『ゴッドファーザー』『スカーフェイス』『グッドフェローズ』マフィア・ギャングが主人公の映画10選!

『ゴッドファーザー』『スカーフェイス』『グッドフェローズ』マフィア・ギャングが主人公の映画10選!

『ヒート』『パルプ・フィクション』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』など、マフィアやギャングが主人公の作品は、これまで数多く公開されてきました。映画界の歴史に名を残す不朽の名作10選をご紹介します。


最後の強盗計画『ヒート』

マイケル・マン監督-(C)Getty Images

ロサンゼルスを舞台にロバート・デ・ニーロ演じるギャング団のリーダー、マッコリー、ヴァル・キルマー演じるクリス・シヘリスらプロの銀行強盗集団が最後の強盗として大規模な計画を実行しようとするも、アル・パチーノ演じる警察官ヴィンセント・ハナがその計画を阻止しようと熾烈な戦いが繰り広げられる、というストーリー。監督のマイケル・マンは、この作品の前日譚の小説執筆、そして映画化を計画しているそうです。

ギャング映画の歴史を変えた一作『スカーフェイス』

壮絶な銃撃戦が繰り広げられる作品。ブライアン・デ・パルマがメガホンを握り、オリヴァー・ストーンが脚本を担当。キューバからボートピープルとしてアメリカに上陸し、そこから成り上がっていこうとするギャングのトニー・モンタナ(アル・パチーノ)が歩む人生を描きます。全米公開当時のマスコミの評価は辛辣。暴力描写に対してはバッシングもあったそうです。

一度見ただけじゃよくわからない!?『パルプ・フィクション』

クエンティン・タランティーノ-(C)Getty Images

クエンティン・タランティーノ監督作品。若いころのジョン・トラボルタとサミュエル・L・ジャクソンが共演しています。オムニバス形式で進行していく物語、交錯する時系列、何度も繰り返される本筋とは関係のない会話がこの作品の大きな特徴。アカデミー賞では7部門にノミネートされ、脚本賞を受賞しました。

裏切り者は誰だ?『レザボア・ドックス』

クエンティン・タランティーノ -(C) Getty Images

1992年に公開されたバイオレンス・アクション・ムービー。ホワイト、オレンジ、ブロンドなど、色の名前で呼び合う6人の男が宝石強盗計画を実行。しかし、警察によって阻止され、無傷とは言えない状態でアジトへ逃げ帰ります。仲間の1人によると、どうやらこの中に裏切り者がいるそう。いったい誰が…?

マフィアに憧れていた少年は、やがて『グッドフェローズ』

マーティン・スコセッシ-(C) Getty Images

実話をベースにした映画。子どもの頃からマフィアの世界に憧れを抱いていた主人公のヘンリー。縁あって地元のボスであるポーリーの使い走りになり、マフィアの世界の扉を開きます。先輩マフィアから仕事を学んでいくうちにギャングとして成長するヘンリー。この作品でトミー・デヴィートを演じたジョー・ペシは、アカデミー助演男優賞を受賞しています。

マフィアが警察官に、警察官がマフィアに『ディパーテッド』

レオナルド・ディカプリオ-(C)Getty Images

州警察が組織犯罪との戦いを続けるボストン南部が舞台。若き秘密捜査官のビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)が命じられたのは、犯罪組織のボスであるコステロ(ジャック・ニコルソン)が取り仕切るギャングへの潜入捜査。一方、冷淡な若き犯罪者のコリン・サリバン(マット・デイモン)はコステロの内通者となるべく警察へと潜入。警察とマフィアの両方の機密情報を収集するべく、二重生活に身を置く2人の男。香港映画『インファナル・アフェア』のリメイク作品です。

この家族、全員そろって普通じゃない『マラヴィータ』

『マラヴィータ』 - (C) EUROPACORP- TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS Photo : Jessica Forde

アメリカのブルックリンの下町からフランス・ノルマンディー地方の田舎町に引っ越してきたブレイク一家。新天地でごく普通の家族として生きようとするものの、スーパーを爆破してしまう妻・マギー(ミシェル・ファイファー)、テニスラケットで同級生を殴り倒してしまう娘・ベル(ディアナ・アグロン)、昔の血が騒ぎバットが折れるほど人を殴る父親のフレッド…と、揃いも揃って普通じゃないこのファミリーに平和な生活を送ることは、正直に言って無理難題でした。

さよなら、ブラックバード『パブリック・エネミーズ』

© 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

かつて「社会の敵ナンバーワン(Public Enemy No.1)」として指名手配されたギャング団のリーダー、ジョン・デリンジャーをジョニー・デップが演じ、彼を追う捜査官メルヴィン・パーヴィスをクリスチャン・ベールが演じています。伝説の犯罪者が一人の女性と果たした運命的な出会いと、自由への逃亡を描いた作品です。

再び巡り合う男たち『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』

ロバート・デ・ニーロ -(C) Getty Images

1984年公開のロバート・デ・ニーロ主演作品。禁酒法時代のアメリカを生き抜いた2人の男の生涯を描いています。恋愛、友情、暴力など様々な要素が散りばめられたギャング映画の傑作です。

マーロン・ブランドの圧倒的存在感『ゴッドファーザー』

1972年公開当時の興行記録を塗り替える大ヒットを記録した名作。アカデミー賞10部門にノミネートされ、作品賞、主演男優賞、脚色賞を受賞。アメリカAFI発表のアメリカ映画ベスト100では2位にランクイン。マフィアのボスを演じたマーロン・ブランドの迫力と存在感は凄まじく、ディズニー映画『ズートピア』にも彼をオマージュしたキャラクターが登場しました。

映画だからこそじっくり楽しめるマフィア・ギャングの魅力!

