映画『ブラック・クランズマン』まとめ!あらすじやキャスト、気になる原作は?

映画『ブラック・クランズマン』まとめ!あらすじやキャスト、気になる原作は?

名匠スパイク・リー監督が、アダム・ドライバーらを迎えて驚きの実話を映画化した『ブラック・クランズマン』 実在する白人至上主義団体「KKK」に、黒人が潜入するというキケンな操作を、エンタメ要素を踏まえて描きました。こちらでは『ブラック・クランズマン』のあらすじやキャストはもちろん、原作や関連作もまとめました。


目次

実話を基に『ブラック・クランズマン』が堂々映画化!ヤバすぎる捜査…

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

第71回カンヌ国際映画祭にて、『万引き家族』の次点のグランプリを受賞した、『ブラック・クランズマン』 。本年度アカデミー賞でもダークホースな作品として注目され、名匠スパイク・リー監督が手がけたことでも話題となりました。

『ブラック・クランズマン』(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

黒人刑事が、謎に満ちた白人至上主義団体“KKK”(クー・クラックス・クラン)へ潜入捜査するという、耳を疑いたくなる型破りな実話を基に描かれました。「白人至上主義団体に黒人が潜入するなんてありえない!」と『ブラック・クランズマン』の作中でも言われているように、こんな明らかに不可能な操作が一体どのように行われたのか?ブラックユーモアの効いた奇想天外な捜査劇となっています。

映画『ブラック・クランズマン』あらすじ

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(C)2014 InterActiveCorp Films, LLC.

1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、2人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか――。

映画『ブラック・クランズマン』批評家も絶賛!

『ブラック・クランズマン』(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

型破りな捜査をブラックユーモアも踏まえながら描かれた『ブラック・クランズマン』。 第71回カンヌ国際映画祭では、あの『万引き家族』が受賞した最高賞「パルムドール」の次点となる「グランプリ」を受賞しました。

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

全米においては、辛口批評として知られるサイト「ロッテントマト」で95%フレッシュを獲得し、各メディアも大絶賛と、日本公開前から既に期待値の高い作品となっています。

映画『ブラック・クランズマン』の監督は名匠スパイク・リー!

スパイク・リー -(C) Getty Images

これまで『マルコムX』や韓国映画のリメイクとなる『オールド・ボーイ』など、様々な作品を手がけてきたスパイク・リー監督。『ブラック・クランズマン』では人種差別という思いテーマをエンターテイメント溢れる作品として仕上げました。

『セントアンナの奇跡』 スパイク・リー監督

スパイク・リー自身も、どんな論争にも皮肉を交えて応えたりと、とにかく逃げも隠れもしないで言いたいことを言う人物のようで、様々なメディアから、その発言を取り上げられています。中でも人種差別を肯定するある人物が大統領になればよかったと発言した人物を、名指して『ブラック・クランズマン』で登場する「 KKK」のメンバーに等しい発言をしたとコメントしたことも。

映画『ブラック・クランズマン』原作は潜入捜査を実行した人物の手記

ジョーダン・ピール-(C)Getty Images

『ブラック・クランズマン』の原作は、当時実際に勢いで新聞広告から「 KKK」に連絡を取った警官ロン・ストールワースによる実体験です。彼は司法警察機関に32年間勤務し、その間に様々な功績を残した元警察官。渡り歩いた部署は「麻薬捜査部」「風紀取締部」「犯罪捜査部」と3つにもなり、さらに4つの州で事件担当記者の組織化を行った人物です。 コロラドスプリングス市で最初に採用された黒人警官でもあり、激しい人種的な敵意にも負けずに司法警察組織で誰もが目を見張る素晴らしいキャリアを築き上げています。

映画『ブラック・クランズマン』原作者が一番興奮したのは「KKK」幹部との頭脳戦?

ジョーダン・ピール-(C)Getty Images

『ブラック・クランズマン』の原作者で主人公のロン・ストールワースは、このキケンな捜査劇で一番興奮したことに、「 KKK」のデビット・デュークをうまくやり込んだことをあげています。というのも、過激派のイメージを変えるために、あらゆる手段をとったデビット・デュークは、頭が切れて、修士号も持つような人物。そんな相手を上手く騙しこむなんて、高卒のロン・ストールワースからすれば無謀以外の何物でもありません。

『沈黙-サイレンス-』(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

しかし、『ブラック・クランズマン』でも描かれている実話の通り、ロン・ストールワースは上手く「KKK」幹部を出し抜くことに成功するのです。これには当の本人が一番興奮していたようで、捜査を進めるなかで、身震いするような瞬間を鮮明に思い出せるし、当時の興奮は今でも変わらないと語っています。

映画『ブラック・クランズマン』の製作は、『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール

© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

本国ではコメディアンとしても有名なジョーダン・ピールが、『ブラック・クランズマン』の製作に参加しています。ジョーダン・ピールと言えば、初の監督・脚本作である『ゲット・アウト』が様々な賞を受賞し、低予算で製作されたにも関わらず、国内外で異例のヒットを見せました。

『ゲット・アウト』 (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

この記事のライター

某レンタルショップ店員⇒ミニシアター勤務を経て、現在は企業でライターをしつつ、映画のブログや記事を書いています!
時々ニッチなジャンルで映画○○選と題した記事も書いているので、何を見ようか迷っている人は参考にしていただけると嬉しいです。

関連する投稿


デヴィッド・リンチ監督の見ておきたい長編映画10本を詳しく紹介!

