『ドラえもん』ガキ大将ジャイアンが好きになる!15のトリビア

『ドラえもん』ガキ大将ジャイアンが好きになる!15のトリビア

『ドラえもん』に登場するガキ大将のジャイアン。いつもスネ夫と一緒にのび太をいじめる存在ですが、時には体をはってのび太や仲間たちを守る頼もしい一面も。知れば知るほど興味深いジャイアンのトリビアをご紹介します。


ジャイアンのトリビア1:本名が正式に決まっていなかった

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2014

ジャイアンの本名が剛田 武(ごうだ たけし)なのは多くの人が知っていますよね。しかし、実は原作者の藤子・F・不二雄先生は、ジャイアンの名前は特に決めないつもりだったのです。このことは、藤子プロで長年アシスタントを務めていた漫画家のえびはら武司先生のインタビューから判明しました。
藤子・F・不二雄先生がジャイアンの名前を決めたくなかった理由は、「同じ名前の子がいじめられたらかわいそうだから」。ジャイアンは主人公のドラえもんやのび太をいじめる存在で、言わば悪役的立場。そんな彼に名前をつけると同じ名前の子がいじめられるかもしれない、と思われたようです。
長年子どもの気持ちに寄り添い、児童漫画を描き続けた藤子先生らしい優しい理由ですね。

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2014

しかし連載が進んで『ドラえもん』の人気が上がっていくと、逆に読者から「なぜジャイアンだけ名前がないのか」という指摘が相次ぎました。そのため藤子先生は、当時『ドラえもん』のアシスタントをしていたえびはら先生の名前をジャイアンにすることに急きょ決定。ジャイアンの誕生日である「6月15日」も、えびはら先生の誕生日をそのまま使ったそうです。
ちなみにジャイアンの妹ジャイ子も、同様の理由で名前が明らかにされていません。いずれは明かされる予定だったようですが、藤子先生が他界したためジャイ子の本名は謎のままです。

ジャイアンのトリビア2:趣味の多さは登場人物トップ!

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2008

ジャイアンの趣味と言えば「歌」が思いつきますが、実はその他にも野球・料理・絵画など、多くの趣味があります。誰にも内緒の秘密の趣味として、一人でままごと遊びをしているのがドラえもんとのび太にバレたことがあり、その時には恥ずかしさで泣き出しそうになっていて少し気の毒でした。
野球に関しては「ジャイアンズ」という自分の名前を冠した野球チームを作っていることからも、とても好きなことが伺えます。このように、ジャイアンはとっても多趣味。趣味の多さはのび太・しずかちゃん・スネ夫を超えています。

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2009

残りの歌・絵画・料理に関しては、腕前が壊滅的どころか他人に危害を及ぼすレベルにまで達しているのがジャイアンのすごいところです。「歌」に関しては後ほど改めてご紹介しますが、「絵画」はモデルを断ったしずかちゃんに対して威圧的な態度を取り、彼女を怯えさせてしまいました。
しずかちゃんをかばってモデルを引き受けたのび太は災難続き。人物スケッチが上手く描けないとイライラし、ただ呼吸をするだけで叱られ、八つ当たりをされて散々な目にあってしまいました。

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2008

「料理」に関しては、やはり「ジャイアンシチュー」を避けて通ることはできません。シチューの材料はみそ・ひき肉・たくあん・しおから・ジャム・にぼし・大福。さらに隠し味としてセミの抜け殻も加えています。アニメでは紫色の液体として登場し、まったくシチューに見えないためにファンの間で語り継がれるほどのインパクトを残しました。
その知名度の高さから、川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアムのカフェで再現メニューが作られたことも有名です(こちらはおいしく食べられるように工夫がされていました)。
シチューを一口食べたスネ夫はものすごい形相で吐き出していますが、ジャイアンは気にせず「うまいか、おいしいか?」とにこにこ顔。彼は自分の手料理を出したディナーショーの計画も立てていたいて、その時にはシチューをふるまおうと恐ろしい考えを持っていました。幸い彼が味見をして倒れたことによって計画はとん挫しましたが、周囲の人たちとって彼の趣味はもはや災害レベルとなっています。

ジャイアンのトリビア3:実は歌手デビューしたことがある?

