映画『リトル・シングス』【ネタバレ】あらすじ・結末まとめ!犯人は誰?

映画『リトル・シングス』【ネタバレ】あらすじ・結末まとめ!犯人は誰?

超実力派キャストが集結した上質クライムサスペンス『リトル・シングス』。ある町で起こった女性連続猟奇殺人事件を追う保安官とエリート刑事。事件に隠された暗い過去と不穏な秘密、そして彼らに待ち受ける衝撃の結末とは?この記事では映画『リトル・シングス』のあらすじをネタバレありで解説いたします!


映画『リトル・シングス』とは?(2021)豪華俳優陣の共演で贈る極上クライム・サスペンス!

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

映画『リトル・シングス』あらすじ・ネタバレ

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

1990年カリフォルニア州カーン郡。
ジョー・ディーコン(デンゼル・ワシントン)は元殺人課の刑事で、現在は地元の保安官として勤めています。あの日、強盗事件の証拠品を取りに行くため、ロサンゼルスに行くよう命じられます。

証拠品を持ち出すためのサインをもらうため殺人課を訪れたディーコンは、そこで昔の同僚たちと再会。4人目の犠牲者を出した女性連続猟奇殺人事件を追っていた若手の凄腕刑事ジミー・バクスター(ラミ・マレック)は、かつて”伝説の男”と呼ばれていたディーコンに興味を持ち、彼を5人目となる新たな殺害現場へ連れて行くことに。

現場に着くと女性の遺体は動脈を切られ、腹部を深く刺されていました。その光景を見たディーコンは昔自身が捜査し、未解決に終わった連続殺人事件に酷似していると気付きます。ディーコンは死体安置所に行き、胃の中にローストビーフが残されていたことを聞かされます。

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

翌日、強盗事件の犯人が罪を認めたため、証拠品が必要なくなったとの連絡を受けたディーコンはカーン郡へ帰ることにします。しかし、バクスターから「近隣に覗きで二度捕まった性犯罪者のスタン・ピーターズという男を緊急逮捕した」と聞かされ見に行くことに。

ディーコンは取り調べ中のバクスターに、未解決事件の被害者であるメアリー・ロバーツという女性について聞くよう指示。しかし、スタンは怯えるだけで何も答えませんでした。

翌日、バクスターは署長からスタンが自殺したと報告を受けます。そして「ディーコンは5年前に捜査に入れ込み過ぎて、半年のうちに停職と離婚と心臓手術、奴は疫病神だ。君のキャリアのためにもあの男と関わるな」と助言されますが、ディーコンは捜査に協力するため既に休暇を取っていました。

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

次の日の夜、警察は橋の下で5人目となる新たな犠牲者の遺体を発見。バクスターは、以前から行方不明になっている女性・ロンダを捜査していましたが、遺体は彼女ではありませんでした。しかし手口は女性連続猟奇殺人事件と同様、何ヶ所も刺し傷があり縛られていました。

5人目の被害者女性のアパート近くにある電器店を捜査していたディーコンは、従業員のリストをバクスターに渡します。バクスターは「検挙率トップの男がなぜ15年、昇進しなかった?」と聞くとディーコンは「通う教会を間違えたのさ」と答えました。

バクスターはディーコンが以前担当していた、未解決事件の被害者であるメアリー・ロバーツという女性を調査することに。すると彼女の他にも2人の女性の遺体があったこと、いずれも娼婦で薬漬けで刺殺されていたことが判明しました。しかしバクスターは、5年前の娼婦を狙った事件が今回と同一犯ではないと考えます。

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

ディーコンは電器店の従業員アルバート・スパルマ(ジャレッド・レト)に目を付け、彼を調べることに。駐車場で彼の車を見ていると、そこにアルバートが現れます。ディーコンはトランクを見せて欲しいと頼みますが、アルバートは断りました。

