同性愛・LGBTを描いたおすすめ映画50選!

同性愛・LGBTを描いたおすすめ映画50選!

LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)の人たちのことを意味します。最近は同性愛者であることを公言する有名人も増え、昔に比べると同性愛に対しての偏見は減ってきました。しかし、まだまだ理解の及ばないところが多いと思います。今回はそんな同性愛を描いた映画を紹介します。


目次

主人公は憎めない”嫌なヤツ”『スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団』

2010,アメリカ、イギリス、カナダ,アステア、パルコ
© 2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

カナダに住む22歳の青年スコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は、売れないバンドでベースを弾き、ゲームやデートをして日々を過ごしていた。ある時、不思議な女の子ラモーナ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に出会い、すぐさま恋に落ちる。しかし、ラモーナには邪悪な元カレが7人もおり、その全員を倒さなければ付き合うことができないという。そしてスコットは、愛しいラモーナのために次々と現れる元カレたちと闘う羽目になるのだが…。

と、あらすじだけ読むと、どこがゲイ映画?って思う方も多いでしょう。ネタバレになるので詳しくは紹介しませんが、ゲイなのはスコット本人ではありません。思わずクスっと笑ってしまうセリフが作品中に散りばめられています。まるでゲームの中のような不思議な世界観。監督の個性が前面に出ている作品です。

思春期の女子の繊細さを描いた『水の中のつぼみ』

2007,フランス,ツイン、ポニーキャニオン
© Les Productions Balthazar 2007

15歳のマリー(ポーリーヌ・アキュアール)は、シンクロ・クラブの華であるフロリアーヌ(アデル・エネル)に恋をした。美人で高慢、男性関係が盛んだとうわさされ、クラブの少女たちとは口もきかないフロリアーヌ。マリーは、彼女の願いは何でも聞くという条件で、彼女の通うスイミング・スクールの見学の許可をもらう。男子と一緒にいる彼女の姿は見たくないが、近くにいたい…。そんなある日、フロリアーヌは人には言えない秘密の願いを切り出す――。パリ近郊のひと夏を舞台に、女性へと変貌する少女たちの思春期の揺らぎや残酷さを描いた問題作。
細かいことを気にせずに登場人物の関係を楽しむ映画だと思います。男性よりも女性のほうが楽しめるかもしれません。

”美しい男”の恋『トム・アット・ザ・ファーム』

2013,カナダ、フランス,アップリンク
© 2013 - 8290849 Canada INC. (une filiale de MIFILIFIMS Inc.) MK2 FILMS / ARTE France Cinema © Clara Palardy

恋人のギョームを亡くし、悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために彼の故郷へと向かう。そこは、あまりにも広大で閉塞的な田園地帯の農場。ギョームの母親は亡き息子には“サラ”という女性の恋人がいたと信じ切っており、トムの存在を知っていたギョームの兄・フランシスからは、“恋人”であることを隠し、嘘をつき続けるよう暴力で強要される。だが、トムはいつしかフランシスの中に亡き恋人の姿を見るようになっていき…。
映像や音楽は美しいですが、全体的にトーンが暗く、不気味な雰囲気を漂わせる作品です。

実話に基づいた感動のストーリー『パレードへようこそ』

2014,イギリス,セテラ・インターナショナル
© PATHE PRODUCTIONS LIMITED. BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE 2014. ALL RIGHTS RESERVED.

時代は1984年、サッチャー政権下のイギリス。ロンドンに住む青年は、炭鉱労働者たちのストライキに心を動かされ、支援するために募金活動を開始する。しかし、彼らがゲイ&レズビアンの活動家(LGSM)であると知った炭鉱労働者たちからは、寄付の申し出を断られてしまう。そこに、ある勘違いから唯一、申し出を受けて入れてくれる炭鉱組合が現れた。彼らは意気揚々とウェールズ奥地の炭鉱町へ向かうが…。
社会派と同性愛とコメディをうまく調和させた楽しい映画です。気持ちよく見ることができます。

監督はあのトム・フォード『シングルマン』

2009,アメリカ,ギャガ
© 2009 Fade to Black Productions, Inc. All Rights Reserved.

1960年代のロサンゼルス。長年連れ添ったパートナーを失った悲しみに打ちひしがれつつ、生きる価値を見出そうと苦悩する大学教授のジョージ。失われた愛への悲痛な思いと記憶を美しき映像と演出で描く愛と喪失の物語。カリスマデザイナー、トム・フォードの初監督作品。
同性愛を物語の主軸に据えた作品ですが、生々しい描写は少なく、芸術的な美しさがあります。

まるで絵画のような美女たちのラブシーン…『アデル、ブルーは熱い色』

2013,フランス,コムストック・グループ
© 2013- WILD BUNCH - QUAT’S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS

ある日、デートに向かう途中、アデルは青い髪の女性とすれ違った瞬間、世界が止まったかのように心奪われた。その後、その“青い髪の女性”画家のエマとバーで再会したアデルは、大人っぽい独特の雰囲気と、彼女の感受性の強さ・知性に魅了され、一途にのめりこんでいく。数年後、教師になったアデルは自分をモデルに絵を描くエマと暮らし、幸せな日々を送っていた。しかし、エマの作品披露パーティの後、アデルは彼女の態度が急に以前と変わったことに気がつく…。
同性愛者の青春を描いた作品。特に心理描写は素晴らしく、表情で語りかけてくるシーンは人物の心情を感じることができます。