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2009

ドラえもんやのび太たちを悩ませるジャイアンの歌。ジャイアンの歌が破壊力抜群なことは有名ですが、実は彼が歌手としてデビューしていたことはご存知でしょうか?と言っても、もちろんドラえもんのひみつ道具によるものですが、「乙女の愛の夢」というタイトルでレコードを出しているのです。レコード会社名はノビタレコード。
「乙女の愛の夢」はアニメにも登場していますが、ジャイアンが歌うたびにガラスが割れたり、ドラえもんの耳が異常をきたすなど、予想通り周囲に被害を及ぼしていました。ちなみに、漫画に登場した「乙女の愛の夢」の一部の歌詞は「おいらの心の胸はお空の月の星の涙よ」というジャイアンのぶっとんだセンスが炸裂しています。

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2010

もちろんスネ夫やしずかちゃんをはじめ、子どもたちはジャイアンのデビュー曲を必死にスルーしようとしましたが、世間の動きに鋭いジャイアンはそれを察知し、結局みんなは脅迫的に購入させられたのでした。
さらに、ジャイアンはテレビデビューもしたことがあります。これもドラえもんのひみつ道具によるものですが、ドラえもんの周囲への配慮から深夜に無人になったテレビ局が使われました。しかし、のび太たちの先生だけが一人テレビをつけっぱなしにして眠っていたため、ジャイアンの歌を聴く災難に見舞われることに。先生はテレビの電源を切る前に気絶して翌日学校を欠勤。のび太はテストをやらなくて済んだと喜びましたが、ジャイアンの歌は先生の体調もおかしくする破壊力なのです。

ジャイアンのトリビア4:酔っぱらうとオネエになる!?

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2010

ドラえもんのひみつ道具に「ホンワカキャップ」というものがあります。これはお酒を飲んで楽しそうにしているパパを見て、うらやましく思ったのび太がドラえもんにリクエストしたもの。
このキャップをジュースびんの注ぎ口にとりつけると、ホンワカ成分が作用して、まるでアルコールを飲んだように気持ち良くなるという仕組みで、小学生ののび太たちでも安心して使える極めて健全なひみつ道具です。
しずかちゃんのおうちに遊びに行き、ホンワカキャップをつけたジュースで盛り上がったドラえもんとのび太。酔っぱらった勢いで、うっかりジャイアンにホンワカキャップを渡してしまいました。

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2011

ホンワカキャップを手に入れたジャイアンは、早速塾に行こうとしているスネ夫を強引に誘って宅飲みをすることに。コーラのびんにホンワカキャップを取りつけて、二人はすっかりいい酔っぱらっていい気持ちに。しかし、なんとスネ夫は酒ぐせならぬコーラぐせが悪かったのです。
「おまえなんか町の公害だ!みんな迷惑しているんだぞ!」とスネ夫に暴言を吐かれたジャイアンは、「そんなに言わなくたって…あたしつらい!!」とさめざめと泣きだします。
その後もスネ夫にこれまで貸したものを返せと言われ、「返すわよ!」と泣きじゃくるジャイアン。おかげでホンワカキャップはドラえもんの手元に戻ってきましたが、酔っぱらうとスネ夫とジャイアンの立場が逆転することと、ジャイアンがオネエになることが判明した衝撃の瞬間でした。

ジャイアンのトリビア5:恋愛に関しては奥手!

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2012

のび太がしずかちゃんが大好きなことはよく知られていますが、ジャイアンの恋愛についてはエピソードがあまり多くありません。しかし、時にジャイアンも気になる女の子が表れて、そんな時はスネ夫やのび太に相談をもちかけることがあります。
ある時、ジャイアンは公園でのび太たちと遊んでいるときに、犬の散歩で通りかかった女の子に一目ぼれし、何とか仲良くなりたいとドラえもんに相談しました。

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2012

のび太を追っかけまわし、ドラえもんのひみつ道具やスネ夫の自慢のおもちゃを取り上げるなど、いつも乱暴でわがままなのがデフォルトのジャイアンですが、なんと恋愛に関しては奥手キャラ!ドラえもんのひみつ道具をつかって彼女と再会するシチュエーションを作るものの、一体どのように彼女に話しかければいいのかわかりません。
しかし、彼のデビュー曲が「乙女の愛の夢」ということからわかるように、実は繊細でロマンチストなジャイアン。奥手な彼にはもどかしさを感じますが、いつもと違う一面が見れるところがジャイアンと言うキャラクターの興味深いところです。

ジャイアンのトリビア6:歌の破壊力はどれくらい?

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2012

ジャイアンを語る上で外せない「歌」。ドラえもんたちをたびたび苦しめるジャイアンの歌は、一体どれくらいの破壊力があるのでしょうか?
ジャイアンの歌をどうしても聴きたくないのび太は、もしもボックスを使って音のない世界を作り出して歌声から逃れようとします。しかし、筆談がコミュニケーションになった世界においても、ジャイアンの歌は文字に書くだけでのび太が寒気を感じ、ドラえもんが吐き気をもよおすレベルでした。

関連する投稿


アニメの都市伝説まとめ!不気味な10の怖い話

アニメの都市伝説まとめ!不気味な10の怖い話

日本のサブカルチャーを代表するTVアニメ。中でも「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「ポケモン」は、20年以上も放送されている国民的アニメです。しかし、これらのアニメには不気味な都市伝説があるってご存知ですか?今回は、日本のアニメにまつわる10つの怖い話をまとめます。信じるか信じないかはあなた次第⁉


映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』あらすじ・声優・ネタバレなど紹介!

