向井理が企画&熱演!『いつまた、君と~何日君再来~』に注目!

向井理が企画&熱演!『いつまた、君と~何日君再来~』に注目!

人気俳優の向井理が企画に携わった『いつまた、君と~何日君再来~』。この作品は向井さんの実の祖父母が書き綴った手記をもとに製作されており、厳しい戦時中と戦後を生き抜いた夫婦の絆と愛が描かれています。日本人の誇りや家族の絆と深い愛に胸が締め付けられます。


主なストーリー

『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

不慣れな手つきでパソコンを使い、手記をまとめていた81歳の芦村朋子さん。
手記の内容は亡き夫・吾朗との思い出。
しかし、突然の病に芦村さんは倒れてしまいます。
そんな芦村さんに代わり、手記をまとめていくことになったのは孫の理。

手記から見えてきたのは、度重なる苦難にも負けず立ち向かっていく祖母一家の歩み。激動の時代を必死に生きる祖父母と家族の愛と絆がありました。

今の時代を生きる人たちに何を訴えかけているのでしょうか。
忘れかけていた日本人としての誇り、当たり前に思う家族の絆。根底にある愛。

一家族の何気ない話ですが、主演女優の尾野真千子も号泣したハートフルな作品です。

自費で出版、もとはプレゼントだった原作

『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

向井理/『いつまた、君と~何日君再来~』完成披露試写会

向井理&尾野真千子/『いつまた、君と~何日君再来~』完成披露試写会

芦村朋子さんは主演を務める向井理さんの実の祖母であり、作中の理とは向井さんのこと。
この作品自体も正真正銘の実話をもとにした映画となっています。

向井さんが大学生の時に朋子さんの手記をパソコンで打ち直し、家族や親せきと協力して自費で出版。それは芦村さんが90歳になった時にお祝いとしてプレゼントされたそうです。
向井さんはこの出版物をもとに映像化を願い、企画にも積極的に携わりました。

試写会で向井さんは感慨深いと語っています。
何回か実現が危うくなりかけた時もあったそうで、ここに至るまでに7年もかかっているんですよ。

さまざまな想いが詰まった『いつまた、君と~何日君再来~』をぜひスクリーンでご覧ください!

朋子役は実力派女優

尾野真千子/『いつまた、君と~何日君再来~』完成披露試写会

『いつまた、君と~何日君再来~』メイキング(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

『いつまた、君と~何日君再来~』メイキング(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

向井さんの祖母・芦村朋子役を演じたのは連続ドラマ小説「カーネーション」でのヒロインをはじめ、数々の映画やドラマで存在感を放つ実力派女優の尾野真千子さん。
混乱を極めた時代の中で、夫と家族を支える妻を演じます。

最初、尾野さんはこの映画が実話だとは思わなかったそうです。
キャスティングについても向井さんが直々に選んだと思っていたようですが、向井さんいわく大人に決めてもらったとのこと。

撮影現場にいるだけで盛り上がったというエピソードまである性格的に明るい尾野さん。
そんな彼女でさえ、試写会では涙してしまいました。

先人の思いを残したい

『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

向井理/『いつまた、君と~何日君再来~』試写会

戦前、戦時中、戦後。あの時代を生きた人の苦労や先人の思いを形にしたかった、と向井さんは語っています。
みんなが手と手を取り合って生きていた時代。
食べ物は十分になかったかもしれないですし、仕事だって安定していたわけではありません。
得るものも失うものも多い現代において、向井さんの残したい思いがここにあるのです。

生き急ぐ日々の中で、ちょっと立ち止まって見てみるのに良い作品かもしれないですね。

主題歌は高畑充希

主題歌を歌う高畑充希/『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

主題歌を歌う高畑充希/『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

劇中で流れ、タイトルにもなった「何日君再来」。読みはホーリージュンザイライ。
CMやドラマでも活躍し、歌声に定評のある高畑充希さんが主題歌を担当することになりました。
のびやかで優しく、時には力強い彼女の歌声は、ストーリーに色を添えてくれることでしょう。

