真実の愛に気付く物語『キッズ・オールライト』

© 2010 TKA Alright, LLC All Rights Reserved

18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)は、母親ニック(アネット・ベニング)と父親が同じ15歳の弟・レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)、レイザーの母親ジュールス(ジュリアン・ムーア)の4人暮らし。少し変わった家族だが、幸せな生活を送っていた。ある日、ジョニは大学進学を機に、レイザーと会ったことのない父親に会いに行く。しかし、このことが2人の親にばれてしまい、家族に少し異変が起き始め…。本当の家族、本当の愛情とは何か? 

メガホンをとったリサ・チョロデンコ監督本人の人生観を反映させて作り上げた渾身のヒューマンドラマです。本物の家族とは、本物の愛情とは…真剣に向き合っていく様をみて涙すること間違いなしです。

美しい女性2人の愛の運命とは『キャロル』

© NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

1952年、ニューヨーク。クリスマスシーズン。フォトグラファーになる夢をひそかに抱くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんな彼女の前にある日、娘へのプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。このうえなくエレガントで美しく、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すそのひとに、目を奪われるテレーズ。売り場に皮の手袋を忘れたキャロルのため、テレーズは人形の送り先伝票にあった彼女の住所に手紙を書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、夫は彼女を飾りにしか思っていない事、離婚訴訟の真っ最中で、何より大切な娘の親権を夫に奪われようとしている事を知る。そして、クリスマス休暇。別居中の夫に娘を連れて行かれ、孤独なキャロルは、車での小旅行にテレーズを誘う。キャロルへの想いが、最初は予想もしなかった感情に変わっている事に気づきながら、テレーズは二人だけの旅に出発。しかしこの時、この旅がきっかけで、二人の運命が大きく動きだす事を二人は知らなかった…。

男性と結婚していながらも、女性に心を惹かれていく様を繊細に描き出している作品です。心に寄り添いあうことで芽生える性別を超えた愛を感じることができます。

コメディタッチのトランスジェンダーの日常『タンジェリン』

© 2015 TANGERINE FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

太陽が照り付けるロサンゼルスのクリスマス・イブ。街角のドーナツショップで1個のドーナツを分け合うトランスジェンダーの2人。28日間の服役を終え、出所間もない娼婦シンディは、自分が留守中に恋人が浮気したと聞きぶち切れる。歌手を夢見る同業のアレクサンドラはそんな親友シンディをなだめつつも、その夜に小さなクラブで歌う自分のライブのことで頭がいっぱい。さらに、彼女たちの仕事場の界隈を流すアルメニア人移民のタクシー運転手ラズミックも巻き込んで、それぞれのカオティックな1日がけたたましく幕を開ける――。

撮影を3台のiPhoneで行い、2人のトランスジェンダーのロサンゼルスでの日常をコメディータッチで描いている作品です。監督であるショーン・ベイカーが脚本に撮影、そして編集も手掛けています。iPhoneならではの臨場感あふれる映像に注目です。

友達以上恋人未満の甘酸っぱい関係『カケラ』

© 2009 Zero Pictures

に対して疑問を持つ女子大生はる(満島ひかり)と仕事に生きる女リコ(中村映里子)。メディカル・アーティストとして評判が高いリコは、仕事を通して愛に対し男女の境目は無いと考える。そんな価値観を持つリコに影響されていくはる。自分の「カケラ」を探すかの様に2人の関係の隙間を埋めていく――。

当時26歳という若手の安藤モモ子が脚本と監督の両方を手掛けた作品です。今どきの女の子が大人の女性に変わっていく様を描き出しています。

逆境に負けず強く生きる『ナチュラルウーマン』

© 2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

物語の舞台はチリ、サンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーの女性マリーナは、年の離れた恋人オルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドが亡くなったことで、彼女は思いもかけないトラブルに巻き込まれることに。最愛の人を失った悲しみの最中に浴びせられる、不躾で容赦のない差別や偏見。それでもマリーナは、愛する人に最後のお別れを告げるため、前を向いて歩き始める――。

偏見や差別にさいなまれながらも、強く生き抜いていくトランスジェンダーの女性を描き上げたヒューマンドラマです。前向きに生きていこうとする主人公に勇気付けられる作品です。

