映画『アメリ』の魅力を再発見する20のトリビア

映画『アメリ』の魅力を再発見する20のトリビア

ジャン=ピエール・ジュネ監督が2001年に公開した映画『アメリ』。鮮やかで独特の色使いと、主演のオドレイ・トトゥをはじめとする個性的な出演者の可愛いドラマは観客の心をつかみ、フランスのみならず日本でも大ヒットしました。 この記事では、今も日本で変わらぬ人気を持つ『アメリ』のトリビアをご紹介します。ぜひこの映画の魅力を再発見して下さい!


目次

『アメリ』のトリビア1:ジュネ監督はオドレイ・トトゥに出会って泣き出した?

(C)2001 UGC IMAGES-TAPIOCA FILMS-FRANCE 3 CINEMA-MMC INDEPENDENT-Tous droits reserves

今でこそ2000年代のフランス映画代表作として名高い『アメリ』。詳細は後述しますが、当初は別の女優がイメージされて脚本が執筆されていたものの、その女優が降板することになってしまったようです。
ジャン=ピエール・ジュネ監督は、代わりのアメリ役を探しますがキャスティングが難航。すでに出演が決まっていたニノ役のマチュー・カソヴィッツを主役に、アメリを男性に変更して話を組み立て直すことも検討されていました。

アメリ役のオーディションを行ったとき、ジュネ監督は当時まだ新人だったオドレイ・トトゥと出会います。彼はオドレイをカメラテストした段階で、自分のイメージするアメリ像にあまりにもぴったりだったので嬉しくて涙で目の前がかすむほどだったとか。
オドレイはオーディション前にジュネ監督の作品を観て、彼の映画のイメージに近そうなクラシカルなワンピースを着てオーディションに臨んだそうです。ジュネ監督の作品世界を研究した姿勢が彼に伝わったかもしれませんね。
『アメリ』で意気投合した二人は、その後2004年の映画『ロング・エンゲージメント』でもタッグを組みました。

『アメリ』のトリビア2:アメリの名前はチョコレートが由来

アメリのフルネームはアメリ・プーラン。フランス語の原題は「Le Fabuleux destin d'Amélie Poulain(アメリ・プーランの素晴らしい運命)」で、彼女の名前がフルネームで分かるタイトルになっています。
プーランはフランス語で「仔馬」という意味ですが、実はフランスでは日本の明治や森永のように、誰もが知っている国民的チョコレートメーカーの名前でもあります。

プーランのチョコレートは、名前の通り仔馬の絵がパッケージのロゴに使われているので分かりやすいです。日本でも海外のお菓子を扱っているお店や通販で購入することができます。
実はジュネ監督はプーランのチョコレートが大好物。そのためアメリの名字も大好きなメーカーの名前から取ってつけました。作中でアメリがプーランのチョコレートを食べる場面はありませんが、フランスでは彼女の名字に誰もがチョコレートを連想するでしょう。チョコレートの国フランスらしい名前ですね。

『アメリ』のトリビア3:アメリ役はエミリー・ワトソンが演じる予定だった

© Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010

先にも少し触れましたが、実は当初アメリ役はオドレイ・トトゥではなく別の女優が演じる予定でした。それはイギリス人女優のエミリー・ワトソン。『奇跡の海』(1996)や『博士と彼女のセオリー』(2014)などに出演し、演技派としてアカデミー賞候補にもなった実力派です。脚本も当初彼女のイメージを想定して書かれていました。

降板の理由は、エミリー・ワトソンが妊娠したから、フランス語で演技するため言葉の壁がある上に撮影中に家族と離れることが嫌だったから、など諸説ありますがはっきりとした理由は不明。
エミリー・ワトソン主演でも素敵な映画になっていたかもしれませんが、オドレイ・トトゥのアメリはハマり役なので他の人でイメージすることはできない、という人も多いでしょう。映画の成功は何が作用するのかわからないものです。

『アメリ』のトリビア4:撮影のために舞台となるパリの街をカスタマイズ!

