失恋・破局・離婚を描く映画10選!カップルや夫婦で見ちゃダメ!

失恋・破局・離婚を描く映画10選!カップルや夫婦で見ちゃダメ!

相思相愛な二人が結ばれていくハッピーエンディングのラブストーリーは主流ですが、主人公が最後に分かれることになる残念な結末の映画も少なくありません。今回は、失恋や破局や離婚が題材にした特に面白い映画10選を紹介します。ラブラブなカップルや夫婦は立ち入り禁止かも!


幸せにみえた夫婦の5年目の危機『テイク・ディス・ワルツ』

© 2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved

マーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)とルー(セス・ローゲン)は、結婚して5年目のカップル。2人の間に子供はいないが、いつまでも恋人同士のように、仲睦まじく暮らしている。ある日、マーゴは仕事で訪れた島で、ダニエル(ルーク・カービー)という一人の青年に出会い、彼に強烈に惹かれる何かを感じる。ダニエルとの束の間の時間を楽しむが、彼が偶然にも自分たちの家の近くに住んでいることを知り、マーゴは激しく動揺する…。

仲の良い夫婦のはずだが、妻は踏み込んで話をしてくれない夫に不満がある様子。全てが満たされることはありません。突然現れた青年は、自分をわかってくれる。日本人男性なら夫に共感するかも知れません。

ミシェル・ウィリアムズ出演映画おすすめ10選!旦那は誰?娘は何歳?

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2552

『マリリン 7日間の恋』でマリリン・モンロー役を見事に演じきったミシェル・ウィリアムズ。今回はそんな彼女が出演する映画の中からおすすめ10作品をご紹介いたします。2019年公開予定の最新作情報も合わせてお伝えいたします。

運命を信じる青年のほろ苦ラブストーリー『(500)日のサマー』

© 2009 TWENTIETH CENTURY FOX

トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は建築家を夢見て、グリーティングカード会社で働く日々。ある日、秘書として入社してきたキュートなサマー(ズーイー・デシャネル)に一目惚れ。トムは運命の恋を夢見る草食系男子、しかしサマーは真実の愛なんて信じない女の子だった…。まったく正反対のふたりの500日の恋を描いたラブストーリー。

映像作家のマーク・ウェブ監督ならではのオシャレな映画。奔放な女の子に振り回される、夢見る青年側からみたストーリーです。
振られたことにより、思い出した建築家の夢。主人公の成長も感じられる、ちょっぴりほろ苦いけど爽やかな物語。

クロエ・グレース・モレッツ出演映画17選!年齢・身長・恋人は?

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2396

『キック・アス』のヒット・ガール役で一躍有名となったクロエ・グレース・モレッツ。今回は彼女が出演している映画の中からおすすめ17作品をご紹介します。美少女から魅力的な大人の女優へと成長したクロエに注目です。

結婚適齢期の男女が織りなす恋愛群像劇『そんな彼なら捨てちゃえば?』

© MMVIII IFP BLACKSWAN GMBH & CO. KG TM NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

いつも自分が空周りして、一向に運命の相手に出会えないジジ(ジニファー・グッドウィン)、同棲して7年になるのに結婚する気のないニール(ベン・アフレック)と、本音を隠しているけど本当は結婚したいベス(ジェニファー・アニストン)。幸せな結婚をしたものの、いまや家のリフォームに夢中なジャニーン(ジェニファー・コネリー)と魅力的なアンナ(スカーレット・ヨハンソン)と浮気する夫・ベン(ブラッドリー・クーパー)。メリーランド州ボルチモアを舞台に、20〜30代の男女が織りなす恋愛ドラマの交錯を描いていく。お互いの心を読もうとする男と女は、例外はないという恋愛のルールを前にしても、自分だけは相手にとって“例外”と信じて疑わない――。

既婚者、シングルそれぞれの恋愛模様が描かれています。今の状況を変えたい!踏み止まりたい!どちらでも迷っている人には後押しになるかも。

20代で観るべき映画おすすめ50選!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/1922

20代の今だからこそ観たいおすすめの映画。誰もがぶち当たる恋愛・結婚の悩みや、毎日の仕事に関するあれこれ。名作映画には人生の勉強になる作品ばかりです。20代の若者におすすめな映画を50作品紹介します!

