『007』のアカデミー怪演男優ハビエル・バルデム出演映画12選!新作も紹介!

『007』のアカデミー怪演男優ハビエル・バルデム出演映画12選!新作も紹介!

スペインが産んだ個性的過ぎるアカデミー俳優、ハビエル・バルデム。セクシーでギラギラした存在感と、どこかデンジャラスで何かしでかしそうな雰囲気が魅力的で、私生活ではペネロペ・クルスの夫。『007 スカイフォール』での悪役怪演っぷりに興味を持った方も多いのでは?今回は彼の出演作を通して、その魅力をたっぷり紹介していきます。


ハビエル・バルデムのプロフィール

ハビエル・バルデム

ハビエル・バルデムは1969年3月1日生まれ、スペインを代表する演技派俳優。
6歳でテレビ・デビューしていてスポーツも万能。
ラグビーの世代別スペイン代表チームに選抜されていました。
映画デビュー作は21歳の時で、1990年公開、ビガス・ルナ監督のスペイン映画『ルルの時代』。
23歳の時にはスペインのロマンティック・コメディ映画『ハモンハモン』で人気者に。
1994年『時間切れの愛』、1995年『電話でアモーレ』、2002年『Los Lunes al Sol』、2004年『海を飛ぶ夢』、そして2010年にもアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『BIUTIFUL ビューティフル』等でスペイン版アカデミー賞のゴヤ賞を受賞しています。
(『BIUTIFUL ビューティフル』はアカデミー賞でも主演男優賞ノミネートされました。)
そんなバルデムが初めてアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたのは2000年の『夜になるまえに』で、スペイン人俳優としても最初のノミネートでした。
2007年の『ノーカントリー』ではゴールデングローブ賞の助演男優賞、アカデミー賞の助演男優賞を受賞。
そして2012年には『007』シリーズ史上最高傑作と言われる第23作『007 スカイフォール』で悪役シルヴァを熱演してその存在感を発揮しました。

ハビエル・バルデムの妻はスペイン女優ペネロペ・クルス

ハビエル・バルデム&ペネロペ・クルス-(C) Getty Images

ハビエル・バルデムの妻はスペインを代表する個性派美人女優ペネロペ・クルス。
2008年公開の『それでも恋するバルセロナ』で共演したのが切っ掛け。
この映画でペネロペ・クルスは、情緒不安定な元妻を "過激" かつ魅力的に演じてアカデミー助演女優賞を受賞しています。
この強烈キャラを目の当たりに受けたバルデムは、始めは彼女と結婚することをためらったようですが、それこそが彼女の美しさであって魅力なんだと気付き結婚。
(バルデムはペネロペ以上に強烈だと感じるが...。)
2人の子供を授かり、オシドリ夫婦として仲睦まじく生活しています。

ハビエル・バルデム出演映画 ①『宮廷画家ゴヤは見た』(2006年)

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

ハビエル・バルデム出演映画『宮廷画家ゴヤは見た』は2006年公開、スペイン・アメリカの歴史映画。
監督は『アマデウス』のミロス・フォアマン。
スペインの天才画家ゴヤが活躍した激動の時代を背景に、2人の男女の悲劇を描いた歴史ドラマとなっています。
共演者にはナタリー・ポートマン、スウェーデン出身の実力派俳優ステラン・スカルスガルドとゴージャスなキャストが並ぶ。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

舞台は隣国のフランスで革命が頂点に達していた18世紀末スペイン。
異端審問の強化を主張したロレンソ神父(ハビエル・バルデム)は、異端者を摘発しては罰していました。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

そんな威厳に満ちたロレンソ神父の肖像画を、画家として最高の地位に登り詰めたゴヤ(ステラン・スカルスガルド)が手掛けていました。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

その時、ゴヤはもう一人の肖像画も手掛けています。
それは裕福な商人ビルバトゥア家の娘イネス(ナタリー・ポートマン)。
彼女はある日、居酒屋で豚肉を食べなかった事で異端者として逮捕され、拷問される運命に...。
父ビルバトゥアは友人でもあるゴヤを介してロレンソ神父に会い、無実の娘を返してほしいと懇願する。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