『アメリ』の住む街はパリのモンマルトル。かつてはピカソやモディリアーニなどの芸術家が住んでいた街としても有名です。映画の中にも登場した観光名所として名高いサクレ・クール寺院があり、今でもパリに来たら『アメリ』の世界を求めて訪れる観光客が多いそうです。
世界でも有数の観光都市として有名なパリですが、ジュネ監督は『アメリ』の世界観を作り上げるためにかなりの努力をしました。

まずは撮影場所は徹底した掃除を行い、落書きもすべて消すようにしました。作中でアメリが地下鉄アベス駅を訪れ、初めてニノに出会うシーンがあります。実はそこに出てくる壁一面の大きなポスターも、すべて映画用に貼り替えたものです。
『アメリ』に登場するファンタジックな世界観には、監督やスタッフのたゆまぬ努力が反映されています。実はジュネ監督はスタジオ撮影が好きなタイプ。そのため、パリの街中での撮影はスタジオが借りれなかったことによる事情も関係していたようです。しかし映画の世界観のために、街を素敵にカスタマイズするのはなんともすごいですね!

『アメリ』のトリビア5:アメリの働くカフェはジュネ監督の行きつけだった

アメリがウェイトレスとして働くカフェ「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」。「二つの風車」という意味です。実はこのカフェは実在し、ジュネ監督自身も行きつけのカフェなのだそうです。ジュネ監督は『アメリ』撮影前からモンマルトルに住んでいて、いつかこのカフェを舞台に映画を取りたいと構想を練っていたのが『アメリ』製作へとつながりました。

しかし当初はカフェの店主から断られてしまい、撮影が実現するまでには長い時間がかかりました。ジュネ監督はあきらめずに店主に粘り強く交渉し、最終的には撮影許可をもらいます。しかし、もらった撮影期間はたったの3週間。店を貸し切って撮影を始めたものの、周辺の人たちに迷惑をかけないようにして控えめに行われました。
カフェ・デ・ドゥ・ムーランが実在するのは映画公開時から有名な話で、公開当時はもちろんのこと、今でも『アメリ』ファンが訪れるお店のひとつになっています。

『アメリ』のトリビア6:コリニョン氏の八百屋さんも実在していた

アメリの働くカフェが実在しているのは有名ですが、実はコリニョン氏が経営する八百屋さんも実在しているのです。コリニョン氏と言えば、店員のリュシアンをお客さんの前で平気で馬鹿にする意地悪な男。アメリは彼の傍若無人なふるまいに腹を立て、何度かお仕置き(?)を企てて実行します。作中でアメリに幸せにされた登場人物が多い中、コリニョン氏は不幸にされた人ナンバーワンと言えるでしょう。

コリニョン氏のお店として映画に出ていたのは「オ・マルシェ・ドゥ・ラ・ビュット」。40年近くモンマルトルにある雑貨屋さんで、映画そのままの外観が特徴です。ジュネ監督はこちらのお店もよく利用していて、大好物であるプーランのチョコレートをよく買っていたとのこと。
『アメリ』好きなら、パリに行った時にちょっと立ち寄ってみたいですね。

『アメリ』のトリビア7:アメリの部屋の絵はドイツ人画家の作品

赤と緑の独特の色使いですがセンスがよくて憧れてしまうアメリの部屋。部屋の壁に飾られている犬やアヒルなどの動物の絵は、一度見るとそのユーモラスさが印象に残ります。
実はこれはドイツ人の画家ミヒャエル・ゾーヴァが『アメリ』のために制作した作品。ゾーヴァは風景画や動物の絵を得意とする画家で、作中の絵はすべてジュネ監督の依頼を受けて制作したもの。その他にもアメリの部屋のランプも手がけました。

元々オペラの舞台美術を手がけたことで知られていたゾーヴァでしたが、『アメリ』の世界的大ヒットによってさらに知名度がアップ。2005年には映画『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ !』のイメージボード制作も行っています。日本でも個展や講演会を何度か行っており、日本とも関わりの深い画家です。

『アメリ』のトリビア8:ニノ役は本当は映画監督?

© 2017 UNITÉ DE PRODUCTION - EUROPACORP

アメリが出会った瞬間に一目ぼれしたニノ・カンカンポワ。スピード写真のコレクターで、モンマルトルにあるポルノショップの店員とサクレ・クールの遊園地で骸骨男に扮するアルバイトをしています。アメリと同じく空想癖があり、子どもの頃は孤独な時間を過ごしていました。
人とかかわるのが苦手なアメリと、彼女に翻弄されるニノの恋模様の行く末も本作の醍醐味のひとつです。

ニノを演じたマチュー・カソヴィッツはフランス出身の俳優であり、映画監督もしています。彼が1995年に発表した『憎しみ』は、フランスのスラム街に住む若者や移民問題を描いて大ヒット。その他にもジャン・レノ主演の『クリムゾン・リバー』の監督も務め日本でもヒットしました。2019年現在も監督と俳優の二足のわらじをはいて活躍しています。

関連する投稿


気分が上がるガールズ・ムービー15選!ジャンル別におすすめ映画を紹介!