旅行でのふれあいで癒していく傷ついた心『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

©Block 2 PICTURES 2006

ニューヨーク州コニー・アイランド。40年以上前からある、何の変哲も無いデリでジェレミー(ジュード・ロウ)は働いている。最近、ある女性(ノラ・ジョーンズ)が毎日必ずブルーベリーパイを買いに来る。彼は密かにその女性を“ブルーベリー”と名づけ、彼女のためにパイを残している。ある日、ひょんなことから、お互い少しだけ過去を明かし合う。そして、ジェレミーは彼女が要らなくなった鍵を預かることになる。彼女は店に来なくなり、あるとき、メンフィスから手紙が届く。「あなたのブルーベリーパイが世界中で最高!」。ジェレミーはブルーベリーの居所を探し始める…。

ウォン・カーウァイ監督、ジャズ・ミュージシャンのノラ・ジョーンズ主演の人気の高い作品。
失恋から立ち直れずに、旅立つ女性の物語。傷心からの立ち直り方は、方法も時間も人によります。出会った人達のそれぞれの愛の形に触れ、主人公はゆっくりと再生していきます。

ナタリー・ポートマン出演作品23選!『スター・ウォーズ』のヒロインで一躍有名に!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/553

『レオン』や『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でヒロインに抜擢され一躍世界的に有名な女優への仲間入りを果たしたナタリー・ポートマン。今なお多くの作品に出演し、その美貌を保ち続ける彼女が出演している代表作23選をご紹介します。

正しいはずの自分より夫が幸せになるなんて『セレステ∞ジェシー』

© C & J Forever, LLC All rights reserved.

セレステとジェシーは学生時代に知りあって結婚。最高に仲のいいカップルだけど、会社を経営し充実した社会生活を送るセレステの一方、ジェシーは売れないアーティストなのにマイペースに過ごす日々。ある日、セレステの提案で「永遠に親友でいられるように」と、2人は30歳を機に離婚を決意するのだが…。

ジェシーは他の女性との結婚を決め、自分が正しいと信じているセレステは現実を受け入れきれません。どん底の中、自分を見つめ直していきます。
時に、白黒つけたい正義感が強い真面目な人は正解を求めすぎ、生きづらくなってしまうのかも。セレステの選択に少し気持ちが軽くなる、自分探しの映画です。

ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!【洋画&邦画】

https://pickup.cinemacafe.net/articles/1505

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡

成功を選ぶか、愛を選ぶか『ラ・ラ・ランド』

© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオの中のカフェで働くミア(エマ・ストーン)は、女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。そんなある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブことセバスチャン(ライアン・ゴズリング)。いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて2人は恋に落ち、互いの夢を応援し合うように。しかし、セバスチャンが店の資金作りのために加入したバンドが成功したことから、2人の心はすれ違いはじめ…。

ミュージカル映画で楽曲、映像とも話題となり、ブームになりましたが、実は大人のほろ苦いラブストーリーです。
お互いに愛して励まし合っていたのに、すれ違うことは現実にもありますよね。切ないラストも素敵な作品です。

『ラ・ラ・ランド』のイケメン!ライアン・ゴズリングの魅力と演技派俳優の素顔は?

https://pickup.cinemacafe.net/articles/47

日本でも大ヒット中『ラ・ラ・ランド』では甘いマスクでエマ・ストーン演じるミアと恋に落ちるジャズピアニスト、セバスチャン役を演じたライアン・ゴズリング。 優しい歌声と本人が実際弾いているというピアノにはウットリしてしまいましたよね。本国アメリカ共に日本でも現在、女性の人気が急上昇中のライアン・ゴズリングの魅力に迫ります!

この記事のライター

関連する投稿


名作恋愛映画おすすめ50選!必ずあなたも恋愛したくなる♡

名作恋愛映画おすすめ50選!必ずあなたも恋愛したくなる♡

名作の恋愛おすすめ映画をピックアップ!定番系からまだ観たことのないあの作品まで!恋愛中の人も、そうでない人も、人生におけるスパイスといえるのはドラマチックでキュンキュンするようなラブストーリーなのではないでしょうか。恋愛ってやっぱり素敵!と思ってもらえるようなおすすめの恋愛映画50選を紹介します!


『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレ・あらすじ、謎

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレ・あらすじ、謎

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』はどんな映画なのでしょうか?この記事では『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のみどころ、ネタバレあらすじ、謎などを紹介します。この記事を読めば『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をもっと楽しめること間違いなしです!