愛には“嘘”も必要?『フィリップ、きみを愛してる!』

2009,フランス,アスミック・エース
Photos:Patti Perret © 2009 EUROPACORP

警察官として妻子と共に模範的な人生を歩んできたスティーブン(ジム・キャリー)。大事故に遭ったのをきっかけに、彼は実はゲイである自分に正直に生きることを決意する。セクシーな彼氏とゴージャスな生活を送るために、大金を手に入れようと詐欺を働いたスティーブンだったが、あえなく刑務所に送られてしまう。だが、そこで待っていたのは、シャイでキュートなフィリップ・モリス(ユアン・マクレガー)との運命の出会いだった。一目で恋に落ちた2人は、ふたりきりの房での幸せな日々を送る。しかし、スティーブンが急遽出所することになり、離れ離れになってしまうことに…。ジム・キャリーとユアン・マクレガーがゲイ・カップルを演じる、実話を基にしたラブストーリー。
ラブストーリーの中にコメディやサスペンスの要素が混じったとても面白い作品。思わず唸ってしまいそうになる主人公のアイデアはみどころのひとつです。

75歳でゲイであることをカミングアウト『人生はビギナーズ』

2010,アメリカ,ファントム・フィルム、クロックワークス
© 2010 Beginners Movie, LLC. All Rights Reserved.

イラストレーターとして働くオリバー(ユアン・マクレガー)。彼は、想定外の行動をするアンと出会って恋に落ちたことで父親・ハル(クリストファー・プラマー)との思い出を回想していた。彼の母親が他界して半年が経ったある日、末期がんであることと、ゲイでしかも既に若い男の恋人までいると告白したハル。これまでの結婚生活で妻のジョージアを愛していたものの、これからはゲイとして残りの人生を謳歌したいと宣言する。そんな父親に戸惑いながらも、このことをきっかけにオリバーは父親といままで以上に親しくなり、家族愛について見つめ直していき…。
新たな人生を始めようとするエネルギーに満ちた老人の姿から元気がもらえる作品です。

同性愛VS法律『チョコレートドーナツ』

2012,アメリカ,ビターズ・エンド
© 2012 FAMLEEFILM, LLC

1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じ弁護士になったポール。そして、母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。愛し合うルディとポールはマルコを引き取り、幸せな“家庭”を築き始める。しかし、ゲイのカップルであるがゆえに彼らは法と好奇の目にさらされ、ついにはマルコとの生活を奪われてしまうことに…。
同性愛者が偏見と闘いながら我が子を守ろうとする力強くも切ない作品。子どもを育てるということの本質に気づかされます。

デンマークの画家の人生『リリーのすべて』

2015,イギリス、ドイツ、アメリカ,東宝東和
© 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

1920年代、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。
美しく繊細な作品。心と体の違いに苦悩する主人公の描写や、そのカップルを待ち受ける残酷な運命に胸が締めつけられそうになります。

中国の禁断の愛の物語『中国の植物学者の娘たち』

© 2005 SOTELA ET FAYOLLE FILMS – EUROPACORP - MAX FILMS - FRANCE 2 CINÉMA

小島の植物園で厳格な父親と暮らすチェン・アンと、幼い頃に両親を亡くしたリー・ミン。孤独を抱える2人は姉妹のように心通わせ合うが、その関係はやがて禁断の愛へと発展していく。緑がひしめく楽園に、咲き乱れる秘めやかな陶酔。永遠の愛を誓う2人だったが、彼女たちを残酷な運命が待ちうけていた…。

「小さな中国のお針子」のダイ・シージエ監督が描く、中国ではタブー視されている同性愛を描いた作品です。孤独な境遇で生き抜いてきた2人の娘たちが綴る純愛物語から目が離せません。

愛を渇望する人々を描く『スプリング・フィーバー』

夫のワン(ウー・ウェイ)の浮気を疑う女性教師、リン(ジャン・ジャーチ)は、ひとりの若者(チェン・スーチョン)を探偵として雇い、夫の行動を探らせる。しかし、夫の密会の相手は女性ではなく、ゲイの青年・ジャン・チョン(チン・ハオ)だった…。夫婦生活は破綻し、ワンはジャンからも距離を置かれる。一方で、ジャンは探偵に惹かれ始め…。

カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞し、世界で絶賛された愛の物語を、ロウ・イエ監督が映画製作・上映禁止処分を受けていながらもロケを敢行し、描き切った作品です。後ろめたさはありながらも求めずにはいられない、そんな人間のすこし黒い感情を、苦みのある甘みを感じることができます。

実在のカウボーイの半生『ダラス・バイヤーズクラブ』

© 2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Rights Reserved

テキサス生まれのロン・ウッドルーフは電気工でロデオカウボーイ。1985年、向こう見ずな彼は、多くの異性と交渉しHIV陽性と診断され、余命30日を宣告される。納得のいかないロンはエイズについて猛勉強を始める。米国には認可された治療薬が少ないことを知り代替治療薬を求めメキシコへ向かう。そこで、米国への密輸を思いつく。偶然に出会ったエイズ患者でトランスセクシュアルのレイヨンを相棒に、政府の目を逃れて無認可の薬やサプリメントを売る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが、司法の手は確実にロンの身に忍び寄っていた…。

1980年代にHIVの無認可治療薬を密輸販売し、アメリカのHIV患者を救うために奔走した実在のカウボーイの半生を映像におこしたヒューマンドラマです。HIV陽性の診断結果をうけたカウボーイを演じるために、21kgの減量を行って演じあげたマシュー・マコノヒーの熱演に注目です。

青年2人が綴る穏やかな愛『追憶と、踊りながら』

© LILTING PRODUCTION LIMITED / DOMINIC BUCHANAN PRODUCTIONS / FILM LONDON 2014

ロンドンの介護ホームでひとり暮らすカンボジア系中国人のジュン(チェン・ペイペイ)。英語ができない彼女の唯一の楽しみは、優しく美しく成長した息子のカイ(アンドリュー・レオン)の訪問だった。だが、カイは、自分がゲイで恋人リチャード(ベン・ウィショー)を深く愛していることを母に告白できず悩んでいた。やがて、突然の悲しみ訪れ、リチャードはカイの”友人”を装ったまま、ジュンの面倒をみようとする……。

