『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』にも登場!モスラについて15のことを徹底紹介!

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』にも登場!モスラについて15のことを徹底紹介!

ゴジラと並んで日本を代表する怪獣モスラ。人間と敵対することの多いゴジラと違い常に人間を守る存在として登場してきました。2019年5月31日公開予定の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』にも登場するモスラについて、その歴史やキャラクター性を交えながらご紹介します。


モスラを徹底紹介・1:『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』はどんな映画?

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』本ポスター (C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は2014年に公開された『GODZILLA ゴジラ』の続編となる作品。2019年5月31日に全米同時公開を予定しており、早くも注目が集まっています。
監督は一作目を担当したギャレス・エドワーズが降板したため、マイケル・ドハティにバトンタッチしましたが脚本は一作目と同じくマックス・ボレンスタインが担当しました。
キャスティングも一作目から引き続き渡辺謙とサリー・ホーキンスの出演が決定しています。その他カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウンに加えてチャン・ツィイーが出演。前作の世界観を引き継ぎながら新たな人間ドラマが期待できそうです。
また、渡辺謙とチャン・ツィイーは『SAYURI』以来の再共演になりますね。

本作で特に注目したいのは、何と言っても登場する怪獣がゴジラだけではないこと。
タイトルからもわかるように、ゴジラが物語の中心として描かれるのはもちろんですが、今回は東宝からモスラ・ラドン・キングギドラの使用許可を取得し、日本の怪獣映画には欠かせないおなじみのメンバーがハリウッド映画に登場するところが最大の注目ポイントです。
ラドンは1954年に公開された『空の大怪獣ラドン』で初登場し、モスラは1961年の『モスラ』でデビューした怪獣で、彼らはゴジラと合わせて東宝三大怪獣とも称されています。
また、キングギドラも1964年の『三大怪獣 地球最大の決戦』でゴジラのライバルとして登場して以来、特撮ファンのみならず一般的にも広く知られた怪獣です。ちなみにキングギドラは本作の公式サイトでは「キングギドラ」ではなく「ギドラ」と紹介されていますが、おそらく日本版では「キングギドラ」の名称で登場するでしょう。

モスラを徹底紹介・2:『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』におけるモスラの役割とは?

ティザーチラシ中面『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、一作目の『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を描いた作品です。前作では激戦ののちに海中へと姿を消していったゴジラ。一方でモスラ・ラドン・キングギドラなどの強力な怪獣たちが長い眠りから目覚めたことで、世界は破滅の危機に陥ることになります。戦いの最中ゴジラも復活し、モスラ・ラドン・キングギドラを交えた戦いはさらに激しさを増すことに。
彼らと戦う特殊機関モナークは世界を破滅から救うことができるのか、そのドラマが最新VFXを駆使した迫力のある映像で描かれそうです。

2019年5月31日の日米同時公開を前にして注目されているのは、何と言っても4頭の怪獣たちが一堂に揃った圧巻の予告編。炎の中から表れるラドンや3つの首をくねらせながら堂々とたたずむキングギドラ、さらに咆哮を空に放つゴジラの姿には、凄みはもちろんのこと、崇高な美しさすら感じてしまいます。
これらの怪獣の中でひときわ神秘的に描かれているのがモスラです。本作のモスラは予告編では画面いっぱいに大きな羽をゆっくりと広げている姿で登場。その姿は日本版モスラよりも若干シャープに描かれているように感じられます。
最新版予告ではモスラVSキングギドラ、ゴジラVSキングギドラのバトルシーンも追加され、少なくともモスラはこれまで日本で制作されたシリーズと同様、キングギドラと対立していることは判明しています。

ちなみにマイケル・ドハティ監督は本作のモスラのデザインを「エレガントで”真の女神”をイメージした」とコメントしていることから、他の怪獣たちよりも女性的なイメージをコンセプトにデザインしたようです。デザインはハリウッド独自のオリジナルではなく、基本的には1961年公開のシリーズ第一作目『モスラ』のがあり、さらに実際の蛾もモデルにしているため、日本版モスラより若干体がシャープなものになっています。
これまで日本映画ではゴジラや他の怪獣たちとは対照的に「善」の存在として描かれることが多かったモスラ。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』におかるモスラが人間の味方側なのかは明確になっていませんが、これまでのイメージを覆す新たなモスラが登場するかもしれません。