イケメン同士の愛を描く『BOYS LOVE ボーイズラブ 劇場版』

全国的に有名な全寮制・セガール学院の教師の蒼井海広(小谷嘉一)の元に転校してきた一人の生徒。彼は偶然にも以前関係を持ったことのある少年、天上空々(菅野篤海)だった。2人で秘密を共有するも、蒼井は天上に対して冷たい態度で接する。一方の天上は、寮で同室となった水木一葉(川久保雄基)から恋愛感情を抱かれ、学園のリーダー的存在・花園陸(谷和憲)からは敵対視されてしまう…。

イケメン2人の禁断の愛が描かれているオリジナルDVD「BOYS LOVE」の劇場版の作品です。美しい2人の間に芽生える愛の様子は赤面ものです。

愛と葛藤の物語『わたしはロランス』


モントリオール在住の国語教師・ロランスは、恋人のフレッドに「女になりたい」と打ち明ける。それを聞いたフレッドは、ロランスを激しく非難するも、彼の最大の理解者であろうと決意する。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえをふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応に果敢に挑む長い年月。その先に待ち受けるのは…? 10年にわたる強く美しく切ない愛を描いたラブストーリー。

女性になりたいと願って女性として生きていく中で、魅力的な愛する女性と出会ってしまった「彼」の葛藤と深い愛を綴った作品です。難しい境遇にも関わらず、切なくも美しく、そして強く人生を歩んでいく姿がとても魅力的です。

男性4人の人間模様の行方は『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』

© 2008 Showbox/Mediaplex., Inc., United Pictures, SooFilm & ZIP CINEMA. All Rights Reserved.

財閥の御曹司であるジニョク(チュ・ジフン)は、突然会社をやめて、女にモテそうという思いつきで甘いものが苦手にもかかわらず洋菓子店“アンティーク”を始める。パティシエとなったのは、とびきり腕が良いのに働く店ごとに恋愛トラブルを起こしてしまう魔性のゲイ、ソヌ(キム・ジェウク)に、元ボクサーで甘いものに目がないギボム(ユ・アイン)、ジニョクの幼なじみのスヨン(チェ・ジホ)も加わり、一風変わった毎日が始まる。多くの人が極上のスイーツと美しい男たちに魅了されていく中、町では連続誘拐事件が発生する。そして、次第にオーナー、ジニョクの隠された過去が明らかになり始める…。


テレビドラマにアニメと様々な媒体で大ヒットをとばしたよしながふみの人気コミック「西洋骨董洋菓子店」を韓国で実写映画化した作品です。「宮〜Love in Palace」で一気に名を広めたチュ・ジフンが映画初主演を飾っており、ストーリーは勿論、若手俳優陣の好演にも注目です。

実際のLGBTの抵抗運動を基にした物語『ストーン・ウォール』

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへと単身やってきたダニー。ゲイであることで両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを受け入れたのは、この街で暮らすゲイの少年ギャングを率いるレイだった。彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌い踊りながら、たくましく生きていく仲間を得たダニー。身を寄せ合うように暮らすゲイやレズビアン、ドラァグ・クイーン、政治活動家のトレバーらと出会うが…。

「インデペンデンス・デイ」シリーズで名を馳せている巨匠ローランド・エメリッヒ監督がメガホンをとり、1969年にアメリカに実際に起こったLGBTの抵抗運動を基にしてつくりあげた映画作品です。LGBTの歴史を知ることができます。

究極の愛情を魅せるBLドラマ『ダブルミンツ』

(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社

「女を殺した――」ある日突然、壱河光夫(淵上泰史)の携帯電話にかかってきた高飛車な声の主は、高校時代の同級生でいまはチンピラになっている市川光央(田中俊介)だった。高校の新クラスで出会った同じイチカワミツオの音の名前を持つ2人だったが、冷酷で高飛車な光央(須賀健太)にいつしか光夫(川籠石駿平)は下僕となり逆らえない主従関係となっていた。 数年を経て、衝撃的な再会をした光夫と光央だったが、かつての隠微な記憶が忘れられない光夫は、逆らうことなく共犯者となった。だがそれは高校の頃の主従関係でない、新しい形の関係へと姿を変えていく…。

中村明日美子のコミックを実写映画化した異色のBLドラマ作品です。描かれている愛だけでなく、盛り込まれているバイオレンス要素にも要注目です!

関連する投稿


天才カリスマを描いた映画15選!天才の間の頭脳戦がすごすぎる!

天才カリスマを描いた映画15選!天才の間の頭脳戦がすごすぎる!

