『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


『Fukushima50』みどころ

『Fukushima 50』(C) 2020『Fukushima 50』製作委員会

『Fukushima50』は、日本の観測史上最大の地震…2011年3月11日14時46分に発生した東日本大震災の影響で、爆発事故を起こした福島第一原発が舞台。

ノンフィクションをもとに、リアルにF1(エフいち:福島第一原発)の事故を再現し、本当に起こったことだとは信じたくないような危機に何度も襲われながらも、「ふるさとを守る」と決死で作業に向かうエンジニアたちの姿が描かれています。

予想をはるかに超えた大津波によって起きた福島第一原発事故、その時現場では何が起こり、どのように東日本壊滅の危機を免れたのか。

監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』『空母いぶき』を手がけ、スケールの大きい社会派なテーマのドラマや映画作品に定評のある若松節朗がつとめています。

『Fukushima50』は原発事故を描いた原作ノンフィクションの映画化作品

門田隆将 「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」 (角川文庫刊) 840円(税別)

『Fukushima50』の原作は、ジャーナリスト門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)。

福島第一原発事故の関係者役100人に取材し書かれたノンフィクションが原作なので、あの日世界中がニュースで見ていた事故現場の様子がリアルに伝わってきます。

東日本大震災と福島第一原発事故

『Fukushima 50』 (C)2020『Fukushima 50』製作委員会

東日本大震災はマグニチュード9.0、震度7を記録した日本の観測史上最大規模の地震です。地震だけではなく大津波や余震も東日本に甚大な被害をもたらし、戦後最悪の自然災害ともいわれています。

福島第一原発事故は、北陸沿岸の大津波が海側に建てられていたF1の原子炉圧力容器の入った建屋を襲い、全電源喪失(ステーション・ブラックアウト:SBO)に。

注水が不可能になったことで炉心溶融(メルトダウン)が起き、1、3、4号機で発生した水素が爆発し、大量の放射性物質が東日本一帯に撒き散らされました。

『Fukushima50』賛否両論!ネタバレ評価と批判

『Fukushima 50』(C) 2020『Fukushima 50』製作委員会

『Fukushima50』は、豪華俳優陣の迫真の演技と、圧倒的な再現力で描かれたノンフィクションであることが最大の評価ポイントです。

震災当時にニュースを通して多くの人が目にした幾つもの危機が次々と原発を襲い、その時の絶望をより強くリアルに現場の人間の目を通して追体験させられる作品。

福島第一原発の事故現場では、東日本壊滅を防ぐためどのような決断に迫られていたのか、その状況が描かれた緊迫感のあるシーンの連続で、危険な現場で作業に当たっていたのは、生身の人間であったことを目の当たりにさせられます。

福島第一原発で起こっていた事実と、そこで命をかけて作業に当たった人たちがいたこと、後世に語り継いでいく意義のある映画です。

© 2020『Fukushima 50』製作委員会

反面、Fukushima50という決死の覚悟で対応に当たったエンジニアたちと吉田所長にフォーカスが当たっているため、なぜこの原発事故を防ぐことができなかったのか…といった検証が皆無な点に批判も。

名前さえ与えられていない「内閣総理大臣」の振る舞いは、吉田所長側の視点から独断的なひとり相撲を取っているように描かれており、それが極端すぎるため政治色を感じさせています。

吉田所長の伊崎への返事、『俺達は自然の力をなめていたんだ、10メートル以上の津波は来ないと信じていたんだ。自然を支配した気になっていた。慢心だ。』には、福島第一原発事故が想定外の大津波「だけ」が原因であり、不可抗力であったような印象が。

リアルな映像と感動的なストーリーだけでなく、検証の視点もほしかったというのが批判の理由ですが、『Fukushima50』で原発の重大事故がどんな事態だったのかを知り、震災や原発についても考えるきっかけになる貴重な作品であることに間違いはありません。

『Fukushima50』ネタバレあらすじ

『Fukushima 50』 (C)2020『Fukushima 50』製作委員会

2011年3月11日14時46分に大きな地震が起こり、福島第一原発は程なく襲った大津波により、海沿いの原子炉建屋が浸水し、全電源喪失=SBOの緊急事態に陥ります。

SBOにより冷却装置が止まり、原子炉にメル卜ダウンの危機が迫り、中央制御室(中操)のエンジニアたちは、手動で建屋の給水バルブを開けに向かうことに。
すでに上がりつつある放射線量、冷却水が減っている可能性が示唆され危機感が高まります。

電源車は低電圧で使えず、職員たちの自家用車のバッテリーで計器のデータを確認することに成功…格納容器内圧力が上がっていて爆発の恐れがあり、吉田所長はベントをするか打診。
しかし電源がないためウェットベントのため給水バルブを開くのは手動!暗闇と高線量の中での作業は決死の覚悟が必要でした。