その日からアルバートの尾行を開始するディーコン。ランチにローストビーフ、ストリップクラブに寄って娼婦を買う。彼の行動パターンを怪しみますが、決定的な証拠を掴むことができません。そこでディーコンはアルバートを署に連行して尋問することにしました。

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

アルバートを連行しバクスターは彼に死体の写真を見せますが「俺は知らない、証拠があるなら見てやってもいい」と彼をおちょくり続けます。その様子を見ていたディーコンが中に入り未解決事件の写真を見せますが、彼は全く動揺しませんでした。痺れを切らしたディーコンがつかみかかると、アルバートは笑いながら余裕を見せます。

証拠もなく有力な証言もないまま、アルバートは釈放されることに。バクスターは署長から今回の事件がFBIの管轄になると知らされます。バクスターとディーコンが関与できる時間はあと2日となってしまいました。

その夜、ディーコンの部屋を訪れたバクスターは、壁一面に貼られた被害者女性の写真を見ます。バクスターは彼に「あんたは病んでいる、治療が必要だ」と言いました。しかしディーコンは「指摘は不要だ、自分でも分かっている」と答えます。

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

事件に執着するディーコンを見たバクスターは彼に協力することにしますが、証拠がないため令状を取ることができません。そこでアルバートを店に呼び出し、その間にディーコンが彼の部屋を捜査することに。

予定通りアルバートを呼び出すことに成功し、部屋の中に侵入すると、床の中から事件について書かれた新聞の切り抜きを発見。部屋から出ようとするとアルバートから不法侵入の通報を受けた警察が部屋に踏み込んできますが、間一髪でディーコンは逃げ出します。

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

ディーコンとバクスターはアルバートを尾行しますが、決定的な証拠をつかむことができません。しかし、ディーコンが尾行中にコンビニへ行ってる間、バクスターの前にアルバートが現れます。彼は行方不明になっている女性・ロンダのもとに案内すると、バクスターを誘い出しました。一人が条件だと言われたバクスターは彼の車に乗り込み、異変に気付いたディーコンがあとを追います。

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

案内された場所はアルバートの知人がハンティングのために借りていた、人気のない土地。

「彼女は地面の中にいる」と聞かされたバクスターはシャベルで掘っていきますが、アルバートは彼をおちょくってる様子。何ヶ所も掘っていきますが死体は見つかりません。するとアルバートが「本当のこと言うと俺は人なんか殺してないんだよね」と言いました。挑発し続けるアルバートに痺れを切らしたバクスターは、彼の顔をシャベルで殴ります。彼はその場に倒れ込み、死んでしまいました。

遅れてやってきたディーコンは彼の死体を見て、未解決事件の捜査中に誤って女性を射殺した過去を思い出し、自分とバクスターを重ねます。そして「穴を掘って埋めろ、数時間で戻る」と言い、アルバートの車に乗り込みその場から立ち去りました。

映画『リトル・シングス』あらすじ・ネタバレ・結末

ディーコンはアルバートの部屋に行き、彼の私物を全てゴミ袋に入れるとハンティング場に戻ります。そしてバクスターが掘った穴の中に死体を入れ、彼に「奴の名前は二度と口にするな、ささいなこと(little things)が君を追い詰める」と言いました。

事件に執着していたディーコンとバクスターは犯人を捕まえることができないまま、証拠のないアルバートを殺してしまい、事実を隠ぺいすることに。

数日後、休暇を取っていたバクスターの下にディーコンから封筒が届きます。その中には”天使はいない”と書かれた手紙と、行方不明になっている女性・ロンダの所持品である赤い髪留めが入っていました。一方、ディーコンはアルバートの私物が入ったゴミ袋を焼きながら、5年前の捜査中に誤って女性を射殺した事実を、連続殺人犯の罪にして隠ぺいしていた過去を思い出していました――。

映画『リトル・シングス』感想・解説

『リトル・シングス』The Little Things (C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. “Academy AwardR” and “Oscar(R)” are the registered trademarks and service marks of the Academy of Motion Picture Arts and Sciences.

