映画『レ・ミゼラブル』あらすじ、キャスト、トリビアまとめ!

映画『レ・ミゼラブル』あらすじ、キャスト、トリビアまとめ!

ミュージカル映画の傑作『レ・ミゼラブル』はもう観ましたか?何となくハードルが高いと思っていませんか?実はそんな事ありません。ここでは肩の力を抜いて作品を楽しむための大まかなあらすじ、キャスト、絶対に観たくなるトリビアを紹介しています。世界が広がりますよ!さっそく読んでみてください。


映画『レ・ミゼラブル』のあらすじ

『レ・ミゼラブル』来日決定リリース

映画『レ・ミゼラブル』は2012年公開、イギリスのミュージカル大作映画。
文豪ヴィクトル・ユーゴーが執筆した小説を元に世界各国でロングラン上演されてきたミュージカル劇を、アカデミー受賞の経歴を持つトム・フーパー監督が "人を許すこと" をテーマに映画化しました。

© 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

舞台は1815年のイギリス。
一個のパンを盗んだ罪で19年の獄中生活を強いられてきた男、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)が仮出所した所から始まります。
19年前ジャン・バルジャンは、貧しい生活の中お腹を空かせた妹の為に一個のパンを盗んだのです。
警官のジャベール(ラッセル・クロウ)の執拗な監視が光る中、外界に出たジャンはジャベールに持たされた "危険人物" と記された身分証明書のせいで働き口も無くお腹を空かせながら徘徊していました。
そこに現れたのは慈悲深い老司教。
そこでお世話になり食事などの施しを受けたにも関わらず、ジャンはそこで盗みを働く。
警官たちから攻撃を受けている所を、さらに老司教が救いの手を伸ばしたことで人生が一変。
仮出所の身分を捨て、別人マドレーヌとして生きる決意をした。
正しい道を追い求め、やがて市長にまで登り詰めます。
そんな時偶然、法に忠実な警官ジャベールと再会!
ジャベールは、市長マドレーヌが忘れもしない宿敵ジャン・バルジャンであると見抜いてしまいます。
再び始まる逃亡生活の中、市長である自分のミスで仕事を奪われ娼婦にまで身を落とした女性ファンテーヌ(アン・ハサウェイ)とその娘コゼット(アマンダ・セイフライド)に遭遇した事から、コゼットの父親代わりとして彼女を守り抜く決心をするが...。
というストーリーです。

映画『レ・ミゼラブル』の見どころ①警官ジャベールとの腐れ縁対決

© 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

映画『レ・ミゼラブル』に於いて、もっとも重要な軸となるのはラッセル・クロウ演じる警官ジャベールと、ヒュー・ジャックマン演じる逃亡犯ジャン・バルジャンそれぞれの正義のぶつかり合い。

ジャベールは警官として、どれだけ小さな罪であろうと関係ない。どんな手を使ってでも連行して痛みつけることが正しいと信じ貫いている、警官としては威厳はあるが人間としては相当に非情な男。
どこまでもジャン・バルジャンを追いかけ、追い詰めまくります。
一方の逃亡者ジャン・バルジャンは、どんな事情を抱えていようとも困っている人間を見過ごせず、どんな手段を使ってでも助けてしまう慈愛に満ちた男です。
宿敵ジャベールの危機まで助けるのですから、筋金入りです!
そんなジャン・バルジャンの行動を目の当たりにしているジャベールは、密かに何度も心折れかけているのです。
両者とも頑なな信念を持ちつつ、ある種の引け目と偽りの自分を背負って生きている。
この二人のぶつかり合いが、限りなくドラマチック。

映画『レ・ミゼラブル』の見どころ②美しいシングル・マザー、ファンティーヌの転落劇

© 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

映画『レ・ミゼラブル』に於いてのもう一人のキーパーソン、ファンティーヌ。

彼女はジャン・バルジャンが別人として生き、市長となった時に工場で働いていた若く美しい女性。
ある日彼女は、工場内で吹っ掛けられたいざこざが原因で突然クビになり職を失ってしまいます。
幼い娘、コゼットを養わないといけないのに訳も無くクビにされ、そこに居合わせたジャン・バルジャンは手違いで救うことが出来ませんでした。
娘を養う資金を得る為に美しい髪の毛を売り、歯も売り、しまいには体も売って生活せざるを得なくなる。
ジャン・バルジャンと再会した時にはもう手遅れで、丸坊主で歯も無く痩せこけたファンティーヌは病死寸前でした。そうやって娘に全てを捧げたのです。
ジャン・バルジャンは、その日からコゼットの父親として生きる事になります。

