映画『ブラック・クランズマン』まとめ!あらすじやキャスト、気になる原作は?

映画『ブラック・クランズマン』まとめ!あらすじやキャスト、気になる原作は?

名匠スパイク・リー監督が、アダム・ドライバーらを迎えて驚きの実話を映画化した『ブラック・クランズマン』 実在する白人至上主義団体「KKK」に、黒人が潜入するというキケンな操作を、エンタメ要素を踏まえて描きました。こちらでは『ブラック・クランズマン』のあらすじやキャストはもちろん、原作や関連作もまとめました。


目次

実話を基に『ブラック・クランズマン』が堂々映画化!ヤバすぎる捜査…

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

第71回カンヌ国際映画祭にて、『万引き家族』の次点のグランプリを受賞した、『ブラック・クランズマン』 。本年度アカデミー賞でもダークホースな作品として注目され、名匠スパイク・リー監督が手がけたことでも話題となりました。

『ブラック・クランズマン』(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

黒人刑事が、謎に満ちた白人至上主義団体“KKK”(クー・クラックス・クラン)へ潜入捜査するという、耳を疑いたくなる型破りな実話を基に描かれました。「白人至上主義団体に黒人が潜入するなんてありえない!」と『ブラック・クランズマン』の作中でも言われているように、こんな明らかに不可能な操作が一体どのように行われたのか?ブラックユーモアの効いた奇想天外な捜査劇となっています。

映画『ブラック・クランズマン』あらすじ

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(C)2014 InterActiveCorp Films, LLC.

1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、2人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか――。

映画『ブラック・クランズマン』批評家も絶賛!

『ブラック・クランズマン』(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

型破りな捜査をブラックユーモアも踏まえながら描かれた『ブラック・クランズマン』。 第71回カンヌ国際映画祭では、あの『万引き家族』が受賞した最高賞「パルムドール」の次点となる「グランプリ」を受賞しました。

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

全米においては、辛口批評として知られるサイト「ロッテントマト」で95%フレッシュを獲得し、各メディアも大絶賛と、日本公開前から既に期待値の高い作品となっています。

映画『ブラック・クランズマン』の監督は名匠スパイク・リー!

スパイク・リー -(C) Getty Images

これまで『マルコムX』や韓国映画のリメイクとなる『オールド・ボーイ』など、様々な作品を手がけてきたスパイク・リー監督。『ブラック・クランズマン』では人種差別という思いテーマをエンターテイメント溢れる作品として仕上げました。

『セントアンナの奇跡』 スパイク・リー監督

スパイク・リー自身も、どんな論争にも皮肉を交えて応えたりと、とにかく逃げも隠れもしないで言いたいことを言う人物のようで、様々なメディアから、その発言を取り上げられています。中でも人種差別を肯定するある人物が大統領になればよかったと発言した人物を、名指して『ブラック・クランズマン』で登場する「 KKK」のメンバーに等しい発言をしたとコメントしたことも。

映画『ブラック・クランズマン』原作は潜入捜査を実行した人物の手記

ジョーダン・ピール-(C)Getty Images

『ブラック・クランズマン』の原作は、当時実際に勢いで新聞広告から「 KKK」に連絡を取った警官ロン・ストールワースによる実体験です。彼は司法警察機関に32年間勤務し、その間に様々な功績を残した元警察官。渡り歩いた部署は「麻薬捜査部」「風紀取締部」「犯罪捜査部」と3つにもなり、さらに4つの州で事件担当記者の組織化を行った人物です。 コロラドスプリングス市で最初に採用された黒人警官でもあり、激しい人種的な敵意にも負けずに司法警察組織で誰もが目を見張る素晴らしいキャリアを築き上げています。

映画『ブラック・クランズマン』原作者が一番興奮したのは「KKK」幹部との頭脳戦?

ジョーダン・ピール-(C)Getty Images

『ブラック・クランズマン』の原作者で主人公のロン・ストールワースは、このキケンな捜査劇で一番興奮したことに、「 KKK」のデビット・デュークをうまくやり込んだことをあげています。というのも、過激派のイメージを変えるために、あらゆる手段をとったデビット・デュークは、頭が切れて、修士号も持つような人物。そんな相手を上手く騙しこむなんて、高卒のロン・ストールワースからすれば無謀以外の何物でもありません。

『沈黙-サイレンス-』(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

しかし、『ブラック・クランズマン』でも描かれている実話の通り、ロン・ストールワースは上手く「KKK」幹部を出し抜くことに成功するのです。これには当の本人が一番興奮していたようで、捜査を進めるなかで、身震いするような瞬間を鮮明に思い出せるし、当時の興奮は今でも変わらないと語っています。

映画『ブラック・クランズマン』の製作は、『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール

© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

本国ではコメディアンとしても有名なジョーダン・ピールが、『ブラック・クランズマン』の製作に参加しています。ジョーダン・ピールと言えば、初の監督・脚本作である『ゲット・アウト』が様々な賞を受賞し、低予算で製作されたにも関わらず、国内外で異例のヒットを見せました。

『ゲット・アウト』 (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

関連する投稿


週末におすすめ!シリーズものの映画20選!【2021年最新版】

週末におすすめ!シリーズものの映画20選!【2021年最新版】

シリーズ長編ものの洋画は見ごたえのある作品が数多くありますよね。シリーズものと言えば、伏線や時系列を考えながら観ることも楽しみの一つとなっています。この記事ではシリーズものの洋画作品の中からおすすめ20作品をご紹介。最新作の情報もお伝えいたします。


映画『スタンド・バイ・ミー』の魅力と新トリビア&主人公たちの今!輝きを失わない名ゼリフも!