「007 スカイフォール」や「クラウド アトラス」の作品で有名なベン・ウィショーが主演を演じたヒューマンドラマです。老人ホームで過ごす母とその息子、そして息子の彼氏の3人が織りなす穏やかな日々に涙してしまいます。

センチメンタルな恋物語の行方とは『ムーンライト』

© 2016 A24 Distribution, LLC

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされる日々。母親はドラッグに溺れている。そんなシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに…。

製作人の中にブラッド・ピットが名を連ねており、様々な映画祭や映画賞などで高い評価をうけた作品です。貧困地域で育ち、決して良いとは言えない家庭環境で育った主人公が同性の友達に恋をする、センチメンタルラブスト―リーに仕上がっています。

それぞれのピュアな愛『スキトモ』

©2006バンダイビジュアル/トライネットエンタテインメント/ビデオプランニング

蒼井智和(斎藤工)は大学3年生のボクシング部員。同じ大学の1年生で幼馴染の斉藤ヨシキ(相葉弘樹)、中学3年生の血の繋がらない妹・みさお(小松愛梨)は、どちらも智和に淡い恋心をいだいていた。そうとは知らずに智和はヨシキを本当の弟のように可愛がり、それをみさおは快く思っていない。ボクシングの練習、試合、合宿を通して智和は2人の気持ちを知り、ヨシキ・みさおはお互いを意識し嫉妬しながら打ち解けていく。お兄ちゃんに恋したみさおと同性に恋したヨシキ、それを知った智和は…。

ピュアな男の子・女の子の織りなす少しせつない青春の1コマを描いたトライアングルストーリーです。「あしたはきっと・・・」で知られる青春映画の旗手ともいえる三原光尋がメガホンをとり、近年名を馳せてきた色気のある俳優、斎藤工が好演している作品です。兄への愛や同性同士のピュアな愛を明るくさわやかに描いています。

根強い偏見に抗う『恋人たち』

© 松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判 のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動 く主婦、瞳子。親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸 せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。

「ハッシュ!」や「ぐるりのこと。」などで知られている橋口亮輔監督がメガホンを取り、異なる事情をそれぞれが抱えている3人の男女の物語をつづったヒューマンドラマです。篠原篤の演じる主人公、そして、リリー・フランキーの好演にも注目です。

理解し合える相手のいる幸せ『人生は小説よりも奇なり』

© Love is Strange, LLD

ニューヨーク、マンハッタン。39年来連れ添ってきた画家のベンと音楽教師のジョージは念願かなって結婚した。周囲の祝福を受けて、二人の新たな生活は順調に始まるはずだったが――。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビになり、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単に崩れてしまう。保険、年金、不動産…現実問題が次々と押し寄せ、二人は長年暮らしたアパートメントを離れ、新婚早々に別居を余儀なくされる。社会からの根強い差別と肩身の狭い居候生活に心が押しつぶされそうになりながら、ベンとジョージはありのままの自分を理解してくれる人がいることの幸福に改めて気づく。そんな矢先、予期せぬ出来事が訪れる…。

39年間連れ添いようやく結婚した男性同士のカップルを描いた作品です。いまだ差別視されることの多い同性婚を選んだ2人が、仕事と家を失いながらもお互いを思い合い、愛し合うピュアな姿が描かれています。自分とは違う他人と暮らし、人生を共にすることの難しさやそれでも理解し合える相手と出会えたことの幸せを感じることができます。

パティ・シュメルの半生『HIT SO HARD (原題)』

© 2011 EBERSOLETTI FILMCO, INC. IN ASSOCIATION WITH THE EBERSOLE HUGHES COMPANY TIGHT SHIP PRODUCTIONS

80年代中頃からバンド活動を開始、「NIRVANA」と共にグランジシーンを牽引した「HOLE」に1992年から98年まで在籍するも、12歳頃から始まっていたアルコール依存、薬物中毒、同性愛者であるがゆえの苦悩、そして路上生活まで、まさに底辺から頂点へ、そしてどん底へ堕ちたパティの凄絶な人生を、本人が撮り溜めていた膨大なホームビデオ素材を使ってふり返る。その貴重な映像の中には、カート&コートニー夫妻と非常に近い関係にいたパティでしか撮り得なかった2人の未公開映像や、本作で初めて公となるカート&コートニー共作による未発表楽曲「Stinking of You」も収録されていた。

かの有名なカート・コバーンの妻コートニー・ラヴのバンド「ホール」の元ドラマーであるパティ・シュメルの半生を描いたドキュメンタリー作品です。本人が撮影したホームビデオを基に、薬物やアルコール中毒であり、そして同性愛者であった彼女という人を知ることができます。この作品でしか見れないコバーン夫妻の姿は必見です。

様々な人の絶望、そして希望を綴る『まだ、人間』

© 2011『まだ、人間』フィルム・パートナーズ

大企業に勤める達也(辻岡正人)は金に縛られるエリートサラリーマン。ある日、金を不正流用していた男が殺され、達也はその金を探すことに。捜査の過程で、死んだ男の婚約者・ルカ(穂花)と、大学時代の後輩で同性愛者のクリスチャン・リョウ(上山学)と出会う。3人は愛し合いながら、傷つけあいながら、次第に予期せぬ事態に巻き込まれていき――。

東京大学出身という超エリートでありながら元芸人という異色の経歴の松本准平の劇場デビュー作品です。宗教に救われている同性愛者の青年、金が一番大事なエリート会社員、そして、恋人の不審死の謎を追い求めている女性といった人々を通して、それぞれの苦悩や絶望、希望を描いています。

真実の愛に気付く物語『キッズ・オールライト』

© 2010 TKA Alright, LLC All Rights Reserved

18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)は、母親ニック(アネット・ベニング)と父親が同じ15歳の弟・レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)、レイザーの母親ジュールス(ジュリアン・ムーア)の4人暮らし。少し変わった家族だが、幸せな生活を送っていた。ある日、ジョニは大学進学を機に、レイザーと会ったことのない父親に会いに行く。しかし、このことが2人の親にばれてしまい、家族に少し異変が起き始め…。本当の家族、本当の愛情とは何か? 