危険すぎるため吉田所長は迷いますが、中総の指揮を執る伊崎にメンバー選定を依頼。
伊崎が自ら率先し手を挙げ同行してくれるよう頼むと、それに押されて全員が手を挙げます。

『Fukushima 50』 (C)2020『Fukushima 50』製作委員会

10キロ圏内の富岡町に避難指示が出たため、伊崎の家族はバスで避難することに。

給水バルブ作業開始…ベテランエンジニアのふたりが、防護服に酸素ボンベの重装備で作業に向かいます。
制限時間の、酸素ボンベが尽きる20分以内にギリギリで成功。

そして1号建屋内、上限1000ミリシーベルトの中でのベントも手作業で行うことになったところに、プラントエンジニアの前田が駆けつけ、「原子炉は子供みたいなもの」と決死隊を志願します。

しかし、1号機のベントは外から空気を入れてドライベントとして成功し、中からの作業は中止に。
建屋内の線量はさらに上がり、人間の立ち入りは不可能となりました。

『Fukushima 50』 (C)2020『Fukushima 50』製作委員会

3/12午後15時36分(地震から24時間50分後)1号機爆発

爆発により電源ケーブルが壊れ、再び全電源喪失。2号機、3号機の線量が上がり、爆発の危険がさらに高まったので、中総は交代制で6人を残し免震棟に退避。

再び手作業でベントをするように東電から命令があり、爆発の危機がある中の無茶振りに吉田所長はキレますが、しかたなく作業に戻るようエンジニアたちを促します。

3/14 午前11時1分(地震から68時間15分後) 3号機爆発

吉田所長は負傷者多数の中、死者はゼロで安堵しました。しかし今度は2号機の格納容器圧力が上昇し、爆発の危機が再び迫ります。

『Fukushima 50』(C) 2020『Fukushima 50』製作委員会

2号機が爆発すれば線量が高すぎるため、福島第1原発だけでなく第2原発にも近づけなくなり、全機爆発し東日本壊滅の危機も!

2号機のベントをしても圧力は下がらず、本部も原発を捨てて全員撤収を考え始めます。

その時、また爆発が。2号機の一部に穴が空いたと考えられ、2号機の大規模爆発の危機がさらに迫ったため、吉田所長は最少の人員のみ残して撤退を決断。

伊崎をはじめ免震棟に残ったエンジニアたちは、死を覚悟し家族に遺言メールを送ります。

「俺達はなにか間違ったのか」と問う伊崎に、吉田所長は絶句。

翌日、2号機建屋の壁の一部が剥がれ落ちてベントされたことで、2号機の格納容器圧力が奇跡的に減圧。爆発は4号機でおきていたことが判明し、2号機の爆発は回避され東日本は救われたのでした。

佐藤浩市&渡辺謙

2014年春

帰還困難地域の桜並木に佇む伊崎の手には、2013年に死去した吉田所長からの手紙が。
そこには伊崎の問いかけへの答えが書かれていました。

『俺達は自然の力をなめていたんだ、10メートル以上の津波は来ないと信じていたんだ。自然を支配した気になっていた。慢心だ。』
『伊崎、状況が悪くなり撤退する時には、お前とふたりで残ろうと思っていた』

吉田所長の葬儀で「あの時1Fで起きたことは必ず後世に語り継いでいく」と約束し、翌年、満開の桜の下で旧友の吉田所長に語りかける伊崎…。

住む人のいない街の春の風景にテロップが重なります。

〜海外メディアは 暴走する原子炉と命がけで戦った人たちを『Fukushima 50(フクシマ フィフティ)』と名付けた〜

『Fukushima50』登場人物とキャスト

伊崎利夫役は佐藤浩市

佐藤浩市/『愛を積むひと』初日舞台挨拶

主人公の伊崎利夫は地元の富岡町出身のエンジニア。
福島第1原発の原子炉から最も近かった、中央制御室(中操)を指揮する1・2号機当直長で、事故対応の最前線のリーダーでした。

伊崎利夫役を演じているのは佐藤浩市。今作で第44回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞を受賞。

佐藤浩市は、父・三國連太郎の影響で早くから俳優デビューし、『青春の門』で日本アカデミー賞 新人俳優賞、『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『64-ロクヨン- 前編』日本アカデミー賞最優秀主演男優賞 、『ホワイトアウト』『壬生義士伝』で最優秀助演男優賞を受賞しています。

代表作は『愛を積むひと』『起終点駅 ターミナル』『ザ・マジックアワー』『雪に願うこと』ほか。

この記事のライター

関連する投稿


『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』はどんな映画なのでしょうか?木村拓哉が声優をつとめたスタジオジブリの映画として話題になった、『ハウルの動く城』のみどころ、ネタバレあらすじ、キャスト、謎考察などを紹介します。この記事を読めば『ハウルの動く城』をもっと楽しめること間違いなしです!


