映画『十二人の死にたい子どもたち』まとめ!若手キャスト・気になる原作者も!

映画『十二人の死にたい子どもたち』まとめ!若手キャスト・気になる原作者も!


“秋川莉胡”こと「4番 リョウコ」役を演じているのは、『銀魂』シリーズや、「今日から俺は!!」にも出演している橋本環奈。特にこの4番目の人物は『十二人の死にたい子どもたち』の映画化が決定したばかりの時は、帽子にマスク姿で誰が演じているのか明らかにされていませんでした。

橋本環奈/『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア

そんな4番目のリョウコは、なんと自らを“大人たちに作られた虚像”であると信じ葛藤を抱える人気女優。『十二人の死にたい子どもたち』の本編では自分のことを「作られた人間」と嘆き、「大勢の大人が時間とお金をかけて作った商品よ!」と言い放つ衝撃的な台詞もあります。果たして本編でどんな立ち回りを見せるのか気になるところです。

『十二人の死にたい子どもたち』の原作は誰が書いたの?

冲方丁

映画『十二人の死にたい子どもたち』の原作を手がけたのは、こちらも映画化された「天地明察」のベストセラー作家・冲方丁(うぶかた とう)。「悪の教典」で知られるミステリーの巨匠・貴志祐介氏が激賞したことや、第156回直木賞にも候補作として上がるなど、多くの人気を集めた原作です。

『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア

『十二人の死にたい子どもたち』が現代ミステリーであったり、『天地明察』が時代劇だったりしますが、デビューのきっかけはSF小説。中でも古典SF作品を感じさせるサイバーパンク色強めな「マルドゥック・スクランブル」は冲方丁の代表作で、漫画やアニメ化もされました。

『十二人の死にたい子どもたち』の原作者の代表作①「マルドゥック・スクランブル」

『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア

『十二人の死にたい子どもたち』の原作者・冲方丁の名を広めたSF小説「マルドゥック・スクランブル」は、『圧縮』『燃焼』『排気』という副題を添えて3部作で劇場公開されました。少女娼婦バロットを主人公にしたハードな展開が特徴的な作品です。特に『圧縮』は未公開シーンも含めた完全版がR-18として公開されるなど、徹底した演出も注目を集めています。(ちなみにBD版もR-15指定)

『十二人の死にたい子どもたち』の原作者の代表作②『天地明察』

© 2012「天地明察」製作委員会

囲碁の御三家に生まれた安井算哲は、星を眺めることを最も愛し、天の真を地に生きる全ての人に恩恵として届けること(=天地明察)が夢だった。当時、暦は800年間も間違ったものが使わていた。しかし、暦は全ての行事を司る人民の支えであり、暦を司ることで、権力と人心と莫大な利権を得られたため、改暦は強大な敵への挑戦を意味した。時の重鎮たちはなんとか改暦を行おうと、探究心と非凡な才能を持つ算哲に託したのだが、暦の作成は困難を極め、失敗と挫折を繰り返していた――。2010年吉川英治文学新人賞、本屋大賞を受賞した冲方丁のベストセラーを、『おくりびと』の滝田洋二郎の手によって映画化。

『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア

今では本当に夫婦となった、岡田准一と宮崎あおいが共演し、映画化された時代劇。江戸時代前期。コペルニクスの地動説が知られていない時代に天体の運行を観察し日本独自の正しい暦を作り出そうと試みた囲碁棋士であり、天文暦学者の歴史人物・渋川春海の生涯を描いたドラマです。原作小説も第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞受賞作するほどの話題を集めました。

『十二人の死にたい子どもたち』だけじゃない…集団自殺をテーマにした危うい映画たち

3番:ミツエ/古川琴音『十二人の死にたい子どもたち』(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

集団安楽死や、集団自殺をテーマにした映画は『十二人の死にたい子どもたち』だけではありません。その中でもジャンルは様々なものがあり、ホラーから青春、スリラーなど…とにかく不謹慎ではありますが、映画界では定期的に取り上げられるテーマなのです。ここからは、そんなテーマに沿った映画を邦画、洋画合わせてご紹介!

あの園子温監督による過去作『自殺サークル』

古川琴音/『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア

2002年に公開された、『冷たい熱帯魚』などで知られる園子温監督作品。当時国内でも流行していた集団自殺にインスパイアを受けて制作され、新宿駅に54人の女子学生が手を繋いで電車に飛び込むというショッキングなストーリーは、映画ファンの間でも波紋を呼びました。

謎の怪現象で集団自殺…『ハプニング』

© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

いつもと同じ穏やかな朝を迎えたセントラルパークに、突然何者かの叫び声が響き、次々と人々は倒れ、謎の死を遂げていた。さらに別の場所では、次々と人々が屋上から転落する大惨事が起きていた。そしてこの原因不明の異変は、ニューヨークのエリオット(マーク・ウォールバーグ)が勤める学校にも伝わり始める。エリオットは、同僚のジュリアンに誘われ、彼女の母親の住むフィラデルフィアへ避難することに…。だがこの謎の見えない脅威は、急速にアメリカ全域に広まり各地で大パニックが起きていた。エリオットは、妻と娘と共に安全な場所へ避難しようとするが――。『シックス・センス』や『サイン』のM・ナイト・シャマラン最新作。

