カンヌ公式上映を果たした世界的監督河瀬直美の新作映画『光』

カンヌ公式上映を果たした世界的監督河瀬直美の新作映画『光』

カンヌ映画祭にて喝采を浴びた映画『光』。日本人監督では最も多くの作品をカンヌに出品している河瀬直美監督の集大成とも言えるこの作品は、柔らかくも切ないラブストーリーです。あらすじ、監督のメッセージをチェックしましょう。


監督・河瀬直美×主演・永瀬正敏コンビが放つ傑作ラブストーリー『光』

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

5月27日(土)より公開されている映画『光』が話題を集めています。
『光』は監督・河瀬直美と主演・永瀬正敏の『あん』コンビによって描かれたラブストーリー。

日本人監督では最多の七度目となるカンヌ映画祭の出品となった『光』は、既に世界から高い評価を受けています。

『光』のあらすじ

『光』(C)「光」製作委員会

『光』は、視覚障碍者のために、映画の登場人物の動きや情景を言葉で伝える音声ガイドに従事する女性・美佐子(水崎綾女)と、徐々に視力を失っていく天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)の2人を中心に展開します。

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

日々に迷いを感じている美佐子は、視覚障碍者向け映画のモニター会で雅哉と出会います。
音声ガイドの製作過程で衝突を繰り返す2人ですが、少しずつ互いの心をゆっくりと通わせていきます。

雅哉の目がやがて見えなくなることを知りながらも、互いの心を見つめようとする、切なくも希望を感じさせてくれる物語となっています。

カンヌ映画祭で公式上映

『光』カンヌ国際映画祭にて (c) Kazuko Wakayama

『光』は、第70回カンヌ国際映画祭「コンペティション部門」に正式出品され、公式上映されました。河瀬監督は永瀬さんと初タッグを組んだ一昨年の『あん』に続き、7度目の招待となります。

河瀬監督は、「監督週間」カメラドール(新人監督賞)受賞の『萌の朱雀』(’97)をはじめ、グランプリ受賞の『殯の森』(’07)、『2つ目の窓』(’14)、『あん』(’15)とこれまで数々の名作をカンヌ映画祭に出品してきました。

主演の樹木希林さんが「なんでこんなにカンヌに可愛がられるの?」と問いかけると、河瀬監督は「映画が好きな人がカンヌの中にいます。その人たちが、私が真っすぐに作っていることを大事にしてくれます。自分たちが見たことのない日本の風景やそこで生きている人たちの心や心模様を抱きしめようとしてくれている。デコボコしている作品でも、次の先をもっと見つめたいと思ってくれているような気がします」と嬉しさのにじみ出るコメントを残しています。

『光』に対する河瀬監督のこだわり

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

永瀬正敏の手が、そっと水崎綾女の肌をすべる動き。ただそれだけの動作がキスシーンより官能的に映ります。

「まるでセックスをしているかのような、深いところで互いを感じ合っているように撮れたらと思いました。その後のキスシーンはどちらかというと勢いでそうなっています。本来、それは逆なのかもしれないけど、唇を重ねるよりも官能的なものが、あの顔に触れる行為の中にあるんじゃないか? 心の奥底で触れ合うような…。2人とも、キスをしているときよりも、顔に触れているときの方がずっと胸が高鳴っていると思うんです」と、河瀬直美監督。

彼女の繊細な感性から生み出される、愛に対する表現が描かれています。

河瀬直美『光』/photo:Naoki Kurozu

河瀬監督は、「映画は、『光』です。映画は、『魂』です」とコメント。映画に対する熱い想いと、この作品にかけたエネルギーが伝わってきます。

『光』というタイトルに込めた想い

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

『光』とは「とても勇気のいるタイトルでした」と監督は振り返ります。

「どこにでもあって、どこにでもみんなを照らしていて、だからこそ見えない、認識されない存在でもある」という監督ならではの視点が、作品にも反映されています。

「私は魂を捧げました。その魂はこの俳優たちと共に、映画『光』に刻まれています。世界中の映画を愛する人たちに、『光』というタイトルで捧げたい」と、このタイトルに込められた映画への情熱を伝えました。