気になるCM女優17人!ネクスト・ブレイク女優もまとめて紹介!

気になるCM女優17人!ネクスト・ブレイク女優もまとめて紹介!

テレビを見ていて、何気に心惹かれるCMってありませんか?サラっと視界に入ってくるので「あれ?今誰が出てたっけ?」と振り返りたくなる時がよくあります。ここでは、ここ最近CMに登場してる女優さんをまとめてピックアップ!ネクスト・ブレイク女優もまとめて紹介していきたいと思います。是非チェックしてみて下さいね。


映画『宮本から君へ』【ネタバレ】あらすじ・結末まとめ!R指定の話題作!

映画『宮本から君へ』【ネタバレ】あらすじ・結末まとめ!R指定の話題作!

日本で最も嫌われた伝説の漫画を実写化した映画『宮本から君へ』は、未熟だけど情熱だけは半端ない熱血営業マン・宮本が悪戦苦闘しながら成長する姿を描いた熱血ラブドラマ。彼に訪れる“究極の愛の試練”とは?この記事では映画『宮本から君へ』のあらすじをネタバレ解説付きでご紹介いたします。


実力派女優・深津絵里の魅力にせまる!出演映画作品まとめ

実力派女優・深津絵里の魅力にせまる!出演映画作品まとめ

高い演技力と飾らない性分で女性からの人気も多い深津絵里さん。憧れている女性も多いのではないでしょうか。出演作品が多数ある中、彼女の出世作となった映画から主演代表作までを振り返りながら、彼女の魅力をご紹介していきたいと思います!


西島秀俊の出演映画おすすめ22選!年下の嫁は誰?【2021年最新版】

西島秀俊の出演映画おすすめ22選!年下の嫁は誰?【2021年最新版】

ベテラン俳優西島秀俊さん。2014年には16歳下の一般女性と結婚し、ニ児の父となりました。この記事ではそんな西島秀俊さんが出演している映画の中からおすすめ22作品をご紹介。2021年新作情報も合わせてお伝えします。


最新の投稿


「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

「けものフレンズの考察&ネタバレ!最終回の謎は?

可愛らしいキャラクターデザインと、躍動感あふれる3Dアニメーションで大きな反響を呼んだアニメ「けものフレンズ」。しかし、その魅力は作画やキャラクターの可愛さだけではありません。このアニメにはさまざまな「謎」が隠されているのです。今回は本作のネタバレ考察、最終回の謎を解説します!


『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作まとめ!ネタバレ徹底解説!

死の運命に追い詰められる若者たちを描く人気ホラー『ファイナル・デスティネーション』シリーズ。姿なき殺人者“死”に立ち向かう若者たちの運命は?この記事では『ファイナル・デスティネーション』シリーズ全5作のあらすじをネタバレありで解説。最新作となる6作目の情報も合わせてお伝えいたします。


『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』~福島第一原子力発電所の事故を描いた映画~ネタバレ・あらすじ

『Fukushima50』はどのような映画なのでしょうか?この記事では福島第一原子力発電所の事故を描いた映画として話題になった『Fukushima50』のみどころ、ネタバレあらすじ、評価、キャストなどを紹介します。この記事を読めば『Fukushima50』をもっと楽しめること間違いなしです!


『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』ネタバレあらすじと謎考察

『ハウルの動く城』はどんな映画なのでしょうか?木村拓哉が声優をつとめたスタジオジブリの映画として話題になった、『ハウルの動く城』のみどころ、ネタバレあらすじ、キャスト、謎考察などを紹介します。この記事を読めば『ハウルの動く城』をもっと楽しめること間違いなしです!


あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

あの子は最凶獣人!アニメ「キリングバイツ」ネタバレありの見どころ徹底解明

偶然出会った美少女女子高生・宇崎瞳(うざき ひとみ)はあまりにも危険な獣人だった。退屈な日々を過ごしていた気弱で平凡な大学生・野本裕也は先輩の誘いでとある事件に関わり蜜獾(ラーテル)の獣人である宇崎瞳と知り合った。 事件に巻き込まれた、ただそれだけだったのに流されるまま陰謀渦巻く危険なバトル「牙闘(キリングバイツ)」の世界に関わっていくことになる。 種族も体格差も性別も関係ない、ただ牙の鋭いほうが勝つ危険な闘いを描くバトルアニメ『キリングバイツ』の魅力について徹底解説する。