しかし純真無垢で美しいイネスが獄中で怯えているのをいいことに、ロレンソ神父は彼女と関係を持ち亡命する。
その後の彼女の長い獄中生活を支えていたのはロレンソ神父への純粋な愛だけだった。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

激動の時代を背景に、異常な宗教弾圧を仕掛けた男ロレンソ神父の権力による栄光と失脚、美しく無垢な少女イネスの捩じ上げられた心と過酷な運命が、その二人の肖像画を描いたゴヤによる様々な名画と絡めて劇的に綴られていきます。
世渡り上手さで権力を物にしながら、女々しく信念の欠落した神父という難しい役どころを異様な存在感で演じ切ったバルデムの憑依感は見ごたえがあります。

ハビエル・バルデム出演映画 ②『ノーカントリー』(2007年)

3月11日の来日記者会見に出席した際のハビエル・バルデム

ハビエル・バルデム出演映画『ノーカントリー』は2007年公開、アメリカのスリラー映画。
監督・脚本・製作は『ファーゴ』『ミラーズ・クロッシング』のコーエン兄弟が手掛けています。
2005年に出版されたコーマック・マッカーシーの小説「血と暴力の国」を映画化した作品で、アメリカとメキシコの国境を舞台に、麻薬取引による壮絶な殺戮劇が描かれています。

© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

物語の要となる大量のヘロインと200万ドルという大金を見つけ、持ち逃げしたベトナム帰還兵のモスをジョシュ・ブローリンが演じている。

© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

法と正義を信じる年配の保安官・べルを演じるのはトミー・リー・ジョーンズ。

© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

そして大金を持ち逃げしたモスを執拗に追う冷血非情な殺人者シガーを演じているのがハビエル・バルデム。
異様な雰囲気が漂います。

© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

死を覚悟で逃げ回るモス・それを追うシガー・シガーの恐ろしさを熟知していてもモスを救おうとする保安官ベル。
この3人がそれぞれの思惑を持って繰り広げる追跡劇により、多数の被害者たちがイタズラに惨殺されていきます。
予測不可能なクライマックスを前に、緊迫感に満ちたバイオレンス劇が繰り広げられる。

この記事のライター

関連するキーワード


ハビエル・バルデム 007 ペネロペ・クルス ルルの時代 ハモンハモン 時間切れの愛 電話でアモーレ Los Lunes al Sol 海を飛ぶ夢 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ BIUTIFUL ビューティフル ゴヤ賞 アカデミー賞 夜になるまえに ノーカントリー ゴールデングローブ賞 007 スカイフォール それでも恋するバルセロナ 宮廷画家ゴヤは見た アマデウス ミロス・フォアマン ゴヤ ナタリー・ポートマン ステラン・スカルスガルド ファーゴ ミラーズ・クロッシング コーエン兄弟 コーマック・マッカーシー 血と暴力の国 ジョシュ・ブローリン トミー・リー・ジョーンズ コレラの時代の愛 百年の孤独 ガブリエル・ガルシア=マルケス ジョヴァンナ・メッツォジョルノ ウッディ・アレン レベッカ・ホール スカーレット・ヨハンソン レヴェナント:蘇えりし者 バードマン あるいは(無知がもたらす予期 食べて、祈って、恋をして ジュリア・ロバーツ エリザベス・ギルバート glee アメリカン・ホラー・ストーリー ライアン・マーフィー ショーン・ペン トゥ・ザ・ワンダー ボンドガール オルガ・キュリレンコ ベン・アフレック 天国の日々 シン・レッド・ライン ツリー・オブ・ライフ テレンス・マリック アルフォンソ・キュアロン エマニュエル・ルベツキ レイチェル・マクアダムス ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンド アメリカン・ビューティー サム・メンデス ジュディ・デンチ ナオミ・ハリス 悪の法則 リドリー・スコット マイケル・ファスベンダー キャメロン・ディアス ブラッド・ピット ザ・ガンマン 96時間 ピエール・モレル ジョニー・デップ ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベ 誰もがそれを知っている 別離 セールスマン アスガー・ファルハディ パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

関連する投稿


傑作戦争映画おすすめランキングTOP30!【邦画・洋画】

傑作戦争映画おすすめランキングTOP30!【邦画・洋画】

皆さんは生涯で戦争映画ってどれくらい見ましたか?残虐なシーンだったり、悲しい物語があって涙した人も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな戦争映画をランキング形式で紹介していきたいと思います。そして戦争についても知っていきましょう。