モスラを徹底紹介・3:モスラは「母性」をモチーフにした守護神的な怪獣

(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

マイケル・ドハティ監督が「女神」のイメージでデザインしたと語る『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のモスラ。実はドハティ監督が持つ女性的なイメージは的確で、モスラは従来になかった「母性」を持つ守護神的な怪獣として生みだされました。
そのような女性的雰囲気が強いせいなのかはわかりませんが、モスラは東宝がこれまで世に送り出した怪獣映画の中でも女性人気が抜群に高い怪獣とのこと。ドハティ監督がこれらのコンセプトを知っていたのかは不明ですが、モスラをデザインする上で「女性的」というキーワードは避けて通れません。

モスラは英語表記にすると「Mothra」。英語で「蛾」を表す「moth」が由来のひとつです。このことからもわかるように、デザインには蛾がモチーフとなっています。リアルな蛾はあまり女性に好かれませんが、モスラはどこか愛嬌を感じる丸っこさがあります。さらにゴジラ・ラドン・キングギドラと比較しても、色使いが非常に明るくてカラフルな怪獣です。
またモスラは単なる怪獣ではなく、インファント島(映画の中に登場する架空の小島)に生息する守り神として島の住人から崇められている存在。そのため名前には「蛾」だけでなく「母」を表す「mother」もかけあわされていて、島の住人を守る母なる存在であることが示唆されているのです。

モスラは最新作の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を含めると、これまで13本の映画に登場しています。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』におけるモスラの描写はまだ明らかになっていませんが、予告編では一瞬人間と心を通わせるようなシーンも出てきましたし、もしかしたら人間の味方につく存在になるかもしれません。
これまでの作品に登場したモスラは、ゴジラやラドン、キングギドラと違い人間に対して明確な敵意は持っていない怪獣として描かれています。
確かに映画の中で街を破壊したり、人間との戦闘シーンは登場しますが、それは誰かを助けようするために必死だったり、あるいは第三者に操られてしまったためモスラの意志と関係なく操られたために起きてしまったもの。モスラ自身は作中では常に守護神的存在を保ち、他の怪獣たちとはひと味違った魅力を放っているのです。

モスラを徹底紹介・4:モスラが初登場した作品とは?

ティザーチラシ表『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

前述したように、モスラが初登場したのは1961年に公開された映画『モスラ』です。
ゴジラと同じく原爆・水爆がモチーフとして使われていますが、登場する人々は核兵器に苦しめられるのではなく、植物によって核兵器から守られ共存し平和に過ごしているという描写があります。また、モスラが一部の人間と戦う理由は小さな島に住む人々の平和を守るためであること、モスラが日本に上陸して暴れるのは仲間の妖精”小美人”を助けるためです。
これらの戦う理由がゴジラやラドンと異なっているうえに、作品全体がこれまでの怪獣映画とは異なった明るくファンタジックな雰囲気で描かれたモスラ。その内容が新たなテイストの怪獣映画として評価され興行的にも大成功をおさめました。
第一作目で鮮烈なデビューを果たしたモスラは、以降怪獣映画になくてはならない存在として数々の映画に出演します。

第一作目『モスラ』の物語は、無人島であると思われていた小さな島・インファント島の秘密が発覚することからはじまります。
インファント島はこれまで無人島と認識され水爆実験場として使われていました。しかし、実は島にはかなりの数の先住民がいることが判明。日本とロリシカ共和国は、実験による放射能がどれくらい島民たちに影響されているのか調査するため、合同調査団を派遣しました。
しかしこれまでに見たことのない風変わりな島の植物に襲われ、調査団の一向は窮地に追い込まれることに。調査団のメンバーでロリシカ共和国局長でもあるネルソンは、危ないところを”小美人”と呼ばれる双子の小さな妖精に助けられました。しかし彼はそれに感謝をするどころか、物珍しい彼女たちを見世物にしようと考え、強引に島から連れ出してしまいます。
インファント島の人々は争いを好まない穏やかな性格。ネルソンに”小美人”を連れ出さないように懇願しましたが聞き入れられませんでした。
”小美人”を連れ去られ、悲しむ島民がモスラの名前をつぶやいたところ、虹色の巨大な卵らしきものが地下から表れます。
一方、東京で無理やり見世物にされる”小美人”の二人が不思議な歌を歌うと、その声に共鳴するかのように、卵が孵化してモスラの幼虫が復活。モスラは”小美人”を救うため、なかば本能的に日本へと向かうのでした。

