『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


ハートフルコメディ『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

© 2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

2018年6月に全国で公開予定の『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』。本作品は、「Yahoo!知恵袋」に投稿された不思議な質問から生まれた、リアルで新しい夫婦のカタチを描く新感覚ハートフルコメディ。

気になるあらすじ&特報映像

サラリーマンのじゅん(安田顕)が仕事に疲れて帰宅すると、玄関で妻のちえ(榮倉奈々)が口から血を出して倒れていました!慌てて介抱するじゅんですが、傍らにはケチャップ。「ククク……」と、倒れていたちえが笑います。

「驚きましたか?」ちえは死んだふりをしていただけだったのです。ホッとして、理由を問うも、からかうように笑うだけのちえ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするように。

あるときはワニに喰われて。あるときは銃で撃たれて。またある時は頭に矢が刺さって…。次第にエスカレートしてゆく「死んだふり」。

最初は呆れるだけだったじゅんだが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始めます。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか――。

きっかけは、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたある質問

榮倉奈々(つぐみ役)/『娚の一生』-(C) 2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会

毎日、様々な悩みごとや質問が投稿される「Yahoo!知恵袋」。Yahoo!知恵袋(ヤフーちえぶくろ)とは、2004年からYahoo! JAPANが運営する、電子掲示板上でだれでも知識や知恵を教え合うことができるサービスです。

そんな「Yahoo!知恵袋」へ、2010年7月17日にある質問が投稿されました。

K.Kajunsky氏が投稿した、ミステリアスな内容…

© 2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?(中略)妻はどうして欲しいのか? そしてこの先どこに行きたいのか? 全く分かりません。誰か教えてください。」

K.Kajunsky(けー・けーえーじゅんすかい)という名前の人が投稿した、なんともミステリアスで奇想天外なこの質問です。

どんどん注目を浴びる、奇妙な奥さんの行動の数々!

『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』-(C) 2014『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (C)2013中村航/小学館

軍服を着て兵士の死体になりきったり、落ち武者やロミオとジュリエット(?)になりきったり…。日を重ねるにつれてどんどん手の込んだ死んだふりをする妻の様子を「Yahoo!知恵袋」へと投稿するK.Kajunsky氏。その奇妙な妻の行動が、たちまち世間の注文を集め、話題となります。

榮倉奈々/「図書館戦争ブック・オブ・メモリーズ」完成披露試写会

あまりの反響からコミックエッセイ化されることになり、その後インスパイアを受けた人々が同名のオリジナル楽曲やオマージュ作品を次々に投稿するなど、巷にブームを巻き起こしました。元の質問は閲覧数は400万、回答数も1,700を超えており、今回晴れて映画化が決定!

同名のコミックエッセイはなんと累計15万部を突破!

『俳優 亀岡拓次』安田顕/photo:Naoki Kurozu

2011年、原作をK.Kajunsky氏、作画をマンガ家のichida氏にてコミックエッセイ化もされ、現在第3巻まで発売、発行部数累計15万部を超える人気ぶりです。映画を観るまえに、漫画をチェックするのもいいかも?

投稿にインスパイアされて作られたヒット曲まで!歌詞が話題に!

安室奈美恵×初音ミク/ニューアルバム「_genic(ジェニック)」

2010年7月23日に、毎日のように新曲投稿を続けていることから”ほぼ日P”と名乗る動画投稿者が、この投稿を元にして初音ミクを使用した動画を、ニコニコ動画にアップロード。この曲の歌詞には、知恵袋の質問に投稿された数々の妻の「死に方」を挙げているんです。

この曲により、多くのニコニコユーザーの間に「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の知名度が急上昇。そしてこの動画は、翌年2011年2月には100万回再生を達成する大ヒットとなりました!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』キャスト

