怖いけど可笑しい⁉︎狂気を感じる映画20選

怖いけど可笑しい⁉︎狂気を感じる映画20選

道徳心や倫理観を失った時の人間の狂気というものは怖さもありますが普通ではない発想があって興味深いものです。そんな狂気を感じる映画を紹介します。


目次

実在した双子ギャング『レジェンド 狂気の美学』(2016)

© 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

1960年代初頭、活気に満ちたロンドン。双子のギャング、レジー・クレイとロニー・クレイ(両者共にトム・ハーディ)は手段を選ばない方法で街の権力を手中に収めつつあった。さらなる勢力拡大のためにアメリカのマフィアと手を組み、有力者やセレブリティとも懇意の関係を築き上げた彼らの影響力はイギリス社会の上流階級にまで及び、その勢いはとどまるところを知らなかった。そんな時レジーは部下の妹フランシスと恋に落ち結婚。悪事と手を切ると約束したレジーは、自らが所有する複数のナイトクラブの経営に注力するようになる。 しかし組織内の不調和、警察の執拗な捜査、ロニーの凶暴性、偏執性と自滅的な行動が引き起こす数々の災厄によって彼らの栄華は徐々に脅かされてゆく。やがて兄弟の絆に綻びが生じ、レジーとフランシスの結婚生活も破綻してゆくーー。
ギャング映画にしては珍しく後味の悪さがあまりない作品です。むしろユーモラスな雰囲気さえ感じる一風変わった映画となっています。

新作『ヴェノム』が話題の大英帝国勲章俳優!イケメン♡トム・ハーディーを満喫できるおすすめ映画7選!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2004

インテリ育ちの実力派ながら、多感な青年時代には破天荒な問題児イメージが強かったトム・ハーディーも今や大英帝国勲章第三位 CBEを叙勲する紳士でワイルドな大人の魅力を纏う俳優に...。そんなスマートに躍進し続ける彼の演技を満喫する為のおすすめ映画作品を紹介します!

バレエを追求した先にみえたものは『ブラック・スワン』(2011)

2010,20世紀フォックス映画
© 2010 Twentieth Century Fox.


ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナで、踊ることに全てを捧げるニナ(ナタリー・ポートマン)。ある日、芸術監督のトーマス・リーロイ(ヴァンサン・カッセル)がプリマ・バレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)を新シーズンの「白鳥の湖」から降板させることを決める。このとき、ニナは後任のプリマの第一候補だったが、新人ダンサーのリリー(ミラ・クニス)もまた有力な候補の一人だった。人の若きバレリーナは敵対心から、ねじれた友情を発展させていくのだが…。
クラシック音楽やバレエに興味がない人でも楽しめるほど作品に迫力があって深みのあるストーリーに引き込まれます。

幻想と狂気の舞踏サスペンス劇 映画『ブラック・スワン』のあらすじとネタバレありの考察

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2760

才能ある若きバレリーナ・ニナは白鳥の湖の主役に抜擢された。白鳥と黒鳥両方の役を演じるプレッシャーに現実と狂気の狭間で揺れ動きながらも舞台に躍り出る。 幻想と狂気のサスペンス・ホラー映画『ブラック・スワン』のあらすじとネタバレありの考察を紹介

家族に迎えた養女の正体『エスター』(2009)

© DARK CASTLE HOLDINGS LLC

赤ん坊を死産して悲嘆に暮れるケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)。何とか普通の生活に戻ろうと必死の夫婦は、養子を迎えることを決意する。そして訪れた地元の児童養護施設で、2人は1人の少女と出会う。彼女の名はエスター(イザベル・ファーマン)。エスターを養子として迎え入れ、幸せな生活が始まると信じていたケイトとジョンだが、彼らの身の回りで謎めいた事件が起こり始める。その愛らしい外見の裏に隠された、エスターの想像を超えた衝撃の正体とは――。
しっかりと王道の要素を踏まえたサスペンス映画です。手堅いだけに外さない作品となっています。

続編前はこれを見ればOK!映画『エスター』ネタバレ&最後のシーンを考察

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2742

『エスター』は2009年に公開されたサイコ・サスペンス映画。映画好きなら一度は見たことがある「名作」として知られる本作は、続編の製作が決定したことで、再び注目を集めています。そこで今回は本作のあらすじをネタバレありで解説!「実話」と呼ばれる理由や、本作の前日譚を描く続編の内容もまとめてピックアップ♪

精神科医にしてシリアルキラー『羊たちの沈黙』(1991)