このあらすじからもわかるように、第一作目から島の守護神として登場しているモスラ。”小美人”を救うために日本に上陸し戦いを繰り広げるシーンもありますが、人間に対して明確な敵意はなく、仲間である”小美人”を守るためであることがはっきりと描かれ、むしろモスラに敵意を抱く人間の欲深さや醜さを描いています。
これまでのゴジラやラドンのシリーズは、シリアスで迫力ある展開が持ち味であり魅力でした。『モスラ』は怪獣と心が通じ合う新たなキャラクターを登場させることで神秘さを出し、希望を感じさせる明るい映画として成功しました。
ちなみに本作を監督した本多猪四郎は、ゴジラシリーズの第一作目である『ゴジラ』も手がけた特撮映画の巨匠。『ゴジラ』の世界的ヒットでその名前を一躍世界に知らしめた本多監督ですが、彼は自身の手がけた作品の中でも特に『モスラ』を気に入っていたようです。

モスラを徹底紹介・5:”小美人”とは何者?

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』本チラシ裏面 (C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

モスラのシリーズに欠かせないのが小美人”の存在。この呼び名は初期シリーズに見られた名称で、シリーズによって呼び名が異なります。しかし、モスラと共鳴しあいお互いに強い絆で結ばれているのはどのシリーズにも共通し、彼女たちの存在がゴジラ・ラドン・キングギドラのシリーズと一線を画していると言っても過言ではありません。
第一作目で登場する”小美人”はインファント島に人間が存在する前から暮らしている双子の妖精。名前からもわかるように、身長は30センチと非常に小さくお人形のような姿をしています。
1961年公開の『モスラ』では島にやってきた欲深い人間にさらわれてしまいます。その出来事がモスラを長い眠りから復活させるきっかけに。
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に”小美人”的なキャラクターが登場するかはまだわかっていません。しかし日本版モスラシリーズには”小美人”も欠かすことはできないため、1968年の『怪獣総進撃』以外は全11作品に登場しています。後述する平成に入ってからリメイクされたモスラシリーズでは、彼女たちの設定が新しく変更されたものの、モスラとの絆についてはまったく変わりませんでした。

1961年公開の『モスラ』で”小美人”を演じたのは、当時大人気スターだった双子の歌手ザ・ピーナッツ。一卵性双子としてのそっくりなルックスと抜群の歌唱力で神秘性を表現し、”小美人”は一躍彼女たちの当たり役となりました。
第一作目で彼女たちが歌う「モスラの歌」は、”小美人”のモスラに対する敬愛を歌ったもの。印象的なメロディにエキゾチックな言葉の響きが受け、以来モスラが登場する映画には欠かせない歌となりました。
実は歌詞は日本語ではなく、本多監督たちが日本語で作詞したものをインドネシア語に訳したものだと言われています。実際にインドネシア語に当てはめると”小美人”がモスラを敬う内容となっていて、守護神モスラの存在が引き立ちます。
歌詞の内容については新潟大学の公式ブログで紹介されていますし、なんとこの歌はカラオケでも配信されています。モスラの人気度がよくわかりますね。

平成に入ってから制作された映画では”小美人”の設定が少し変わりますが、引き続きモスラと繋がりを持つキャラクターとして登場します。例えば1992年に公開された『ゴジラvsモスラ』では先住民「コスモス」という名前で登場し、身長が18センチとさらに小柄になっています。
1996年から順次公開された平成モスラ三部作では「エリアス」という先住民として登場。彼女たちは双子ではなく年齢差のある姉妹で、「モル」と「ロラ」という名前で呼ばれていますが、その上にも姉の「ベルべラ」が存在します。
モスラの世界観を彩るために欠かせない”小美人”ですが、時代による変遷はとても興味深いですね。

モスラを徹底紹介・6:モスラにも変身形態がある!

