怖いけど可笑しい⁉︎狂気を感じる映画10選

怖いけど可笑しい⁉︎狂気を感じる映画10選

道徳心や倫理観を失った時の人間の狂気というものは怖さもありますが普通ではない発想があって興味深いものです。そんな狂気を感じる映画を紹介します。


『レジェンド 狂気の美学』

© 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

1960年代初頭、活気に満ちたロンドン。双子のギャング、レジー・クレイとロニー・クレイ(両者共にトム・ハーディ)は手段を選ばない方法で街の権力を手中に収めつつあった。さらなる勢力拡大のためにアメリカのマフィアと手を組み、有力者やセレブリティとも懇意の関係を築き上げた彼らの影響力はイギリス社会の上流階級にまで及び、その勢いはとどまるところを知らなかった。そんな時レジーは部下の妹フランシスと恋に落ち結婚。悪事と手を切ると約束したレジーは、自らが所有する複数のナイトクラブの経営に注力するようになる。 しかし組織内の不調和、警察の執拗な捜査、ロニーの凶暴性、偏執性と自滅的な行動が引き起こす数々の災厄によって彼らの栄華は徐々に脅かされてゆく。やがて兄弟の絆に綻びが生じ、レジーとフランシスの結婚生活も破綻してゆくーー。
ギャング映画にしては珍しく後味の悪さがあまりない作品です。むしろユーモラスな雰囲気さえ感じる一風変わった映画となっています。

『ブラック・スワン』

2010,20世紀フォックス映画
© 2010 Twentieth Century Fox.


ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、踊ることに全てを捧げるニナ(ナタリー・ポートマン)。ある日、芸術監督のトーマス・リーロイ(ヴァンサン・カッセル)がプリマ・バレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)を新シーズンの「白鳥の湖」から降板させることを決める。このとき、ニナは後任のプリマの第一候補だったが、新人ダンサーのリリー(ミラ・クニス)もまた有力な候補の一人だった。人の若きバレリーナは敵対心から、ねじれた友情を発展させていくのだが…。
クラシック音楽やバレエに興味がない人でも楽しめるほど作品に迫力があって深みのあるストーリーに引き込まれます。

『エスター』

© DARK CASTLE HOLDINGS LLC

赤ん坊を死産して悲嘆に暮れるケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)。何とか普通の生活に戻ろうと必死の夫婦は、養子を迎えることを決意する。そして訪れた地元の児童養護施設で、2人は1人の少女と出会う。彼女の名はエスター(イザベル・ファーマン)。エスターを養子として迎え入れ、幸せな生活が始まると信じていたケイトとジョンだが、彼らの身の回りで謎めいた事件が起こり始める。その愛らしい外見の裏に隠された、エスターの想像を超えた衝撃の正体とは――。
しっかりと王道の要素を踏まえたサスペンス映画です。手堅いだけに外さない作品となっています。

『羊たちの沈黙』

© 1991 Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

女性を誘拐、殺害しその皮を剥ぐという猟奇事件が続発する。捜査に行きづまったFBIは、元精神科医であり殺人鬼のハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に捜査協力を依頼する。その任務につくことになった訓練生のクラリス(ジョディ・フォスター)は獄中にいるレクターと接触する。レクターはクラリスに、自らの過去を話すという条件で、事件究明に協力するが…。
人間の心の闇の深さがとても恐ろしい作品です。密度が濃く、キャスティングが光っています。

『ムカデ人間』

© 2009 SIX ENTERTAINMENT

ドイツ郊外の人里離れた屋敷にひとり暮らす医師 ヨーゼフ・ハイター(ディーター・ラーザー)はシャム双生児切り離しのエキスパート。しかし、彼は数人の人間の口と肛門をつなぎ合わせ、“ムカデ人間”を創ることを夢見ていた…。
人間を繋げてみるというワンアイデアだけでできた映画でストーリーなどを楽しむのではなくとにかく博士の異常性をみる映画となっています。

『ノーカントリー』

2007,アメリカ,パラマウント、ショウゲート
© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.


