マイケル・ケイン出演のおすすめ映画10選!待望の新作情報も!

マイケル・ケイン出演のおすすめ映画10選!待望の新作情報も!

『ダークナイト』シリーズや『キングスマン』など、近年の人気映画には欠かせない存在となっている実力派ベテラン俳優マイケル・ケイン。50年代にデビューしてから『アルフィー』、『ハンナとその姉妹』など数々の名作で、本当に素晴らしい演技を見せ続けてくれていますよね?ここでは過去の作品を振り返りつつ、彼の魅力に迫っていきたいと思います!


マイケル・ケインのプロフィール

マイケル・ケイン

マイケル・ケインは、イギリス出身で生年月日は1933年3月14日生まれ。
今年86歳になる実力派ベテラン俳優。
1956年、23歳の時にスクリーン・デビューしてから、苦節10年目にあたる1966年に映画『アルフィー』で主演しアカデミー賞にもノミネートされました。全米映画批評家協会賞では最優秀男優賞に輝きました。
1972年には『探偵スルース』
1983年には『アルフィー』のルイス・ギルバートと再タッグをくんだ『リタと大学教授』
...等とコンスタントにアカデミー賞にノミネートされています。
その後、1986年の『ハンナとその姉妹』、1999年の『サイダーハウス・ルール』で見事アカデミー賞の最優秀助演男優賞を受賞!
現在も円熟味を帯びた素晴らしい演技で『ダークナイト』シリーズや『キングスマン』などの大作映画で活躍し続けています。

マイケル・ケインはクリストファー・ノーラン監督作品の常連!待望の新作にも登場!

『ダークナイト』のワールドプレミアに出席したクリチャン・ベイルらキャストと監督 -(C) Reuters/AFLO

マイケル・ケインは、2005年公開の『バットマン ビギンズ』に出演以降大ヒットメーカー、クリストファー・ノーラン監督作品の常連となっています。
『バットマン ビギンズ』からの『ダークナイト』シリーズ、『プレステージ』、『インセプション』、『インターステラー』、『ダンケルク(声の出演)』。
そして7本目は、来年公開予定の『テネット』です。
どうやら世界を舞台にしたスパイアクション大作になるそうで、期待大ですね!
元より『007』シリーズを監督してみたい!と公言していたノーランが、どのような世界観で魅せてくれるのかも楽しみです!
円熟味があり、味わい深いキャラクター像でノーラン監督の世界観に深みをもたらす存在となったマイケル・ケイン。
もはやノーラン作品には無くてはならない顔となっています。

マイケル・ケインとジュード・ロウの "不思議な縁" とは!?

『アルフィー』 サブ2

『アルフィー』といえば、マイケル・ケインが1966年に初めてアカデミーにノミネートされた記念すべき主演作品ですが、2004年にリメイクされてジュード・ロウはマイケルが演じたニューヨークに住むイギリス人のプレイボーイ、アルフィー・エイキンズを演じました。

↑こちらはマイケル・ケインが演じた『アルフィー』の予告編。

↑そして、こちらがジュード・ロウ版です。

©MRC II Distribution Company LP

それだけでなく、2007年にはこれまたマイケル・ケインの代表作『探偵スルース』(1972年)がリメイクされ(『スルース』)、やはりジュード・ロウはマイケルが演じたマイロ役を演じました。
この作品に至っては、もともとローレンス・オリヴィエが演じていたアンドリュー・ワイク役でマイケル・ケインが出演。2人の共演が実現しました。
イギリスを代表する新旧美男子俳優同士、プライベートでも仲が良くなったそうです。

マイケル・ケイン、他にも新作クランク・イン!ジュード・ロウの息子と共演!

『オリバー・ツイスト』メイン

マイケル・ケインが現在クランク・インしている作品は、イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの名作「オリバー・ツイスト」を映像化した『Twist(原題)』です。
1933年にウィリアム・J・コーウェン監督によって製作され、続いて1948年にイギリスのデヴィッド・リーン監督、1968年に『第三の男』などのサスペンスを得意としたキャロル・リード監督、2005年にはロマン・ポランスキー監督によって『オリバー・ツイスト』(上記添付写真)が製作するなど、数多くの映画監督が挑戦してきた作品の更なるリメイク作品です。
マーティン・オーウェン監督がメガホンを取っているようです。
ここでもジュード・ロウとの巡りあわせで、ジュード・ロウの息子ラフ・ロウが出演しているそうです!
という事は、ジュード・ロウだけでなく、息子さんとの間にも縁が繋がってきます。
「ゲーム・オブ・スローンズ」サーセイ役のレナ・ヘディも出演するとのことで、大きな話題になりそうです。

マイケル・ケイン出演お勧め映画10選!