全力で死んだふり!妻のちえ役に、榮倉奈々

榮倉奈々/『64 -ロクヨン- 前編』舞台挨拶

謎に包まれた妻・ちえを熱演する榮倉奈々は、ラブストーリーからアクションまで幅広くこなす旬の女優。本作の第一印象を「正直なところ、変わったタイトルだなぁ…、このタイトルにどんなストーリーが綴られるのか、全く想像がつきませんでした」とコメントしています。

榮倉奈々『娚の一生』/photo:Nahoko Suzuki

「ちえさんは、独特な言葉を使い、独特な表現をする人で、見る人によっては不器用と取れるかもしれません。しかし、夫・じゅんさんとの関係性を見ていると、しっかりと自分の哲学を持ってるように思います」と、榮倉奈々はちえというキャラクターに対して愛着をにじませています。

榮倉奈々/『図書館戦争 THE LAST MISSION』完成披露試写会

榮倉奈々は中学3年生のときに渋谷でスカウトされ、ファッション誌の「SEVENTEEN」専属モデルとして芸能界デビュー。2009年に雑誌モデルを卒業し、その後女優として活躍しています。最近では『図書館戦争(2013年)』『娚の一生(2015年)』、そして大人気漫画をドラマ化した「東京タラレバ娘(2017年)」など数々の作品に出演する大人気女優です。

榮倉奈々/「adidas Special MeCAMP with Nana Eikura」

プライベートでは2016年に主演ドラマ「Nのために」で共演した俳優の賀来賢人と結婚。2017年の6月に第1子を出産しママに♪その後、2017年11月に「adidas Special MeCAMP with Nana Eikura」のイベントに登場し、出産前と変わらないスレンダーな体型を披露しました。現在は「見えない部分をかっこよく」をテーマに、背中のトレーニングをすることで全身を鍛えているそう。「全体的にバージョンアップしたいな」と笑顔を弾けさていました。

実は、死んだふりシーンは「早く終わらないかな」と思っていた⁉

死んだふりのシーンについて、「早く終わらないかなと思うほど本当に大変でした(笑)ワニは特にシュールでした」とふり返った榮倉奈々。夫役の安田顕も、「この撮影で一番印象に残っているのは、やはり榮倉さんの死んだふり。メイクさんも衣装さんもご苦労されて、皆さんでつくりあげたものです。(中略)特に印象に残っているのは、やっぱり榮倉さんがワニに食べられているシーンです。」と語っています。

夫のじゅん役は、個性派俳優の安田顕

『俳優 亀岡拓次』- (C) 2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会

北海道ローカルのテレビ番組に多数出演する”TEAM NACS”に所属し、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じる安田顕(けん)。ドラマ「小さな巨人(2017年)」など話題作にも出演し、コミカルな演技にも定評がある個性派の俳優です。

『俳優 亀岡拓次』 - (C) 2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会

「ある夫婦の一風変わったコミュニケーションが優しく描かれている映画になってます。なんでもない日常の中で起こるささやかな出来事で感情が揺さぶられる。現実世界に生きる私たちがリアルに感じ、見ている景色をスクリーンでも感じていただけると思います」と、安田は本作の温かさに触れています。

安田顕(村田鉄矢)&早見あかり(村田鉄子)/『銀魂』(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

ちなみに榮倉奈々と安田顕は、今回で3度目の共演。安田顕は、夫婦のように近い関係性は初めてだったので照れくさかった、と語っています。

『俳優 亀岡拓次(2016年)』や『銀魂(2017年)』、最近では『不能犯(2018年)』などの個性的な作品にたくさん出演してる彼が、超フツーで数々の「死んだふり」をスルーする“冷静夫”じゅんをどのように演じるのか、注目ですね!

降板した小出恵介の代役に、大谷亮平!

