ナザリック地下大墳墓の美しき守護者アルベドとは?アニメ・オーバーロードに登場する美女アルベドの正体に迫る!

ナザリック地下大墳墓の美しき守護者アルベドとは?アニメ・オーバーロードに登場する美女アルベドの正体に迫る!

多人数同時参加型RPG「ユグドラシル」に存在する最強ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」の拠点を守る最強の階層守護者たちを統べる美女・アルベド。彼女は一体何者だろうか?アニメ『オーバーロード』の世界観をおさらいしながら彼女の正体や魅力をまとめて紹介する。


アニメ『オーバーロード』シリーズの世界観おさらい

アニメ『オーバーロード』シリーズとは

オーバーロードは2012年から刊行されている丸山くがね著の人気ダークファンタジーライトノベル。2015年からコミカライズが始まり、2015年から3期までアニメ化もされ2020年スマホゲーム化もされた人気作品。

2138年、主人公であるネットネーム・モモンガが参加していた仮想現実多人数同時体感型ゲーム「ユグドラシル」内の世界での出来事がアニメ・オーバーロードの世界。

ユグドラシルには人間だけでなくNPCが多数存在し、様々な異種族、魔法やレアアイテム、課金アイテムが存在し、様々なやり方でクエストをこなすコンセプトで多くの人々がゲームの世界を楽しんでいた。しかしそんなゲームもいつしか人気が衰えはじめ、ついにサービス終了の時が近づいていた。

主人公モモンガは骸骨タイプの不死モンスター型のキャラクターとして、ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」を拠点として仲間を増やしゲームに参加していた。ゲームサービス終了をユグドラシルの世界で感じたいとゲームにログインしていたモモンガ。

ゲームの人気が衰えていたためかつて大勢いたギルドメンバーは誰もログインしていない状態だ。

(c)Yann de Fareins / Noir d’Ivoire アヴィニョン『マレフィセント2』アルステッド国の城(C)2020 Disney

ついにゲーム終了時が来た。

サービス終了とともに強制ログアウトされるはずだったモモンガだった。しかし終了時のバグに巻き込まれログアウトすることなく骸骨モンスター型の不死のギルドの団長として、ゲーム内の姿と能力を維持したままユグドラシルの世界に異世界転生してしまう。

モモンガはギルドの名前「アインズ・ウール・ゴウン」を名乗り、異世界転生した他のプレイヤーがいないか捜しながら人間やモンスターがばっこする世界の謎を集めるため、ギルドを守るモンスター型NPCキャラとともにユグドラシルの世界へ飛び出していく。

NPCってなんのこと?

NPCとは「ノンプレイヤーキャラクター」の略称で、「人間が操作していないコンピューターが操作しているキャラクター」のことだ。

もともとは自我のないゲーム進行を補助するような行動をするキャラクターだったが、モモンガが異世界転生したあとはそれぞれ一個人として設定をもとに個性豊かな行動をし始めた。

アルベドもギルドの本拠地「ナザリック地下大墳墓」を守るNPCだったが、創造主でギルドメンバーのタブラや主人公モモンガの操作による様々な設定を反映した性格を顕にした発言や、行動をするなど個性的なキャラクターとして登場した。

アルベドが守るギルドの基地「ナザリック地下大墳墓」はどんなところ?

「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」 in USJ

モモンガやアルベドが本拠地としているギルドの拠点「ナザリック地下大墳墓」は地下10層まである構造になっており、それぞれの階層にNPCである階層守護者が存在する。

1-3階層はヴァンパイアのシャルティア、2階層黒棺領域はゴキブリのような外見の恐怖公、4階層はゴーレム・ガルガンチュア、5階層は昆虫型の武人コキュートス、5階層地下真実の部屋はタコのような外見のニューロニスト、6階層はダークエルフの双子アウラとマーレ、7階層は悪魔デミウルゴス、8階層は脳みそのような外見で天使の輪を持つヴィクテム、9階層はサキュバス・アルベドが守護しており、アルベドは全ての階層守護者を統括する存在。ちなみに10階層には最古図書館とゴーレム群が存在している。

またアニメには登場していないが、6階層ジャングルの餓食狐蟲王や7階層溶岩内領域の紅蓮、8階層桜花聖域のオーレオールなど、さらに個性的なキャラクターも小説には存在しているのでチェックしてみてほしい。

「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章: 氷と炎の歌」Game of Thrones -(C) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved.HBO (R) and related service marks are the property of Home Box Office, Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

ギルド基地「ナザリック地下大墳墓の統括守護者」としてのアルベド

アニメ・オーバーロードに登場する美女・アルベドは主人公アインズことモモンガの作った不死の軍団「アインズ・ウール・ゴウン」というゲーム内の最強ギルドの本拠地・ナザリック地下大墳墓を守る守護者を統括している最高位の悪魔サキュバスであるNPC。慈悲深き純白の悪魔という異名を持つ。