試写会では、この歌が流れるシーンで尾野さんが涙するという場面もありました。

綴られた愛と絆

『いつまた、君と~何日君再来~』メイキング(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

『いつまた、君と~何日君再来~』(c)2017「いつまた、君と~何日君再来~」製作委員会

朋子さんと吾朗さんの仲を深めたきっかけは文通でした。
中国の南京で勤務する吾朗さんと結ばれ、子を授かり、そして時代に翻弄されていく一家。
仕事を転々とし苦難と戦う吾朗さんと支える朋子さん。
子どもが親の手を離れた時、二人で世界を回ろうかと夢見ていたのに…。

愛をもって吾朗さんと家族を支えた朋子さんの手記には確かな絆がありました。
家族についてもう一度考え、先人がいるからこそ自分という存在があるという事実を噛みしめてみるのもいいかもしれませんね。

関連する投稿


「関ジャニ∞」丸山隆平、映画初単独主演『泥棒役者』

「関ジャニ∞」丸山隆平、映画初単独主演『泥棒役者』

『小野寺の弟、小野寺の姉』で初監督を務めた西田征史の監督2作目となる『泥棒役者』の主演を「関ジャニ∞」の丸山隆平さんが務めます。本作のあらすじとキャストをご紹介。 さらにキャストの出演昨作や、舞台裏もピックアップしました!


俳優・タレントなどマルチに活躍!大泉洋の魅力

俳優・タレントなどマルチに活躍!大泉洋の魅力

映画やドラマだけじゃなくバラエティなどマルチに活躍する俳優大泉洋さん。天性の笑いのセンスを持ち、お茶の間を楽しませてくれていますが、ひとたび役を演じるとなると、抜群の演技力を誇る大泉さんの魅力をご紹介します。


『アメリ』『最強のふたり』花の都パリを舞台にした映画50選!

『アメリ』『最強のふたり』花の都パリを舞台にした映画50選!

パリを舞台にした、『勝手にしやがれ』『巴里のアメリカ人』など、世界に名だたる名作50選をご紹介します。


向井理出演作11選!『新しい靴を買わなくちゃ』『いつまた、君と 何日君再来』ほか向井理出演作11選!

向井理出演作11選!『新しい靴を買わなくちゃ』『いつまた、君と 何日君再来』ほか向井理出演作11選!

『僕たちは世界を変えることができない。』や『RANMARU 神の舌を持つ男』など、世代を代表するイケメン向井理が活躍する出演作品11選をご紹介します。


【今週末公開の映画】12/8~『オリエント急行殺人事件』『ビジランテ』など

【今週末公開の映画】12/8~『オリエント急行殺人事件』『ビジランテ』など

12/8、9より公開の映画をご紹介します。名作ミステリ―、サスペンス、実話にもとづく法廷劇など、ちょっとダークで内容の濃い作品が勢揃い!気になる作品をチェックしていきます。


最新の投稿


【2018年度版】絶対に面白い映画20選!これは観なくちゃヤバい!

【2018年度版】絶対に面白い映画20選!これは観なくちゃヤバい!

本当に面白い映画はコレ!過去の名作から、今年度最新の映画まで、本当に面白い映画だけを20作品集めました!


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

『ファインディング・ドリー』は『ファインディング・ニモ』の続編。 ニモを、父親のマーリンとともに救った"忘れん坊"のドリーが、今作では主役に! ドリーは忘れてしまっていた両親を探して、マーリンとニモと再び大海原に冒険の旅に出かけます。 『ファインディング・ドリー』のみどころをご紹介!


青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

若き良き青春時代!誰にでも一度はあった切ないあの時を思い出したいときに!おすすめの青春映画の傑作、名作をご紹介いたします。いま青春真っただ中のあなたにもピッタリ!


今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

6/22(金)、6/23(土)に公開される映画を一挙ご紹介。大泉洋迫真の演技『焼肉ドラゴン』から、沢尻エリカ6年ぶりの主演映画『猫は抱くもの』、昨年多くの映画賞を獲得したドキュメンタリー作品『祝福〜オラとニコデムの家〜』など、話題作が続々公開!