メガホンをとったリサ・チョロデンコ監督本人の人生観を反映させて作り上げた渾身のヒューマンドラマです。本物の家族とは、本物の愛情とは…真剣に向き合っていく様をみて涙すること間違いなしです。

美しい女性2人の愛の運命とは『キャロル』

© NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

1952年、ニューヨーク。クリスマスシーズン。フォトグラファーになる夢をひそかに抱くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんな彼女の前にある日、娘へのプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。このうえなくエレガントで美しく、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すそのひとに、目を奪われるテレーズ。売り場に皮の手袋を忘れたキャロルのため、テレーズは人形の送り先伝票にあった彼女の住所に手紙を書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、夫は彼女を飾りにしか思っていない事、離婚訴訟の真っ最中で、何より大切な娘の親権を夫に奪われようとしている事を知る。そして、クリスマス休暇。別居中の夫に娘を連れて行かれ、孤独なキャロルは、車での小旅行にテレーズを誘う。キャロルへの想いが、最初は予想もしなかった感情に変わっている事に気づきながら、テレーズは二人だけの旅に出発。しかしこの時、この旅がきっかけで、二人の運命が大きく動きだす事を二人は知らなかった…。

男性と結婚していながらも、女性に心を惹かれていく様を繊細に描き出している作品です。心に寄り添いあうことで芽生える性別を超えた愛を感じることができます。

コメディタッチのトランスジェンダーの日常『タンジェリン』

© 2015 TANGERINE FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

太陽が照り付けるロサンゼルスのクリスマス・イブ。街角のドーナツショップで1個のドーナツを分け合うトランスジェンダーの2人。28日間の服役を終え、出所間もない娼婦シンディは、自分が留守中に恋人が浮気したと聞きぶち切れる。歌手を夢見る同業のアレクサンドラはそんな親友シンディをなだめつつも、その夜に小さなクラブで歌う自分のライブのことで頭がいっぱい。さらに、彼女たちの仕事場の界隈を流すアルメニア人移民のタクシー運転手ラズミックも巻き込んで、それぞれのカオティックな1日がけたたましく幕を開ける――。

撮影を3台のiPhoneで行い、2人のトランスジェンダーのロサンゼルスでの日常をコメディータッチで描いている作品です。監督であるショーン・ベイカーが脚本に撮影、そして編集も手掛けています。iPhoneならではの臨場感あふれる映像に注目です。

友達以上恋人未満の甘酸っぱい関係『カケラ』

© 2009 Zero Pictures

に対して疑問を持つ女子大生はる(満島ひかり)と仕事に生きる女リコ(中村映里子)。メディカル・アーティストとして評判が高いリコは、仕事を通して愛に対し男女の境目は無いと考える。そんな価値観を持つリコに影響されていくはる。自分の「カケラ」を探すかの様に2人の関係の隙間を埋めていく――。

当時26歳という若手の安藤モモ子が脚本と監督の両方を手掛けた作品です。今どきの女の子が大人の女性に変わっていく様を描き出しています。

逆境に負けず強く生きる『ナチュラルウーマン』

© 2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

物語の舞台はチリ、サンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーの女性マリーナは、年の離れた恋人オルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドが亡くなったことで、彼女は思いもかけないトラブルに巻き込まれることに。最愛の人を失った悲しみの最中に浴びせられる、不躾で容赦のない差別や偏見。それでもマリーナは、愛する人に最後のお別れを告げるため、前を向いて歩き始める――。

偏見や差別にさいなまれながらも、強く生き抜いていくトランスジェンダーの女性を描き上げたヒューマンドラマです。前向きに生きていこうとする主人公に勇気付けられる作品です。

イケメン同士の愛を描く『BOYS LOVE ボーイズラブ 劇場版』

全国的に有名な全寮制・セガール学院の教師の蒼井海広(小谷嘉一)の元に転校してきた一人の生徒。彼は偶然にも以前関係を持ったことのある少年、天上空々(菅野篤海)だった。2人で秘密を共有するも、蒼井は天上に対して冷たい態度で接する。一方の天上は、寮で同室となった水木一葉(川久保雄基)から恋愛感情を抱かれ、学園のリーダー的存在・花園陸(谷和憲)からは敵対視されてしまう…。

イケメン2人の禁断の愛が描かれているオリジナルDVD「BOYS LOVE」の劇場版の作品です。美しい2人の間に芽生える愛の様子は赤面ものです。

愛と葛藤の物語『わたしはロランス』


モントリオール在住の国語教師・ロランスは、恋人のフレッドに「女になりたい」と打ち明ける。それを聞いたフレッドは、ロランスを激しく非難するも、彼の最大の理解者であろうと決意する。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえをふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応に果敢に挑む長い年月。その先に待ち受けるのは…? 10年にわたる強く美しく切ない愛を描いたラブストーリー。

女性になりたいと願って女性として生きていく中で、魅力的な愛する女性と出会ってしまった「彼」の葛藤と深い愛を綴った作品です。難しい境遇にも関わらず、切なくも美しく、そして強く人生を歩んでいく姿がとても魅力的です。

男性4人の人間模様の行方は『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』

© 2008 Showbox/Mediaplex., Inc., United Pictures, SooFilm & ZIP CINEMA. All Rights Reserved.