狩りの途中で偶然、大量のヘロインと200万ドルという大金を見つけた、ベトナム帰還兵のモス(ジョシュ・ブローリン)。金を持ち去った瞬間、彼の運命の歯車が大きく狂い始める――。法と正義を信じる年配の保安官・べル(トミー・リー・ジョーンズ)や警察を巻き込みながら、執拗に追ってくる謎の殺し屋・シガー(ハビエル・バルデム)から逃げるモス。果たしてモスは逃げ切ることができるのか? ベルは危険に瀕したモスを救うことができるのか? そしてシガーはモスを射止めることができるのか? 3人の男の思惑と自信が絡み合い、意外なクライマックスを迎えることとなる…。アメリカ西部、テキサスの町を舞台に、鬼才・コーエン兄弟が放つ、ドラマティックな犯罪スリラー。
主人公には殺すかどうかをコインの表裏で決めるなどの自分ルールがあり、そういった自分ルールを何が何でも守ることからより異常性を感じます。

『悪の教典』

© 2012「悪の教典」製作委員会

蓮実聖司(伊藤英明)は生徒から絶大な人気を誇る高校教師。学校やPTAの評価も高い蓮実だったが、実は彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパスだった。その人間離れした知性と行動力で周囲の人間たちを自由に操り、自らの目的のためには殺人も厭わない。いじめやモンスターペアレンツなど学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除いていき、次々と死体の山を築きあげていく――。
殺人シーンにコメディ要素を入れるなど道徳的とはいえない描写が多くあり非日常を味わうことのできる作品です。

『モンスター』

© 2013「モンスター」製作委員会

海辺の田舎町に美しい女が降り立つ。彼女の名前は鈴原美帆。彼女がオーナーを務めるレストランには“絶世の美女”と噂される美帆の顔を一目見ようと客が押し寄せていた。ある日、店内のモニターを見つめていた美帆は、ひとりの男性に目を留める。 それは彼女が待ち続けていた男・高木の姿だった。 高校時代。鈴原美帆こと本名・田淵和子は、醜い風貌を蔑まれ、バケモノ扱いされる悲惨な日々を過ごしていた。唯一、優しい声をかけてくれた同級生の高木に対し、恋心を抱いた彼女は、思い悩んだ末にある事件を起こす。町を追われ、東京に出た和子は、ふと目にした雑誌をきっかけに、整形クリニックを訪れる…。
圧倒的な人生の逆転劇に可笑しささえ感じてしまう作品です。ですが基本的には悲しい作品で色々な感情が交錯します。

『冷たい熱帯魚』

© NIKKATSU

小さな熱帯魚店を営む社本信行(吹越満)の家庭は不協和音を奏でていた。年頃の娘は若い後妻に反発し、そのために社本と妻の間も上手くゆかなくなっていた。娘が起こした万引き事件をきっかけに、社本はより大きな熱帯魚店を経営する村田幸雄(でんでん)と知り合う。村田は社本の娘の万引きを見逃すどころか、親切にも娘を自分の店で雇う。やがて、村田は社本に高価な熱帯魚を輸入する事業を手伝ってほしい、と持ちかける。その申し出を引き受けた社本は、想像を絶する異常な事態に巻き込まれていく…。
常識というタガが外れ、人間性を失った者たちの残虐な殺し合いが観るものを不思議な感覚に陥らせます。

『秘密 THE TOP SECRET』

© 2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会

被害者の【脳に残った記憶】を映像化し、迷宮入りした事件を捜査する警察庁の特別機関「第九」。室長をつとめる天才・薪 剛(生田斗真)のもとに、新人捜査官の青木一行(岡田将生)が配属された。全ては「犯人の脳の記憶を見て、行方不明の少女を探す単純捜査」から始まった。「第九」が脳内捜査を進めると、事件を根底から覆す【驚愕の真犯人】が現れる。さらに、事件は次々と連鎖し、決して触れてはならないとされる「第九」の闇、貝沼事件へとつながっていく。今は亡き薪の親友、元「第九」メンバー・鈴木(松坂桃李)との関係性まで浮上。そこには、命と引き換えにしてまで守ろうとした、絶対に知られたくない【第九最大の秘密】が隠されていた…。
原作の長いストーリーが約2時間半でよくまとめられていると思います。独特な雰囲気が妙な怖さを演出していて見応えある作品です。

まとめ

『ブラック・スワン』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox.

