映画『運び屋』まとめ!クリント・イーストウッドが主演を務めた実話とは?

映画『運び屋』まとめ!クリント・イーストウッドが主演を務めた実話とは?

これまで多くの作品に出演し、『アメリカン・スナイパー』などの英雄を監督としても描いてきたクリント・イーストウッド。この度、ある老人の衝撃的実話を『運び屋』として実写化し、『グラン・トリノ』以来の監督・脚本作として話題を集めています。こちらでは、そんな驚きの実話や、クリント・イーストウッド監督についてもまとめました。


目次

ある記事を元に、巨匠が映画化した『運び屋』が日本公開!

『運び屋』(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

巨匠クリント・イーストウッドが監督・主演を務める最新作『運び屋』が公開されます。麻薬取締局の捜査をかいくぐり、麻薬カルテル内にて最年長の“運び屋”となった老人とは?前代未聞の実話を描いた作品となっています。

『運び屋』の元ネタは、2014年6月に「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」に掲載された「シナロア・カルテルの90歳の運び屋」という記事。メキシコからデトロイトへ大量のコカインが運びこんだ伝説の“運び屋”の存在を報道したものです。逮捕歴もない、ありきたりな老人がいかにして運び屋になっていったのかにも注目の集まる作品です。

映画『運び屋』あらすじ

『運び屋』(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

アール・ストーンは金もなく、孤独な90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…

クリント・イーストウッド演じる映画『運び屋』のモデルは?

『運び屋』(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画『運び屋』で、クリント・イーストウッドが演じたアール・ストーンは、実在する第二次世界大戦の退役軍人、レオ・シャープがモデルになっています。戦争が終わった後、レオはデイリリーという花の栽培家として成功を収めるも、時代の波に飲まれ事業は低迷。

『運び屋』(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

そんな時、デイリリー事業のときに知り合ったメキシコ人から、麻薬の運び屋をしないかと持ちかけられのではないかと提案されたそうです。合計1,400ポンド以上の麻薬を運んだことを認めているレオは、「デイリリーと同じようにコカインは人々を幸せにする植物」という理由で運び屋を続けたと語っています。仲間からは「エル・タタ」(スペイン語でおじいちゃんの意)と呼ばれ、元軍人ということもあり、犯罪とはいえ仕事は丁寧と評価されていました。

まもなく90歳になるクリント・イーストウッドが映画『運び屋』で再び監督と主演を担当

御歳84歳でいまだ現役、クリント・イーストウッド監督 -(C) Getty Images

アウトローな刑事を熱演した主演作『ダーティハリー』シリーズでのハリー・キャラハン役が最大の代表作となった、『運び屋』の監督・主演のクリント・イーストウッドは、俳優としては西部劇やアクション映画で知名度を上げました。監督としては『許されざる者』や、あまりにもやりきれない結末で有名な『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー作品賞・監督賞を2度受賞するという快挙を達成。

勲章をかけて笑顔のクリント・イーストウッド -(C) AFLO

2008年に公開された『グラン・トリノ』で監督・主演を務めると「この作品を機に俳優引退」をほのめかすような発言をするのです。しかしその後、他のインタビューでは自分が演じたいと思う役と出会えれば、再びカメラの前に立ちたい旨を語るなど、引退と現役続行に揺れている時期もありました。そんな中で、老いたメジャーリーグスカウトマン役を演じた『人生の特等席』にて、4年ぶりにカムバック。監督と兼任ではない作品としては19年ぶりとなりました。『グラン・トリノ』以降10年ぶりの監督・主演作の『運び屋』でまだまだ現役であることを証明しています。

クリント・イーストウッドが映画『運び屋』にて再び主演を務めたワケ

© 2009 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

これまで監督・主演を務めたことも多いクリント・イーストウッドですが、今回『運び屋』に惹かれた理由は、主人公のアール・ストーンにとても人間味や面白さのあるキャラクターを感じたからだとか。違法な仕事でも、その仕事をすることで年老いていながらも多くの人と出会い、学ぶようになっていく姿は『グラン・トリノ』に通ずると語りました。

『グラン・トリノ』プレミアに登場したイーストウッド夫婦

『グラン・トリノ』のような作品に巡り合うのを待っていたというイーストウッド監督が、ついに出会えた『運び屋』という共通点を多く含んだ作品。人の人生は一本の映画と語る監督の新作に期待が高まります。

映画『運び屋』監督、まさかの年の差彼女の噂が?

