社会問題に斬り込んだ映画13選!世界中で根強く残る問題の数々

社会問題に斬り込んだ映画13選!世界中で根強く残る問題の数々

世界中で巻き起こる解決すべき問題の数々。そんな社会問題へ斬り込んだ映画作品も多く存在しています。今回は人種差別から紛争、育児放棄や業界の暗部などの社会問題を描いた映画作品を13作品紹介します。深いテーマを扱っているからこそ、新たな気づきに出会えるかもしれません。


社会問題を描いた映画作品13選!

『帰ってきたヒトラー』 (C)2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH & CO. KG CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

映画というと娯楽としての側面が強い一方で、風刺が効いたものや考えさせられるような作品も多く存在します。今回はそんな中から、社会問題を描いた映画作品について13作品紹介していきます。

社会問題を描いた映画作品①『誰も知らない』(2004年)

『海よりもまだ深く』(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

社会問題を描いた映画作品の1作目として紹介するのは、2004年に公開された是枝裕和監督作品『誰も知らない』です。本作は1988年に発生した“巣鴨子供置き去り事件”という本当にあった事件を基に作られており、母親に置き去りにされた子どもたちが懸命に生きる姿が繊細に描かれています。

柳楽優弥

とある秋、2DKアパートに引っ越してきた母の福島けい子(YOU)と子どもたち4人。子どもたちの父親はそれぞれ別の人物で、学校へも通ったこともありませんでした。そんなある日、けい子が出ていったことをきっかけに、兄の福島明(柳楽優弥)が親代わりとなって子どもたちだけで生活を送ることに―。

社会問題を描いた映画作品②『血と骨』(2004年)

『血と骨』ビートたけし、鈴木京香、崔洋一監督舞台挨拶

社会問題を描いた映画作品の2作目に紹介するのは、2004年公開の崔洋一監督作品『血と骨』。動乱の時代を駆け抜けた朝鮮移民の壮絶な生き様が描かれており、強欲で荒々しい主人公・金俊平はビートたけしさんが演じました。

『アウトレイジ 最終章』(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

1923年、日本で一旗揚げようと朝鮮集落から大阪へやってきた金俊平(ビートたけし)や他の移民たち。そんな俊平は強欲さと凶暴さからのし上がっていき、家族や周囲の人々から恐れられるように。開業した蒲鉾工場は成功、2人の子どもにも恵まれるも、俊平の粗悪さはさらにエスカレートしていき―。

社会問題を描いた映画作品③『ホテル・ルワンダ』(2004年)

『ホテル・ルワンダ』 メイン

社会問題を描いた映画作品、3作目は2004年公開のテリー・ジョージ監督作品『ホテル・ルワンダ』。本作は、大量虐殺事件が発生するアフリカのルワンダで1200人もの命を救ったホテルマンの実話を基に制作されました。

『ホテル・ルワンダ』 サブ1

1994年、アフリカのルワンダではフツ族とツチ族による民族対立が勃発しており、内戦が続いていました。そんな日々が続く中、海外資本の高級ホテルホテルルワンダでホテルマンとして勤めているフツ族のポール(ドン・チードル)は、ツチ族の妻タチアナ(ソフィー・オコネドー)や隣人を救うために兵士と取り引きすることに。どうにか助かったポールたちですが、虐殺はさらにエスカレートし…。

社会問題を描いた映画作品④『そして、ひと粒のひかり』(2004年)

『そして、ひと粒のひかり』 サブ1

社会問題を描いた映画作品の4作目は、2004年公開のジョシュア・マーストン監督作品『そして、ひと粒のひかり』。南米からアメリカへの麻薬密輸の実態を調査し、運び屋となった少女の過酷で非道な現実を描いた作品となっています。

『そして、ひと粒のひかり』 メイン

コロンビアの田舎町にあるバラ農園で働く17歳の少女マリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)。一家の家計を担うマリアはある日、些細なトラブルで仕事をクビになり。さらには好きでもない恋人の子供を妊娠してしまうのでした。お金に困ったマリアは報酬5000万ドルという言葉に揺り動かされ、麻薬密輸のミュール(運び屋)の仕事を引き受けてしまうのでした―。

社会問題を描いた映画作品⑤『イノセントボイス-12歳の戦場-』(2005年)

『イノセントボイス-12歳の戦場-』ルイス・マンドーキ監督、オスカー・トレス来日インタビュー メイン

社会問題を描いた映画作品の5作目は、2005年公開のルイス・マンドーキ監督作品『イノセントボイス-12歳の戦場-』。1980年代、内戦が激化する中米エルサルバドルを舞台に、子どもの徴兵制度について描かれた作品で、俳優オスカー・オーランド・トレスの実体験に基づき制作されました。

『イノセントボイス-12歳の戦場-』ルイス・マンドーキ監督、オスカー・トレス来日インタビュー サブ2

1980年代の中米エルサルバドルでは、アメリカから支援を受ける政府軍と貧しい農民を中心に構成される反政府勢力FMLNが対立しており、内戦が激化していました。そんな中、11歳の少年チャバ(カルロス・パディジャ)は父がアメリカに行って以来、一家の大黒柱に。そんなチャバは楽しい時間も過ごしながら、銃撃戦に怯えながら日々を送っていました。しかし、12歳になると政府軍に徴収されることになっており、誕生日を迎えて12歳となったチャバに選択が迫られることに―。

社会問題を描いた映画作品⑥『ブラッド・ダイヤモンド』(2006年)

©2006 Warner Bros. Entertainment Inc.

