『八日目の蝉』原作小説・映画・ドラマの違いを紹介!

『八日目の蝉』原作小説・映画・ドラマの違いを紹介!

『八日目の蝉』は角田光代さんによるベストセラー小説作品です。2010年にはテレビドラマ化、翌年の2011年には成島出監督によって映画化されました。今回は映画『八日目の蝉』と原作小説とテレビドラマ版との違いについて紹介します!


『八日目の蝉』について紹介!映画vs原作小説vsテレビドラマ

『八日目の蟬』 -(C) 2011「八日目の蟬」製作委員会

不倫相手の子どもを誘拐した女と誘拐された少女の葛藤が描かれた小説『八日目の蝉』。作者は『紙の月』などで知られる直木賞作家の角田光代さんです。2010年にテレビドラマ化、2011年には映画化もされ、注目を集めた本作。今回は映画『八日目の蝉』と、原作小説とテレビドラマとの違いなど紹介していきたいと思います。

原作は、角田光代さんのベストセラー小説

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

映画『八日目の蝉』の原作となったのは、2005年から2006年にかけて読売新聞にて連載されていた角田光代さんによる同名小説作品。中央公論文芸賞を受賞した本作は、さまざまなメディアで注目を集め、ベストセラー作品となりました。

監督を務めたのは、『ソロモンの偽証』の成島出さん

『八日目の蝉』 -(C) 2011「八日目の蝉」製作委員会

そんな人気小説作品の実写映画化にあたり、メガホンを取ったのは『ソロモンの偽証』などで知られる成島出監督です。2003年に『油断大敵』で監督デビューを果たした成島監督。本作『八日目の蝉』では日本アカデミー賞の最優秀監督賞を獲得し、さらに2015年には吉永小百合さんが主演を務めた映画『ふしぎな岬の物語』ではモントリオール世界映画祭審査員特別賞のグランプリなどを受賞しています。

主題歌は中島美嘉が担当!

中島美嘉

『八日目の蟬』の主題歌を担当したのは、中島美嘉さんです。両側耳管開放症により一時的に音楽活動を休止していた中島さんですが、本作の主題歌となった33枚目のシングル『Dear』から活動を再開。そんな記念すべき主題歌となった『Dear』は中島さんらしさの詰まったバラード曲となっています。

日本アカデミー賞では、12部門で優秀賞を受賞!

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

2012年行われた第35回日本アカデミー賞にて『八日目の蝉』は最優秀作品賞や最優秀監督賞、最優秀主演女優賞など12部門で優秀賞を受賞。各賞を総なめし、最多受賞作品となりました。

『八日目の蝉』のあらすじを紹介!

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

映画『八日目の蝉』から、あらすじを紹介します。1985年、妻のいる男性の子どもを身ごもった野々宮希和子は出産を諦めることしかできず、その絶望から不倫相手の子どもを誘拐することに。

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

警察から逃亡する日々を送りながらも、誘拐した子どもを実子のように思いながら愛情を注ぐ希和子。しかしそんな日常は続くことはなく、希和子が逮捕されたことにより、逃亡劇は4年で幕を閉じることになるのでした。

『八日目の蝉』 -(C) 2011「八日目の蝉」製作委員会

数年後。希和子に誘拐された少女・秋山恵理菜は本当の両親の元へ戻るも、両親との間にわだかまりを感じずにはいられませんでした。そんな恵理菜もついには大学生になり、子どもを身ごもるのですが、皮肉にもその子どもは不倫相手の子どもだったのでした―。

原作と映画とドラマ、それぞれの違いは?

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

さまざまなメディアで注目を集めた『八日目の蝉』。原作小説と映画とテレビドラマではどのような違いがあるのでしょうか?ここから詳しく紹介していきたいと思います。

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

原作小説と映画とテレビドラマでは構成が異なる『八日目の蝉』。原作では不倫相手を誘拐する女性・野々宮希和子と誘拐される少女・秋山恵理菜の2人が主人公であり、それぞれについて描かれた章が存在します。対して映画版では主に恵理菜を中心として物語が進み、テレビドラマ版では希和子について多く描かれています。

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

中心となる人物がそれぞれ異なる『八日目の蟬』ですが、原作小説では最初に希和子が恵理菜を誘拐してからの日常が、次に大人になった恵理菜の過去を知るための旅が描かれており、時系列順となっています。対して映画とテレビドラマでは、その2つの出来事が同時進行で描かれています。

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

この記事のライター

関連する投稿


映画『3月のライオン』あらすじやキャスト、魅力を紹介!

映画『3月のライオン』あらすじやキャスト、魅力を紹介!

『3月のライオン』は、数々の人気作を生み出している羽海野チカさんによるコミック作品を原作とした実写映画です。前編は2017年3月18日に、後編は同年の4月22日に公開。今回は大友啓史監督と主演の神木隆之介がタッグを組んだ『3月のライオン』について紹介します!


映画『ヒミズ』のあらすじ・キャスト・撮影秘話など!園子温監督作品

映画『ヒミズ』のあらすじ・キャスト・撮影秘話など!園子温監督作品

『ヒミズ』は『ヤングマガジン』にて連載されていた古谷実さんによる漫画作品を基に制作された映画作品です。園子温監督がメガホンを取り、主人公・住田祐一役は染谷将太さんが務めました。今回は映画『ヒミズ』のあらすじやキャスト、撮影秘話など紹介します!


戦争映画おすすめランキングTOP25!

戦争映画おすすめランキングTOP25!

皆さんは生涯で戦争映画ってどれくらい見ましたか?残虐なシーンだったり、悲しい物語があって涙した人も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな戦争映画をランキング形式で紹介していきたいと思います。そして戦争についても知っていきましょう。


『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』あらすじ・キャスト紹介!「MOZU」シリーズの集大成!

『劇場版 MOZU』は、TBSとWOWOWによって共同制作されたドラマ「MOZU」シリーズの劇場版作品です。原作は逢坂剛さんの小説作品であり、映画化にあたりメガホンを取ったのは羽住英一郎監督。主演は西島秀俊さんが務めています。今回は『劇場版 MOZU』について紹介します!


映画『羊の木』キャスト・あらすじ!主演は関ジャニ∞の錦戸亮

映画『羊の木』キャスト・あらすじ!主演は関ジャニ∞の錦戸亮

『羊の木』は、原作山上たつひこさん×作画いがらしみきおさんによる漫画作品を原作とした実写映画作品です。主演は関ジャニ∞のメンバー・錦戸亮さん、監督は吉田大八さんが務めました。今回は『羊の木』のあらすじやキャストを紹介!


最新の投稿


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。


クロエ・グレース・モレッツ出演映画おすすめ20選!子役から魅力的な大人の女優へ♡

クロエ・グレース・モレッツ出演映画おすすめ20選!子役から魅力的な大人の女優へ♡

『キック・アス』のヒット・ガール役で一躍有名となったクロエ・グレース・モレッツ。今回は彼女が出演している映画の中からおすすめ20作品をご紹介します。美少女から魅力的な大人の女優へと成長したクロエに注目です。


シャーリーズ・セロン出演映画おすすめ15選!ブラッド・ピットと熱愛中!?

シャーリーズ・セロン出演映画おすすめ15選!ブラッド・ピットと熱愛中!?

ハリウッド女優のなかでも軍を抜いた美しさを誇るシャーリーズ・セロン。様々な役柄に果敢に挑み数々の映画賞を受賞してきました。今回はそんな彼女が出演している映画の中からおすすめ15作品をご紹介します。気になるブラッド・ピットとの恋は?最新情報も合わせてお伝えします。