【洋画】サスペンス映画おすすめ25選!スリリングな洋画特集!

【洋画】サスペンス映画おすすめ25選!スリリングな洋画特集!


サスペンス映画『アウェイク』は2011年公開、アメリカのサスペンス。
大会社を引き継いだやり手の青年実業家クレイトン(ヘイデン・クリステンセン)は重い心臓病を抱えていたが、愛するサム(ジェシカ・アルバ)との挙式を終えた晩、親友である心臓外科医ジャック(テレンス・ハワード)からドナーが見つかったと連絡が入り、全身麻酔で手術室に入った。
しかし手術が始まっても意識は覚醒したままで...。

主人公を待ち受ける苦痛・恐怖・衝撃の真実がジワジワと迫って来る、怖くてスリリングなサスペンス映画です。

『黒いスーツを着た男』ひき逃げを題材にしたフレンチ・サスペンス(2013年)

© 2012 - Pyramide Productions – France 3 Cinéma

サスペンス映画『黒いスーツを着た男』は2013年公開、フランス・モルドヴァのサスペンスドラマ。

社長令嬢との結婚も決まり、人生の成功を目前にして予期せぬ自動車事故を起こしてしまう男。
一夜にして運命を狂わせる程の罪を背負ってしまった男と、その事件に巻き込まれていく2人の女性の心の葛藤を描いた緊迫感溢れるクライム・サスペンスです。
悪人でも何でもない普通の人間に、いつ起こっても不思議ではない重罪を目の当たりにして思わずのめり込んで手に汗してしまいます。

© 2012 - Pyramide Productions – France 3 Cinéma

主人公演じるのは "アラン・ドロンの再来" とフランスで評判を呼んだ男優ラファエル・ペルソナ。
彼が出演している作品は、これが初の日本上陸となっています。
日本未公開の作品出演が多いですが、2013年パトリック・ドベール賞のフランス最優秀俳優賞を受賞している強者。
今年公開のレイフ・ファインズが監督&出演をする映画『THE WHITE CROW(原題)』にも出演しているそうなので要チェックです!

『われらが背きし者』望まず諜報戦に巻き込まれた男(2016年)

© STUDIOCANAL S.A. 2015 / PG12

サスペンス映画『われらが背きし者』は2016年公開、イギリス・フランスのサスペンス・ドラマ。
主役のペリーを演じるのはユアン・マクレガー。

© STUDIOCANAL S.A. 2015 / PG12

英国人大学教授ペリーとその妻ゲイル(ナオミ・ハリス)が、偶然旅先で知り合ったロシアン・マフィアのディマ(ステラン・スカルスガルド)から組織の情報が入ったUSBメモリーを秘密情報部(MI6)に渡してほしいと依頼される。
それは世界を股にかけた危険な亡命劇に巻き込まれていく全ての始まりだった...。

© STUDIOCANAL S.A. 2015 / PG12

スパイ小説の巨匠『裏切りのサーカス』のジョン・ル・カレが原作・製作総指揮を務めた緊迫のスパイ・エンターテインメント作品です。
スウェーデン出身の重鎮、ステラン・スカルスガルドの重厚な演技も見ごたえがあります。

『ザ・イースト』正義の定義に悩む潜入調査員(2014年)

© 2013 TWENTIETH CENTURY FOX

サスペンス映画『ザ・イースト』は2013年公開、アメリカの社会派サスペンスドラマ映画です。
ヒロインを演じるブリット・マーリングの実体験をヒントに監督のザル・バトマングリッジとタッグを組み、共同脚本を手掛けた戦慄の社会派サスペンス。

© 2013 TWENTIETH CENTURY FOX

ヒロイン他、 スウェーデンの人気俳優アレキサンダー・スカルスガルド、エレン・ペイジ、パトリシア・クラークソンなど新世代の人気俳優たちを配したキャスティングも魅力。

© 2013 TWENTIETH CENTURY FOX

大企業の依頼で、世界各地で環境破壊を行っているグローバル企業に対して過激な報復活動を行っている謎の環境テロリスト集団 "イースト" に、偽名を使ってたった一人で潜入捜査へと向かうヒロインを待ち受ける衝撃の運命をスリリングに描いています。
純粋ささえ感じられる彼らと接触していくうちに "イースト" のアイデンティティに共鳴していく自分と、大企業や上司への浮かび上がる疑念が絡まり合い、どちらにも混在している "悪" との格闘、葛藤に苦しむヒロインにフォーカスを当てた作品。
正義とは何なのか考えさせられながら、ヒリヒリした緊張感が味わえます。

『サイド・エフェクト』患者が起こした殺人事件の隠された事実(2013年)

『サイド・エフェクト』のポスタービジュアル

サスペンス映画『サイド・エフェクト』は2013年公開、アメリカのサスペンス・ミステリー。
精神科医のジョナサン・バンクス博士(ジュード・ロウ)がうつ病の女性エミリー(ルーニー・マーラ)に処方した薬で副作用を起こし、発症した夢遊病で夫を殺してしまう。
いつの間にかある陰謀に巻き込まれて、医師として社会的信頼を失った精神科医の運命をスリリングに描いた作品です。

© 2013 Happy Pill Distribution, LLC. All rights reserved.

