『名探偵コナン』コナンが戦う「黒の組織」のメンバー23名を大紹介!

『名探偵コナン』コナンが戦う「黒の組織」のメンバー23名を大紹介!

「名探偵コナン」のストーリーのキーを握るのは社会に暗躍する黒ずくめの男たちの組織、通称「黒の組織」です。この組織の謎が解けたとき、「名探偵コナン」のストーリーは9割方完結すると言ってもいいでしょう。それくらい重要な位置を占める「黒の組織」のメンバーを23名、抜粋してご紹介します。


目次

「黒の組織」っていったい何だ?!

『名探偵コナン 純黒の悪夢』(C)2016青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「名探偵コナン」シリーズに登場する謎の組織「黒の組織」。漫画もアニメーションも長く続いていますが、その全貌はまだ明らかになっていません。「黒の組織」という呼称も構成員がみな黒い服を着ていることからコナンたちがそう呼んでいるだけで、正式名称ではありません。それすらいまだに不明なのです。

分かっているのは、非常に規模の大きな犯罪組織であること、拠点は日本だけでなく世界各国にあること、APTX4869という薬剤を独自に開発したこと、その薬は何らかの巨大プロジェクトの一部であること、構成員は酒の名前のコードネームを与えられていること……本稿ではコードネームが判明している者を中心に、黒の組織のメンバーについて解説していきます。

「黒の組織」のメンバー1:ボス / あの方

© 2009 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「ボス」あるいは「あの方」とだけ呼ばれる、黒の組織の頂点。ベルモットによって「慎重居士な性格」であり「石橋をたたきすぎて壊しちゃうタイプ」と明かされていますが、声も姿もシルエットですら明らかにはなっていません。

コナンが意識をなくした振りをしてベルモットの車に同乗した際、彼女が携帯電話からメールを送信したプッシュ音が童謡の「七つの子」のメロディに聞こえたことから、メールアドレスが「#969#6261」だと割り出しています。

「名探偵コナン・ワールド」

この人物については、灰原哀が言うには「ただでさえ信じ難い人物が浮かび上がって来るかもしれない」、また組織の一員で高齢のピスコが言うには「長年仕えた」、バーボンが探ったところによるとベルモットと重大な関係がある……このような断片的な情報しかないのが現状。

2017年に原作者である青山剛昌から「あの方」の正体である人物の名が明かされましたが、作中ではまだ誰もその事実には辿りついていません。さて、青山氏の発言は事実なのでしょうか、フェイクなのでしょうか。

「黒の組織」のメンバー2:ラム

© 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

黒の組織のNo.2で、「あの方」の側近。この人物も正体が定かではなく、組織のメンバーですら「屈強な大男」だという者、「女のような男」だという者、「年老いた老人」だという者などがいて証言がまちまちな上に、「それらがすべて影武者」だという者さえいます。

過去に何らかの事故で怪我をして、左右どちらかの目が義眼になっているらしく、その情報により隻眼であると考えられていましたが、その情報も正しいのかどうか分かりません。この情報が作中に表れた頃、ちょうど隻眼の人物が新しく登場していて怪しいのですが、その怪しさもミスリードかもしれません。

『名探偵コナン 純黒の悪夢』

映画『名探偵コナン純黒の悪夢』でははじめて声のみ登場。しかしこの声は変声機のようなもので加工された声で、男性の声か女性の声かすら判別できないものでした。姿はシルエットさえ見られないのは原作やTVシリーズと同様です。

『純黒の悪夢』では自らの片腕としてキュラソーを使い、NOC(Non Official Cover…組織の者として潜入している他組織の者)を洗い出すよう指示していました。キールとバーボンがNOCではないかと疑っていたのです。この疑いはコナンの機転で晴らされ、2人は間一髪処刑を免れたのでした。

「黒の組織」のメンバー3:ジン

「名探偵コナン エピソード”ONE”小さくなった名探偵」(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 2016

「名探偵コナン」のストーリーがはじまり、現在も続く理由がジンです。トロピカルランドに遊びに行った新一が、ジンとウォッカが闇取引をしている現場を目撃。その口封じのためにジンは新一に毒薬を飲ませます。その薬がAPTX4869、本来毒薬のはずが体質の加減か、身体が幼児化してしまう者がときどき現れるという薬です。

ジン自身は毒薬として飲ませたつもりでいますから、工藤新一=江戸川コナンということを知りません。ストーリー中で時折、事実に気づきそうになり鋭くそこを突いてはいきますが、この点については不運なのか、いつもうまくはぐらかされてしまいます。

『漆黒の追跡者』-(C)2009 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

黒の組織では幹部クラスで、実行部隊のリーダーと言えます。「あの方」との距離も近く、直接連絡を取り合うこともあります。冷酷非情、仲間や無関係な者さえ組織に仇なすと見れば殺すことに躊躇がありません。組織と「あの方」に対する忠誠心は高く、命令があればどんなことも忠実に行います。

