松坂桃李主演!『新聞記者』のあらすじ、みどころ、キャスト、感想まとめ

松坂桃李主演!『新聞記者』のあらすじ、みどころ、キャスト、感想まとめ

『新聞記者』は、どんな映画なのでしょうか?この記事ではあの話題の日本アカデミー賞受賞社会派映画『新聞記者』のみどころ、あらすじ、主演の松坂桃李ほかキャストなどを紹介します。この記事を読めば『新聞記者』をもっと楽しめますよ!


『新聞記者』は社会派サスペンスフィクション

©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

『新聞記者』は、2019年6月に全国で公開、2019年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ6部門を受賞し、受賞後の凱旋上映も合わせ、累計興行収入が6億円を超え大ヒットしました。

現役の東京新聞記者・望月衣塑子(もちづき いそこ)作のフィクション「新聞記者」を原案にした本作は、“報道メディアは権力にどう対峙するのか”を問いかけ、公開とともに満席が続いた話題の社会派サスペンスフィクション。

あくまでもフィクションとしながらも、現在の日本で進行中の問題、首相の友人が絡んだ医療系大学の新設にまつわる公文書や、政権維持が名目のSNSを使った情報操作、上からの圧力で及び腰な大手メディアの報道姿勢などが描かれており衝撃的です。

打ち切りの噂は嘘!サイバー攻撃も?!

『新聞記者』舞台挨拶

『新聞記者』は公開後「打ち切りになった」「打ち切りになるのでは」という噂が流れましたが、順調に観客動員数を重ね、公開から1か月弱で累計33万人もの人々が本作を鑑賞しました。

こういった噂は、まさに劇中に描かれているように、「政権批判」「政治とマスコミの暴かれたくない関係」を見せないために、政府側の手により「マスコミとSNSによる情報操作」がされていたとも考えられます。

また公式サイトが断続的にサーバーダウンする状況も発生し、特定のIPアドレスからの集中アクセスによるサイバー攻撃の疑いも持たれました。

『新聞記者』の評価は?

最優秀作品賞/『新聞記者』(C)日本アカデミー賞協会

主人公のキャスティングが難しかったほど、政権をめぐる問題提起がリアルな社会派フィクションとしては意外な大ヒットとなった『新聞記者』。
映画ファンのみならず、一般客、芸能人からの評価もとても高く、日本アカデミー賞では6部門を受賞しました。

日本アカデミー賞を総ナメ!

最優秀主演女優賞/シム・ウンギョン(C)日本アカデミー賞協会

『新聞記者』第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞し、W主演をつとめたシム・ウンギョンと松坂桃李が、そろって男女の最優秀主演賞を受賞。
さらに藤井道人監督が優秀監督賞を、優秀脚本賞、優秀編集賞も受賞し、6部門総なめの歴史的快挙を遂げました。

「一緒に共演できて本当に光栄でした、松坂桃李さん。本当に本当にありがとうございました。これからも頑張って活動します」と授賞式でスピーチをした、主演のシム・ウンギョンの涙と、心のこもった言葉が印象的です。

観た人の感想や反響

最優秀主演男優賞/松坂桃李(C)日本アカデミー賞協会

映画レビューサイトの公開一週間後の映画レビュアー満足度は90%を超えました。

観客の感想は「タイムリーな時事ネタから、SNSを使った情報操作まで、リアルな背景があった。政府機関の闇にメスを入れるような重々しさもあり、見応えある展開だ」「『新聞記者』ここ数年観た邦画の中でも間違いなくずば抜けている」など、社会派のテーマ作品を高く評価!

「主演の2人のどちらにも魅力があってシム・ウンギョンの慟哭するシーン、松坂桃李の最後の精神が崩壊したような表情がそれぞれ凄まじかった。」「全体的に感情を抑えているにもかかわらず、存在感が二人とも半端ない。」など、主演のふたりの抑えた演技ですべてを表現し尽くす演技力は観るものを圧倒します。

『新聞記者』の監督は藤井直人

藤井道人(監督)

『新聞記者』で藤井道人監督は日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。

藤井道人監督は日芸大学映画学科に在学中から脚本や短編の監督をつとめ、伊坂幸太郎原作の映画『オー!ファーザー』で長編映画デビューを果たしました。
代表作は『幻肢』『青の帰り道』『デイ アンド ナイト』など多数、2020年以降は『宇宙でいちばんあかるい屋根』『ヤクザと家族 The Family』の公開が予定されています。

『新聞記者』の原作は?実話?