デヴィッド・リンチ監督の見ておきたい長編映画10本を詳しく紹介!

「カルトの帝王」デヴィッド・リンチの作品をご覧になったことはありますか? リンチ作品からおすすめの長編映画を10本選び、データやあらすじ、ちょっとした予備情報をご紹介します。この記事できっとリンチ作品が見たくなる!


エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

エドワード・ノートン出演映画おすすめ10選!『ファイト・クラブ』ほか

1999年公開の『ファイト・クラブ』で知られるエドワード・ノートン。今回はそんな彼が出演している映画の中からおすすめ8作品をご紹介します。日本の漫画が原作の最新作『アリータ: バトルエンジェル』にも出演!


人気映画監督ランキング - TOP25!世界で最も高く評価されている監督たち<2019年版>

人気映画監督ランキング - TOP25!世界で最も高く評価されている監督たち<2019年版>

毎年、心振るわす名作が続々と生まれてくる映画界。良いシナリオと監督のベースがあってこそ俳優たちも輝きます。今、世界ではどの映画監督が人気なのかって...やっぱり把握しておきたいですよね?ここではデータに基づいて、現在最も高く評価されている監督たちをランキングで紹介していますので、是非ご覧くださいね。


サイモン・ペッグ出演映画おすすめ10選!かわいくて面白い人気コメディアン!

サイモン・ペッグ出演映画おすすめ10選!かわいくて面白い人気コメディアン!

コメディ映画から大人気『ミッション:インポッシブル』シリーズまで数多くの作品に引っ張りだこのサイモン・ペッグ。今回はそんな彼が出演した作品の中からおすすめ10作品をあらすじとキャスト情報を合わせてご紹介いたします。


マイケル・ペーニャ出演映画おすすめ10選!名脇役として大活躍!

マイケル・ペーニャ出演映画おすすめ10選!名脇役として大活躍!

『オデッセイ』や『アントマン&ワスプ』など数多くのヒット作に出演しているマイケル・ペーニャ。今回はそんな彼が出演する映画の中からおすすめ10作品をご紹介いたします。あらすじとキャスト情報も合わせてお伝えいたします。


最新の投稿


アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

アニメ映画興行収入ランキング・トップ30まで紹介!

歴代アニメ映画の興行収入ランキングトップ30について紹介!テレビ版とは異なり、見ごたえのある作品が揃う映画版のアニメ作品。スタジオジブリやディズニーなど、それぞれ異なる魅力を持つ作品が数多く存在し、老若男女問わず注目を集めています。今回はアニメ映画に注目した興行収入ランキングについて紹介します。


泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

泣ける映画『旅猫リポート』あらすじ・キャストを紹介!有川浩原作

『旅猫リポート』は原作者・有川浩さんが“一生に一本しか書けない物語”と語るほど自信作を実写映画化した作品。主演は福士蒼汰さん、猫のナナの声は高畑充希さんが演じました。この記事では、映画『旅猫リポート』の基本情報について紹介します。


映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

映画『天の茶助』あらすじ・キャスト紹介!主題歌やロケ地、ネタバレも

『天の茶助』は、独特のスタイルで人気を博すSABU監督自身が書き下ろした小説の映画化作品。2015年に日本で公開された本作ですが第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にて正式上映され、国外からも注目を集めました。今回は『天の茶助』のあらすじやキャストを紹介。


映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

映画『センセイ君主』のネタバレ・キャストなどを紹介!主題歌はTWICE

『センセイ君主』は、幸田もも子さんの同名コミックを原作としたラブコメディ映画作品。ひねくれ者のイケメン教師・弘光役には竹内涼真さん、恋に恋する元気な女子高生・さまるん役には浜辺美波さんが抜擢され、他にもフレッシュで旬な俳優陣が揃っています。今回は『センセイ君主』のネタバレやキャストなど紹介します。


復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画おすすめ25選!戦うしかない、壮絶人生特集!(ネタバレ・あらすじ)

復讐もの映画といえば、ジワジワ攻めてくる怒りの感情の爆発、緊迫したスリル、過激なバイオレンスやアクションで心が揺さぶられる醍醐味がありますよね?監督や俳優の個性によっても色は様々。今回はそんな "復讐もの" に焦点を当てておすすめ映画をピックアップしてみました。スカッとしながらも切ない作品たちをご覧くださいね。