FBIからは「ジンを押さえれば一気にボスに辿りつける」と言われ、「あの方」が「Silver Bullet」と呼ぶ赤井秀一とは因縁がある様子。赤井を嫌っていますが、彼と同じ左利きです。愛車はポルシェ356A、ときどき詩的なことを呟きます。

「ジン」という酒は大麦やじゃがいもなどを原料とした蒸留酒です。ジュニパーベリーの上に流して香り付けをしているのが特徴です。ジュニパーベリーというのはセイヨウネズという植物の球果。球果とは松で言えば松ぼっくりみたいなものです。ジンはカクテルの材料として特に多く使われています。

「黒の組織」のメンバー4:ベルモット

© 2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

金髪碧眼の美女で、表の顔はハリウッド女優のクリス・ヴィンヤード。「あの方」と近しく、メールのやりとりもあります。「千の顔を持つ魔女」の異名をほしいままにする変装の名人で、さまざまな人物になりすましてコナンらを探ったり見張ったり、欺いたりします。

正体はクリスの母親でハリウッドのアカデミー賞女優・シャロン・ヴィンヤード。FBIのジョディ・スターリングは幼い頃に父をシャロンに殺害されています。その事件の年代から考えれば少なくとも40代を過ぎているはずですが、クリス・ヴィンヤードとして生きる現在、肉体年齢はクリスの年齢のもの。つまり20年以上前から年を取っていないのです。

正体はシャロンでありながらシャロンの葬儀は既に済ませ、現在はクリスとして生きています。コナン=新一の母で女優の工藤有希子とは懇意で、日本人の師の許でとも変装術を学んだこともあり、そのためか日本語は堪能です。

© 2011 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

過去にニューヨークを訪れていた新一に助けられたことがあり、それ以来新一=コナンを「Cool Guy」、蘭を「Angel」と呼んで、組織の手が彼らにまで届かないように配慮する風が見られます。「A secret makes a woman woman.」(女は秘密を着飾って美しくなる)を信条としているだけに秘密が多い存在。

「あの方」のお気に入りであり、ジンにも一目置かれる存在ですが、独善的な部分があり、また徹底的な秘密主義のため、同じ組織の中にありながら警戒されることも多いようです。組織内の者を見下した態度を取ることもしばしば。しかしラムには敬語を使いますから、このことからもラムがどれだけの実力者かが推し量られます。

「ベルモット」という酒は白ワインを主体にハーブやスパイスを配合してつくられるフレーバードワインです。食前酒などに用いられるほか、カクテルの材料として、また料理酒として使われます。イタリア生まれのスイート・ベルモットとフランス生まれのドライ・ベルモットがあります。

「黒の組織」のメンバー:ウォッカ

© 2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

ジンと常に行動をともにする体格がいい男性です。ジンを「兄貴」と呼んで慕います。少々注意力に欠けたところがあり、それがもとで失敗することもあり、たびたびジンに叱られています。この様子を見ると下っ端のように見えるのですが、ジンやベルモットとともに行動できる幹部の立場にあります。

銃器や自動車、ヘリコプターなどを扱う技術に長け、ジンの行動に必要なことは大抵こなしてしまいます。「殺した人間の顔と名前なんかいちいち覚えていられない」と言うジンの代わりに憶えていることも多々。

© 2011 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

仲間に対しては情が篤い面があるようで、『純黒の悪夢』ではキールとバーボンの処刑を命じられた際に「昔のよしみ」などと言って殺害を回避する素振りを見せました。ジンほども非情にはなりきれないようです。怜悧冷徹冷酷のジンと対照的と言えるうっかりした部分や情がある側面から、敵役といえどもまったくは憎めない人物です。

「ウォッカ」はアルコール度数が高いことで有名な酒。「ウォトカ」や「ウォツカ」、「ウオッカ」などと表記されることもありますが、「ヴォトカ」と発音するのが原語に近いようです。「ウォッカ」は日本語の慣例的な読み方。ジンと同様、大麦、小麦、じゃがいもなどを原料とした蒸留酒です。

「黒の組織」のメンバー6:キャンティ

© 2009 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

この記事のライター

1年中アロハのおじさん。
「物語」が好きで、だから映画も大好きです。「午前10時の映画祭」が2019年度で終わってしまうのが残念です。

関連する投稿


泣ける映画『僕のワンダフル・ライフ』犬と人間の物語が心に響く理由

泣ける映画『僕のワンダフル・ライフ』犬と人間の物語が心に響く理由

名匠ラッセ・ハルストレム監督がメガホンを握り、すべての愛犬家の夢が形となった『僕のワンダフル・ライフ』。『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『HACHI 約束の犬』に連なる「犬と人間の物語」の集大成とも言うべき感動作です。本記事では、犬と人間の物語が心に響く理由を考えてみます。待望の続編映画『僕のワンダフル・ジャーニー』の情報も要チェックです!


