『007』のアカデミー怪演男優ハビエル・バルデム出演映画12選!新作も紹介!

『007』のアカデミー怪演男優ハビエル・バルデム出演映画12選!新作も紹介!

スペインが産んだ個性的過ぎるアカデミー俳優、ハビエル・バルデム。セクシーでギラギラした存在感と、どこかデンジャラスで何かしでかしそうな雰囲気が魅力的で、私生活ではペネロペ・クルスの夫。『007 スカイフォール』での悪役怪演っぷりに興味を持った方も多いのでは?今回は彼の出演作を通して、その魅力をたっぷり紹介していきます。


ハビエル・バルデムのプロフィール

ハビエル・バルデム

ハビエル・バルデムは1969年3月1日生まれ、スペインを代表する演技派俳優。
6歳でテレビ・デビューしていてスポーツも万能。
ラグビーの世代別スペイン代表チームに選抜されていました。
映画デビュー作は21歳の時で、1990年公開、ビガス・ルナ監督のスペイン映画『ルルの時代』。
23歳の時にはスペインのロマンティック・コメディ映画『ハモンハモン』で人気者に。
1994年『時間切れの愛』、1995年『電話でアモーレ』、2002年『Los Lunes al Sol』、2004年『海を飛ぶ夢』、そして2010年にもアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『BIUTIFUL ビューティフル』等でスペイン版アカデミー賞のゴヤ賞を受賞しています。
(『BIUTIFUL ビューティフル』はアカデミー賞でも主演男優賞ノミネートされました。)
そんなバルデムが初めてアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたのは2000年の『夜になるまえに』で、スペイン人俳優としても最初のノミネートでした。
2007年の『ノーカントリー』ではゴールデングローブ賞の助演男優賞、アカデミー賞の助演男優賞を受賞。
そして2012年には『007』シリーズ史上最高傑作と言われる第23作『007 スカイフォール』で悪役シルヴァを熱演してその存在感を発揮しました。

ハビエル・バルデムの妻はスペイン女優ペネロペ・クルス

ハビエル・バルデム&ペネロペ・クルス-(C) Getty Images

ハビエル・バルデムの妻はスペインを代表する個性派美人女優ペネロペ・クルス。
2008年公開の『それでも恋するバルセロナ』で共演したのが切っ掛け。
この映画でペネロペ・クルスは、情緒不安定な元妻を "過激" かつ魅力的に演じてアカデミー助演女優賞を受賞しています。
この強烈キャラを目の当たりに受けたバルデムは、始めは彼女と結婚することをためらったようですが、それこそが彼女の美しさであって魅力なんだと気付き結婚。
(バルデムはペネロペ以上に強烈だと感じるが...。)
2人の子供を授かり、オシドリ夫婦として仲睦まじく生活しています。

ハビエル・バルデム出演映画 ①『宮廷画家ゴヤは見た』(2006年)

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

ハビエル・バルデム出演映画『宮廷画家ゴヤは見た』は2006年公開、スペイン・アメリカの歴史映画。
監督は『アマデウス』のミロス・フォアマン。
スペインの天才画家ゴヤが活躍した激動の時代を背景に、2人の男女の悲劇を描いた歴史ドラマとなっています。
共演者にはナタリー・ポートマン、スウェーデン出身の実力派俳優ステラン・スカルスガルドとゴージャスなキャストが並ぶ。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

舞台は隣国のフランスで革命が頂点に達していた18世紀末スペイン。
異端審問の強化を主張したロレンソ神父(ハビエル・バルデム)は、異端者を摘発しては罰していました。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

そんな威厳に満ちたロレンソ神父の肖像画を、画家として最高の地位に登り詰めたゴヤ(ステラン・スカルスガルド)が手掛けていました。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

その時、ゴヤはもう一人の肖像画も手掛けています。
それは裕福な商人ビルバトゥア家の娘イネス(ナタリー・ポートマン)。
彼女はある日、居酒屋で豚肉を食べなかった事で異端者として逮捕され、拷問される運命に...。
父ビルバトゥアは友人でもあるゴヤを介してロレンソ神父に会い、無実の娘を返してほしいと懇願する。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

しかし純真無垢で美しいイネスが獄中で怯えているのをいいことに、ロレンソ神父は彼女と関係を持ち亡命する。
その後の彼女の長い獄中生活を支えていたのはロレンソ神父への純粋な愛だけだった。

