この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

この邦題アリ?ナシ?洋画のタイトルがひどくなってしまう理由

洋画が日本で公開される際に新たにつけられるタイトルである"邦題"。洋画の日本公開を楽しみに待っていたのに、思わず「どうしてこうなった」と言ってしまいたくなるような、あまりにひどい邦題がつけられてしまうというのは、映画ファンあるあるなのではないでしょうか?この邦題、アリ?ナシ?むしろ、ダサさに愛着さえ抱いてきてしまう!?そんな映画を独断と偏見でご紹介していきます。


目次

洋画の邦題、どうしてひどくなる!?

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(C)Universal Pictures

「映画の公開日が本国に比べて遅い問題」「日本版ポスターデザインがダサい問題」と並び、日本の洋画ファンが抱える悩みの一つである「洋画の邦題がヒドイ問題」。まず日本では、洋画よりも邦画の方が興行収入が良いことはご存知でしょうか?映画は総合芸術であるという一面を持ちながらもビジネスでもあるので、各配給会社は「いかにして劇場にお客さんを呼べるか」で日々頭を悩ませているのだそう。どんなタイトルだったとしても映画館に足を運ぶ映画ファンでなく、普段映画を観ない層に興味を持たせて映画館に呼び込むための戦略。素晴らしい作品でも、観てもらえなかったら意味がないですもんね。そのため、邦題は"かっこよさ"よりも"わかりやすさ"を優先してつけており、結果「ダサい…」と思ってしまうような邦題が出来上がるとのこと。

ひどい邦題〜サブタイトルがひどいタイプ〜

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(原題 Fast & Furious Hobbs & Show)

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(C)Universal Pictures

つい最近邦題が発表されたにも関わらず、早くも「ダサい邦題オブザイヤーでは?」とファンからささやかれている『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』。原題は『Fast & Furious Hobbs & Show』なので、もはや"ワイルド・スピード"の部分さえ日本オリジナルだったことはご存知でしたでしょうか?それにしても、スーパーコンボ…。なんとなく、映画館で販売されているポップコーンとコーラのセットの名前かなと思ってしまったこのサブタイトル。公開は8月2日なので、公開されたら劇場でポップコーンとコーラを買って鑑賞しようと思います。

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(原題 The Iron Lady)

© 2011 Pathe Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.

2011年に公開されたメリル・ストリープ主演の伝記映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』。鉄の女と呼ばれた英国首相サッチャーの私生活に到るまでを描いたものなので、このタイトルも間違いでもないのですが、原題である『The Iron Lady』を知ると、そのあまりのシンプルさと洗練されたかっこよさに完敗した気分になってしまいます。邦題でありがちなのですが、「涙」だったり「愛」だったりという、やたらと感情に訴えかけてくる系の単語の多用。この作品もその系譜の一つですね。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(原題 Darkest Hour)

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』ポスタービジュアル (C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

主演であるゲイリー・オールドマンがアカデミー賞主演男優賞を受賞することになった作品、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』。この作品の原題は『Darkest Hour』とシンプルで、他のどの国も頼りにできない中でヒトラーに対抗していたチャーチルの、暗く辛い期間のことを表しています。邦題だと、説明的すぎて少し情緒に欠ける気がしますよね。

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(原題 The Mummy)

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(C)Universal Pictures

トム・クルーズ主演映画である『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。この作品の原題は『The Mummy』で、邦題になった途端にやたらとおどろおどろしいサブタイトルがつけられてしまいました。サブタイトルのそこはかとないB級映画臭のせいで、ポスターの「トム・クルーズ主演」の文字とその邦題が見事にケンカしてしまっています。サブタイトルとしては内容に沿ってはいるものの、観る前の印象がちょっと良くない方向に変わってしまうことに…。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(原題 Mad Max: Fury Road)

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』-(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(C) 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

2015年に公開されて大ヒットを記録した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。原題は『Mad Max: Fury Road』と言います。Furyは「怒り」なので、決して間違いではないのですが…。もっとも、「怒りのデス・ロード」という若干のダサさを感じるこのサブタイトル、この作品には絶妙にマッチしているのも事実!このサブタイトルで客足を増やすことはできるのだろうか…という部分は疑問に思いつつも、個人的には大好きな邦題です。

『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(原題 Borg vs McEnroe)

© AB Svensk Filmindustri 2017

© AB Svensk Filmindustri 2017

日本では2018年に公開されたスポーツ伝記映画である『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』。伝説の名勝負と言われたウィンブルドン決勝の試合をクライマックスに置きながら、彼らの内面にも迫っているこの作品の原題は『Borg vs McEnroe』です。…「氷」とか「炎」という単語もなぜか大変好まれる日本。「水と油」よりはずっといいですし、対照的であること以外にも物語の熱さがストレートに伝わるのですが、既に有名すぎる二人の名前をタイトルに入れていながら、そのサブタイトルは必要だったのかいささか疑問が残ってしまいます。

『クリード 炎の宿敵』(原題 CreedⅡ)