アル・パチーノ -(C) Getty Images

実際にマフィアやギャングが抗争を繰り広げる場面に出くわしたら逃げるしかありません。筋金入りのワルが醸し出す威圧的な空気を娯楽として楽しめるのも、きっと映画ならではの魅力。まとめに挙げた映画を楽しめたなら、是非劇場で『アウトレイジ』最終章もご覧になってみてください。

関連する投稿


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


『クワイエット・プレイス』公開間近!実力派女優エミリー・ブラント出演作特集

『クワイエット・プレイス』公開間近!実力派女優エミリー・ブラント出演作特集

『プラダを着た悪魔』で注目を浴びてから、その美しさと漂う気品、知性的な雰囲気に包まれたエミリー・ブラントに人気集中!大御所女優も認める確かな演技力をも持ち合わせた彼女の意外とチャーミングな素顔と共におすすめ作品を紹介していきたいと思います。


10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

10月13日公開アンドリューガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』そのカルトな世界の魅力を紹介

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどで人気を博した人気俳優アンドリュー・ガーフィールドが主演する映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』が10月13日ついに公開!『イット・フォローズ』の監督が描く全く新しいサスペンス映画となった本作。カルト的人気を博す事間違いないあらすじ、キャストをはじめカルトな魅力をご紹介!


中国版カイジ『動物世界』のエキセントリック過ぎる魅力に迫る!

中国版カイジ『動物世界』のエキセントリック過ぎる魅力に迫る!

週間ヤングマガジンで大人気連載中のコミック「賭博黙示録カイジ」が『動物世界』と名を変え、まさかの中国で実写映画化!NETFLIXで配信を開始しました。過去には藤原竜也が主演で『カイジ 人生逆転ゲーム』として実写映画化された事もある本作。今回はそんな『動物世界』のあらすじ、キャスト、魅力を余すことなく紹介いたします!


芯の強さを演じればピカイチ!ジェシカ・チャステインの魅力とおすすめ映画!

芯の強さを演じればピカイチ!ジェシカ・チャステインの魅力とおすすめ映画!

芯の強さを感じさせる美女を、決して個性を際立たせる方法じゃなく凛と演じるジェシカ・チャステイン。 観る者に無理強いさせない、女性本来の優しさも秘めた彼女の演技が素晴らしいです。大地のように揺るがない自信と包容力を持つ彼女に触れる事が出来る作品をおすすめしていきます。


最新の投稿


『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』で大活躍‼若手英俳優トム・ホランドのプロフィール、出演作品、私生活について

『アベンジャーズ』や『スパイダーマン・ホームカミング』に出演して、日本でも大人気のトム・ホランド! 日本では”トムホ”の愛称で親しまれていますね!そんなイギリス出身の彼のプロフィールや出演作品、私生活などをまとめてみました。


男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

男も女も惚れる!かっこいいケイト・ブランシェットのおすすめ映画10選!

いま、ハリウッドで一番ハンサムな女優ケイト・ブランシェットは、二度のオスカー受賞歴もある実力派。妖艶な美しい女性を演じても、マニッシュで中性的な役、シニカルな役を演じても絶品!掴みどころがないのも魅力です。とにかくかっこいい、旬の女優ケイトブランシェットの演技を堪能できる映画を紹介していきます。


金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

金曜ロードショー10/19放送!『謝罪の王様』宮藤官九郎と阿部サダヲ笑いの最強タッグ!

『謝罪の王様』は、『舞子Haaaan!』の宮藤官九郎脚本、阿部サダヲ主演、水田伸生監督の最強タッグが再結集したヒット作品です。「謝罪」を題材に、大小さまざまな6つの物語で構成されている『謝罪の王様』。架空の職業である“謝罪師”を生業とする主人公・黒島譲のもとに、ひと癖もふた癖もある依頼が舞い込みます。


働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

働く女性に捧ぐ名作「アグリー・ベティ」あらすじとキャストの現在【ネタバレなし】

シリーズはすでに完結済み、シーズン4までと比較的短くまとまった作品なので海外ドラマ入門にもおすすめ。NYの一流ファッション誌編集部が舞台になるだけあって、登場人物ほとんどの着こなしがファッショナブル。まっすぐで、なんにでも全力投球なベティに元気をもらえること間違いなし。きっと前向きな気持ちになれます。


常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

常に注目の的!ビヨンセの現在は?家族、恋、ゴシップetc...。気になるトピックまとめ

ビヨンセのいる所ではいつも何かしら事件やユニークな出来事、称賛が集まります。デビュー当時から一貫して飛び抜けた注目を集め続けて逞しく人生を謳歌している姿は、美しい容姿も相まって世の女性たちの憧れ。それは現在でも不変です。そんなビヨンセのトピックを最近の事も含めて紹介していきます。