このたび降板した小出恵介の代役キャストに、大ヒットTVドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で石田ゆり子の相手役・風見涼太を演じ、一躍注目を集める存在になった大谷亮平が決定。じゅん(安田顕)の後輩、佐野役に抜擢されました。

大谷亮平/「奪い愛、冬」制作発表記者会見

大谷亮平は、海外で活躍した後、日本での活動を始めた”逆輸入型俳優”という共通点から、「第2のディーン・フジオカ」と注目されているイケメン俳優。そういった評判に対し、境遇が似ているのでそういうふうに言ってもらえて光栄ですと答えています。

Amazonオリジナル「チェイス 第1章」  (C)JOKER FILMS INC.

大谷亮平は、Amazonオリジナルシリーズの「チェイス(2017年~)」にも出演しています。本作は、記者・三上(大谷亮平)と、BSテレビの新米AD・麻衣(本田翼)が、27年前に起こった5つの連続幼女殺人の未解決事件の真相に迫るサスペンスドラマシリーズ。『アオハライド』『鋼の錬金術師』など話題作への出演が続く本田翼とのW主演をつとめ話題になりました。

元宝塚歌劇団トップ娘役、野々すみ花も出演

野々すみ花は、「宝塚の北島マヤ」とも称された高い演技力で、宝塚歌劇団に入団5年目にしてトップ娘役に昇格した実力派。宝塚を退団した後は、梅田芸術劇場に所属し舞台や映像作品などで活躍しています。

波留、玉木宏、宮崎あおい、近藤正臣、風吹ジュン、柄本佑、林与一、萬田久子、辰巳琢郎、三宅弘城、山内圭哉、野々すみ花/NHK連続ドラマ小説「あさが来た」出演者発表会見

2015年の「連続テレビ小説 あさが来た」に玉木宏演じる新次郎の三味線の師匠・美和役で出演。大人の色気漂うミステリアスな役柄を演じました。

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』製作スタッフ

監督は『デトロイト・メタル・シティ』などの李闘士男

『ボックス!』 李闘士男監督

2人の主演に、多大な信頼を寄せる李闘士男(りー としお)監督は、『デトロイト・メタル・シティ(2008年)』や堤真一主演『神様はバリにいる(2015年)』などで知られる、コメディの鬼才。2001~2003年に放送されたバラエティー番組「ダウンタウン・セブン」にも、演出として関わっていました。

© 2008「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会

『デトロイト・メタル・シティ(2008年)』は、松山ケンイチがデスメタルのカリスマに変身する、若杉公徳原作の同名ギャグ漫画の実写映画化した作品。公開2日で観客動員24万7000人、興行収入3億5000万円の大ヒットとなりました!

堤真一&ナオト・インティライミ&SHOCK EYE(湘南乃風)&李闘士男(監督)/『神様はバリにいる』ヒット御礼舞台挨拶

俳優の堤真一が、コテコテの関西弁大富豪を演じ話題となった映画『神様はバリにいる』。ヒット御礼舞台挨拶では、李監督が映画を観た複数の知り合いから「映画の中にバリの神様が映ってるから、ヒットするよ」と連絡があったとコメント。

『デトロイト・メタル・シティ』トークイベントにて 李闘士男監督、松山ケンイチ&メルシーちゃん、カジヒデキ

本作でもその手腕を発揮し、ちょっと変わった夫婦の日常エピソードを愛おしくチャーミングに描きながら “ほんわかラブコメディ”を誕生させてくれることでしょう。

監督から見た榮倉奈々と安田顕

榮倉奈々 in 『図書館戦争』完成披露会見

今回メガホンをとる李監督は、榮倉さんを「ほんと天才女優でした。なんでもすぐにやれちゃうから。悔しかった」とコメント。

「『女性』っていうのは僕にとっては“謎”の塊。何を考えてるんだか、いつもよく分からない。そんな理解できない謎の代表格が、『奥さん』『妻』たち。その『妻』たちの真っ昼間の闇に紛れた“謎”に迫ってみたくて、映画化をやってしまいました」と本作を作るきっかけを語りました。