英語学習におすすめの洋画30選!英語学習ポイントも教えちゃいます☆

英語学習におすすめの洋画30選!英語学習ポイントも教えちゃいます☆

洋画を字幕で観ていると、英語がネイティブのようにわかれば、もっと映画が楽しめるのに!と思ったりしたことありませんか?しかも実は字幕では伝えきれてないセリフが沢山あって、英語が理解出来ればもっともっと洋画を楽しめることが出来ちゃうんです。そこで今回は英語の勉強になる洋画と映画での英語学習のポイントを一緒にご紹介します!


泣ける映画おすすめ50選!涙なしにはみれない感動の名作まとめ!【邦画・洋画】

泣ける映画おすすめ50選!涙なしにはみれない感動の名作まとめ!【邦画・洋画】

絶対に泣けるおすすめの映画(洋画・邦画)をジャンル別で50作品集めました!今日はなんだか思いっきり泣きたいな~、最近感動してないな~なんてときにおすすめの名作揃い!好みに合わせて、好きな泣けるジャンルの映画を選んで見るのはいかがでしょうか。号泣必至ですので、ティッシュ箱を必ず準備してくださいね!


オッドアイが魅力的なハリウッドスター10人!希少なアースアイのスターも10人紹介!

オッドアイが魅力的なハリウッドスター10人!希少なアースアイのスターも10人紹介!

左右で眼の色が違うオッドアイを持つ人には、ついつい引き込まれちゃう魅力があります。俳優・女優さんの中にも何人かいるのですが、通常はあまり意識して見ませんよね?ここでは、そんな神秘的な瞳オッドアイやアースアイを持つハリウッドスターをピックアップして紹介していこうと思います。是非ご覧下さいね!


最新の投稿


映画『グランド・ブダペスト・ホテル』【ネタバレ】結末を徹底解説!

映画『グランド・ブダペスト・ホテル』【ネタバレ】結末を徹底解説!

格式高い高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと、新人ベルボーイが繰り広げる冒険を描いた群像ミステリー『グランド・ブダペスト・ホテル』。常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた2人の結末とは?この記事では『グランド・ブダペスト・ホテル』のあらすじをネタバレ、結末ありで徹底解説!豪華なキャスト陣も合わせてご紹介いたします。


実写映画『キングダム』ネタバレあらすじ、キャスト、評価、続編

実写映画『キングダム』ネタバレあらすじ、キャスト、評価、続編

『キングダム』はどんな映画なのでしょうか?山崎賢人主演の大ヒット作品『キングダム』のネタバレあらすじ、評価、続編などを紹介します。この記事を読めば『キングダム』をもっと楽しめること間違いなしです!


映画『セッション』【ネタバレ】狂気の結末を徹底解説!

映画『セッション』【ネタバレ】狂気の結末を徹底解説!

プロのドラマーとスパルタ鬼教師の姿を追い掛けていく音楽ドラマ『セッション』。多数の映画賞を受賞した本作の狂気と情熱のラスト9分とは?この記事では映画『セッション』のあらすじをネタバレありで徹底解説!キャスト情報も合わせてお伝えいたします。


映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』【ネタバレ】結末まとめ!

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』【ネタバレ】結末まとめ!

音に反応して人間を襲う怪物に支配された世界で生きる、一家のサバイバルを描いた『クワイエット・プレイス』の続編『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』。夫を失った母と3人の子供たちが、地下で暮らす生存者と出会い新たな脅威に遭遇します。この記事では『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』のネタバレと結末を解説!キャスト情報や感想も合わせてお伝えいたします。


インド映画『バーフバリ 王の凱旋』ネタバレ見どころ・あらすじ・キャスト紹介!世界が求める娯楽全部盛りインド映画!

インド映画『バーフバリ 王の凱旋』ネタバレ見どころ・あらすじ・キャスト紹介!世界が求める娯楽全部盛りインド映画!

インド映画ブームを牽引する歴史アドベンチャー叙事詩大作『バーフバリ』シリーズ2部作。第一部『バーフバリ 伝説誕生』の面白さが広く知れ渡った事もあり、続く『バーフバリ王の凱旋』への期待はMAX!期待通りの面白さに世界が熱狂しました。ここでは、本作の魅力を伝えるべくネタバレ見どころ・あらすじ・キャスト紹介をしていきますので是非ご覧くださいね。