映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』あらすじ・声優・ネタバレなど紹介!

映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』は「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズや「東のエデン」など数々の人間ドラマを描いてきた神山健治監督によるオリジナル脚本の長編アニメ作品です。主人公・森川ココネの声は、長編アニメ作品初挑戦の高畑充希さんが務めます。今回は父と娘の感動ストーリーが描かれる『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』について紹介!


『ドラえもん』ドラミちゃんにまつわる15のトリビア

『ドラえもん』ドラミちゃんにまつわる15のトリビア

『ドラえもん』の人気キャラクターであるドラミちゃん。兄であるドラえもんやのび太を助け、時にヒロインとして活躍することもあります。この記事ではそんなドラミちゃんにまつわるトリビアをご紹介します。


『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』まとめ!ゲスト声優や主題歌は?

『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』まとめ!ゲスト声優や主題歌は?

2018年4月13日に公開されるクレヨンしんちゃんの劇場版としては26作目に当たる『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』 今回は初めてマサオ君にフォーカスが当たるというだけに、これまでにない展開が期待されます!


【今週末公開の映画】3/1~『ブラックパンサー』『シェイプ・オブ・ウォーター』『映画ドラえもん のび太の宝島』ほか

【今週末公開の映画】3/1~『ブラックパンサー』『シェイプ・オブ・ウォーター』『映画ドラえもん のび太の宝島』ほか

3/1、3/2、そして3/3に公開される映画を一挙ご紹介!マーベルの待望の新作、黒人俳優が大半を占めるという画期的な『ブラックパンサー』や、ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』など、公開前から話題になっている作品の数々がついに日本でも公開。ぜひ、映画館でチェックしてくださいね!


最新の投稿


海外ドラマ「ダウントン・アビー」メインキャストの現在は?2019年の映画化情報を紹介!

海外ドラマ「ダウントン・アビー」メインキャストの現在は?2019年の映画化情報を紹介!

9月13日に、続編になる映画が公開される予定の歴史時代劇海外ドラマ「ダウントン・アビー」。9年前の公開当時から話題になり、6シーズンが制作され世界中で大ヒットしました。今回は、キャストの現在と気になる映画の情報をお伝えします!


海外ドラマ「The OC」あらすじ、キャストと彼らの現在&ネタバレ

海外ドラマ「The OC」あらすじ、キャストと彼らの現在&ネタバレ

2003年より放送がスタートし、アメリカ西海岸オレンジカウンティのマテリアリスティックな文化性や、格差社会、十代の不安定な心理、大人達の恋愛や家族関係等を描き、大ヒットしたドラマ「The OC」を覚えていますか?今回は、この懐かしい海外ドラマシリーズを振り返ってみます!


【ネタバレ注意】『インターステラー』を徹底解説!類似オススメ作品も紹介

【ネタバレ注意】『インターステラー』を徹底解説!類似オススメ作品も紹介

クリストファー・ノーラン監督によるハードSF作品『インターステラー』。映像の美しさや感動的なストーリーから大きな注目を集めた本作ですが、同時に“難しい”と話題に。今回はそんな『インターステラー』について徹底解説していきます!また『インターステラー』好きにオススメの映画作品についても紹介。


永野芽郁の出演映画おすすめ11選!年齢・身長は?可愛いすぎると話題!

永野芽郁の出演映画おすすめ11選!年齢・身長は?可愛いすぎると話題!

今年で20歳になる永野芽郁は、モデルや朝ドラ、映画ヒロインを経て、いまや国民的女優として老若男女に広く認識され、そして愛されています。この記事ではそんな彼女が出演する映画の中からおすすめ11作品をご紹介いたします。永野芽郁が声優に初挑戦する最新作『二ノ国』は現在公開中!


シアーシャ・ローナン出演映画11選!年齢・身長は?目の色が綺麗!

シアーシャ・ローナン出演映画11選!年齢・身長は?目の色が綺麗!

弱冠25歳にしてアカデミー賞に3度もノミネートされている実力派女優のシアーシャ・ローナン。演技力もさることながら、その透明感のある美しさで世界中から注目されています。今回はそんな彼女が出演する映画の中から、おすすめ11作品をご紹介いたします。12月25日公開予定の映画『リトル・ウィメン』(原題)の最新情報も合わせてお伝えいたします。