刺激が強すぎる!セクシーイケメン松坂桃李の出演作品紹介!2018春には待望の「娼年」映画化!

刺激が強すぎる!セクシーイケメン松坂桃李の出演作品紹介!2018春には待望の「娼年」映画化!

甘いマスクで大人気!公開間近の『彼女がその名を知らない鳥たち』では映画初の濡れ場を熱演!『劇場版 MOZU』では殺人鬼役を熱演するなど、演技の幅も広いイケメン俳優松坂桃李の過去出演作をご紹介します。


話題の舞台「娼年」が映画化!

『娼年』-(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

作家・石田衣良の小説をもとに、昨年8月に三浦大輔演出、主人公を松坂桃李が演じ話題となった舞台「娼年」。この度、舞台と同じ“三浦さん×松坂さん”のコンビで映画化されることが決定!

舞台とはまた一味違う映像表現の限界に挑戦しています。

『娼年』-(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

話題どころの話ではありません。

性の極限を描いたセンセーショナルな内容は大きな話題となり、多くの女性から共感を得、2001年の直木賞候補となった石田氏の同名小説が原作。昨年8月に上演された舞台は、原作に忠実にセックスを真っ向からから描いた内容と、松坂さんの文字通りの体当たりの演技が話題騒然となり、幕開けと同時にソールドアウトが続出、伝説の舞台となりました。

舞台に引き続き、映画でも森中領役を演じる松坂さん。昨年の舞台に出演したことは、自身の中で大きな出来事の一つだったと言う松坂さんは、「この作品の千秋楽の日、二度とできない、そう思えるほど、無の状態になりました。だから映画化の話を聞いたときには、不安しかありませんでした」と胸中を明かす。しかし、「舞台で表現できなかったこと、映像だからこそ残せるものが、映画『娼年』にはあると思いました」と言い、撮影前に三浦監督からも「ようやくこれで石田衣良さんが産み出した『娼年』が完成する」と言われたそうで、「撮影を終えたいま、僕自身もそう感じています。舞台同様、無になりましたが。何より女性の方にこそ観ていただきたい作品です」と熱弁しています。

『娼年』は2018年春、全国にて公開予定!いまから待ち遠しいですね!

最低男を熱演『彼女がその名を知らない鳥たち』

『彼女がその名を知らない鳥たち』(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊ら豪華俳優陣を迎え、沼田まほかるの人気をミステリー小説を映画化する『彼女がその名を知らない鳥たち』。「共感できたら終わり」と称する不誠実な男・水島役を松坂さんが演じます。

純粋で爽やかなイメージのある松坂さんが演じる水島は、誠実そうなルックスとは裏腹に、薄っぺらな言葉を次々とささやき、妻子があるにもかかわらず十和子と関係を結ぶ最低なキャラクター。今回の場面写真で見せる表情も、まさしくゲスそのもの!? スーツをビシっと決めスマートに装いながら、どこか淫らな目線を送る水島の笑顔はおそろしく不気味な雰囲気に満ちていて、何も知らない女性がこの端正なルックスから甘い言葉を投げかけられたら、コロリと落ちてしまうのも無理はないでしょう。

『彼女がその名を知らない鳥たち』 (C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

こんな最低男を演じるにあたっても、松坂さんは演技に対して誠心誠意。「僕は映像作品で初めての濡れ場だったのですが、相手が蒼井さんというのはとても光栄でした」とコメントしています。

大人気グループGReeeeNのあの曲の誕生秘話『キセキ ―あの日のソビト―』

歯科医師とアーティストを両立する、顔出し一切なしの異色ボーカル・グループ「GReeeeN」。『キセキ ―あの日のソビト―』は、彼らの名曲「キセキ」誕生の裏側となる兄弟の物語を軸に、仲間と共に進むべき道を見つけ出し、前へと進んでいく姿を描き出します。兄弟を演じた松坂桃李と菅田将暉のW主演作品。

『ユリゴコロ』では一冊のノートをみつけるキーパーソン!

吉高由里子&松坂桃李/『ユリゴコロ』初日舞台挨拶

松坂さんは、物語が動き出すきっかけとなる1冊のノートを見つけ、その秘密に惹き寄せられる男・亮介役。なんと原作者は、『彼女がその名を知らない鳥たち』の沼田さんというから驚き。
吉高由里子さん、松山ケンイチさんに負けない熱演ぶりです。

吉高由里子初の殺人者役!『ユリゴコロ』あらすじ&豪華キャスト紹介!【ネタバレあり】

https://pickup.cinemacafe.net/articles/1095

沼田まほかる原作の小説を吉高由里子さん主演で映画化した『ユリゴコロ』。松山ケンイチさんと松坂桃季が出演する2017年注目の映画です!著者・沼田さんとっては初の映画化作品である本作のあらすじとキャストを紹介します。

あの人に、もう一度会いたい『ツナグ』

『ツナグ』 -(C) 2012 「ツナグ」製作委員会

直木賞作家の辻村深月が執筆した同名小説を映画化。出演陣は松坂桃李をはじめ、樹木希林、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一ら、監督は2016年公開の『僕だけがいない街』などを手がけた平川雄一朗、テーマ曲「ありがとう」をJUJUが歌うなど、豪華な顔ぶれが揃いました。