『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア

こちらは、どちらかというと個人での自殺が多発して、結果的に集団自殺のような形になったパターンの作品。ビルから飛び降りるだけでなく、「そんな手間暇かけなくても…」と言いたくなるような自殺方法まで、レパートリー多数。監督は『スプリット』、『ミスター・ガラス』のM・ナイト・シャマランで、主演には『(500)日のサマー』のヒロイン、ゾーイ・デシャネルや、『マイル22』のマーク・ウォールバーグなどが名を連ねています。

死と美しさは紙一重『ヴァージン・スーサイズ』

『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミア

そして、忘れてはいけない作品が、これまでにもエル・ファニング主演の『SOMEWHERE』や、スカーレット・ヨハンソン主演の『ロスト・イン・トランスレーション』など、美しい女性をメインキャストに迎えた映画を手掛けてきたのソフィア・コッポラの代表作。その名も『ヴァージン・スーサイズ』 原作タイトルは「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」とど直球です。

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

号泣必至な恋愛映画作品を集めてみました。今回は、邦画と洋画別で、おすすめランキング順にご紹介します。どれも感動的で、泣きたい気分になったら、あなたにピッタリな作品がきっと見つかるはずです!


福士蒼汰の出演作品おすすめ13選!イケメン俳優の魅力に迫る!【2019年更新】

福士蒼汰の出演作品おすすめ13選!イケメン俳優の魅力に迫る!【2019年更新】

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクを果たし、映画やドラマに引っ張りだこのイケメン俳優福士蒼汰。幅広い世代から人気を集めている彼の魅力に迫ります!2019年夏公開『ザ・ファブル』の情報も合わせてお届け!


野村周平の出演映画12選!2019公開予定最新映画もご紹介!

野村周平の出演映画12選!2019公開予定最新映画もご紹介!

『恋仲』や『ビリギャル』に出演し、その可愛い笑顔と明るい性格で人気を博す俳優・野村周平の出演映画を紹介します。2019年公開予定の野村周平主演映画『WALKING MAN』も併せてご紹介します。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


『愛のむきだし』のあらすじ・キャスト、そして実話なのか?そして愛とは?

『愛のむきだし』のあらすじ・キャスト、そして実話なのか?そして愛とは?

『愛のむきだし』という映画、覚えていますか?『ヒミズ』や『新宿スワン』や『リアル鬼ごっこ』の園子温監督がメガホンを握り、AAAの西島隆弘さんと満島ひかりさん主演によって放映された映画です。この記事では『愛のむきだし』のあらすじ・キャスト・実話なのかについても触れていき、『愛のむきだし』の愛にも迫って行きたいと思います。


最新の投稿


『君の名は。』【ネタバレ】あらすじ・考察・ハリウッド実写版情報!【2019年最新版】

『君の名は。』【ネタバレ】あらすじ・考察・ハリウッド実写版情報!【2019年最新版】

社会現象にまでなった映画『君の名は。』。世代を越え、国を越え、なぜ私たちはこんなにも熱狂するのか?本作を観た方もまだ観ていない方にも、いまさら聞けない本作のみどころと魅力をたっぷりご紹介していきたいと思います!


【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

【2019年最新版】泣ける恋愛映画50選!邦画洋画別おすすめランキング

号泣必至な恋愛映画作品を集めてみました。今回は、邦画と洋画別で、おすすめランキング順にご紹介します。どれも感動的で、泣きたい気分になったら、あなたにピッタリな作品がきっと見つかるはずです!


スウェーデン映画特集!おすすめ20選!

スウェーデン映画特集!おすすめ20選!

このところ注目されつつあるスウェーデン映画。『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』などがハリウッドでリメイクされているように、とても優れた作品が揃っています。そんなスウェーデン映画界で、今どんな映画が主流なのか興味が湧きませんか?ここでは20作品をピックアップして紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。


キャメロン・ディアス出演映画おすすめ15選!【悲報】女優引退!

キャメロン・ディアス出演映画おすすめ15選!【悲報】女優引退!

『メリーに首ったけ』や『チャーリーズ・エンジェル』で知られるキャメロン・ディアス。今回は彼女の魅力がぎゅっと詰まったおすすめ15作品をご紹介します。気になる私生活や女優業引退についても合わせてお伝えいたします。


『ドクター・ストレンジ』あらすじ・キャスト・みどころまとめ!魔術用語までまとめてご紹介!【ネタバレ】

『ドクター・ストレンジ』あらすじ・キャスト・みどころまとめ!魔術用語までまとめてご紹介!【ネタバレ】

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品の14作目として2017年1月27日に公開されたスーパーヒーロー映画『ドクター・ストレンジ』。『アベンジャーズ』シリーズで知られるこれまでのマーベルヒーローたちとは一味違った"魔術師"の物語!あらすじや見どころ、キャスト情報、さらには『アベンジャーズ/エンドゲーム』の情報や続編に関してまで、現時点でわかっている情報を全てまとめました。