関連する投稿


今だから観たい!80年代ハリウッド映画おすすめ20選!懐かしい青春がここに!

今だから観たい!80年代ハリウッド映画おすすめ20選!懐かしい青春がここに!

ここ数年、日本のみならず世界中で "80年代カルチャー" ブームが沸き立ってますね!映画・ドラマの世界でも "80年代オマージュ" を提唱するクリエイターが続出。ワクワクする時代が帰ってきました!ここでは「80年代ハリウッド映画」のおすすめ作品をピックアップして紹介していきます!是非チェックしてみて下さいね。


『ファンタスティックビースト』シリーズ2作品キャラクター相関図・あらすじ

『ファンタスティックビースト』シリーズ2作品キャラクター相関図・あらすじ

『ファンタスティック・ビースト』シリーズはどんな映画なのでしょうか?この記事では『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作品のみどころ、あらすじ、登場人物などを紹介します。この記事を読めば『ファンタスティック・ビースト』シリーズをもっと楽しめること間違いなしです!


エリザベス・デビッキの出演映画11選!『TENET テネット』の注目女優!

エリザベス・デビッキの出演映画11選!『TENET テネット』の注目女優!

今注目を集めはじめている新進気鋭の若手女優、エリザベス・デビッキを知っていますか?超高身長でバツグンのスタイル、人間離れしたその美貌はまさに女神級!そんな彼女のプロフィールや出演作についてまとめました。


映画『プライベート・ライアン』の名ゼリフ&出演者たちの今!知って納得のトリビアも!

映画『プライベート・ライアン』の名ゼリフ&出演者たちの今!知って納得のトリビアも!

第二次世界大戦中フランスのオマハ・ビーチ、ノルマンディー上陸作戦に出陣し、命懸けで戦ったアメリカの兵士たち。彼らが闘う雄姿を描いた映画『プライベート・ライアン』。極限状態に飛び出す名ゼリフ、いまだ忘れられない人も多いのでは?ここでは、劇中に飛び出した名ゼリフ&出演者たちの今、知っておきたいトリビアなどを振り返って紹介していきます。是非読んでみて下さいね。


『アメリカン・ハッスル』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』詐欺師が登場する映画15選!

『アメリカン・ハッスル』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』詐欺師が登場する映画15選!

『フォーカス』や『鑑定士と顔のない依頼人』など、アドレナリンが沸騰するような頭脳戦を楽しめる詐欺師が登場する名作を15本ご紹介します。


最新の投稿


「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

可愛らしいキャラクターデザインと、躍動感あふれる3Dアニメーションで大きな反響を呼んだアニメ「けものフレンズ」。しかし、その魅力は作画やキャラクターの可愛さだけではありません。このアニメにはさまざまな「謎」が隠されているのです。今回は本作のネタバレ考察、最終回の謎を解説します!


『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

死の運命に追い詰められる若者たちを描く人気ホラー『ファイナル・デスティネーション』シリーズ。姿なき殺人者“死”に立ち向かう若者たちの運命は?この記事では『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作のあらすじをネタバレありで解説。最新作となる6作目の情報も合わせてお伝えいたします。


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』はどんな映画なのでしょうか?木村拓哉が声優をつとめたスタジオジブリの映画として話題になった、『ハウルの動く城』のみどころ、ネタバレあらすじ、キャスト、謎考察などを紹介します。この記事を読めば『ハウルの動く城』をもっと楽しめること間違いなしです!


あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

偶然出会った美少女女子高生・宇崎瞳(うざき ひとみ)はあまりにも危険な獣人だった。退屈な日々を過ごしていた気弱で平凡な大学生・野本裕也は先輩の誘いでとある事件に関わり蜜獾(ラーテル)の獣人である宇崎瞳と知り合った。 事件に巻き込まれた、ただそれだけだったのに流されるまま陰謀渦巻く危険なバトル「牙闘(キリングバイツ)」の世界に関わっていくことになる。 種族も体格差も性別も関係ない、ただ牙の鋭いほうが勝つ危険な闘いを描くバトルアニメ『キリングバイツ』の魅力について徹底解説する。