俳優・永瀬正敏の集大成

『光』(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

「誤解されたくはないんだけど、ある意味、見終わった瞬間、自分で“遺作” を見たような感覚になったんです。ネガティブな意味には捉えてほしくないんだけど。それだけ、とてつもなく強い思いがあった」と長瀬さんは振り返っています。

『光』クランクアップ (C)「光」製作委員会

永瀬さんは、この作品をもってカンヌ映画祭への日本人連続最多参加となりました。
公式上映と、それに続くマスコミ試写の後に「インターナショナルの取材がいきなり、ものすごく増えました」と、国際的活躍に結びついた喜びをコメント。
「人種は違うのですが、ものすごく深く理解されている。例えば、『この映画はすべての人々に対してのラブレターだ』と言ったスペインの記者の方がいらっしゃいました。そういう意見をいっぱい頂いています」とかみしめています。

世界を感動させた『光』を通じて、一筋の光を見つける

水崎綾女、樹木希林、藤竜也、神野三鈴/映画『光』初日舞台挨拶

いかがでしたか?
『光』は河瀬監督が描いた“人生に迷う全ての大人たちへのプレゼント”です。
それぞれの光を見つけることができるこの傑作映画を、ぜひチェックしてみてください。

『光』は5月27日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開されています。

関連する投稿


U-NEXTで見れるおすすめの映画50選!洋画・邦画【最新版】

U-NEXTで見れるおすすめの映画50選!洋画・邦画【最新版】

U-NEXTで見れるおすすめの映画を50作品ピックアップ!どれも名作・傑作ばかりで、どれを観ようか迷ってしまいますが、今U-NEXTに登録すれば見放題作品80,000本を31日間無料で観れちゃいます!8万作品もあって、どれを観ていいかわからない方は、こちらのおすすめ記事をまずチェックしてみてくださいね♪


U-NEXTで見れるおすすめ邦画50選!人気映画はこれ

U-NEXTで見れるおすすめ邦画50選!人気映画はこれ

U-NEXTで見れるおすすめの邦画を50作品紹介します!どれも面白い名作ばかりで、どれを観ようか迷ってしまいますが、今U-NEXTに登録すれば見放題作品80,000本を31日間無料で観れちゃいます!8万作品もあって、どれを観ていいかわからないなら、こちらのおすすめの邦画をまずチェックしてみてくださいね♪


映画『天空の蜂』のキャストとあらすじ!東野圭吾原作

映画『天空の蜂』のキャストとあらすじ!東野圭吾原作

ヒットメーカー作家・東野圭吾による同名小説が原作となった『天空の蜂』。今回実写映画化するにあたり、メガホンを取ったのは「SPEC」シリーズで知られる堤幸彦監督です。出演者には江口洋介や本木雅弘、仲間由紀恵や柄本明らが名を連ねており、その豪華さが話題となりました。今回は映画『天空の蜂』を紹介します。


恋愛映画(邦画)おすすめ作品50選!なんの映画を観ようか迷ったら♪

恋愛映画(邦画)おすすめ作品50選!なんの映画を観ようか迷ったら♪

いつの時代も人気の恋愛映画!ここでは、日本が舞台の恋愛映画・邦画のおすすめ50作品を紹介します!キュンキュンしてしまうこと間違いなし♪


映画おすすめ100選!【2018年版】人気の邦画・洋画・アニメ

映画おすすめ100選!【2018年版】人気の邦画・洋画・アニメ

本当におすすめな映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて100作品紹介します♪あの人気映画作品から不朽の名作・傑作映画までおすすめが盛りだくさん!2018年最新の話題の映画も!何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。