『八日目の蝉』原作小説・映画・ドラマの違いを紹介!

『八日目の蝉』原作小説・映画・ドラマの違いを紹介!

『八日目の蝉』は角田光代さんによるベストセラー小説作品です。2010年にはテレビドラマ化、翌年の2011年には成島出監督によって映画化されました。今回は映画『八日目の蝉』と原作小説とテレビドラマ版との違いについて紹介します!


『八日目の蝉』について紹介!映画vs原作小説vsテレビドラマ

『八日目の蟬』 -(C) 2011「八日目の蟬」製作委員会

不倫相手の子どもを誘拐した女と誘拐された少女の葛藤が描かれた小説『八日目の蝉』。作者は『紙の月』などで知られる直木賞作家の角田光代さんです。2010年にテレビドラマ化、2011年には映画化もされ、注目を集めた本作。今回は映画『八日目の蝉』と、原作小説とテレビドラマとの違いなど紹介していきたいと思います。

原作は、角田光代さんのベストセラー小説

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

映画『八日目の蝉』の原作となったのは、2005年から2006年にかけて読売新聞にて連載されていた角田光代さんによる同名小説作品。中央公論文芸賞を受賞した本作は、さまざまなメディアで注目を集め、ベストセラー作品となりました。

監督を務めたのは、『ソロモンの偽証』の成島出さん

『八日目の蝉』 -(C) 2011「八日目の蝉」製作委員会

そんな人気小説作品の実写映画化にあたり、メガホンを取ったのは『ソロモンの偽証』などで知られる成島出監督です。2003年に『油断大敵』で監督デビューを果たした成島監督。本作『八日目の蝉』では日本アカデミー賞の最優秀監督賞を獲得し、さらに2015年には吉永小百合さんが主演を務めた映画『ふしぎな岬の物語』ではモントリオール世界映画祭審査員特別賞のグランプリなどを受賞しています。

主題歌は中島美嘉が担当!

中島美嘉

『八日目の蟬』の主題歌を担当したのは、中島美嘉さんです。両側耳管開放症により一時的に音楽活動を休止していた中島さんですが、本作の主題歌となった33枚目のシングル『Dear』から活動を再開。そんな記念すべき主題歌となった『Dear』は中島さんらしさの詰まったバラード曲となっています。

日本アカデミー賞では、12部門で優秀賞を受賞!

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

2012年行われた第35回日本アカデミー賞にて『八日目の蝉』は最優秀作品賞や最優秀監督賞、最優秀主演女優賞など12部門で優秀賞を受賞。各賞を総なめし、最多受賞作品となりました。

『八日目の蝉』のあらすじを紹介!

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

映画『八日目の蝉』から、あらすじを紹介します。1985年、妻のいる男性の子どもを身ごもった野々宮希和子は出産を諦めることしかできず、その絶望から不倫相手の子どもを誘拐することに。

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

警察から逃亡する日々を送りながらも、誘拐した子どもを実子のように思いながら愛情を注ぐ希和子。しかしそんな日常は続くことはなく、希和子が逮捕されたことにより、逃亡劇は4年で幕を閉じることになるのでした。

『八日目の蝉』 -(C) 2011「八日目の蝉」製作委員会

数年後。希和子に誘拐された少女・秋山恵理菜は本当の両親の元へ戻るも、両親との間にわだかまりを感じずにはいられませんでした。そんな恵理菜もついには大学生になり、子どもを身ごもるのですが、皮肉にもその子どもは不倫相手の子どもだったのでした―。

原作と映画とドラマ、それぞれの違いは?