財閥の御曹司であるジニョク(チュ・ジフン)は、突然会社をやめて、女にモテそうという思いつきで甘いものが苦手にもかかわらず洋菓子店“アンティーク”を始める。パティシエとなったのは、とびきり腕が良いのに働く店ごとに恋愛トラブルを起こしてしまう魔性のゲイ、ソヌ(キム・ジェウク)に、元ボクサーで甘いものに目がないギボム(ユ・アイン)、ジニョクの幼なじみのスヨン(チェ・ジホ)も加わり、一風変わった毎日が始まる。多くの人が極上のスイーツと美しい男たちに魅了されていく中、町では連続誘拐事件が発生する。そして、次第にオーナー、ジニョクの隠された過去が明らかになり始める…。


テレビドラマにアニメと様々な媒体で大ヒットをとばしたよしながふみの人気コミック「西洋骨董洋菓子店」を韓国で実写映画化した作品です。「宮〜Love in Palace」で一気に名を広めたチュ・ジフンが映画初主演を飾っており、ストーリーは勿論、若手俳優陣の好演にも注目です。

実際のLGBTの抵抗運動を基にした物語『ストーン・ウォール』

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへと単身やってきたダニー。ゲイであることで両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを受け入れたのは、この街で暮らすゲイの少年ギャングを率いるレイだった。彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌い踊りながら、たくましく生きていく仲間を得たダニー。身を寄せ合うように暮らすゲイやレズビアン、ドラァグ・クイーン、政治活動家のトレバーらと出会うが…。

「インデペンデンス・デイ」シリーズで名を馳せている巨匠ローランド・エメリッヒ監督がメガホンをとり、1969年にアメリカに実際に起こったLGBTの抵抗運動を基にしてつくりあげた映画作品です。LGBTの歴史を知ることができます。

究極の愛情を魅せるBLドラマ『ダブルミンツ』

(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

「女を殺した――」ある日突然、壱河光夫(淵上泰史)の携帯電話にかかってきた高飛車な声の主は、高校時代の同級生でいまはチンピラになっている市川光央(田中俊介)だった。高校の新クラスで出会った同じイチカワミツオの音の名前を持つ2人だったが、冷酷で高飛車な光央(須賀健太)にいつしか光夫(川籠石駿平)は下僕となり逆らえない主従関係となっていた。 数年を経て、衝撃的な再会をした光夫と光央だったが、かつての隠微な記憶が忘れられない光夫は、逆らうことなく共犯者となった。だがそれは高校の頃の主従関係でない、新しい形の関係へと姿を変えていく…。

中村明日美子のコミックを実写映画化した異色のBLドラマ作品です。描かれている愛だけでなく、盛り込まれているバイオレンス要素にも要注目です!

保守的な町で巻き起こる大騒動の行方とは『あしたのパスタはアルデンテ』

© Fandango2010

南イタリアのレッチェでパスタ会社を経営するカントーネ家。現在の社長ヴィンチェンツォ(エンニオ・ファンタスティキーニ)はいつか息子に後を継がせることを夢見ていた。ある日、会社を引き継ぐための重要なディナーが開かれることとなり、ローマで大学に通っている末っ子のトンマーゾ(リッカルド・スカマルチョ)が故郷に帰ってきた。そこで彼は、家族の望む経営学部ではなく文学部を卒業し作家になろうと思っていること、そしてゲイであることを発表すると決めていた。しかし、あろうことか兄アントニオ(アレッサンドロ・プレツィオージ)が先にゲイであるとカミングアウトし家族は大騒ぎに。結局トンマーゾは父親に懇願されパスタ会社を共同経営者の娘と共に任されることになり…。

保守的な考え方が蔓延している町で巻き起こる騒動の行方を、家族の愛と絆をコメディタッチで盛り込んでおくるハートフルコメディー作品です。

平等や権利の尊さ『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』

© 2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

第80回アカデミー賞の短編のドキュメンタリー映画賞に見事輝いた作品をベースにして描き上げたヒューマンドラマです。平等や権利の尊さを訴える様に胸が熱くなります。

女性として生きる決意『彼らが本気で編むときは、』

© 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田斗真)と、彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。小学生のトモは、母ヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。ある日、ヒロミが男を追って姿を消す。ひとりきりになったトモは、いつものように叔父であるマキオの家に向かう。ただ以前と違うのは、マキオはリンコという美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコの美味しい手料理や母親が決して与えてくれなかった家庭のぬくもりとトモへの愛情…。最初は戸惑うトモだったが、リンコのやさしさに閉ざした心を少しずつ開いていくのだった。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、自分らしさと本当の幸せを教えてくれた。嬉しいことも、悲しいことも、どうしようもないことも、それぞれの気持ちを編み物に託して、3人が本気で編んだ先にあるものは…。

女性としていきていく決意をするトランスジェンダーの主人公という難しい役柄を生田斗真が演じあげ、また、その恋人を桐谷健太が演じ、今人気の俳優陣の熱演に注目してほしい作品です。

思春期の少年の葛藤『さよなら、ぼくのモンスター』

(C) 2015 ONTARIO INC. CLOSET MONSTER INC. ALL RIGHTS RESERVED.

メイクアップアーティストを目指す高校生のオスカー。怒りっぽいが愛情深い父と暮らしながら、女優志望の友人ジェマとともに作品作りに没頭する日々を送っている。ジェマとはなんでも話し合えるが、恋人ではない微妙な関係。ある日、バイト先でワイルダーという青年と出会う。つかみどころがなく、どこかミステリアスで、自由気ままに季節を謳歌するワイルダーを目にするたび、オスカーの中に生まれる鈍い痛み。それは彼が誰にも言えず、そして認めないようにしてきた、ある“気持ち”だった――。

ショートフィルムで主にメガホンをとってきたスティーヴン・ダン監督が自身の人生を基にして製作した半自伝的な青春ドラマです。トロント国際映画祭で最優秀カナダ長編映画賞を受賞している注目作です。

自分らしく生きることの大切さを説く『孤独のススメ』

© 2013, The Netherlands. Column Film B.V. All rights reserved.