ギルド「アインズ・ウール・ゴウン」で内政をとり仕切る高い政治能力と戦闘力がありながら、家事もこなす万能NPCキャラクター。170センチの長身と長い黒髪に角と黒い翼をもっているが、清らかな白い衣をまとったセクシーな美しい外見とその優しい口調からまるで天使のようだと言われている。

アルベドを作ったのはギルドメンバーの「至高の41人」と呼ばれるコアなゲーム参加者の一人でギルドのブレーンでもあった・タブラという人物。モモンガが遊びココロで「ビッチである」という設定をつけていたがゲームサービス終了時に「モモンガを愛している」と書き換えてしまったため、アルベドは自称「モモンガの本妻」を名乗るほどモモンガを盲愛するキャラクターになってしまう。

結果アルベドはもともとの冷酷でクールなキャラから、モモンガことアインズのためだけに忠誠を誓うモモンガにはデレデレのなんとも個性的なキャラクターとなってしまった。

自室は第9階層にあり、設定により喜んでモモンガことアインズに肉体を差し出そうとしたり、姿を似せたヌイグルミを作ったり、はては二人の子供を夢見て何も無いのに靴下を手編み仕出しすほど、モモンガことアインズへの愛情設定がキャラクターに影響している。

恋敵の守護者・ヴァンパイアのシャルティアとは、普段のしとやかな女性の立ち振舞とは対照的な恐ろしい形相と大きくひらかれた恐ろしげな口から放たれる乱暴な口調で争いあう場面もあり、シャルティアには「大口ゴリラ」「毛深い」などと罵られるほどだ。

美しきアルベドの戦闘力はどれくらい?

この世界には種族レベル、職業レベルやカルマ値などキャラクターに設定された強さのステータスを示すレベル値が存在する。

アルベドは種族と職業レベル合計で最強のレベル100の悪魔で、カルマ値-500の極悪さを持つ。
種族レベル30の内訳は小悪魔(インプ)レベル10。

職業レベル70の内訳はガーディアンレベル10、ブラックガードレベル5、シールド・ロードレベル5、アンホーリーナイトレベル10、ダークナイトレベル2などいずれも防衛に高いレベルの戦闘力とステータス値を誇っており、本拠地を守護する能力の高さから主人公モモンガことアインズからも絶大な信頼を得ている。

戦闘力的にはヴァンパイア・シャルティア、知略的には悪魔・デミウルゴスには劣るものの、レアアイテムである世界級アイテム「真なる無(ギンヌンガガプ)」の所持を認められるほどの戦闘力があり、その実力は他の守護者も認めるとこだという。

主人公モモンガことアインズからしても単独で行動するために、彼女にナザリックの守護管理を任せておけるほど信頼できるNPCである理由が伺えるだろう。

アルベドは戦闘態勢では三重装甲の黒い鎧「ヘルメス・トリスメギストス」に全身を包んでいる。

その鎧の効果は敵から与えられたダメージを受け流すスキル付きであり、強力な魔法攻撃である超位魔法3連続に耐えるほどの高い防御力を持っている。それに加え三日月型の斧を変形させた武器「バルディッシュ」を使う。

さらに対物特攻最強アイテムである世界級アイテム「ギンヌンガガプ」も使用することができるため、総合すると攻守ともに最強レベルであるキャラクターだ。

ただの美女ではない?アルベドの真の姿とは

アルベドの創造主・タブラの設定によると、元々アルベドは天使キャラとして作られる予定だったとか。

しかしタブラから「化け物と融合したため現在のような角や翼など悪魔のような姿で生まれ、その姿に性格も引きずられ冷酷な性格になってしまった」と設定されている。

彼女が普段クールに行動できるのは守護者統括であることへの責任感と、モモンガへの盲愛による高い忠誠心によるものだ。

もし守護者統括でなかったり、モモンガへの愛情設定がなかったら…小説で書かれたように「外の人間に暴虐の限りを尽くす恐ろしい姿のアルベド」が実際に見られたかもしれない。

またアルベドは「傾国の美女」という設定もあり長い黒髪としなやかな体、白い服に身を包むなど理想的な美しい女性の姿をしているのはそのため。

しかし戦闘中は全身を漆黒の甲冑で包み、大きな三日月型の斧・バルディッシュを振るう好戦的で勇ましい姿に変化する。

設定には怪物と融合した醜い姿と書かれているが、その姿はまだ登場していないため今後明らかになっていくのかもしれない。

ギルドを憎むアルベドは「アインズ・ウール・ゴウン」の裏切り者なのか?