クリント・イーストウッド-(C)Getty Images

もう直ぐ90歳にもかかわらず、実は23歳のヌーア・アルファラという女性と交際しているのではないかというゴシップが報道された『運び屋』のクリント・イーストウッド。その年の差なんと65歳。こんな年でゴシップが出るとこ事態驚きですが、このヌーア・アルファラという女性も、過去にあのミック・ジャガーなど大物かつ成功者との交際も報じられています。なおこの件について、イーストウッドは「家族ぐるみの付き合い」とコメントしているそうです。

メイキング映像から見る、映画『運び屋』の魅力とは?

『運び屋』(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

現在公開されている『運び屋』のメイキング映像には、クリント・イーストウッドが演じるアール・ストーンが、麻薬を運んで手に入れた大金を使って慈善事業のようなものに寄付するシーンなど、自分のためではなく他人のために使うシーンがあります。監督曰く「彼はロビン・フットになったつもりでいる」と語り、「他人の問題を片付ける一方、自分の人生に目を向けれていない」とも解説。

© 2009 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

そんなアール・ストーン独自のキャラクターを演じるクリント・イーストウッドの姿を、ブラッドリー・クーパーやローレンス・フィッシュバーンをはじめとするキャストが絶賛。俳優陣さえも憧れる、彼の活躍を存分に味わえる作品となっています。

伝説的監督の元に集った映画『運び屋』の豪華出演陣

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。


エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

1999年公開の『ファイト・クラブ』で知られるエドワード・ノートン。今回はそんな彼が出演している映画の中からおすすめ8作品をご紹介します。日本の漫画が原作の最新作『アリータ: バトルエンジェル』にも出演!


エリザベス・オルセン出演映画おすすめ12選!美しい双子の姉にも注目♡

エリザベス・オルセン出演映画おすすめ12選!美しい双子の姉にも注目♡

『アベンジャーズ』シリーズのワンダ・マキシモフ役で知られるエリザベス・オルセン。今回は彼女が出演している映画の中からおすすめ12作品をご紹介します。「フルハウス」で活躍した美しい双子の姉についても触れたい思います。


2019年版実写映画『ダンボ』まとめ!あらすじやキャスト、日本語吹き替えまで

2019年版実写映画『ダンボ』まとめ!あらすじやキャスト、日本語吹き替えまで

1941年に、ウォルト・ディズニーが世界に送った感動の名作「ダンボ」が、長い年月を経てついに実写映画化されます!監督は『アリス・イン・ワンダーランド』でおなじみのティム・バートンが務め、日本でもすでに多くの注目を集めています。こちらではそんな実写版『ダンボ』の魅力をキャストやジャパンプレミアの様子からご紹介します!


【ネタバレあり】『ハンガー・ゲーム2』あらすじ・キャスト紹介!人気シリーズの第2弾!

【ネタバレあり】『ハンガー・ゲーム2』あらすじ・キャスト紹介!人気シリーズの第2弾!

『ハンガー・ゲーム2』とは、ジェニファー・ローレンスが主演を務める大人気シリーズ作品「ハンガー・ゲーム」シリーズの第2弾となった作品。前作で妹の代わりにゲームに参加し、勝利を収めたカットニス。そんなカットニスを待ち受ける壮絶な運命とは・・・?!今回は『ハンガー・ゲーム2』について紹介します!


最新の投稿


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

『旅猫リポート』は原作者・有川浩さんが“一生に一本しか書けない物語”と語るほど自信作を実写映画化した作品。主演は福士蒼汰さん、猫のナナの声は高畑充希さんが演じました。この記事では、映画『旅猫リポート』の基本情報について紹介します。


映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

『天の茶助』は、独特のスタイルで人気を博すSABU監督自身が書き下ろした小説の映画化作品。2015年に日本で公開された本作ですが第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式上映され、国外からも注目を集めました。今回は『天の茶助』のあらすじやキャストを紹介。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。