うつ病患者エミリー・テイラーを『ドラゴン・タトゥーの女』、『キャロル』のルーニー・マーラ、彼女のうつ病の原因ともなった夫マーティン・テイラーを『G.I.ジョー』、『マジック・マイク』のチャニング・テイタムが演じています。

© 2013 Happy Pill Distribution, LLC. All rights reserved.

かつてのエミリーの担当医ヴィクトリア・シーバート博士を キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。
そして陰謀に巻き込まれる精神科医ジョナサン・バンクス博士をジュード・ロウが演じる等と豪華スター顔合わせも贅沢で “ヒッチコックの現代版” と評されるように、ストーリー展開も素晴らしい極上の心理サスペンスとなっています。

『ヒットマン』常に追われているクールな暗殺者(2008年)

© 2007 Twentieth Century Fox

サスペンス映画『ヒットマン』は2008年公開、アメリカ・フランスのアクション・サスペンス。
世界的人気ゲームソフトを映画化したスタイリッシュ・ガンアクションムービーです。

この記事のライター

関連するキーワード


ザ・イースト ブリット・マーリング ザル・バトマングリッジ アレキサンダー・スカルスガルド エレン・ペイジ パトリシア・クラークソン ブロークンシティ マーク・ウォールバーグ ラッセル・クロウ キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 96時間 リーアム・ニーソン LOST きみがくれた物語 マギー・グレイス リュック・ベッソン 96時間/リベンジ 96時間/レクイエム サイド・エフェクト ジュード・ロウ ルーニー・マーラ ドラゴン・タトゥーの女 キャロル G.I.ジョー マジック・マイク チャニング・テイタム オペラ座の怪人 アンドリュー・ロイド・ウェバー 300 エンド・オブ・ホワイトハウス ジェラルド・バトラー ガール・オン・ザ・トレイン プラダを着た悪魔 メリー・ポピンズ リターンズ ミッション:インポッシブル エミリー・ブラント グレイテスト・ショーマン レベッカ・ファーガソン マグニフィセント・セブン ヘイリー・ベネット パーフェクト・プラン 127時間 ジェームズ・フランコ あの頃ペニー・レインと ケイト・ハドソン イースタン・プロミス ヴィゴ・モーテンセン デヴィッド・クローネンバーグ ヒストリー・オブ・バイオレンス ヴァンサン・カッセル ナオミ・ワッツ イノセント・ガーデン オールド・ボーイ パク・チャヌク ミア・ワシコウスカ ニコール・キッドマン マシュー・グード 告白小説、その結末 戦場のピアニスト ロマン・ポランスキー エマニュエル・セニエ エヴァ・グリーン アンダー・ザ・シルバーレイク アメイジング・スパイダーマン アンドリュー・ガーフィールド マッドマックス 怒りのデス・ロード ライリー・キーオ エージェント:ライアン トム・クランシー クリス・パイン ケヴィン・コスナー キーラ・ナイトレイ 嗤う分身 ドストエフスキー ザ・コンサルタント ベン・アフレック アナ・ケンドリック ヒットマン ティモシー・オリファント 007 慰めの報酬 オルガ・キュリレンコ ミッション:インポッシブル2 ダグレイ・スコット プリズン・ブレイク ヒーローズ ハンガーゲーム ロバート・ネッパー ブラック・ファイル 野心の代償 ザ・フォロイング シンタロウ・シモサワ ジョシュ・デュアメル アル・パチーノ アンソニー・ホプキンス イ・ビョンホン 女神の見えざる手 ジェシカ・チャステイン ギリシャに消えた嘘 キルステン・ダンスト ヘイデン・クリステンセン ジェシカ・アルバ テレンス・ハワード 黒いスーツを着た男 アラン・ドロン ラファエル・ペルソナ レイフ・ファインズ THE WHITE CROW アニー・イン・ザ・ターミナル マーゴット・ロビー サイモン・ペグ デクスター・フレッチャー ボヘミアン・ラプソディ 天才作家の妻 -40年目の真実- マックス・アイアンズ マイク・マイヤーズ パッセンジャーズ アン・ハサウェイ パトリック・ウィルソン われらが背きし者 ユアン・マクレガー ナオミ・ハリス ステラン・スカルスガルド ジョン・ル・カレ ゴーン・ガール デヴィッド・フィンチャー ロザムンド・パイク

関連する投稿


イ・ミンホ主演「ザ・キング 永遠の君主」キャスト・見どころ・あらすじ紹介!伏線の謎解きも考察!

イ・ミンホ主演「ザ・キング 永遠の君主」キャスト・見どころ・あらすじ紹介!伏線の謎解きも考察!