妻に先立たれ、一人静かに暮らす初老の男フレッド。信仰篤いオランダの田舎町で、毎週日曜日の礼拝以外は周囲との付き合いを避けて、ひっそりと生活をしていたある日、突然言葉も過去も持たない男テオが現れ、なぜかフレッドの家に居ついてしまう。やむなく始まった奇妙な共同生活だったが、そこに奇妙な友情が芽生え、次第にルールに縛られたフレッドの日常が鮮やかに色づいていくのだったが、保守的な田舎町に住む近隣は、彼らのことを問題視し、村から追い出そうとして…。

ロッテルダム国際映画祭やモスクワ国際映画祭といった様々な映画祭で高い評価を受けた人間ドラマです。妻を先に亡くし、独りで単調な生活を送る初老の男と、言葉が離せず、過去も分からない男がなぜか一緒に暮らすことになり、そんな奇妙な日々を送る中で自分の人生を見つめ直しながらいきていく過程がユーモアたっぷりに描かれています。

本当の自分で生きるために『アバウト・レイ 16歳の決断』

© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」。16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギーは、「突然、息子を育てることになるなんて…」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリーもレイのカミングアウトをいまいち理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる――。

16歳のトランスジェンダーの主人公が自分らしく生きるためにカミングアウトし、行動していく様とそれを複雑ながらも見守ろうとする家族の姿を描いたヒューマンドラマです。みんなが行きやすい世の中になればいいと心があたたかくなります。

風変りのラブストーリー『ルナの子供』

余命僅かの男と堕胎した過去を持つ女(佐伯佳奈杷)、レズビアンで自分が傷つくことを恐れ目の前の愛に向き合えない美月(奥真紀子)、安心感を求め違う男と関係を持つようになる主婦ヒカリ(岩元英理)。今、期待の若手女優が演じる決して交わることの無いオムニバスラブストーリー。監督は『天使の楽園』が国内外で絶賛された鈴木章浩。

アングラ演劇界等で活躍している実力派のキャスト陣がおくる、様々な風変りな恋愛模様を描いた3編で編成された作品です。モダン美術のアーティストとの様々なコラボとこの作品ならではの個性がマッチしてより繊細な世界観を作り上げています。

イケメンの秘密の三角関係『体育館ベイビー』

競泳部、夏のインターハイ予選。エースだった高校3年の柴原潤(中村優一)は、ライバルの村井直樹(高橋優太)に敗北してしまう。そんなとき、落ち込んでいた潤は、村井からコーチを頼まれる。だが、一緒にトレーニングを積む中で、次第に2人の間に特別な感情が芽生えていく…。そんなある日、競泳部の監督であり、実の父親に(渡辺いっけい)受験に専念するよう言われ、潤は受験を優先することに。だが彼が部活に来ないことを理由に、村井は自分も部活を辞めると言い出す。その夜、潤は村井の待つプールへ駆けつけるが――。

雑誌「JUNON」が行っている「JUNON恋愛小説大賞」の輝かしい第一回優秀賞受賞作に選ばれた、鹿目けい子が書き下ろした脚本に沿った作品です。イケメンの三角関係を描いた、ボーイズラブ・ムービーから目が離せません!

残酷な定理から目が離せない『怒り』

© 2016「怒り」製作委員会

八王子で起こった夫婦殺人事件。現場に“怒”の血文字を残し、顔を整形し、全国に逃亡を続ける犯人の行方は知れず。事件から1年後。千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺謙)・愛子(宮?あおい)親子の前に現れた田代(松山ケンイチ)。東京の大手企業に勤める優馬(妻夫木聡)が街で偶然出会った直人(綾野剛)。沖縄の女子高生・泉(広瀬すず)が無人島で遭遇した田中(森山未來)。前歴不詳の3人の男の中に、あの殺人犯がいるのか? あなたを信じたい――。そう願う我々に驚愕の結末が突きつけられる。

映画「横道世之介」の原作者として知られる吉田修一によるミステリー小説を、「悪人」でタッグを組んだ李相日監督が映画化した作品です。渡辺謙や森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡などが熱演し、豪華なキャスト陣にも注目です。

ほろ苦い青春ストーリー『花蓮の夏』

小学校から幼なじみの2人の少年、ショウヘン(ジョセフ・チャン)とジェンシン(ブライアン・チャン)。クラスの問題児だったショウヘンに手を焼いた先生から「彼の面倒を見るように」と頼まれた優等生のジェンシンは、それ以来ずっとショウヘンのそばにいた。やがて高校生になった2人の前に、転校生の少女・ホイジャ(ケイト・ヤン)が現れる。心優しいジェンシンは、心に闇を抱えるホイジャに手を差し伸べ、やがて2人の距離は縮っていく。しかしそこへおもむろに割り込んだショウヘンに、ホイジャの心はだんだんと惹き込まれていくのだった。彼女の気持ちの変化に気づいたジェンシンは、彼らのもとから離れるべく、ショウヘンとは別の大学に進むことを選ぶ。ずっと一緒だった親友との別れに戸惑うショウヘンと、2人の気持ちを全てわかりきっているホイジャ。3人の揺れ動く想いがいま、海辺で交差する――。

