俳優の道に進みました。1999年『恋のからさわぎ』でハリウッドデビューを果たしてからは『ブロークバック・マウンテン』で難しい役柄を見事に演じ、弱冠26歳でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされるほどの演技派に!2008年『ダークナイト』にジョーカー役として出演し、続いて『Dr.パルナサスの鏡』の撮影中に、マンハッタンの自宅で亡くなっている姿が発見されました。享年は28歳でした。

運命の作品、2008年『ダークナイト』

TM & © DC Comics © 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

TM & © DC Comics © 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

亡くなる前に演じたことで伝説となった2008年『ダークナイト』のジョーカー役。『ダークナイト』は、アメリカン・コミックスの出版社DCコミックスのバットマンを描いた実写映画のシリーズのひとつで、クリストファー・ノーラン監督が手がけました。ジョーカーが登場する『ダークナイト』は2作めにあたり、一際高い評価を受けている作品でもあります。

バットマン役はクリスチャン・ベール

TM & © DC Comics © 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

シリーズを通して主人公であるバットマン/ブルース・ウェインを演じているのは、クリスチャン・ベール。クリスチャンは役作りのための体作りによる体重の増減が激しいと言われている俳優で、役のために54kgまで体重を落としていたところから、バットマンシリーズのために厳しいウェイトトレーニングに臨み、半年ほどで86kgまで増量したというから驚き!バットマンであるブルース・ウェインも人間離れしたストイックさを持つキャラクターなので、クリスチャンが演じるのにぴったりだったのかも!?

これまでにないジョーカーを作り上げたヒースの圧巻の役作り

TM & © DC Comics © 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

TM & © DC Comics © 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

クリスチャンの役作りもさることながら、アカデミー賞助演男優賞を受賞したヒースのジョーカーの役作りも半端ない!なんと1ヶ月もの間ロンドンのホテルに泊まり込み、"狂気の犯罪王"と呼ばれるジョーカーの不気味さを追求した役作りに打ち込んだそうです。

-(C)APOLLO

TM & © DC Comics © 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

乱れた緑色の髪に剥がれかけた白塗りのメイク、毒々しい紫のスーツに猫背。そして極め付けは張り付いたような独特の笑み。紛うことなき"狂気の犯罪王"でありながらも、今までとは違った新たなジョーカー像を創り出しました。彼のこの徹底した役作りと演技はまさに「怪演」という言葉がぴったりで、ファンのみならず批評家にも絶賛されました。撮影終了後、ヒースは作品の完成を待たずに亡くなってしまうのですが、この役でアカデミー賞助演男優賞を受賞!故人がオスカーを受賞するのは、ピーター・フィンチ以来2人めの快挙でした。

『ダークナイト』シリーズを手がけたのはあのクリストファー・ノーラン監督

クリストファー・ノーラン - (C) Getty Images

バットマン三部作"ダークナイト・トリロジー"を手がけたのはクリストファー・ノーラン監督。音響や画面作りに徹底して拘ることで有名な監督で、極力CG技術を使わず、『ダークナイト』作中でジョーカーが病院を爆破させるシーンでは、なんと実際にビル一棟を丸々爆破して撮影!さらに、通常の映画よりも広くダイナミックな画面を作ることができるIMAXでの撮影を長編映画で初めて取り入れたのもノーラン監督。

『ダンケルク』(C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

『ダンケルク』(C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

そんなノーラン監督が手がけた2017年『ダンケルク』では、WW2でのイギリスによる稀代の大規模脱出作戦である"ダイナモ作戦"を臨場感たっぷりに作り上げて話題になりました。映画館の音響と大画面で観ると、いつ降りかかるかわからない砲弾への恐怖を感じるほど!
役作りに拘る俳優たち、そして音響や臨場感など徹底した雰囲気作りに拘る監督によって生まれた『ダークナイト』は、今でもファンの中から「最高のバットマン映画」という声が上がる作品なのです。

ヒース・レジャーの他にも名優揃い!これまでにジョーカーを演じた俳優たち

ディカプリオも参戦? “歴代ジョーカー俳優”は名優ぞろい

ディカプリオも参戦? “歴代ジョーカー俳優”は名優ぞろい

"ダークナイト・トリロジー"以外に、これまでにも実写映画化されてきたバットマン。中でもジョーカーを演じてきた俳優は、もちろんヒースも含めて、名優揃いと評判です!
1989年のティム・バートン監督作品である『バットマン』では、化学薬品槽に落ちた影響で肌が漂白され、顔面の神経麻痺により常に引きつった笑みを浮かべたままの表情になってしまい、次第に精神が狂っていく…という、コミックスでのジョーカーの設定に近い成り立ちが描かれています。元はマフィアの右腕でしたが、容姿がトランプのジョーカーのように変貌してしまったことで狂い、周りの人間を殺してゴッサムシティの犯罪王になります。まさに道化、といった風貌のジョーカーで、ヒースのジョーカーとはまた違った怖さが…。

ジャック・ニコルソン-(C)Getty Images

実写映画での初代ジョーカーを演じたのはジャック・ニコルソン。彼の前にジョーカーを演じていたシーザー・ロメロに劣らない演技で、作品そのものの成功への大きな助力になりました。『カッコーの巣の上で』『愛と追憶の日々』『恋愛小説家』でアカデミー賞を受賞しており、その他数々の役でノミネートもされている、アカデミー賞常連の俳優ですよね。

この記事のライター

関連する投稿


キャメロン・ディアス出演映画おすすめ15選!【悲報】女優引退!