2016年に公開された日本版ゴジラ最新作『シン・ゴジラ』では、ゴジラの変身形態が大きな話題となりました。特に従来のゴジラからかけ離れたルックスの第2形態は、ネット上で「蒲田くん」と愛称がつくほどの人気を博したのは記憶に新しいですね。
実は、モスラは蛾をモチーフにしていることもあってか元祖変身形態怪獣。次々に姿を変えていく様子は第一作目から健在です。
後年発表される作品では複雑化することもありますが、基本的にモスラは第一形態→第二形態→第三形態→第四形態の順で変化します。

モスラの第一形態は卵です。インファント島の地下に眠っているという設定で初登場し、以降シリーズにたびたび登場します。卵は蛾の卵というよりも表面がつるっとした楕円形で、どちらかというと鳥の卵を連想させる形になっています。
成虫となったモスラが人間達やゴジラから卵を守ろうとするシーンはシリーズで登場します。実はこの卵はかなりサイズが大きく、作品によってはなんと成虫バージョンのモスラを少し上回ることも。この卵がふ化し、第二形態である幼虫モスラが誕生します。
幼虫モスラは全身が茶色の地味な色合いで、まさに「芋虫」そのもの。戦闘能力は低いのですが、ゴジラやラドンに果敢に立ち向かい、噛みつくなど積極的に攻めていく強心臓の持ち主。芋虫として地を這う動きしかできないものの、口から耐久性に優れた糸をはきだす能力があり、その強力さはゴジラとラドンの怪力を持ってしても引きちぎることができないほどです。一見するとゴジラにあっさりやられそうな幼虫モスラですが、どのシリーズでも幼虫バージョンでやられたことは一度もなく、むしろ成虫バージョンより勝率が高いという説もあります。

第三形態はさなぎになったモスラです。第一作目では幼虫モスラが東京タワーに強力な糸を張り、そのままさなぎへと変化するというスゴ技を披露し観客に大きなインパクトを与えました。数あるモスラの形態で最も無防備と思われるさなぎバージョンですが、前述したとおり糸は耐久性があるので、どんなに攻撃されてもモスラがさなぎの状態で死んでしまうことはありません。
一定の時間がたつと、ついに最終形態の成虫モスラが登場します。カラフルな翅は第一作目ではマッハ2~5まで速度を出すことが可能という設定でこれは怪獣の中でも最速スピードを誇ります。
モスラの戦い方の詳細は口述しますが、成虫は強力な衝撃波や突風を巻き起こし、飛行しながら敵に毒を含んだ燐粉を振りかけたりします。
さらに素早い身のこなしでゴジラなど怪獣のしっぽをつかんで引きずり倒したり、目からビームを出すなど、可愛らしい外見とは裏腹に様々な技を持っています。

モスラを徹底紹介・7:モスラはゴジラに唯一勝利した怪獣

関連する投稿


ギレルモ・デル・トロ監督の映画5選!無邪気さ溢れる "映画愛" に迫る!

ギレルモ・デル・トロ監督の映画5選!無邪気さ溢れる "映画愛" に迫る!

メキシコ出身、独創的な世界感が大旋風を巻き起こした映画界のヒットメイカー、ギレルモ・デル・トロ監督の作品はいくつご覧になってますか?日本のマンガや特撮映画に影響を受けた彼の作品から繰り出される映像美は官能的で素晴らしいですよね。ここでは彼が監督に携わった作品を紹介しています。是非ご覧ください。


ゴジラのアニメ版【ネタバレ】『アニゴジ』こと『GODZILLA』まとめ!3部作のラストは?

ゴジラのアニメ版【ネタバレ】『アニゴジ』こと『GODZILLA』まとめ!3部作のラストは?

世界史上初のアニメ版ゴジラとして銘打たれた『GODZILLA』3部作。監督には静野弘文や脚本に虚淵玄などを迎え、SFを軸にした本作は全く新しいゴジラとして、視聴者に衝撃を与えました。ポリゴン・ピクチャズによる独特の映像表現も見どころです。そんな3部作シリーズはいったいどう完結したのか?【ネタバレ】も含め解説しています!


50代のダンディー俳優まとめ!イケメン・渋メン俳優をランキング形式で紹介!