© 2006 Xuxa Producciones SL - All Rights Reserved

激動の時代を背景に、異常な宗教弾圧を仕掛けた男ロレンソ神父の権力による栄光と失脚、美しく無垢な少女イネスの捩じ上げられた心と過酷な運命が、その二人の肖像画を描いたゴヤによる様々な名画と絡めて劇的に綴られていきます。
世渡り上手さで権力を物にしながら、女々しく信念の欠落した神父という難しい役どころを異様な存在感で演じ切ったバルデムの憑依感は見ごたえがあります。

ハビエル・バルデム出演映画 ②『ノーカントリー』(2007年)

3月11日の来日記者会見に出席した際のハビエル・バルデム

ハビエル・バルデム出演映画『ノーカントリー』は2007年公開、アメリカのスリラー映画。
監督・脚本・製作は『ファーゴ』『ミラーズ・クロッシング』のコーエン兄弟が手掛けています。
2005年に出版されたコーマック・マッカーシーの小説「血と暴力の国」を映画化した作品で、アメリカとメキシコの国境を舞台に、麻薬取引による壮絶な殺戮劇が描かれています。

© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

物語の要となる大量のヘロインと200万ドルという大金を見つけ、持ち逃げしたベトナム帰還兵のモスをジョシュ・ブローリンが演じている。

© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

法と正義を信じる年配の保安官・べルを演じるのはトミー・リー・ジョーンズ。

© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

そして大金を持ち逃げしたモスを執拗に追う冷血非情な殺人者シガーを演じているのがハビエル・バルデム。
異様な雰囲気が漂います。

© 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

死を覚悟で逃げ回るモス・それを追うシガー・シガーの恐ろしさを熟知していてもモスを救おうとする保安官ベル。
この3人がそれぞれの思惑を持って繰り広げる追跡劇により、多数の被害者たちがイタズラに惨殺されていきます。
予測不可能なクライマックスを前に、緊迫感に満ちたバイオレンス劇が繰り広げられる。

この記事のライター

関連するキーワード


ハビエル・バルデム 007 ペネロペ・クルス ルルの時代 ハモンハモン 時間切れの愛 電話でアモーレ Los Lunes al Sol 海を飛ぶ夢 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ BIUTIFUL ビューティフル ゴヤ賞 アカデミー賞 夜になるまえに ノーカントリー ゴールデングローブ賞 007 スカイフォール それでも恋するバルセロナ 宮廷画家ゴヤは見た アマデウス ミロス・フォアマン ゴヤ ナタリー・ポートマン ステラン・スカルスガルド ファーゴ ミラーズ・クロッシング コーエン兄弟 コーマック・マッカーシー 血と暴力の国 ジョシュ・ブローリン トミー・リー・ジョーンズ コレラの時代の愛 百年の孤独 ガブリエル・ガルシア=マルケス ジョヴァンナ・メッツォジョルノ ウッディ・アレン レベッカ・ホール スカーレット・ヨハンソン レヴェナント:蘇えりし者 バードマン あるいは(無知がもたらす予期 食べて、祈って、恋をして ジュリア・ロバーツ エリザベス・ギルバート glee アメリカン・ホラー・ストーリー ライアン・マーフィー ショーン・ペン トゥ・ザ・ワンダー ボンドガール オルガ・キュリレンコ ベン・アフレック 天国の日々 シン・レッド・ライン ツリー・オブ・ライフ テレンス・マリック アルフォンソ・キュアロン エマニュエル・ルベツキ レイチェル・マクアダムス ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンド アメリカン・ビューティー サム・メンデス ジュディ・デンチ ナオミ・ハリス 悪の法則 リドリー・スコット マイケル・ファスベンダー キャメロン・ディアス ブラッド・ピット ザ・ガンマン 96時間 ピエール・モレル ジョニー・デップ ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベ 誰もがそれを知っている 別離 セールスマン アスガー・ファルハディ パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

関連する投稿


映画『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』キャスト・ネタバレ見どころ&感想!このアリバイ返しに悶絶!

映画『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』キャスト・ネタバレ見どころ&感想!このアリバイ返しに悶絶!

『007』シリーズ最強ボンド、ダニエル・クレイグが名探偵役に扮した本格ミステリー大作『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』がNetflixで配信開始されましたね。アガサ・クリスティーの世界観をリスペクトしたレトロな作風が話題になっています!ここでは作品のキャスト・ネタバレ考察を紹介していきますので是非ご覧下さいね。


『ワンダーウーマン』ガル・ガドットの魅力と出演映画まとめ!おまけでトリビアも♪

『ワンダーウーマン』ガル・ガドットの魅力と出演映画まとめ!おまけでトリビアも♪

公開されるや否や、大ヒット街道を驀進した『ワンダーウーマン』。日本中ありとあらゆるメディアがこぞって取り上げられて、もはや社会現象化しつつありますね。ここでは、改めて本作で全世界的な人気と支持を得たワンダーウーマン=ガル・ガドットの魅力とそのキャリアに加えて、彼女にまつわるちょっとしたトリビアもご紹介します!続編の『ワンダーウーマン 1984』は10月9日に公開!