歩美(松坂桃李)は生きている人と死者の間をつなぐ特殊能力を持つ“使者(ツナグ)”の跡継ぎ。幼い頃に両親を亡くし、先代のツナグである祖母のアイ子と暮らしてきました。両親の死の真相を確かめる勇気を持てずにいた歩美ですが、ある日アイ子が体調を崩し、歩美は本格的にツナグとしての修行を受けることになります。

科学忍法戦隊、待望の実写版!『ガッチャマン』

© タツノコプロ/2013「ガッチャマン」製作委員会

人類のテクノロジーを圧倒する力を持ったギャラクターを名乗る謎の組織が、突如全世界へ宣戦布告。なす術もなく地球の半分を占領される中、ISO(国際科学技術庁)の南部博士は、人類の最後の望みをかけ、幼い頃から過酷な特殊訓練を受けて来た5人の若者、ISOエージェント“ガッチャマン”を招集。

1972年からTVアニメシリーズが2シーズン計157話が放送され、平均視聴率21%という高い人気を誇った「科学忍者隊ガッチャマン」待望の実写版。“ガッチャマン”のメンバーに松坂桃李をはじめ、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平らに加え、初音映莉子、中村獅童、岸谷五朗らベテラン俳優も顔を揃えた豪華な起用が話題になりました。

松坂桃李本人による名演奏!『マエストロ!』

松坂桃李/『マエストロ!』 -(C) 2015『マエストロ!』製作委員会

不況で解散した名門オーケストラの再結成とともに突如現れた謎の指揮者、天道(西田敏行)。初めは反発していた楽団メンバーが少しずつ結束していく様子を描いたオーケストラ・エンターテインメント映画です。

松坂桃李演じる若きヴァイオリニスト・香坂真一は、オーケストラの演奏を取りまとめるポジションであるコンサートマスターに楽団歴代最年少で抜擢されながらも、伸び悩み、人生挫折中。彼は同じくコンサートマスターだった父の影を追いながら、それゆえに苦悩を抱えています。主演ということもあり手元が映る回数がほかの役者陣より多い松坂桃李は誰よりもハードな練習を必要とし、その特訓期間は約1年にも及んだそう。基礎練習を繰り返し、実際のコンサートマスターへの取材も行い、役割や心構えなども学びました。

人生初の前貼りに挑戦!『エイプリルフールズ』

『エイプリルフールズ』-(C) フジテレビジョン

エイプリールフールに様々な嘘で翻弄される人々の姿を描いた映画。脚本はカルト的な人気を誇る『キサラギ』の執筆を手掛けた古沢良太。7つの“嘘”を巡って繰り広げられるドタバタ劇のアンサンブルストーリーです。

松坂桃李が演じるのはセックス依存症の自称医師。セックスシーンのために人生初の前貼り(ベッドシーンなどで局部を隠すためのテープ)に挑戦。角度によっては局部がカメラに映ってしまうため、ベストな角度を探すのに苦労したそうです。

躍進を続ける俳優、松坂桃李!

『劇場版MOZU』(C) 2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C)逢坂剛/集英社

ただかっこいいだけでなく、出演を重ねるとともに演技の幅が広がり、深みを増してきている松坂桃李。これからより一層の活躍に期待です!

関連する投稿


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。


【今週の公開映画】8/1~『センセイ君主』『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ほか

【今週の公開映画】8/1~『センセイ君主』『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ほか

8/1(水)8/3(金)8/4(土)に公開の映画を一挙にご紹介! 『ヒロイン失格』の原作者・脚本家が贈るラブコメディー『センセイ君主』をはじめ、トム・クルーズ主演の人気作『ミッション:インポッシブル』の最新作に。大人気ヒーローの劇場版に韓流映画まで続々公開!


俳優・女優が監督した映画まとめ!多彩な才能に嫉妬しちゃう!

俳優・女優が監督した映画まとめ!多彩な才能に嫉妬しちゃう!

日本の映画シーンをけん引する俳優の皆さん。実は、監督業としての才能を開花させている人もたくさんいるんです。そこで今回は、そんな人気俳優が監督した作品を集めてみました。


『万引き家族』キャスト&あらすじ紹介!みどころも!

『万引き家族』キャスト&あらすじ紹介!みどころも!

これまで『海街diary』や『三度目の殺人』『そして父になる』など、数多くの名作を世に送り出してきた是枝裕和監督の最新作『万引き家族』!日本人監督作品として21年ぶりに、第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞のパルム・ドールを獲得した作品のあらすじやキャスト、みどころをご紹介。


『パンク侍、斬られて候』は夏フェス映画?「劇薬」と呼ばれる強烈作まとめ!

『パンク侍、斬られて候』は夏フェス映画?「劇薬」と呼ばれる強烈作まとめ!

出演者が揃って「宣伝不可能!」と言ってしまうほど、ぶっ飛んだストーリー展開と、ぶっ飛んだキャラクターが勢ぞろいの『パンク侍、斬られて候』これまでの邦画にないインパクトが炸裂する本作の魅力を、「可能な限り」まとめてみました!(なんたって出演者が説明できないというほどですから!)


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。