時折現れるいわゆる天才と呼ばれる人々。どういったジャンルであっても、一種独特で何かしらの魅力をもっていますよね。そんな一握りの人間の中から、特にカリスマがある人やリーダーシップを持つ天才の活躍や苦悩を描いた映画を紹介します。


【2020年版】最高に泣けるアニメ映画おすすめ55選!絶対みたい人気感動作品はコレ☆

【2020年版】最高に泣けるアニメ映画おすすめ55選!絶対みたい人気感動作品はコレ☆

アニメ映画には、実写を越える数々の感動作品が…!涙必至の泣ける人気のアニメ映画を55作品集めました。感動の名作はもちろん、最新作まで!まだ観てない作品があるなら、要チェックですよ。


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ全3作のあらすじと未来予測

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ全3作のあらすじと未来予測

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズは、どんな映画なのでしょうか?この記事ではの傑作映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ全3作品のみどころ、あらすじ、マイケル・J・フォックスほかキャストなどを紹介します。この記事を読めば『バック・トゥ・ザ・フューチャー 』シリーズをもっと楽しめますよ!


コメディ映画おすすめ55選!爆笑必須の面白い人気作品を紹介!【2020年最新版】

コメディ映画おすすめ55選!爆笑必須の面白い人気作品を紹介!【2020年最新版】

爆笑して思いっきりハッピーになれる、コメディー映画。映画を観るならやっぱり笑えるコメディ映画がおすすめです!この記事では、爆笑必至のおすすめの名作・傑作コメディー55作品を紹介します。


日本のホラー映画おすすめ50選!眠れなくなること必至!【閲覧注意】

日本のホラー映画おすすめ50選!眠れなくなること必至!【閲覧注意】

背筋が凍るような怖い映画、身の毛がよだつようなグロい映画、ホラーといっても様々な作品があります。日本を代表する邦画ホラー50作品を紹介します。


最新の投稿


今が旬な人気女優30人!プロフィールや出演作まとめ【2020年最新版】

今が旬な人気女優30人!プロフィールや出演作まとめ【2020年最新版】

日本の映画やドラマで大活躍中の人気女優30人をご紹介していきます!今、日本には実力派女優とされながらも様々な個性を持つ "唯一無二" な女優さん達が沢山いますよね。ここでは特に印象的な30人をピックアップし、プライベートや最新出演映画の情報も兼ねてお伝えしていきます。


イ・ミンホ主演「ザ・キング 永遠の君主」キャスト・見どころ・あらすじ紹介!伏線の謎解きも考察!

イ・ミンホ主演「ザ・キング 永遠の君主」キャスト・見どころ・あらすじ紹介!伏線の謎解きも考察!

韓流ドラマが再びブレイク中の今、新たに注目したい作品が韓国ファンタジー・ラブロマンスドラマ「ザ・キング 永遠の君主」です。Netflixでも人気ランキングに登場しましたね!イ・ミンホ&キム・ゴウンの豪華共演も話題です。ここでは作品のあらすじ、気になるキャスト情報、見どころなどを紹介していきます。是非ご覧下さいね。


【おめでたい】第1子妊娠中・北川景子の『スマホを落としただけなのに』ほか出演作まとめ!

【おめでたい】第1子妊娠中・北川景子の『スマホを落としただけなのに』ほか出演作まとめ!

さまざまな役を演じ続ける美人女優・北川景子。 雑誌モデルとしてデビュー後、CM、ドラマ、映画で活躍中です。今回はそんな北川景子のプロフィールやDAIGOとの結婚後のプライベート情報、デビュー頃の作品から最新作までおすすめの出演映画などをご紹介していきます。 2020年4月に待望の第1子を妊娠したことを発表され、今秋に出産する予定です。


『未来のミライ』はつまらない?細田守監督の最新作はなぜ酷評されたのか徹底考察・解説!

『未来のミライ』はつまらない?細田守監督の最新作はなぜ酷評されたのか徹底考察・解説!

細田守監督作品のアニメ映画『未来のミライ』は、海外からの評価は高いものの、国内での評価はイマイチ…。今回は本作が酷評される理由や、ネタバレあらすじ、声優を務めたキャスト陣をまとめてご紹介します!作品の評価や感想、見どころが知りたい人は要チェックです。


続編前はこれを見ればOK!映画『エスター』ネタバレ&最後のシーンを考察

続編前はこれを見ればOK!映画『エスター』ネタバレ&最後のシーンを考察

『エスター』は2009年に公開されたサイコ・サスペンス映画。映画好きなら一度は見たことがある「名作」として知られる本作は、続編の製作が決定したことで、再び注目を集めています。そこで今回は本作のあらすじをネタバレありで解説!「実話」と呼ばれる理由や、本作の前日譚を描く続編の内容もまとめてピックアップ♪