『クリード 炎の宿敵』(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

2018年(日本公開は2019年に入ってから)に公開された『クリード 炎の宿敵』。ボクシング映画の金字塔とも言えるロッキーシリーズのスピンオフ作品で、かつて試合中に亡くなったアポロの息子であるアドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)と、父アポロを死に追いやったロシアのボクサー・ドラゴの息子であるヴィクターとの戦いを熱く描いています。彼を主人公にした物語としては2作目なので、原題はそのまま『CreedⅡ』。ここでもやっぱり「炎」、大好きですね…。

『クリード チャンプを継ぐ男』(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

しかし、この邦題にはちょっと熱くなる理由があります!かつて父アポロとドラゴの運命の試合が行われ、ロッキー(シルヴェスター・スタローン)にとっても親友を失うことになったシリーズ4作目『ロッキー4 炎の友情』。そう、今回の邦題は過去作のオマージュなのです!ちなみにこの「炎の友情」、そもそもが原題にはなかった日本オリジナルフレーズではあるのですが、"子供たちが背負うことになってしまった親世代の確執という名の負債"というテーマがあまりにもエモーショナルで、「まさに炎の宿敵…素晴らしいサブタイトル…」と感動してしまいました。いかにもな単語を使った仰々しいサブタイトルではあるものの、シリーズのファンであれば全く問題ないどころか最高の邦題だと思えるので、みんなロッキーシリーズを観るといいと思います。

『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題 Rampage)

関連する投稿


極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

極限状態!サバイバル映画おすすめ55選

現在、飽食の時代を生きている私たち。狩猟の時代が過去にはありました。こんな暮らしを続けているとありがたみを忘れてしまうこともありますよね。そんなありがたみを思い出せさせてくれる過酷な状況でのサバイバルを描いた映画を紹介します。


『ファンタスティックビースト』シリーズ2作品キャラクター相関図・あらすじ

『ファンタスティックビースト』シリーズ2作品キャラクター相関図・あらすじ

『ファンタスティック・ビースト』シリーズはどんな映画なのでしょうか?この記事では『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作品のみどころ、あらすじ、登場人物などを紹介します。この記事を読めば『ファンタスティック・ビースト』シリーズをもっと楽しめること間違いなしです!


エリザベス・デビッキの出演映画11選!『TENET テネット』の注目女優!

エリザベス・デビッキの出演映画11選!『TENET テネット』の注目女優!

今注目を集めはじめている新進気鋭の若手女優、エリザベス・デビッキを知っていますか?超高身長でバツグンのスタイル、人間離れしたその美貌はまさに女神級!そんな彼女のプロフィールや出演作についてまとめました。


Netflix海外ドラマおすすめ作品100選!【2021年最新版】

Netflix海外ドラマおすすめ作品100選!【2021年最新版】

ネットフリックスには海外ドラマがたくさん!おすすめがいまいちわからない方に朗報。この記事を読めばネットフリックスで何を観たら良いか一目瞭然!「ナルコス」や「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」ほか♪いつでも観たいときに好きな作品を見られるネットフリックス。自宅にいながらインターネット上で国内外の映画、ドラマ、ドキュメンタリーなどさまざまな作品が見放題!レンタルビデオ屋さんに貸りにいったり返却期限を気にする煩わしさもなし。


映画『プライベート・ライアン』の名ゼリフ&出演者たちの今!知って納得のトリビアも!

映画『プライベート・ライアン』の名ゼリフ&出演者たちの今!知って納得のトリビアも!

第二次世界大戦中フランスのオマハ・ビーチ、ノルマンディー上陸作戦に出陣し、命懸けで戦ったアメリカの兵士たち。彼らが闘う雄姿を描いた映画『プライベート・ライアン』。極限状態に飛び出す名ゼリフ、いまだ忘れられない人も多いのでは?ここでは、劇中に飛び出した名ゼリフ&出演者たちの今、知っておきたいトリビアなどを振り返って紹介していきます。是非読んでみて下さいね。


最新の投稿


神木隆之介出演映画おすすめ26選!『るろうに剣心』『バクマン』と変幻自在の演技派人気俳優!

神木隆之介出演映画おすすめ26選!『るろうに剣心』『バクマン』と変幻自在の演技派人気俳優!

マンガの実写化や大ヒット邦画にひっぱりだこの神木隆之介。役柄によって印象が全く違う変幻自在の俳優・神木隆之介の魅力が伝わる26作をご紹介します。


「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

可愛らしいキャラクターデザインと、躍動感あふれる3Dアニメーションで大きな反響を呼んだアニメ「けものフレンズ」。しかし、その魅力は作画やキャラクターの可愛さだけではありません。このアニメにはさまざまな「謎」が隠されているのです。今回は本作のネタバレ考察、最終回の謎を解説します!


『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

死の運命に追い詰められる若者たちを描く人気ホラー『ファイナル・デスティネーション』シリーズ。姿なき殺人者“死”に立ち向かう若者たちの運命は?この記事では『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作のあらすじをネタバレありで解説。最新作となる6作目の情報も合わせてお伝えいたします。


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』はどんな映画なのでしょうか?木村拓哉が声優をつとめたスタジオジブリの映画として話題になった、『ハウルの動く城』のみどころ、ネタバレあらすじ、キャスト、謎考察などを紹介します。この記事を読めば『ハウルの動く城』をもっと楽しめること間違いなしです!