目が離せない!誘拐事件を描いた邦画洋画20選

目が離せない!誘拐事件を描いた邦画洋画20選

最愛の人が誘拐されたら、家族はパニックに落ち、命かけて救出する展開となります。実話の実写化も含め、本記事は誘拐事件を題材とした映画を厳選し、ご紹介します。


映画『ボヘミアン・ラプソディ』キャスト・ネタバレ見どころ・あらすじ!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』キャスト・ネタバレ見どころ・あらすじ!

ロックバンド "クイーン" の軌跡を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』。フレディ・マーキュリーの壮絶な人生にスポットを当てた本作はロック映画史上最大の大ヒットを果たしました!曲の素晴らしさにも再び注目が集まりましたね。ここではネタバレ含む見どころ、あらすじ・キャスト等を紹介していきますので是非楽しんでくださいね。


 ハリウッド若手人気俳優20人!次世代俳優はここでチェック! -2020年版-<10~20代>

ハリウッド若手人気俳優20人!次世代俳優はここでチェック! -2020年版-<10~20代>

ハリウッドを代表する若手俳優たちのラインナップも、ここに来て次なる新時代に突入!これまで目を引いてきた子役出身俳優から突如現れた実力派俳優まで、若手のスターが揃って頭角を現し始めていて気になってしまいますね?!ここでは、そんな次世代俳優をピックアップして紹介していきますので是非チェックしておいて下さいね。


最新の投稿


映画『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』キャスト・ネタバレ見どころ&感想!このアリバイ返しに悶絶!

映画『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』キャスト・ネタバレ見どころ&感想!このアリバイ返しに悶絶!

『007』シリーズ最強ボンド、ダニエル・クレイグが名探偵役に扮した本格ミステリー大作『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』がNetflixで配信開始されましたね。アガサ・クリスティーの世界観をリスペクトしたレトロな作風が話題になっています!ここでは作品のキャスト・ネタバレ考察を紹介していきますので是非ご覧下さいね。


堺雅人×高畑充希W主演『DESTINY 鎌倉ものがたり』のネタバレあらすじ、みどころ、キャストまとめ

堺雅人×高畑充希W主演『DESTINY 鎌倉ものがたり』のネタバレあらすじ、みどころ、キャストまとめ

『DESTINY 鎌倉ものがたり』はどんな映画なのでしょうか?この記事では『DESTINY 鎌倉ものがたり』のみどころ、あらすじネタバレ、キャスト、原作や感想も紹介します。この記事を読めば『DESTINY 鎌倉ものがたり』をもっと楽しめますよ!


映画『ミスト』濃霧に閉ざされた世界の謎とは?ネタバレありのあらすじと考察

映画『ミスト』濃霧に閉ざされた世界の謎とは?ネタバレありのあらすじと考察

田舎町に暮らす画家一家デイビッドの町が突如濃い霧に覆われ、白い霧の中から現れる怪物に襲われ次々姿を消す人々の恐怖と混乱の数日を描いたSFパニックホラー『ミスト』の世界をネタバレありで解説する。


映画『ワンダーウーマン 1984』キャスト&登場人物・あらすじ・見どころ!2020年、最も期待される映画!

映画『ワンダーウーマン 1984』キャスト&登場人物・あらすじ・見どころ!2020年、最も期待される映画!

3年ぶりに、あのワンダーウーマンが帰ってきました!去年から待たされてウズウズしてるファンも多いのでは?今回もヒロインを演じるのはガル・ガドット。また "スケール規格外" のド迫力映像を楽しめそうですよ!ここでは期待の新作映画『ワンダーウーマン 1984』のキャスト・あらすじ・見どころを紹介していきます。是非チェックしてみて下さいね。


失恋した時は…泣ける映画のおすすめ50選!

失恋した時は…泣ける映画のおすすめ50選!

辛い失恋を乗り切るには、とにかく涙が枯れるまで泣くしかない⁉失恋しても立ち直る勇気をもらえるのも映画の魅力!そんな時にぴったりのおすすめの映画名作・傑作の感動作品を集めました。