マーベルヒーロー最強決定戦!(筆者の独断と偏見による)

マーベルヒーロー最強決定戦!(筆者の独断と偏見による)

色々な危機的状況から幾度となく人類を救ってきたマーベルヒーロー達ですが、結局誰が強いの?という疑問がちらほら聞こえてきます。今回はそんな疑問に応えるべく筆者の独断と偏見によるマーベルヒーロー最強決定戦を開催します。


マイケル・ケイン出演のおすすめ映画10選!待望の新作情報も!

マイケル・ケイン出演のおすすめ映画10選!待望の新作情報も!

『ダークナイト』シリーズや『キングスマン』など、近年の人気映画には欠かせない存在となっている実力派ベテラン俳優マイケル・ケイン。50年代にデビューしてから『アルフィー』、『ハンナとその姉妹』など数々の名作で、本当に素晴らしい演技を見せ続けてくれていますよね?ここでは過去の作品を振り返りつつ、彼の魅力に迫っていきたいと思います!


【洋画】サスペンス映画おすすめランキングTOP25!スリリングな洋画特集!

【洋画】サスペンス映画おすすめランキングTOP25!スリリングな洋画特集!

サスペンス映画は好きですか?間に合うのか?助かるのか?真実は?と心を煽られて主人公と共にヒリヒリさせられる感覚はタマらなく癖になってしまいますよね?ここではアメリカ・イギリス・フランスなどの様々な国から作品をチョイスして25作紹介させて頂いてます。是非ご覧くださり、チョイスの参考にしてみてください。


DCヒーロー『バットマン』の実写映画化作品と魅力を総まとめ!

DCヒーロー『バットマン』の実写映画化作品と魅力を総まとめ!

DCコミックスの人気ヒーローの1人であるバットマン。その人気の高さから、これまでに何度も実写映画が制作されてきました。続編なのかリブートなのかはもちろん、作品ごとの魅力についてまとめました!


最新の投稿


ファンタジーアニメおすすめランキングTOP50!恋愛作品から異世界作品まで勢ぞろい!

ファンタジーアニメおすすめランキングTOP50!恋愛作品から異世界作品まで勢ぞろい!

素敵な魔法もちょっぴり怖い冒険も!不思議な世界はアニメーションならでは。新旧人気のファンタジー作品をご紹介します。


傑作戦争映画おすすめランキングTOP30!【邦画・洋画】

傑作戦争映画おすすめランキングTOP30!【邦画・洋画】

皆さんは生涯で戦争映画ってどれくらい見ましたか?残虐なシーンだったり、悲しい物語があって涙した人も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな戦争映画をランキング形式で紹介していきたいと思います。そして戦争についても知っていきましょう。


ハーフ・クォーターのイケメンや美人芸能人大集合!人気ランキングTOP25!

ハーフ・クォーターのイケメンや美人芸能人大集合!人気ランキングTOP25!

ハーフ・クォーターの芸能人って意外と多いですよね。「いかにも」な雰囲気だと分かりやすいですが、「何かムードある」素敵系なタイプも沢山います。ここではそんな中でも人気の高いイケメンや美人芸能人をピックアップしてランキング形式で紹介していきたいと思います。是非、楽しんでチェックしてみてくださいね。


お笑い芸人が出演するおすすめ映画まとめ

お笑い芸人が出演するおすすめ映画まとめ

お笑い芸人が出演する映画を紹介します。コメディ映画だけでないので普段は見ることのできないお笑い芸人の真剣な姿に注目するとおもしろいと思います。


もはや俳優顔負け?演技も上手い12人のお笑い芸人たち

もはや俳優顔負け?演技も上手い12人のお笑い芸人たち

いまやドラマや映画などのエンターテイメント作品に、役者以外が出演するのは当たり前の時代になりました。役者も芸人もジャンルは違えど、ともに板の上に乗る仕事。芸人はテレビばかりではなく、劇場でお客さんを前にする機会も多いので、それによって芸が洗練されてゆきます。今日は研ぎ澄まされた演技力を持つ12人の芸人をご紹介します。