映画『名探偵コナン』の作品一覧!歴代23作全部まとめて公開順に大紹介!

映画『名探偵コナン』の作品一覧!歴代23作全部まとめて公開順に大紹介!

漫画連載25年め、アニメ放送23年め。『名探偵コナン』という作品は、この世に登場してから生まれた人たちもすっかり成人してしまうほど長きに渡って愛され続けています。今回は映画『名探偵コナン』23作品を公開順にすべてご紹介します。あなたは何本観ましたか?


【名探偵コナン】イケメン安室透の秘密を紐解く!トリプルフェイスの素顔はどの顔?

【名探偵コナン】イケメン安室透の秘密を紐解く!トリプルフェイスの素顔はどの顔?

原作漫画登場時からじわじわと人気が増して、映画『ゼロの執行人』の大ヒットで『名探偵コナン』ファン以外の人たちにも名を知らしめた安室透。いくらか複雑な設定を持つために「いまいちよくわからない…」という人もいるのでは? 本稿ではそんなみなさんのために安室透をわかりやすく紹介します!


赤井秀一とは一体何者なのか? 『名探偵コナン』もう1人のトリプルフェイス

赤井秀一とは一体何者なのか? 『名探偵コナン』もう1人のトリプルフェイス

『名探偵コナン』随一のクールでミステリアスなキャラクター、赤井秀一。彼が登場した頃からストーリーが複雑になりはじめたこともあり、彼がどういった人物なのかまだよくわからない……という人も多いのでは? 本稿では赤井秀一の登場から単行本96巻現在までを簡潔に解説します。これで赤井の現在がわかって今後の『名探偵コナン』も安心して読めますよ!


『名探偵コナン 紺青の拳』あらすじ・見どころ・ネタバレなど紹介!

『名探偵コナン 紺青の拳』あらすじ・見どころ・ネタバレなど紹介!

映画第23作目となる『名探偵コナン 紺青の拳』、みなさんはご覧になったでしょうか? 20年以上続く映画『名探偵コナン』シリーズですが、「初」の要素がいくつか入っています。新要素を含んでまだまだ進化し続けるコナン映画の最新作について解説します!


最新の投稿


ヒュー・ジャックマンの10の秘話&おすすめ映画10選!世界中で愛される理由は?!

ヒュー・ジャックマンの10の秘話&おすすめ映画10選!世界中で愛される理由は?!

『X-メン』でスターダムを駆け上がり『レ・ミゼラブル』『グレイテスト・ショーマン』両作品でGG賞の主演男優賞を受賞、圧倒的な歌唱力と演技力を魅せたヒュー・ジャックマン!ここでは出演作品を振り返ると共に、10の秘話もピックアップ。世界中を引き付けてやまない彼の魅力に迫っていきたい思います。


国宝級イケメン・吉沢亮の出演作まとめ! 『銀魂』ではドS王子熱演!

国宝級イケメン・吉沢亮の出演作まとめ! 『銀魂』ではドS王子熱演!

雑誌「ViVi」の2018年下半期国宝級イケメンランキングで堂々と1位を獲得した吉沢亮。『銀魂』にて人気キャラ・沖田総悟を演じ話題になり、以降数々の原作者に出演し、2019年に『キングダム』のニ役演じ分けに称賛されています。 現在までに演じて気や様々な役柄や、今後出演が決まっている話題作とあわせてまとめてみました。


三角関係のラブストーリー『あのコの、トリコ。』実写映画化!

三角関係のラブストーリー『あのコの、トリコ。』実写映画化!

「Sho‐Comi」にて連載され、既刊4巻のコミックスは累計発行部数50万部を突破している、白石ユキの漫画「あのコの、トリコ。」が吉沢亮×新木優子×杉野遥亮で実写映画化!本作のあらすじ、キャストをご紹介します。


「SHERLOCK/シャーロック」のトリビア35!英国史上最高に愛されたドラマの謎に迫る!

「SHERLOCK/シャーロック」のトリビア35!英国史上最高に愛されたドラマの謎に迫る!

今やイギリスを誇る人気実力派俳優ベネディクト・カンバーバッチ。彼を一躍スターダムに押し上げた大人気ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」。シーズン5の製作を切に願っているファンも多いのでは?ここでは、この名作に関する35のトリビアを紹介していきたいと思います!


劇場版『HUNTER×HUNTER』シリーズ全2作まとめ!観るべき順番は?

劇場版『HUNTER×HUNTER』シリーズ全2作まとめ!観るべき順番は?

1998年より週刊少年ジャンプにて連載が開始された「HUNTER×HUNTER」。冨樫義博氏が描く主人公ゴンと仲間たちの冒険は、非常に多くのファンを抱える壮大なストーリーです。この記事では劇場版『HUNTER×HUNTER』シリーズのあらすじ・ネタバレ・声優・時系列をまとめてご紹介いたします。