キャメロン・ディアス出演映画おすすめ15選!【悲報】女優引退!

『メリーに首ったけ』や『チャーリーズ・エンジェル』で知られるキャメロン・ディアス。今回は彼女の魅力がぎゅっと詰まったおすすめ15作品をご紹介します。気になる私生活や女優業引退についても合わせてお伝えいたします。


『007』のアカデミー怪演男優ハビエル・バルデム出演映画12選!新作も紹介!

『007』のアカデミー怪演男優ハビエル・バルデム出演映画12選!新作も紹介!

スペインが産んだ個性的過ぎるアカデミー俳優、ハビエル・バルデム。セクシーでギラギラした存在感と、どこかデンジャラスで何かしでかしそうな雰囲気が魅力的で、私生活ではペネロペ・クルスの夫。『007 スカイフォール』での悪役怪演っぷりに興味を持った方も多いのでは?今回は彼の出演作を通して、その魅力をたっぷり紹介していきます。


アンバー・ハード出演映画10選!新恋人はあの大物実業家!?【2019年更新】

アンバー・ハード出演映画10選!新恋人はあの大物実業家!?【2019年更新】

ジョニー・デップと泥沼離婚したアンバー・ハード。彼女の新恋人イーロン・マスクはすごい人なんです!起業家の彼ですが、今回はハリウッドとのかかわりも交えてご紹介しますね。話題の新作『アクアマン』を要注目です!


アベンジャーズのアイアンマン!ロバート・ダウニーJr.まとめ【2019年最新】

アベンジャーズのアイアンマン!ロバート・ダウニーJr.まとめ【2019年最新】

4月26日に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』に出演しているロバート・ダウニーJr.。今作でオスカーも噂される彼の軌跡を今一度振り返ってみませんか?ここではプロフィールと主な出演映画作品、ロバートの面白さと感動の詰まったトピック、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の紹介と、見どころたっぷりでお届けします!


不倫がテーマの映画おすすめ10選!禁断の恋の結末は?[洋画・邦画]

不倫がテーマの映画おすすめ10選!禁断の恋の結末は?[洋画・邦画]

許されぬ恋だとわかっていても止められない不倫。美しく描かれた純愛なラブストーリーから悲劇が待ち受けるサスペンスまで、不倫をテーマにしたおすすめ映画を洋画・邦画の中から10作品ご紹介いたします。


最新の投稿


『君の名は。』【ネタバレ】あらすじ・考察・ハリウッド実写版情報!【2019年最新版】

『君の名は。』【ネタバレ】あらすじ・考察・ハリウッド実写版情報!【2019年最新版】

社会現象にまでなった映画『君の名は。』。世代を越え、国を越え、なぜ私たちはこんなにも熱狂するのか?本作を観た方もまだ観ていない方にも、いまさら聞けない本作のみどころと魅力をたっぷりご紹介していきたいと思います!


【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

号泣必至な恋愛映画作品を集めてみました。今回は、邦画と洋画別で、おすすめランキング順にご紹介します。どれも感動的で、泣きたい気分になったら、あなたにピッタリな作品がきっと見つかるはずです!


スウェーデン映画特集!おすすめ20選!

スウェーデン映画特集!おすすめ20選!

このところ注目されつつあるスウェーデン映画。『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』などがハリウッドでリメイクされているように、とても優れた作品が揃っています。そんなスウェーデン映画界で、今どんな映画が主流なのか興味が湧きませんか?ここでは20作品をピックアップして紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。


キャメロン・ディアス出演映画おすすめ15選!【悲報】女優引退!

キャメロン・ディアス出演映画おすすめ15選!【悲報】女優引退!

『メリーに首ったけ』や『チャーリーズ・エンジェル』で知られるキャメロン・ディアス。今回は彼女の魅力がぎゅっと詰まったおすすめ15作品をご紹介します。気になる私生活や女優業引退についても合わせてお伝えいたします。


『ドクター・ストレンジ』あらすじ・キャスト・みどころまとめ!魔術用語までまとめてご紹介!【ネタバレ】

『ドクター・ストレンジ』あらすじ・キャスト・みどころまとめ!魔術用語までまとめてご紹介!【ネタバレ】

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品の14作目として2017年1月27日に公開されたスーパーヒーロー映画『ドクター・ストレンジ』。『アベンジャーズ』シリーズで知られるこれまでのマーベルヒーローたちとは一味違った"魔術師"の物語!あらすじや見どころ、キャスト情報、さらには『アベンジャーズ/エンドゲーム』の情報や続編に関してまで、現時点でわかっている情報を全てまとめました。