原作小説「オーバーロード」ではアルベドが「アインズ・ウール・ゴウン」の象徴でもあるギルドの旗をぞんざいに扱い、くだらないと吐き捨てるシーンが存在する。このため一時「アルベド裏切り者説」が浮上した。

アルベドはゲーム「ユグドラシル」終了に伴い、主人公であるモモンガことアインズ以外のキャラクターがゲームに戻らなかったことへの憤りを感じていた。最後に付け加えられた主人公モモンガことアインズへの愛情設定からゲーム終了に伴い、自分たちを見捨てたギルドとメンバーを憎む部分があったようだ。

また設定により「モモンガ以外のことはどうでもいいことだ」と思うようになってしまったため、主人公に対しては絶対的な忠誠を誓っている。このため実際にはギルドや他のNPCキャラクター、主人公に対しても裏切り行為は行っていない。

小説版「オーバーロード」では美女アルベドには姉妹がいる

小説「オーバーロード」ではアルベドには姉と妹が存在しているのをご存知だろうか。全てギルドメンバーでアルベドの創造主タブラによって生まれたNPCだ。二人とも残念ながらアニメ『オーバーロード』シリーズにはまだ登場していない。

姉はニグレドといい第5階層「氷結牢獄」地上階を守る領域守護者だ。黒い喪服に身を包む情報収集に長けた魔法使いとして描かれている。

他の階層守護者と同等の強さを持っているとされ、容姿はアルベド似だがなんと「顔の皮が剥がれている」という恐ろしい外見設定がある。

妹はルベドといい同じくタブラが全く別の方法で創造したとされる、謎が多いキャラクターだ。

ギルド拠点「ナザリック地下大墳墓」において単体最強のNPCとの呼び声が高く、その実力は階層守護者であるコキュートスやセバスと匹敵するとされている。

その強さから「ナザリックに災厄をもたらす存在」として危険視されるキャラクターでもある。

関連する投稿


喝采せよ!偉大なる魔王の物語『オーバーロード』のあらすじや世界観をネタバレ有りで大解説

喝采せよ!偉大なる魔王の物語『オーバーロード』のあらすじや世界観をネタバレ有りで大解説

仮想現実体感型オンラインゲーム「ユグドラシル」の世界に異世界転生してしまったモモンガは無敵のアンテッド魔道士アインズ・ウール・ゴウンとして、ゲーム内のNPCキャラクターとともに世界の謎を解明するべく旅立つ。 小説、アニメ、コミックスと展開され続ける究極のダークファンタジーとして大人気の「オーバーロード」の世界やキャラクターたちを、ネタバレ有りで解説する。


最新の投稿


「リゼロ」のレムがかわいい!その人気の理由を紹介「Re:ゼロから始める異世界生活」

「リゼロ」のレムがかわいい!その人気の理由を紹介「Re:ゼロから始める異世界生活」

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」には、たくさんの女性キャラクターが登場します。その中でも、特に人気を集めているのが「レム」というキャラクターです!今回は、レムのプロフィールや基本情報、性格や主人公のナツキ・スバルとの関係性、人気の理由を徹底解剖!名言や死亡説、復活についても解説します。


映画『オーシャンズ』シリーズ全4作まとめ!観るべき順番はコレ!

映画『オーシャンズ』シリーズ全4作まとめ!観るべき順番はコレ!

豪華キャストが勢ぞろいした映画『オーシャンズ』シリーズ。犯罪チームの華麗な盗みを描いた本シリーズは世界中で大ヒットを記録しました。この記事では映画『オーシャンズ』シリーズ全4作のあらすじとキャスト、時系列をご紹介いたします。


『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』ネタバレあらすじと考察

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』ネタバレあらすじと考察

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』はどんな映画なのでしょうか?レオナルド・ディカプリオが主演して話題になった『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のみどころ、ネタバレあらすじ、考察などを紹介します。この記事を読めば『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』をもっと楽しめること間違いなしです!


映画『闇金ウシジマくん』シリーズ全4作まとめ!ネタバレ徹底解説!

映画『闇金ウシジマくん』シリーズ全4作まとめ!ネタバレ徹底解説!

闇金業者のアウトローな世界を描いた「闇金ウシジマくん」シリーズ。真鍋昌平による同名漫画を原作にした本作は、金融業者と債務者たちの様々な人間模様と社会の闇を描いたストーリーとなっています。この記事では映画『闇金ウシジマくん』シリーズの全4作をネタバレ解説。キャスト情報も合わせてお伝えいたします。


今だから知りたい!『化物語』物語シリーズをアニメ主軸時系列順でわかりやすく紹介

今だから知りたい!『化物語』物語シリーズをアニメ主軸時系列順でわかりやすく紹介

春休みにとある事件に巻き込まれたせいで普通の人とは違う体質をもつ高校生・阿良々木暦はある日、階段から落下してきた美少女・戦場ヶ原ひたぎと出会う。彼女は「怪異」と呼ばれる存在によりある被害を受けている少女だった。暦は怪異の専門家・忍野メメに力を借りて怪異による被害を解決していく。 2020年にアニメ10周年を迎えて小説、アニメ、コミックともますます盛り上がる物語シリーズを紹介する。