本作はベテラン保安官とエリート若者刑事で連続誘拐事件を追う王道ストーリー。90年代の映画を観ているような地味で静かに展開するストーリーですが、実力派キャスト達の演技力で自然と引き込まれていきます。

結局誰が犯人だったかわからず、関係のない人物を意図せず殺してしまい、2人で埋めてしまうと言う、後味の悪い結末も心に残ります。

little thingsとはささいなことと言う意味。死体を埋めた後にベテラン保安官がエリート若者刑事に「奴の名前は二度と口にするな”ささいなこと”が君を追い詰める」とタイトルの意味もしっかりと回収しています。

映画『リトル・シングス』登場人物・キャスト

ジョー・ディーコン(デンゼル・ワシントン)

デンゼル・ワシントン(C)Getty Images

<デンゼル・ワシントンのプロフィール>
生年月日:1954年12月28日(66歳)
出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州マウントバーノン
身長:185cm

<デンゼル・ワシントンの略歴>
●1981年公開の『ハロー、ダディ!』で映画デビュー。
●1989年年公開の『グローリー』でアカデミー助演男優賞を受賞。
●1999年公開の『ザ・ハリケーン』でゴールデン・グローブ賞とベルリン国際映画祭における銀熊賞を受賞。
●2001年公開の『トレーニング デイ』でアカデミー主演男優賞を受賞。
●2016年公開の監督、製作を務めた『フェンス』でアカデミー主演男優賞と、プロデューサーとしてアカデミー作品賞にダブルノミネート。

デンゼル・ワシントン出演映画おすすめ9選!『イコライザー』ほか!

https://pickup.cinemacafe.net/articles/2220

アカデミー賞を2度受賞した黒人俳優デンゼル・ワシントン。彼が主演を務めるおすすめ作品9選をあらすじと見どころを合わせてご紹介します。

この記事のライター

関連する投稿


007新作『007/ノー・ タイム・トゥ・ダイ』の公開日決定!キャスト・あらすじ・製作トリビア・推測ネタバレ!

007新作『007/ノー・ タイム・トゥ・ダイ』の公開日決定!キャスト・あらすじ・製作トリビア・推測ネタバレ!

007シリーズの新作『007/ノー・ タイム・トゥ・ダイ』が、いよいよ2021年10月1日に公開されます!歴代1位人気のジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグの活躍が楽しめる最後の作品です。ここでは公開が待ちきれないファンの為、キャスト・あらすじ・製作トリビア、そして推測されうるネタバレを紹介していきます。是非ご覧くださいね!


『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』ネタバレあらすじ解説と続編

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』ネタバレあらすじ解説と続編

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』はどんな映画なのでしょうか?人気コミックの劇場版アニメ作品『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』のみどころ、ネタバレあらすじ、主題歌、続編などを紹介します。この記事を読めば『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』をもっと楽しめること間違いなしです!


『007』一気見おすすめ10作品!あらすじ&見どころ、歴代ジェームズ・ボンドの特徴比較も紹介!

『007』一気見おすすめ10作品!あらすじ&見どころ、歴代ジェームズ・ボンドの特徴比較も紹介!

みんな大好き『007』シリーズ!しかし世代によって "推しボンド" は違いますし「全シリーズ制覇は敷居が高い」と思ってる人も意外といるようです。ここではサクッと楽しく『007』一気見を楽しみたい人に向け "おすすめ10作品" を提案したいと思います。あらすじ&見どころ、歴代ジェームズ・ボンドの特徴比較も紹介していきますので、是非楽しんでくださいね。


Netflixオリジナル「クイーンズ・ギャンビット」ネタバレ感想・あらすじ・キャスト紹介!大ヒットの要因は?

Netflixオリジナル「クイーンズ・ギャンビット」ネタバレ感想・あらすじ・キャスト紹介!大ヒットの要因は?