韓流ドラマが再びブレイク中の今、新たに注目したい作品が韓国ファンタジー・ラブロマンスドラマ「ザ・キング 永遠の君主」です。Netflixでも人気ランキングに登場しましたね!イ・ミンホ&キム・ゴウンの豪華共演も話題です。ここでは作品のあらすじ、気になるキャスト情報、見どころなどを紹介していきます。是非ご覧下さいね。


おもしろいファンタジー映画おすすめ53選!

おもしろいファンタジー映画おすすめ53選!

おとぎ話や宇宙の彼方、未来など空想上の世界を舞台としたファンタジー映画ってとてもワクワクしますよね。魔法を使ったり、小人が出たり、空で飛んだりするなど想像がつかない物語が盛りだくさん。そんなファンタジー映画のおすすめを紹介します。


スティーヴン・キング原作映画おすすめ17選!ホラーだけじゃない!

スティーヴン・キング原作映画おすすめ17選!ホラーだけじゃない!

スティーヴン・キング原作の映画『ダーク・タワー』の公開に先駆け、『スタンド・バイ・ミー』『グリーン・マイル』『ショーシャンクの空に』など、スティーヴン・キングの小説をベースにした名作映画17選をご紹介します。


小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ20選!原作と比較しておもしろさ倍増!

小説を元に映画化された邦画&洋画おすすめ20選!原作と比較しておもしろさ倍増!

昨今、映画作品はオリジナル作品が少なくなってきて久しいですが、そんな賛否両論ある「原作もの」も、監督独自の脚色によって、生まれ変わるケースは多くあります。ラストを変更するだけでなく、作品全体のトーンを変えたり、登場人物を新たに加えたりと、その方法は様々。こちらのまとめでは、原作と映画の比較や、作者の背景にも迫りました。


仕事のモチベーションをアップしてくれる傑作映画20選!明日からまた仕事頑張れる!

仕事のモチベーションをアップしてくれる傑作映画20選!明日からまた仕事頑張れる!

仕事に何となく身が入らなかったり、失敗が続くこともありますよね。気分転換に映画でリフレッシュしてみるのはいかがでしょうか。迷いながら信念を貫く主人公達には共感を抱いたり、一発逆転サクセスストーリーではスカッとするはず。これを機に転職を考えたりして?


最新の投稿


今が旬な人気女優30人!プロフィールや出演作まとめ【2020年最新版】

今が旬な人気女優30人!プロフィールや出演作まとめ【2020年最新版】

日本の映画やドラマで大活躍中の人気女優30人をご紹介していきます!今、日本には実力派女優とされながらも様々な個性を持つ "唯一無二" な女優さん達が沢山いますよね。ここでは特に印象的な30人をピックアップし、プライベートや最新出演映画の情報も兼ねてお伝えしていきます。


イ・ミンホ主演「ザ・キング 永遠の君主」キャスト・見どころ・あらすじ紹介!伏線の謎解きも考察!

イ・ミンホ主演「ザ・キング 永遠の君主」キャスト・見どころ・あらすじ紹介!伏線の謎解きも考察!

韓流ドラマが再びブレイク中の今、新たに注目したい作品が韓国ファンタジー・ラブロマンスドラマ「ザ・キング 永遠の君主」です。Netflixでも人気ランキングに登場しましたね!イ・ミンホ&キム・ゴウンの豪華共演も話題です。ここでは作品のあらすじ、気になるキャスト情報、見どころなどを紹介していきます。是非ご覧下さいね。


【おめでたい】第1子妊娠中・北川景子の『スマホを落としただけなのに』ほか出演作まとめ!

【おめでたい】第1子妊娠中・北川景子の『スマホを落としただけなのに』ほか出演作まとめ!

さまざまな役を演じ続ける美人女優・北川景子。 雑誌モデルとしてデビュー後、CM、ドラマ、映画で活躍中です。今回はそんな北川景子のプロフィールやDAIGOとの結婚後のプライベート情報、デビュー頃の作品から最新作までおすすめの出演映画などをご紹介していきます。 2020年4月に待望の第1子を妊娠したことを発表され、今秋に出産する予定です。


『未来のミライ』はつまらない?細田守監督の最新作はなぜ酷評されたのか徹底考察・解説!

『未来のミライ』はつまらない?細田守監督の最新作はなぜ酷評されたのか徹底考察・解説!

細田守監督作品のアニメ映画『未来のミライ』は、海外からの評価は高いものの、国内での評価はイマイチ…。今回は本作が酷評される理由や、ネタバレあらすじ、声優を務めたキャスト陣をまとめてご紹介します!作品の評価や感想、見どころが知りたい人は要チェックです。


続編前はこれを見ればOK!映画『エスター』ネタバレ&最後のシーンを考察

続編前はこれを見ればOK!映画『エスター』ネタバレ&最後のシーンを考察

『エスター』は2009年に公開されたサイコ・サスペンス映画。映画好きなら一度は見たことがある「名作」として知られる本作は、続編の製作が決定したことで、再び注目を集めています。そこで今回は本作のあらすじをネタバレありで解説!「実話」と呼ばれる理由や、本作の前日譚を描く続編の内容もまとめてピックアップ♪