気分が上がるガールズ・ムービー15選!ジャンル別におすすめ映画を紹介!

いつの時代にも愛されるガールズ・ムービーですが、メキメキと女子力がアップするものからジンワリと感動できるもの、キュンとしてしまうものまでジャンルは様々...。時々観たくなっちゃいませんか?そんな時におすすめしたい映画をジャンル別に紹介していきます!参考までに見てみてくださいね。


歴史上の人物や実在する偉人を描いたおすすめ伝記映画22選

歴史上の人物や実在する偉人を描いたおすすめ伝記映画22選

歴史上の人物や、実在するすごい人・偉人の話は、感銘を受けるものが多いですね。そして偉人の話は、語り継がれ、映画化されることも珍しくありません。歴史上の人物や実在する偉人を描いたおすすめ伝記映画を21作品紹介します。


お洒落な衣装に心揺さぶられる!ファッションが素敵な映画50選

お洒落な衣装に心揺さぶられる!ファッションが素敵な映画50選

映画に登場する魅力的な衣装やコスチュームの数々。見ていて楽しいですし、人によっては見どころにもなりますよね。今回はスタイリッシュな衣装の映画を50作品を紹介します。


『プラダを着た悪魔』のファンには絶対観てほしい!オススメ映画6選

『プラダを着た悪魔』のファンには絶対観てほしい!オススメ映画6選

2006年に公開されてから10年以上経った今でも、女性から圧倒的な指示を得続ける映画『プラダを着た悪魔』。ファンの心を掴んで離さない魅力とはいったい何なのでしょうか?そして、『プラダを着た悪魔』のファンならばきっと好きになる!むしろ必見レベル(!?)なおすすめの映画をまとめてご紹介します!


ちょっとかわいいブラックコメディ『神様メール』あらすじ・キャスト紹介

ちょっとかわいいブラックコメディ『神様メール』あらすじ・キャスト紹介

神様はたった一台のパソコンでブリュッセルを作り、そして世界を作った!?いじわる神様の娘・エアは世界中の人々に余命を知らせるメールを送ってしまう。それをきっかけにやがて世界は大パニックに!神様一家とそれに振り回される人々の人生を描くちょっとおかしなブラックコメディ『神様メール』!本記事ではそんな本作の魅力を一挙に紹介!


最新の投稿


新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

世界で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響で、次々と公開予定の映画が延期することになりました。楽しみにしている映画は延期公開?予定通り公開?情報随時更新しますので、気になる方はこちらの記事を注目してください。


実話をもとにした映画55選!ノンフィクションの感動・ドキドキ・面白いストーリー!

実話をもとにした映画55選!ノンフィクションの感動・ドキドキ・面白いストーリー!

実話をもとに作成された映画はやっぱり面白い!ノンフィクション映画って実際に起こったことだからこそ惹きつけられますよね。そんなノンフィクション映画のおすすめを厳選して50作品紹介します。


おもしろいファンタジー映画おすすめランキングTOP53!

おもしろいファンタジー映画おすすめランキングTOP53!

おとぎ話や宇宙の彼方、未来など空想上の世界を舞台としたファンタジー映画ってとてもワクワクしますよね。魔法を使ったり、小人が出たり、空で飛んだりするなど想像がつかない物語が盛りだくさん。そんなファンタジー映画のおすすめを紹介します。


スティーヴン・スピルバーグ監督映画おすすめ20選!2020年最新作も紹介!

スティーヴン・スピルバーグ監督映画おすすめ20選!2020年最新作も紹介!

70歳を超えてもその創作意欲は衰え知らず。『ジョーズ』『ジュラシック・パーク』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など、伝説的な映画の数々を生み出したスティーヴン・スピルバーグ。彼が監督または製作総指揮をつとめた名作10選をご紹介します。


スティーヴン・キング原作映画おすすめ17選!ホラーだけじゃない!

スティーヴン・キング原作映画おすすめ17選!ホラーだけじゃない!

スティーヴン・キング原作の映画『ダーク・タワー』の公開に先駆け、『スタンド・バイ・ミー』『グリーン・マイル』『ショーシャンクの空に』など、スティーヴン・キングの小説をベースにした名作映画17選をご紹介します。