自分が抱えているのが恋愛の好意なのか友情の好意なのか思い悩む青年2人とそれをそばで見守る少女が織りなす恋愛ドラマです。

様々なことに思い悩む等身大の男女7人『ショートバス』

© 2006 Safeword Productions LLC

今日もベッドで待つなじみの客を迎えるSM女王のセヴェリン(リンゼイ・ビーミッシュ)。ダメ夫・ロブとのセックスに満たされないという悩みを抱える、恋愛カウンセラーのソフィア(リー・スックイン)。自分を愛してくれるパートナーのジェイミー(PJ・デボーイ)がいながら一人自慰で果て涙を流す、ゲイのジェイムズ(ポール・ドーソン)。そしてこのカップルに憧れる美男子・セスに、ジェイムズのストーカー・カレブ。自己のアイデンティティや人との絆、そして本当の愛を求めて彷徨う7人の男女がN.Y.のサロン“ショートバス”に集いはじめる…。

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」を手掛けたジョン・キャメロン・ミッチェル監督が過激なセックスシーンを盛り込みながらも愛や希望とはなんなのか真摯に問題を投げかけた作品です。

有名ロックバンドメンバーのドキュメンタリー『フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男』

© Queen Productions Ltd

1991年に45歳という短い人生を閉じたフレディ・マーキュリー。そして死後15年を経て、いまなおフレディの伝説が語り継がれている。フレディと彼の母や妹、クイーンのメンバー、最後の恋人ジム・ハットンによる証言など未発表の映像で、フレディの知られなかった真実の姿が解き明かしたドキュメンタリー。クイーンやフレディと10年以上にわたって仕事を共にし、深い信頼で結ばれていたルディ・ドレザルとハンス・ロサシェルのDoRoフィルム・メーキング・チームによって製作。

1991年に45歳という若さで多くの人々にい惜しまれながらも亡くなった世界的ロックバンド「クイーン」のメンバー、フレディ・マーキュリーの生涯を撮ったドキュメンタリー作品です。親しかった人々から語られる彼の生涯は涙なしでは観られません。

フランス革命の裏側を描く『マリー・アントワネットに別れをつげて』

© 2012 GMT PRODUCTIONS - LES FILMS DU LENDEMAIN - MORENA FILMS - FRANCE 3 CINEMA - EURO MEDIA FRANCE - INVEST IMAGE

1789年7月14日、優雅な朝を迎えたはずのベルサイユが、1枚の紙に震える。バスティーユが陥落し、王妃とその寵愛を受けるポリニャック夫人の名前も載った286名のギロチンリストが発表されたのだ。「ずっとおそばに」朗読係のシドニーは心酔する王妃への忠誠を誓うが、王妃からは「ポリニャック夫人の身代わりに―」と思いもよらぬ非情な命令を受ける。身を引き裂く嫉妬、生命の危険、果たして、シドニーの運命は? ベルサイユと少女の運命の3日間――。

フランス王妃マリー・アントワネットの話を朗読する語り部の視点で進んでいく一風変わった作風の作品です。フランス革命の裏側を描いた歴史劇となっていますが、飽きることなく観ることができます。実際のベルサイユ宮殿でロケが行われ、衣装や美術作品も当時と遜色ないほど豪華なものに仕上がっています。

四角関係の恋愛模様『それでも恋するバルセロナ』

© 2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.

真面目で立派な男性と婚約中のヴィッキー(レベッカ・ホール)と、自由奔放で情熱的な恋を常に探しているクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と、正反対な二人は親友同士。そんな二人は、バルセロナでひと夏を過ごすことに決める。そこで二人は、魅力的な画家、フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会う。フアンに惹かれたクリスティーナ。そして、ヴィッキーもまた彼に惹かれていく…。だが、そこに美しく激しいフアンの元妻、マリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)が現れて――。

ウディ・アレン監督がメガホンをとり、スカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスといった超有名な女優2人を迎えて贈るロマンス・コメディです。第61回カンヌ国際映画祭特別招待作品であり、また、ゴールデン・グローブ賞主要4部門にもノミネートされた注目度抜群の作品です。

燃え上がる女性二人の情愛を描く『ローマ、愛の部屋』

夜が一年で一番短い、ローマの夏が始まる日。バーで知り合ったスペイン人のアルバとロシア人のナターシャは、お互いに何かを感じ惹かれあう。バーからの帰り道、アルバはナターシャを自分のホテルに誘う。積極的なアルバに戸惑いながらもナターシャは誘いに応じ、ホテルの部屋で2人の女は一糸まとわぬ姿となる。短くて長い、愛の夜が今始まる…。

同性ということに戸惑いながらも、お互いに惹かれ合い、強く求めあう2人の女性の今後から目が離せない魅力的な作品です。

FBI初代長官の半生を描く『J・エドガー』

© 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

アメリカの法の番人として君臨したJ・エドガーは、就任当時のカルビン・クーリッジからリチャード・ニクソンまで8代の米国大統領たちに仕え、FBIをいまのような影響力を持つ巨大な組織へと発展させた。その巨大過ぎる権力から歴代の米国大統領でさえ畏怖と非難と崇拝の対象だった。しかしフーバーには、そのイメージもキャリアも人生さえも失いかねない人知れぬ秘密があったのだった…。世界で最も恐れられ、アメリカを支配した男、J・エドガーの禁断の半生がついにベールを脱ぐ。

世界で最も恐れられたといっても過言ではないFBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化した作品です。輝かしい功績をあげたフーバーからは想像できない隠された禁断の私生活が赤裸々に描かれており、彼の謎に迫るこの作品は一気に最後までみてしまうでしょう。

男女3人の青春物語『GF BF』

© 2012 Atom Cinema Co.,Ltd., Ocean Deep Films, Central Motion Picture Corporation, Huayi Brothers International Media All Rights Reserved.