ジョナサン・デミ&ジャスティン・ティンバーレイク-(C)Getty Images

女性を誘拐、殺害しその皮を剥ぐという猟奇事件が続発する。捜査に行きづまったFBIは、元精神科医であり殺人鬼のハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に捜査協力を依頼する。その任務につくことになった訓練生のクラリス(ジョディ・フォスター)は獄中にいるレクターと接触する。レクターはクラリスに、自らの過去を話すという条件で、事件究明に協力するが…。
人間の心の闇の深さがとても恐ろしい作品です。密度が濃く、キャスティングが光っています。

ハンニバル・レクター博士のモデルとなった実在のシリアルキラー4人!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2593

『羊たちの沈黙』で一躍世界的に有名になったハンニバル・レクター博士は高名な精神科医かつ連続猟奇殺人犯。知的でありながら凶暴な殺人事件を何度も犯しているレクター博士には、モデルとなった人物がいます。どんな人物だったのか1人ずつ見ていきましょう。レクター博士の怖ろしさがさらに深くなるかも?

恐ろしい実験に憑りつかれた博士『ムカデ人間』(2011)

© 2009 SIX ENTERTAINMENT

ドイツ郊外の人里離れた屋敷にひとり暮らす医師 ヨーゼフ・ハイター(ディーター・ラーザー)はシャム双生児切り離しのエキスパート。しかし、彼は数人の人間の口と肛門をつなぎ合わせ、“ムカデ人間”を創ることを夢見ていた…。
人間を繋げてみるというワンアイデアだけでできた映画でストーリーなどを楽しむのではなくとにかく博士の異常性をみる映画となっています。

『ムカデ人間』シリーズネタバレ解説!それぞれ異なる世界観を紹介!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2650

複数の人間の肛門と口をつなげるというショッキングなストーリーが話題の『ムカデ人間』シリーズ。カルト的人気を誇る本作は、全部で3つのシリーズから構成されています。今回は、それぞれ異なる世界観や、ネタバレを含む見どころをご紹介します!

何処までも追いかけて来る、死に執着する殺し屋『ノーカントリー』(2008)

2007,アメリカ,パラマウント、ショウゲート
© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.


狩りの途中で偶然、大量のヘロインと200万ドルという大金を見つけた、ベトナム帰還兵のモス(ジョシュ・ブローリン)。金を持ち去った瞬間、彼の運命の歯車が大きく狂い始める――。法と正義を信じる年配の保安官・べル(トミー・リー・ジョーンズ)や警察を巻き込みながら、執拗に追ってくる謎の殺し屋・シガー(ハビエル・バルデム)から逃げるモス。果たしてモスは逃げ切ることができるのか? ベルは危険に瀕したモスを救うことができるのか? そしてシガーはモスを射止めることができるのか? 3人の男の思惑と自信が絡み合い、意外なクライマックスを迎えることとなる…。アメリカ西部、テキサスの町を舞台に、鬼才・コーエン兄弟が放つ、ドラマティックな犯罪スリラー。
主人公には殺すかどうかをコインの表裏で決めるなどの自分ルールがあり、そういった自分ルールを何が何でも守ることからより異常性を感じます。

『メン・イン・ブラック』『ノーカントリー』缶コーヒーのCMでもおなじみ!トミー・リー・ジョーンズの出演作5選

https://pickup.cinemacafe.net/articles/328

『JFK』『逃亡者』など、厳格で落ち着いた雰囲気が魅力のトミー・リー・ジョーンズが出演している名作5選をご紹介します。

爽やかな先生はサイコパスだった『悪の教典』(2012)

© 2012「悪の教典」製作委員会

蓮実聖司(伊藤英明)は生徒から絶大な人気を誇る高校教師。学校やPTAの評価も高い蓮実だったが、実は彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパスだった。その人間離れした知性と行動力で周囲の人間たちを自由に操り、自らの目的のためには殺人も厭わない。いじめやモンスターペアレンツなど学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除いていき、次々と死体の山を築きあげていく――。
殺人シーンにコメディ要素を入れるなど道徳的とはいえない描写が多くあり非日常を味わうことのできる作品です。

映画『悪の教典』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2577

『悪の教典』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では『悪の教典』のあらすじやキャスト、みどころ、感想と、ドラマ「悪の教典 -序章- 」、貴志祐介原作の韓国映画『黒い家』などを紹介します。この記事を読めば『悪の教典』をもっと楽しめますよ!