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

さまざまなメディアで注目を集めた『八日目の蝉』。原作小説と映画とテレビドラマではどのような違いがあるのでしょうか?ここから詳しく紹介していきたいと思います。

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

原作小説と映画とテレビドラマでは構成が異なる『八日目の蝉』。原作では不倫相手を誘拐する女性・野々宮希和子と誘拐される少女・秋山恵理菜の2人が主人公であり、それぞれについて描かれた章が存在します。対して映画版では主に恵理菜を中心として物語が進み、テレビドラマ版では希和子について多く描かれています。

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

中心となる人物がそれぞれ異なる『八日目の蟬』ですが、原作小説では最初に希和子が恵理菜を誘拐してからの日常が、次に大人になった恵理菜の過去を知るための旅が描かれており、時系列順となっています。対して映画とテレビドラマでは、その2つの出来事が同時進行で描かれています。

© 2011「八日目の蟬」製作委員会

この記事のライター

関連する投稿


『陽だまりの彼女』ネタバレ・あらすじ・キャストなど紹介!

『陽だまりの彼女』ネタバレ・あらすじ・キャストなど紹介!

映画『陽だまりの彼女』のネタバレやあらすじ、キャストなど基本情報について紹介!“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”としても話題になった、越谷オサムさんの同名小説作品を原作とした本作。松本潤さんと上野樹里さんを主演に迎え、三木孝浩監督によって映像化されました!今回はそんな『陽だまりの彼女』について紹介します。


『この国の空』あらすじ・キャスト紹介!原作は谷崎潤一郎賞を受賞

『この国の空』あらすじ・キャスト紹介!原作は谷崎潤一郎賞を受賞

『この国の空』は、芥川賞作家・高井有一さんによる同名小説作品を原作とした映画作品。本作はこれまで脚本家としてさまざまな作品に参加していた荒井晴彦さんによって映像化され、主演は二階堂ふみさんと長谷川博己さんが務めました。今回は映画『この国の空』について紹介します。


『風立ちぬ』あらすじ、みどころ、キャストまとめ!【2019年公開ファミリー向け映画3選も】

『風立ちぬ』あらすじ、みどころ、キャストまとめ!【2019年公開ファミリー向け映画3選も】

『風立ちぬ』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『風立ちぬ』のあらすじやキャスト、みどころと、2019年公開の実写化されたファミリー向け映画などを紹介します。この記事を読めば『風立ちぬ』をもっと楽しめますよ!


映画『君に届け』のあらすじ・キャストなど紹介!大人気少女コミックの映画化

映画『君に届け』のあらすじ・キャストなど紹介!大人気少女コミックの映画化

『君に届け』は、累計発行部数2000万部を突破した大人気少女コミックを原作とした実写映画作品です。本作は、人と関わることが苦手なヒロイン・黒沼爽子が友情や恋愛を通して、成長していく姿が描かれています。アニメ化に引き続き、映画化された本作のあらすじや出演するキャストについて紹介!


映画『高台家の人々』のあらすじ・キャスト・脳内妄想?

映画『高台家の人々』のあらすじ・キャスト・脳内妄想?

あなたは妄想とかよくしますか?この『高台家の人々』は脳内妄想の住人が、心が読める人と恋をしてしまい、思い悩む物語です。そんな『高台家の人々』のあらすじ・キャスト、そしてクスっと笑える脳内妄想世界も見ていきましょう。


最新の投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

アメリカの大統領でブッシュを知っている人は多くても、副大統領であるチェイニーという人物を知る人は少ないのではないでしょうか?実はこのチェイニー副大統領こそ、影でブッシュ大統領を操るほどの実力を握り、今のアメリカを作り上げて"しまった"人物として知られているのです。そんな彼の半生を描いた映画『バイス』を紹介します!


秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭とは、“アキバ”に来る人の“大好き”を集めた映画祭。アニメ作品をメインとしてコミックやライトノベル、ゲームが原作の作品からアイドルが主演の作品など、ポップカルチャーに分類される作品を対象として上映されます。今回はそんな秋葉原映画祭2018で上映された作品について紹介します。


ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

日本のみならず、世界的に注目されているジブリ作品。その大きな特徴は、魅力的なキャラクターたちです。どのキャラクターも個性的で魅力的ですが、中でも人気が高いのは誰なのでしょうか?今回は、ジブリのキャラクターランキングを大公開します。はたして、ランキング1位に選ばれたのは…?