ファンティーヌを演じたアン・ハサウェイの感情表現は圧巻!
悲痛と深い愛がはじけた心揺さぶる演技にブルっと震えてしまいます。

映画『レ・ミゼラブル』の見どころ③娘コゼットの恋が招いた試練

© 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

映画『レ・ミゼラブル』でのジャン・バルジャンの最後の試練は、大切に育てて守ってきたコゼットの恋。

美しく成長したコゼット(アマンダ・セイフライド)は、ある日偶然町で目が合った若き革命家マリウス(エディ・レッドメイン)と一瞬で恋に落ちました。
そんな中、またもやジャベールに見つかってしまったジャン・バルジャンは、マリウスと離れたくないと言うコゼットを連れて逃亡しますがマリウスは諦めずに追いかけてきて愛を貫きます。

『レ・ミゼラブル』Film (c)2012 Universal Studios.ALL RIGHTS RESERVEDArtwork (c)2013 Universal Studios.ALL RIGHTS RESERVED

本気の2人の恋心に心打たれたジャン・バルジャンは、革命家として挑むマリウスたち学生革命軍の戦いにこっそり潜入。
瀕死のマリウスを救い出し、そこで思い切った決断をします。
これは、娘を持つ世の父親たちに必ず訪れる心の葛藤が、誇張した究極の形で表現された名シーンだと思います。

映画『レ・ミゼラブル』で登場する素晴らしい脇役たち

© 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

映画『レ・ミゼラブル』では、主要キャスト以外にも売春宿や学生革命軍の溜り場などから素晴らしいキャラクターが登場してストーリーを盛り立てています。印象に残る何人かを紹介したいと思います。

ヘレナ・ボナム=カーター -(C) Getty Images

まずは、夫とともに売春宿を経営しているテナルディエ夫人を演じるヘレナ・ボナム=カーター。
どこまでもゲスく腐った女性を、彼女特有の個性を活かした絶妙なやさぐれ感で演じています。
監督のトム・フーパーとは『英国王のスピーチ』から2年ぶりのタッグとなります。
彼女にとって、癖の強い役ならお手の物。
悪女や奇怪な役どころが多い彼女には、邪悪な人物を魅力的なキャラクターに昇華してしまう不思議な魅力があります。
私生活では事実婚をしていた映画監督のティム・バートンとの間に2人の子供を設けています。

第85回アカデミー賞(サマンサ・バークス)-(C) Getty Images

そんな鬼畜な売春宿のテナルディエ一家に生まれ、どうしようもない両親を持つ娘エポニーヌを演じるのは歌手で舞台を中心に活動している女優サマンサ・バークス。
学生革命軍のマリウスがコゼットに夢中な中、彼に報われない恋をします。
誰にも愚痴すらこぼさず一方的に愛し続ける切ない演技に、熱く胸を撃たれます。
素晴らしい歌唱力で健気な乙女心を歌い上げる姿が感動的で、彼の思いを優しく受け止めて涙するシーンはもしかしたら劇中で一番感動させてくれたシーンかもしれません。
そのくらい感情移入できる素晴らしい演技でした!

第85回アカデミー賞『レ・ミゼラブル』パフォーマンス(アーロン・トヴェイト)-(C) Getty Images

世の中を変えるため、マリウスと一緒に学生革命軍で活躍するアンジョルラス役を演じているのはアーロン・トヴェイト。
彼も舞台中心に活躍しているアメリカ出身の俳優。
「ゴシップ・ガール」などの人気TVドラマシリーズにも出演しています。
本作では、革命家の名に恥じない非常に男気のある若者を等身大で演じきり、持ち味である素晴らしい歌唱力で革命児たちを引っ張っていく役どころを力強く好演しています。

ダニエル・ハトルストーン-(C) Getty Images

その学生革命軍と志を共にし、パリの路上で暮らしている少年ガヴローシュという存在感抜群のチビっこ。
彼を演じていたのはミュージカル俳優のダニエル・ハトルストーン。

『イントゥ・ザ・ウッズ』ポスタービジュアル -(C) 2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.

ディズニー製作のミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』にも出演していて、その中で「ジャックと豆の木」のジャックを演じています。
現在は19歳。『レ・ミゼラブル』出演当時は13歳でした。
劇中、クシャっとしたロン毛で態度がデカい、ヤンチャな演技を見せていてとにかく可愛い♡
それだけにその無鉄砲さが痛々しくもあり、感情移入してしまう愛すべき登場人物です。

映画『レ・ミゼラブル』の監督、トム・フーパーとは?

この記事のライター

関連する投稿


映画『TENET テネット』あらすじ・キャスト・予備知識!クリストファー・ノーラン3年ぶりのSF超大作!

映画『TENET テネット』あらすじ・キャスト・予備知識!クリストファー・ノーラン3年ぶりのSF超大作!