①『バットマン ビギンズ』~『ダークナイト』シリーズ - 新たなアルフレッド像を確立!

TM & © DC Comics © 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

マイケル・ケイン出演映画『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』、『ダークナイト ライジング』は2005年~2012年に製作されたアクション大作映画。
DCコミックスの出版するアメリカン・コミックスに登場する架空のスーパーヒーロー、バットマンの実写映画のリブートとして製作された、クリストファー・ノーラン監督による新しいバットマン・シリーズ「ダークナイト・トリロジー」3部作です。

TM & © DC Comics © 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

この3部作で、バットマン誕生に至る主人公ブルース・ウェインの秘められた過去を絡めつつ、幼少期の強いトラウマを乗り越え、狂気の悪 “ジョーカー” の登場で心の葛藤に悩み、壮絶な死闘の果てに深い喪失と絶望に打ちのめされて引きこもるも、ゴッサムを守るために "最強の敵" との最終決戦に臨むバットマンの姿を壮大なスケールで描いています。

TM & © DC Comics © 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

これまでのヒーロー映画とは一線を画すこの「ダークナイト・トリロジー」シリーズでは、重厚なテーマ性、リアリティーを追求していて、クリストファー・ノーラン監督ならではの映像美にも息を呑んでしまいます。ノーラン映画に欠かせない撮影監督の一人、ウォーリー・フィスターはアカデミー撮影賞にノミネートされました。
ヒーローものに興味が無かった映画ファンたちをも魅了し、ヒーローものの概念を大きく覆した作品です。

『ダークナイト ライジング』 -(C) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

マイケル・ケインはブルース・ウェイン(バットマン)の忠実な執事アルフレッド・ペニーワースを演じています。
ブルースを心配して何かと献身的に協力し、励まし続ける老紳士。
幼い頃に両親を亡くしたブルースにとっては、人生の苦しみを解いてくれる肉親のような存在。
数ある歴代の『バットマン』作品の中でも一際印象の強いアルフレッド・ペニーワース像を作り上げました!

DCヒーロー『バットマン』の実写映画化作品と魅力を総まとめ!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2662

DCコミックスの人気ヒーローの1人であるバットマン。その人気の高さから、これまでに何度も実写映画が制作されてきました。続編なのかリブートなのかはもちろん、作品ごとの魅力についてまとめました!

この記事のライター

関連するキーワード


マイケル・ケイン アルフィー 探偵スルース ルイス・ギルバート リタと大学教授 ハンナとその姉妹 サイダーハウス・ルール ダークナイト キングスマン クリストファー・ノーラン バットマン ビギンズ プレステージ インセプション インターステラー ダンケルク テネット 007 ジュード・ロウ ローレンス・オリヴィエ スルース Twist チャールズ・ディケンズ オリバー・ツイスト ロマン・ポランスキー ラフ・ロウ ゲーム・オブ・スローンズ レナ・ヘディ ダークナイト ライジング ダークナイト・トリロジー ウォーリー・フィスター バットマン トゥモロー・ワールド アルフォンソ・キュアロン ヒュー・ジャックマン クリスチャン・ベール ケネス・ブラナー 渡辺謙 ジョセフ・ゴードン=レヴィット マリオン・コティヤール トム・ハーディ キリアン・マーフィー レオナルド・ディカプリオ グランド・イリュージョン トランスポーター タイタンの戦い ルイ・レテリエ ソーシャル・ネットワーク ジェシー・アイゼンバーグ ウディ・ハレルソン グランド・イリュージョン 見破られたトリ マシュー・マコノヒー アン・ハサウェイ ジェシカ・チャステイン マット・デイモン コリン・ファース マシュー・ヴォーン キック・アス マーク・ミラー タロン・エガートン グランドフィナーレ パオロ・ソレンティーノ ハーヴェイ・カイテル レイチェル・ワイズ ポール・ダノ ジェーン・フォンダ ジーサンズ はじめての強盗 モーガン・フリーマン アラン・アーキン アウトサイダー マット・ディロン バック・トゥ・ザ・フィーチャー クリストファー・ロイド ザック・ブラフ グレート・ビューティー/追憶のローマ お達者コメディ/シルバー・ギャング