話題のNetflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」はご覧になりましたか?一般的にはなかなかプレイする機会もないチェスですが、本作の影響により世界中に "一大チェス・ブーム" が巻き起こっています!観る者を夢中にさせる要因は何なのか!? その魅力をネタバレ感想付きで紹介していきますので、是非ご覧下さいね。


ロバート・パティンソンの出演作まとめ!プロフィールから最新出演作までをまとめてご紹介![最新版]

ロバート・パティンソンの出演作まとめ!プロフィールから最新出演作までをまとめてご紹介![最新版]

『ハリー・ポッター』や『トワイライト』で一躍人気俳優になったロバート・パティンソン。ここ数年でアイドル的存在から演技派へと見事にシフトした彼ですが、最近さらに大作への出演が決まり注目が集まっています。今回はそんな彼のおすすめ出演作品やプロフィール、話題の最新出演映画などをまとめてご紹介していきます!


最新の投稿


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』驚愕のネタバレ&トリビア25選!キャストに纏わる裏話も!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』驚愕のネタバレ&トリビア25選!キャストに纏わる裏話も!

SF映画ファンのみならず、全ての映画ファンから長年愛され続けている『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。36年の間、何度もリピート鑑賞してる人も多いのでは!?ここでは知って楽しい 驚愕の事実&トリビア を、 キャストに纏わる裏話も交えて25エピソード紹介していきたいと思います!是非ご覧下さいね。


ホラー映画「ムカデ人間」シリーズ1・2・3のネタバレ解説!世界観の違いを紹介!

ホラー映画「ムカデ人間」シリーズ1・2・3のネタバレ解説!世界観の違いを紹介!

複数の人間の肛門と口をつなげるというショッキングなストーリーが話題の『ムカデ人間』シリーズ。カルト的人気を誇る本作は、全部で3つのシリーズから構成されています。今回は、それぞれ異なる世界観や、ネタバレを含む見どころをご紹介します!


永遠の好青年『ワイスピ』俳優ポール・ウォーカー特集!『ワイスピ』だけじゃない!出演作&人物像も紹介!

永遠の好青年『ワイスピ』俳優ポール・ウォーカー特集!『ワイスピ』だけじゃない!出演作&人物像も紹介!

映画『ワイルド・スピード』シリーズのアイコン、そして "男の憧れ" 的存在だった人気俳優ポール・ウォーカー。あの事故から8年も経ちましたね。ここでは、今なお愛され続ける永遠の好青年ポール・ウォーカーの人物像に迫りつつ、『ワイルド・スピード』シリーズ以外の出演作品も紹介していきたいと思います!是非ご覧くださいね。


映画『最強の2人』は "名ゼリフ" が沁みる実話ストーリー!あらすじ・ネタバレ解説&見どころ!

映画『最強の2人』は "名ゼリフ" が沁みる実話ストーリー!あらすじ・ネタバレ解説&見どころ!

本国フランスのみならず世界中から絶賛を浴びたヒューマン・コメディ映画『最強の2人』。実話だからこそ響く身分違いの友情エピソード、2人が交わす笑顔に号泣した人も多いのでは!? ここでは作品の名ゼリフと共に、あらすじ・ネタバレ解説&見どころを紹介していきたいと思います。ぜひご覧くださいね!


『キック・アス』のヒットガールについて知りたい10のコト!演じたクロエ・グレース・モレッツの出演作品も紹介

『キック・アス』のヒットガールについて知りたい10のコト!演じたクロエ・グレース・モレッツの出演作品も紹介

映画『キック・アス』に登場するアイマスク着用の謎の美少女、”ヒットガール”。10代前半の少女ながらも、放送禁止用語を連発し、銃や刀を駆使して巨漢をなぎ倒すヒットガールが、これまでのヒーロー像を覆す唯一無二の存在…!今回はそんなヒットガールのトリビアや設定、ヒットガール演じるクロエ・グレース・モレッツの魅力をまとめてみました!