美に執着した女性の悲しい物語『モンスター』(2013)

© 2013「モンスター」製作委員会

関連する投稿


衝撃のサイコスリラー映画『エスター』をネタバレありであらすじ解説!少女は

衝撃のサイコスリラー映画『エスター』をネタバレありであらすじ解説!少女は

流産を経験し酒に溺れ悲嘆に暮れていたケイトと夫ジョン。悲しみの記憶を振り払う為ふたりは養子を迎えることを決意した。 地元の孤児院で出会った9歳の少女エスターに不思議な縁を感じたケイトとジョンは、彼女を引取り新しい家族として二人の子供が待つ家に連れ帰る。 幸せな生活を取り戻せると思っていたが、それ以降家族に次々と不気味な出来事が起こり始める…。 衝撃のサイコスリラー『エスター』の物語を解き明かし少女エスターの謎に迫る。


オッドアイが魅力的なハリウッドスター10人!希少なアースアイのスターも10人紹介!

オッドアイが魅力的なハリウッドスター10人!希少なアースアイのスターも10人紹介!

左右で眼の色が違うオッドアイを持つ人には、ついつい引き込まれちゃう魅力があります。俳優・女優さんの中にも何人かいるのですが、通常はあまり意識して見ませんよね?ここでは、そんな神秘的な瞳オッドアイやアースアイを持つハリウッドスターをピックアップして紹介していこうと思います。是非ご覧下さいね!


凶悪殺人鬼やシリアルキラーが暴れるおすすめ映画50選!

凶悪殺人鬼やシリアルキラーが暴れるおすすめ映画50選!

ホラー映画以外の、危険だけれど強い魅力をもつ印象的な殺人鬼やシリアルキラーが登場する名作映画50選をご紹介します。中には実話映画やどんでん返しのストリーもあり、現実にはこんなことが起きたかと想像したら、ゾッとして恐怖に侵食されます。


最も怖い映画のシーン15選!あなたは最後まで観ることができる?【一部ネタバレあり】

最も怖い映画のシーン15選!あなたは最後まで観ることができる?【一部ネタバレあり】

HMVオンラインが2000人を対象に過去60年間で最も怖い映画のシーンを調査したところ、18パーセントの票を集めて1973年作『エクソシスト』が1位に選ばれました。他に『サイコ』や『羊たちの沈黙』などがランクインしています。最も怖い映画のシーン15選をご紹介します。


人気若手女優30人!今一番人気なのは誰?[2020年最新版]

人気若手女優30人!今一番人気なのは誰?[2020年最新版]

現在、映画にドラマにCMと大人気の若手女優たち。今後の活躍が楽しみな方ばかりですよね。今回はそんな中から、人気の若手女優30人をまとめてご紹介!果たして今一番人気なのは誰なのか?!ブレイクのきっかけになった作品や、最新出演映画情報も合わせてお伝えしていきます。


最新の投稿


「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

可愛らしいキャラクターデザインと、躍動感あふれる3Dアニメーションで大きな反響を呼んだアニメ「けものフレンズ」。しかし、その魅力は作画やキャラクターの可愛さだけではありません。このアニメにはさまざまな「謎」が隠されているのです。今回は本作のネタバレ考察、最終回の謎を解説します!


『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

死の運命に追い詰められる若者たちを描く人気ホラー『ファイナル・デスティネーション』シリーズ。姿なき殺人者“死”に立ち向かう若者たちの運命は?この記事では『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作のあらすじをネタバレありで解説。最新作となる6作目の情報も合わせてお伝えいたします。


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』はどんな映画なのでしょうか?木村拓哉が声優をつとめたスタジオジブリの映画として話題になった、『ハウルの動く城』のみどころ、ネタバレあらすじ、キャスト、謎考察などを紹介します。この記事を読めば『ハウルの動く城』をもっと楽しめること間違いなしです!


あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

偶然出会った美少女女子高生・宇崎瞳(うざき ひとみ)はあまりにも危険な獣人だった。退屈な日々を過ごしていた気弱で平凡な大学生・野本裕也は先輩の誘いでとある事件に関わり蜜獾(ラーテル)の獣人である宇崎瞳と知り合った。 事件に巻き込まれた、ただそれだけだったのに流されるまま陰謀渦巻く危険なバトル「牙闘(キリングバイツ)」の世界に関わっていくことになる。 種族も体格差も性別も関係ない、ただ牙の鋭いほうが勝つ危険な闘いを描くバトルアニメ『キリングバイツ』の魅力について徹底解説する。