関連する投稿


ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

豪勢な暮らしぶりや優雅で上品な立ち振る舞いが羨望の的となる豊かな財力をもつ人たち。今回はそんな、いわゆるお金持ちを描いた映画を紹介します。


映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

映画『アラジン』あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ

実写版『アラジン』は、どんな映画なのでしょうか?この記事では実写版『アラジン』のあらすじ、登場人物、キャスト、みどころ、ランプの魔人ジーニー役のウィル・スミスが主演の映画『ジェミニマン』などを紹介します。この記事を読めば実写版の『アラジン』をもっと楽しめますよ!


聴くだけで "泣ける" 映画音楽は!? <洋画編>極上サントラに酔える映画20選!

聴くだけで "泣ける" 映画音楽は!? <洋画編>極上サントラに酔える映画20選!

何年経っても忘れられない映画ってありますよね。思い出すたび感動がこみ上げてくるような...。そんな映画って "サウンド・トラック" 込みで記憶に残る事が多くないですか?ここでは聴くだけで "号泣" してしまう、涙がこぼれ落ちる映画音楽(洋画)を選出し、紹介していきたいと思います。思い切り涙に酔いたい日は、是非ここを覗いてみて下さいね。


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


ジャッキー・チェン映画おすすめ12選!集大成となる新作『プロジェクトV』は5月公開!

ジャッキー・チェン映画おすすめ12選!集大成となる新作『プロジェクトV』は5月公開!

1970年代後半~80年代、コミカルなカンフー映画で香港映画界に新風を巻き起こした大スター、ジャッキー・チェン。観れば必ず元気になるテンポの良さと、スタントマン無しの大がかりアクションに大熱狂しましたよね!ここではジャッキー映画のおすすめ作品、そして新作『プロジェクトV』についても紹介していきますので、ぜひ楽しんでくださいね!


最新の投稿


ナザリック地下大墳墓の美しき守護者アルベドとは?アニメ・オーバーロードに登場する美女アルベドの正体に迫る!

ナザリック地下大墳墓の美しき守護者アルベドとは?アニメ・オーバーロードに登場する美女アルベドの正体に迫る!

多人数同時参加型RPG「ユグドラシル」に存在する最強ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の拠点を守る最強の階層守護者たちを統べる美女・アルベド。彼女は一体何者だろうか?アニメ『オーバーロード』の世界観をおさらいしながら彼女の正体や魅力をまとめて紹介する。


ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

ゴージャス!金持ちを描いた映画50選!誰もが憧れる名作を紹介!

豪勢な暮らしぶりや優雅で上品な立ち振る舞いが羨望の的となる豊かな財力をもつ人たち。今回はそんな、いわゆるお金持ちを描いた映画を紹介します。


『るろうに剣心』シリーズ第1作みどころ、ネタバレあらすじ

『るろうに剣心』シリーズ第1作みどころ、ネタバレあらすじ

『るろうに剣心』はどんな映画なのでしょうか?人気コミックの実写化として話題になった、『るろうに剣心』のみどころ、ネタバレあらすじ、登場人物、評判などを紹介します。この記事を読めば『るろうに剣心』をもっと楽しめること間違いなしです!


濱田龍臣 "激カワ時代" からの進化を辿る!おすすめ出演映画7選も!

濱田龍臣 "激カワ時代" からの進化を辿る!おすすめ出演映画7選も!

キュートな魅力&演技力の高さで注目度抜群の人気俳優、浜田龍臣。愛くるしいイメージは変わらぬも芸歴は15年...!子役時代から追いかけてるファンも多いのでは?ここでは、彼のキャリアを振り返りつつ代表的な出演作品&撮影秘話を紹介!パーソナルな実態に迫ってみたいと思います。出演者、スタッフにまで愛される理由が見えてくるかも!?


林遣都の出演映画おすすめ21選!結婚はしてる?2021年最新情報まとめ

林遣都の出演映画おすすめ21選!結婚はしてる?2021年最新情報まとめ

「おっさんずラブ」で注目を集め、今ブレイク中の俳優林遣都。いつまでも少年時代の面影が残っている爽やかな演技に引き付けられますね。この記事ではそんな林遣都のプロフィールや身長から、おすすめの出演映画21作品を紹介!2021年公開の最新映画情報もお届けいたします。