50代のダンディー俳優まとめ!イケメン・渋メン俳優をランキング形式で紹介!

こちらの記事は、50代になっても最前線を走り続けるだけでなく、漢としても魅力を出し続ける俳優を、国内外問わず20人選出!そのなかで、ランキング形式によって俳優をご紹介します!徹底した役作りによってキャラを確立した人から、どんな役もこなす名バイプレイヤーまでまとめています!果たしてあなたが気になる俳優は何位なのでしょう?


『パシフィック・リム』あらすじ・キャストまとめ!公開される続編の復習をしよう!

『パシフィック・リム』あらすじ・キャストまとめ!公開される続編の復習をしよう!

4月13日より『パシフィック・リム:アップ・ライジング』が公開され、再び前作が注目を集めています。 ロボットVS怪獣と聞くと、日本の特撮やアニメを想像する方も多いと思いますが、何を隠そう今作を手がけた監督も大のオタク! 今回は続編に向けて復習できるよう、前作のポイントをまとめました!


アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』超豪華声優陣!

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』超豪華声優陣!

1954年に誕生した映画『ゴジラ』2016年には、庵野秀明が総監督を務めた『シン・ゴジラ』が公開され、興行収入82.5億円を記録する大ヒットとなりましたね。そして本作で『ゴジラ』は誰も予想していなかった新たな”進化”を遂げます。今回、主人公役に宮野真守さんが決定!本作のあらすじ、キャストをご紹介します。


最新の投稿


「クリミナル・マインド」に登場する衝撃的な犯人15人!キャストの降板についても紹介(ネタバレあり)

「クリミナル・マインド」に登場する衝撃的な犯人15人!キャストの降板についても紹介(ネタバレあり)

アメリカのTVドラマ「クリミナル・マインド」は、様々な異常犯罪者の心理をFBIのプロファイラー・チーム "行動分析課" が鋭く読み解き、事件を解決していく人気サスペンス。シーズン14も放送開始されましたが、ここでは過去回でのキャストの動向と、特に異常過ぎて衝撃的な15人の犯人たちを紹介していきたいと思います。


星野源の映画・ドラマ出演作、楽曲提供まとめ!多彩な素顔に迫る!

星野源の映画・ドラマ出演作、楽曲提供まとめ!多彩な素顔に迫る!

2014年から一気に知名度が上昇し、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の出演で役者としてもブレイクを果たした星野源。アーティストの枠を超えた活動の数々は、多くファンを楽しませてくれます。そんな星野源の代表作や、あのヒット曲を含めたの楽曲の数々をご紹介します。


泣ける映画『僕のワンダフル・ライフ』犬と人間の物語が心に響く理由

泣ける映画『僕のワンダフル・ライフ』犬と人間の物語が心に響く理由

名匠ラッセ・ハルストレム監督がメガホンを握り、すべての愛犬家の夢が形となった『僕のワンダフル・ライフ』。『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『HACHI 約束の犬』に連なる「犬と人間の物語」の集大成とも言うべき感動作です。本記事では、犬と人間の物語が心に響く理由を考えてみます。待望の続編映画『僕のワンダフル・ジャーニー』の情報も要チェックです!


海外ドラマ「ダウントン・アビー」メインキャストの現在は?2019年の映画化情報を紹介!

海外ドラマ「ダウントン・アビー」メインキャストの現在は?2019年の映画化情報を紹介!

9月13日に、続編になる映画が公開される予定の歴史時代劇海外ドラマ「ダウントン・アビー」。9年前の公開当時から話題になり、6シーズンが制作され世界中で大ヒットしました。今回は、キャストの現在と気になる映画の情報をお伝えします!


海外ドラマ「The OC」あらすじ、キャストと彼らの現在&ネタバレ

海外ドラマ「The OC」あらすじ、キャストと彼らの現在&ネタバレ

2003年より放送がスタートし、アメリカ西海岸オレンジカウンティのマテリアリスティックな文化性や、格差社会、十代の不安定な心理、大人達の恋愛や家族関係等を描き、大ヒットしたドラマ「The OC」を覚えていますか?今回は、この懐かしい海外ドラマシリーズを振り返ってみます!