美宝(メイバオ)は忠良(チョンリャン)が好き。心仁(シンレン)は美宝に片想い。そして、忠良が好きなのは――。1985年から2012年までの激動の台湾社会を背景に、3人の男女の切ない愛と友情を描いた感動の青春映画。

主人公たちと同時期の青春時代を過ごしたヤン・ヤーチェ監督が、27年に及ぶ彼らの関係をリアルな台湾の移り変わりを背景として描いた作品です。台湾のアカデミー賞と名高い台湾金馬奨など数々な映画賞を受賞した注目の青春ストーリーです。

男性同士のひと夏の恋『君の名前で僕を呼んで』

© Frenesy, La Cinefacture

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる――。

美しい北イタリアの避暑地を舞台として、甘酸っぱくて少し切ない、男性同士のひと夏の恋のエピソードを描いたラブストーリーです。お互いに惹かれあっていく様にはドキドキしてしまいます。

同性愛者の権利獲得の為に奔走する『ミルク』

© 2008 Focus Features. All Rights Reserved.

恋人のスコット・スミス(ジェームズ・フランコ)と共に、N.Y.からサンフランシスコにやって来たハーヴィー・ミルク(ショーン・ペン)は、同性愛者たちが集まる中心地・カストロ通りで小さな写真店を開く。そこでミルクは、同性愛者に対する平等な権利と機会を求め、市民権運動の活動家として行動を起こす。ミルクは、クリーブ・ジョーンズ(エミール・ハーシュ)をはじめとする多くの若者から支持を得て、見事、市政執行委員に当選、全米で初めて同性愛者であることを公言して公職に就くことになった。しかし、就任して1年も経たないうちに、ミルクをある悲劇が襲う――。

偏見の目が激しかった同性愛者の権利を獲得するために命を捧げて1970年代に奔走した政治活動家のハーヴィー・ミルクの半生を描いた作品です。実際にあったとは思えないほどのドラマチックなストーリーから目が離せません。

オネェ達のスポ根コメディー『アタック・ナンバーハーフ・デラックス』

© 2015 Phranakorn Film

バレーボール界の頂点をめざすビー監督の呼びかけで、選手たちが集められた。監督の教え子ジュン、キャプテンのムイ、問題児のカントーク、マッチョなヌなど、個性的ではあるけれどブ厚い胸板の下に秘めた夢と情熱だけは誰にも負けない自信があった。予選大会にやって来たチームは、ハチャメチャな明るさと男勝りのパワーを発揮していくが、予想外の危機に直面し、涙の数だけ迷走し、汗の量だけ暴走してしまう…。誇り高き「鋼鉄の淑女」は栄冠を手にすることできるのか!?

実際にあったオネェだらけのバレーボールチームを描いたスポ根コメディー作品です。強烈キャラのオネエたちの迫力あるバレーボールシーンに圧倒され、ド派手な衣装とてんこ盛りのギャグで笑い、最後まで飽きずに面白く見れてお勧めです!

まとめ

『シングルマン』 -(C) 2009 Fade to Black Productions, Inc. All Rights Reserved.

同性愛を描いた映画を紹介してきましたが、いかがでしたか。世間から偏見の目で見られ、社会との闘いという側面の強い同性愛ですが、深みのある作品も多くあります。気になった作品があればぜひご覧ください。

関連する投稿


青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

若き良き青春時代!誰にでも一度はあった切ないあの時を思い出したいときに!おすすめの青春映画の傑作、名作をご紹介いたします。いま青春真っただ中のあなたにもピッタリ!


アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

現在27歳という若さにも関わらず、さまざまなジャンルの映画に出演するほか、一回り年上の女性監督と結婚、最近では『アベンジャーズ』シリーズにてクイックシルバー役を演じていることでも話題のアーロン・テイラー=ジョンソン。彼がこれまでにどのような役を演じてきたのか、主演・脇役問わずまとめました。


面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

最近なにか面白い映画ないかな~と思ったらこの記事を読めば間違いなし!最新~過去3年以内に公開されたおすすめ作品をまとめました。


9月日本公開!ディズニー制作の実写映画『プーと大人になった僕』

9月日本公開!ディズニー制作の実写映画『プーと大人になった僕』

「僕のことを忘れないって約束して」そう言い残してお別れをした、クリストファー・ロビンと大親友プー。それから数十年が経ち、すっかり大人になりロンドンの街中で忙しなく働く彼の前に現れたのはーーー。ディズニーの人気アニメーション『くまのプーさん』待望の実写化!最新情報や出演者などをまとめました。2018年9月14日全国公開!


6/15金曜ロードショー放送!ディズニー『ズートピア』のみどころに迫る!

6/15金曜ロードショー放送!ディズニー『ズートピア』のみどころに迫る!

ディズニーが贈る、人間のように暮らす動物たちの“楽園”を舞台にした感動のファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』。 ウサギの警察官・ジュディが、キツネの詐欺師・ニックとともにズートピアの危機に立ち向かいます。


最新の投稿


【2018年度版】絶対に面白い映画20選!これは観なくちゃヤバい!

【2018年度版】絶対に面白い映画20選!これは観なくちゃヤバい!

本当に面白い映画はコレ!過去の名作から、今年度最新の映画まで、本当に面白い映画だけを20作品集めました!


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

『ファインディング・ドリー』は『ファインディング・ニモ』の続編。 ニモを、父親のマーリンとともに救った"忘れん坊"のドリーが、今作では主役に! ドリーは忘れてしまっていた両親を探して、マーリンとニモと再び大海原に冒険の旅に出かけます。 『ファインディング・ドリー』のみどころをご紹介!


青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

若き良き青春時代!誰にでも一度はあった切ないあの時を思い出したいときに!おすすめの青春映画の傑作、名作をご紹介いたします。いま青春真っただ中のあなたにもピッタリ!


今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

6/22(金)、6/23(土)に公開される映画を一挙ご紹介。大泉洋迫真の演技『焼肉ドラゴン』から、沢尻エリカ6年ぶりの主演映画『猫は抱くもの』、昨年多くの映画賞を獲得したドキュメンタリー作品『祝福〜オラとニコデムの家〜』など、話題作が続々公開!