映画『スタンド・バイ・ミー』の魅力と新トリビア&主人公たちの今!輝きを失わない名ゼリフも!

人生を振り返る時ふと観たくなる映画『スタンド・バイ・ミー』。忘れかけていた何かを思い出させてくれる名作ですよね。当時4人を演じていたキャスト達の今も気になりませんか?ここではキャスト達の今、そして改めて作品の魅力・新トリビア等を "名ゼリフ" と共に紹介していこうと思います。少し時を止めて読んでみて下さいね。


映画『プライベート・ライアン』の名ゼリフ&出演者たちの今!知って納得のトリビアも!

映画『プライベート・ライアン』の名ゼリフ&出演者たちの今!知って納得のトリビアも!

第二次世界大戦中フランスのオマハ・ビーチ、ノルマンディー上陸作戦に出陣し、命懸けで戦ったアメリカの兵士たち。彼らが闘う雄姿を描いた映画『プライベート・ライアン』。極限状態に飛び出す名ゼリフ、いまだ忘れられない人も多いのでは?ここでは、劇中に飛び出した名ゼリフ&出演者たちの今、知っておきたいトリビアなどを振り返って紹介していきます。是非読んでみて下さいね。


Netflixオリジナル「クイーンズ・ギャンビット」ネタバレ感想・あらすじ・キャスト紹介!大ヒットの要因は?

Netflixオリジナル「クイーンズ・ギャンビット」ネタバレ感想・あらすじ・キャスト紹介!大ヒットの要因は?

話題のNetflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」はご覧になりましたか?一般的にはなかなかプレイする機会もないチェスですが、本作の影響により世界中に "一大チェス・ブーム" が巻き起こっています!観る者を夢中にさせる要因は何なのか!? その魅力をネタバレ感想付きで紹介していきますので、是非ご覧下さいね。


映画『オーシャンズ』シリーズ全4作まとめ!観るべき順番はコレ!

映画『オーシャンズ』シリーズ全4作まとめ!観るべき順番はコレ!

豪華キャストが勢ぞろいした映画『オーシャンズ』シリーズ。犯罪チームの華麗な盗みを描いた本シリーズは世界中で大ヒットを記録しました。この記事では映画『オーシャンズ』シリーズ全4作のあらすじとキャスト、時系列をご紹介いたします。


最新の投稿


『バタフライ・エフェクト』【ネタバレ】結末・トリビアまとめ!

『バタフライ・エフェクト』【ネタバレ】結末・トリビアまとめ!

2005年公開のタイムスリップ系サスペンス『バタフライ・エフェクト』。愛する人のために何度も過去へ戻り、未来を変えようとする主人公を描いた切ない愛の物語は、日本でも話題となりましたね。この記事では『バタフライ・エフェクト』のネタバレ・結末を解説。合わせてトリビアもご紹介いたします。


今最も女性を熱くする男!俳優・高橋一生の魅力

今最も女性を熱くする男!俳優・高橋一生の魅力

桜井ユキが主演を務める『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY』。この映画に主役の恋人として出演するのは、大ブレイクを果たした俳優・高橋一生。ドラマ「民王」や「カルテット」などで多くの女性の心を掴み、今や人気俳優となった彼。今回はそんな彼の魅力やプロフィール、オススメ映画作品をご紹介します。


極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

現在、飽食の時代を生きている私たち。狩猟の時代が過去にはありました。こんな暮らしを続けているとありがたみを忘れてしまうこともありますよね。そんなありがたみを思い出せさせてくれる過酷な状況でのサバイバルを描いた映画を紹介します。


『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』杜王町に登場する全キャラクターとスタンド敵味方時系列で総まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』杜王町に登場する全キャラクターとスタンド敵味方時系列で総まとめ

連載開始から今年35周年を迎える荒木飛呂彦著の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険 』シリーズはコミックスから小説、映画などにも展開されており、2016年4月から12月まで全39話でアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 』が制作された。 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』では、1999年の杜王町で起こる奇妙な殺人事件をめぐる冒険譚となっているが、第4部で登場するスタンド能力を持つ魅力的なキャラクターたちとともに、スタンド一覧をコミックス登場時系列でまとめ紹介する。


エバン・ピーターズの出演ドラマ・映画おすすめ8選!X−MEN最速の男!

エバン・ピーターズの出演ドラマ・映画おすすめ8選!X−MEN最速の男!

『X-MEN』シリーズで最速の男クイックシルバー演じ一躍有名となったエバン・ピーターズ。そんな彼が他にどんな作品に出演しているか気になりませんか?この記事ではエバン・ピーターズが出演するドラマ・映画の中からおすすめ8作品をご紹介いたします。