原作は東京新聞の社会部記者、望月衣塑子(もちづき いそこ)のノンフィクション「新聞記者」で、累計発行部数10万部を超えるベストセラーとなりました。

官房長官への記者会見で「質問する記者」として有名になった新聞記者、望月衣塑子がこれまでの自分がしてきたことを振り返りつつ、「記者の仕事とは何か」を自問していくノンフィクション作品。
原案、原作がノンフィクションであることから、映画の中で描かれていることはほぼ実話ともいえます。

原案の望月衣塑子は劇中対談にも出演

『新聞記者』の原案を作成した東京新聞の記者、望月衣塑子が、劇中で主人公の吉岡が家で観ているネット座談会に、文部科学省の元トップ前川喜平、ニューヨーク・タイムズ元東京支局長のマーティン・ファクラーとで出演。
劇中の社会で起こっている問題点を座談会の形式で、さりげなく説明、提言しています。

この劇中座談会をきっかけに、望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラーの3人は、日本を覆う同調圧力をテーマに親書「同調圧力」を書き下ろしました。

『新聞記者』の登場人物解説

『新聞記者』 (C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

大手新聞社の記者と、日々指示される情報操作に疑問を抱く内閣情報調査室の官僚。
その家族、自殺した元上司、内調の上司が「医療系大学新設計画」をめぐって、リーク、スクープ、圧力、妨害を繰り広げます。

主人公の新聞記者・吉岡エリカ

『新聞記者』 (C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

この記事のライター

関連する投稿


コロナ禍だって吉報もある!2020年に結婚した芸能人まとめ

コロナ禍だって吉報もある!2020年に結婚した芸能人まとめ

コロナ禍で沈みがちな今日この頃ですが、逆に "大切な存在" や "本当の価値" に気付くことも多くなっていたりしてませんか?この逆境をバネに生活を見直す人も増えています。芸能界でも結婚ラッシュの波が!ここではコロナ禍の2020年に新たな幸せをつかみ、結婚した芸能人を紹介していきますのでチェックしてみて下さいね。


西島秀俊の出演映画おすすめ22選!年下の嫁は誰?【2021年最新版】

西島秀俊の出演映画おすすめ22選!年下の嫁は誰?【2021年最新版】

ベテラン俳優西島秀俊さん。2014年には16歳下の一般女性と結婚し、ニ児の父となりました。この記事ではそんな西島秀俊さんが出演している映画の中からおすすめ22作品をご紹介。2021年新作情報も合わせてお伝えします。


ドラマ・映画「SPEC(スペック)」シリーズの見るべき順番は?ネタバレ付き解説!

ドラマ・映画「SPEC(スペック)」シリーズの見るべき順番は?ネタバレ付き解説!

「SPEC(スペック)」シリーズは、超能力者「SPECホルダー」と人類の壮絶な戦いを描いた異色作です。独特の世界観とシュールなギャグシーンなど、魅力が盛りだくさんの「SPEC(スペック)」シリーズ。放送・公開順に見ても楽しめますが、より物語を理解したい場合は、時系列順に視聴するのがおすすめです!今回は、時系列順に本シリーズ(ドラマ・映画含む)のあらすじと見どころをご紹介します。


北村匠海の活動まとめ!アーティストの顔から出演作品まで!

北村匠海の活動まとめ!アーティストの顔から出演作品まで!

子役時代から活躍し、現在は数多くのドラマや映画に出演したことで、注目が集まる北村匠海。 現在は俳優として活動を中心としているなか、デビューから続いている音楽活動やこれまで出演してきた作品についてまとめてみました!


韓国ドラマの制作会社スタジオドラゴン(STUDIO DRAGON)発ドラマ大特集!新作含めてたっぷり30作!

韓国ドラマの制作会社スタジオドラゴン(STUDIO DRAGON)発ドラマ大特集!新作含めてたっぷり30作!

新時代を迎えた "韓流ブーム" で各配信サービスが連日お祭り騒ぎですが、正直何から観るべきか悩んじゃいますよね?そんな中で俄然注目すべきは、ヒット作品の大半を占めるスタジオドラゴン制作のドラマ。ここでは急成長を続けるスタジオドラゴン作品をたっぷり紹介していきますので、是非チェックしてみて下さいね!


最新の投稿


「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

可愛らしいキャラクターデザインと、躍動感あふれる3Dアニメーションで大きな反響を呼んだアニメ「けものフレンズ」。しかし、その魅力は作画やキャラクターの可愛さだけではありません。このアニメにはさまざまな「謎」が隠されているのです。今回は本作のネタバレ考察、最終回の謎を解説します!


『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

死の運命に追い詰められる若者たちを描く人気ホラー『ファイナル・デスティネーション』シリーズ。姿なき殺人者“死”に立ち向かう若者たちの運命は?この記事では『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作のあらすじをネタバレありで解説。最新作となる6作目の情報も合わせてお伝えいたします。


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』はどんな映画なのでしょうか?木村拓哉が声優をつとめたスタジオジブリの映画として話題になった、『ハウルの動く城』のみどころ、ネタバレあらすじ、キャスト、謎考察などを紹介します。この記事を読めば『ハウルの動く城』をもっと楽しめること間違いなしです!


あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

偶然出会った美少女女子高生・宇崎瞳(うざき ひとみ)はあまりにも危険な獣人だった。退屈な日々を過ごしていた気弱で平凡な大学生・野本裕也は先輩の誘いでとある事件に関わり蜜獾(ラーテル)の獣人である宇崎瞳と知り合った。 事件に巻き込まれた、ただそれだけだったのに流されるまま陰謀渦巻く危険なバトル「牙闘(キリングバイツ)」の世界に関わっていくことになる。 種族も体格差も性別も関係ない、ただ牙の鋭いほうが勝つ危険な闘いを描くバトルアニメ『キリングバイツ』の魅力について徹底解説する。