SF映画の巨匠クリストファー・ノーラン監督が3年ぶりに挑んだ待望のSF超大作映画『TENET テネット』が、いよいよ公開されます。"革新的ブロックバスター映画" と称した国際スパイ・ムービーとの事で、ファンならずとも俄然期待が高まりますよね!ここでは作品の予備知識を兼ねてキャスト・あらすじなども紹介していきます。


ハリウッド人気俳優40人大集合!いま注目すべきは誰!?【2020年最新】

ハリウッド人気俳優40人大集合!いま注目すべきは誰!?【2020年最新】

ハリウッドは映画の都。女優も男優もみな実力者揃いですが、それは其々俳優が放つ個性から生まれています。ここではハリウッド俳優の中でも特にホットな40人を紹介していこうと思います。ブレイク俳優からベテラン俳優まで勢ぞろい!各ハリウッド俳優の名作・新作と最新状況まで合わせて紹介します!


実写版ディズニー映画12選!キャスト&あらすじまとめ!【2020年版】

実写版ディズニー映画12選!キャスト&あらすじまとめ!【2020年版】

『美女と野獣』や『マレフィセント』をはじめ、続々と増えてきているディズニーの実写化。豪華な俳優陣が出演し、新作が出る度に話題になっていますね。その実写化されたディズニーの作品をいくつかまとめてみました!


天才カリスマを描いた映画15選!天才の間の頭脳戦がすごすぎる!

天才カリスマを描いた映画15選!天才の間の頭脳戦がすごすぎる!

時折現れるいわゆる天才と呼ばれる人々。どういったジャンルであっても、一種独特で何かしらの魅力をもっていますよね。そんな一握りの人間の中から、特にカリスマがある人やリーダーシップを持つ天才の活躍や苦悩を描いた映画を紹介します。


事件はこうして起こった!実話ベースの犯罪映画おすすめ51選

事件はこうして起こった!実話ベースの犯罪映画おすすめ51選

世の中には映画よりも残酷な事件がたくさん存在します。え?これって実際に起こった事件だったの?と驚きを呼ぶ、実話ベースの犯罪映画おすすめの51作をご紹介します。


最新の投稿


映画『TENET テネット』あらすじ・キャスト・予備知識!クリストファー・ノーラン3年ぶりのSF超大作!

映画『TENET テネット』あらすじ・キャスト・予備知識!クリストファー・ノーラン3年ぶりのSF超大作!

SF映画の巨匠クリストファー・ノーラン監督が3年ぶりに挑んだ待望のSF超大作映画『TENET テネット』が、いよいよ公開されます。"革新的ブロックバスター映画" と称した国際スパイ・ムービーとの事で、ファンならずとも俄然期待が高まりますよね!ここでは作品の予備知識を兼ねてキャスト・あらすじなども紹介していきます。


韓国人気女優30人!韓流見るなら要チェックな女優たち!

韓国人気女優30人!韓流見るなら要チェックな女優たち!

現在 "韓流ブーム" 真っ盛りですが、4度目となる今回のブームからハマりだした人たちも結構多いのではないでしょうか?VOD時代に入り「愛の不時着」「梨泰院クラス」など中毒性の高い作品が身近な存在となった今、是非チェックしておいて欲しい人気女優たちがいます。ここでは30人をピックアップして紹介していきたいと思います!


怖い?可愛い?ヤンデレ・メンヘラキャラが出てくる映画10選!

怖い?可愛い?ヤンデレ・メンヘラキャラが出てくる映画10選!

ヤンデレ・メンヘラキャラは映画のスパイスとなる重要な存在です。最初は怖いけれど、見ていると「何だか憎めない」と感じることも?そこで今回は、ヤンデレ・メンヘラキャラが出てくる映画10選を、洋画・邦画に分けて紹介!これを読めばヤンデレ・メンヘラキャラが好きになるかも?


映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』ネタバレと暗号の意味を解説!

映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』ネタバレと暗号の意味を解説!

実在した天才数学者アラン・チューリングの生き様を描いた映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』。難解そうな映画に見えますが、中身はかなりドラマチックでテンポ感も抜群!今回は本作のネタバレあらすじとともに、暗号やタイトルの意味を解説!どれぐらい実話と同じなのか?という部分も合わせて徹底的にご紹介します。


『コンフィデンスマンJP プリンセス編』公開!ドラマ全11話と劇場版をネタバレ解説!

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』公開!ドラマ全11話と劇場版をネタバレ解説!

7月23日からテレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が公開!この記事では、新作の公開に合わせてドラマシリーズ全11話と劇場版のネタバレあらすじ、出演キャストをまとめてご紹介いたします。


ランキング


>>総合人気ランキング