関連する投稿


福田雄一作品で内臓崩壊!笑えて心温まるおすすめドラマ・映画14選

福田雄一作品で内臓崩壊!笑えて心温まるおすすめドラマ・映画14選

「勇者ヨシヒコシリーズ」とか「今日から俺は!!」は見ましたか?笑えましたよねぇ~。そして心が温まり、また時に心が燃え上がります。そんな内臓崩壊なコメディーを制作する福田雄一さんの作品に注目して見たいと思います。この記事ではそんな福田雄一さん制作のおすすめのドラマ・映画をご紹介したいと思います。


倉科カナの出演ドラマ・映画おすすめ13選!笑顔が可愛い癒し系女優♡

倉科カナの出演ドラマ・映画おすすめ13選!笑顔が可愛い癒し系女優♡

抜群のスタイルを武器にグラビアアイドルとしてデビューし、現在は女優として数々の作品に出演してきた倉科カナ。今回はそんな彼女が出演しているおすすめドラマ・映画13作品をご紹介いたします。あらすじ、キャスト情報も合わせてお伝えいたします。


映画『笑う招き猫』あらすじ・キャストを紹介!松井玲奈と清水富美加主演

映画『笑う招き猫』あらすじ・キャストを紹介!松井玲奈と清水富美加主演

映画『笑う招き猫』は、清水富美加さんと松井玲奈さんが女漫才師としてコンビを組み、お笑いの世界での奮闘を描いた青春作品です。原作は山本幸久さんのデビュー小説作品となっています。今回は映画『笑う招き猫』の基本情報について紹介します!


映画『獣道』あらすじ・キャスト紹介!実話ベースの真っ黒い青春映画?

映画『獣道』あらすじ・キャスト紹介!実話ベースの真っ黒い青春映画?

映画『獣道』は、『下衆の愛』などで知られる内田英治監督によって描かれる青春ブラックコメディ作品です。伊藤沙莉さんと須賀健太さんがW主演を務め、共演には吉村界人さんやでんでんさんなど個性的な俳優陣が名を連ねています。今回はそんな『獣道』について紹介!


映画『3月のライオン』あらすじやキャスト、魅力を紹介!

映画『3月のライオン』あらすじやキャスト、魅力を紹介!

『3月のライオン』は、数々の人気作を生み出している羽海野チカさんによるコミック作品を原作とした実写映画です。前編は2017年3月18日に、後編は同年の4月22日に公開。今回は大友啓史監督と主演の神木隆之介がタッグを組んだ『3月のライオン』について紹介します!


最新の投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックス出演作まとめ!『ジョーカー』新作を演じる人物とは?

ホアキン・フェニックスとは、兄に夭折の俳優リバー・フェニックスを持ち、数々の作品で個性的な演技を見せる俳優です。最近ではバッドマンの宿敵ジョーカーを主人公にした作品で、ジョーカー役に抜擢されたことが話題となっています。果たしてホアキン・フェニックスとはどのような俳優なのか?過去作や彼ならではのエピソードを紹介します。


映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

映画『バイス』まとめ!あらすじ、キャスト、実在のチェイニーとは?

アメリカの大統領でブッシュを知っている人は多くても、副大統領であるチェイニーという人物を知る人は少ないのではないでしょうか?実はこのチェイニー副大統領こそ、影でブッシュ大統領を操るほどの実力を握り、今のアメリカを作り上げて"しまった"人物として知られているのです。そんな彼の半生を描いた映画『バイス』を紹介します!


秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭2018の上映作品を紹介!選び抜かれた15作品!

秋葉原映画祭とは、“アキバ”に来る人の“大好き”を集めた映画祭。アニメ作品をメインとしてコミックやライトノベル、ゲームが原作の作品からアイドルが主演の作品など、ポップカルチャーに分類される作品を対象として上映されます。今回はそんな秋葉原映画祭2018で上映された作品について紹介します。


ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

ジブリ人気キャラクターランキングベスト25大公開!

日本のみならず、世界的に注目されているジブリ作品。その大きな特徴は、魅力的なキャラクターたちです。どのキャラクターも個性的で魅力的ですが、中でも人気が高いのは誰なのでしょうか?今回は、ジブリのキャラクターランキングを大公開します。はたして、ランキング1位に選ばれたのは…?