謎めいた『女性像』を榮倉さんがどう形にするのかが楽しみですね。

「嘘の戦争」

一方の安田さんに対しても、「狂気と小心者の間をいったりきたりで、なかなかの怪演ぶり」と演技の実力に太鼓判を押しています。

脚本は「コウノドリ」の坪田文

「コウノドリ」特別試写会&舞台挨拶

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の脚本をつとめるのは、坪田 文(つぼた ふみ)。綾野剛や 松岡茉優など豪華キャストが出演した、産婦人科が舞台のドラマ「コウノドリ」や、大人気ラブコメディ漫画をアニメ化した「からかい上手の高木さん」など、大人気作品の脚本などを手掛けています。

投稿者で原作者のK.Kajunsky氏のコメント

安田顕

「こんな日が来るとは夢にも思いませんでした。榮倉奈々さんはとてもチャーミングな方で健康美というイメージで、どんなちえさんになるのかとても楽しみです。安田顕さんは『TEAM NACS』からのファンなのでとても嬉しく思いますが、私自身が安田さんほどイケメンではないので少々心苦しいです」と2人の印象を語っています。

「我が家であった出来事がスクリーンで映し出されるのかと思うと少し恥ずかしい気持ちもありますが、鑑賞させていただくときは第三者の目で楽しもうと思っています。そして妻は直視できるのか心配です」と、妻の心配もする(?)K.Kajunskyさん。

「死んだふり」の理由は?結末はどうなるの?

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』 (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

夫のじゅんが妻のちえに「なぜ死んだふりをするのか」と尋ねても、答えを教えてくれません。単に旦那さんにかまってほしいのかな?仕事から疲れて帰ってきた旦那さんを笑顔にしたいのかな?…など、様々な憶測が行き交っています。また、毎日「死んだふり」を続けた果てには、どんなオチがあるのでしょうか?答えは映画館で明らかになる…かも。

『妻ふり』まとめ

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』 (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

「Yahoo!知恵袋」投稿から始まった、リアルで新しい夫婦のカタチ。撮影はすでに終了していて、完成に向けて現在、仕上げの真っ最中だそうです。

『妻ふり』lこと、『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は2018年6月8日(金)より全国にて公開です。どうして「死んだふり」をすることにしたのか。その答えがとても気になりますが、公開までいましばらく待ちましょう!

おまけ!メイキング映像

関連する投稿


Huluで観られるおすすめ漫画作品20選!どれも面白い名作揃い!

Huluで観られるおすすめ漫画作品20選!どれも面白い名作揃い!

数あるビデオ・オンデマンド・サービスの中でも、アニメや漫画作品が豊富なHulu(フールー)。国民的名作から、最新の話題作まで、見はじめたら止まらない中毒必須の傑作が満載です!


【今週末公開の映画】6/8~『万引き家族』『羊と鋼の森』 

【今週末公開の映画】6/8~『万引き家族』『羊と鋼の森』 

6/8(金)、6/9(土)に公開される映画を一挙ご紹介。カンヌ国際映画祭にて、およそ20年以来の日本人パルムドール受賞を成し遂げた『万引き家族』や、山崎賢人主演、上白石姉妹共演のドラマ映画『羊と鋼の森』など、期待作が続々公開されます。


恋がしたくなる!ロマンチックな恋愛邦画ランキングベスト20

恋がしたくなる!ロマンチックな恋愛邦画ランキングベスト20

毎年多く恋愛映画が公開されていますが、その中でも特にロマンチックな作品を集めてみました。観たら思わず恋がしたくなる、日本の恋愛映画20作品をランキング形式で紹介します。


『パシフィック・リム』まとめ!公開される続編の復習をしよう!

『パシフィック・リム』まとめ!公開される続編の復習をしよう!

4月13日より『パシフィック・リム:アップ・ライジング』が公開され、再び前作が注目を集めています。 ロボットVS怪獣と聞くと、日本の特撮やアニメを想像する方も多いと思いますが、何を隠そう今作を手がけた監督も大のオタク! 今回は続編に向けて復習できるよう、前作のポイントをまとめました!


『名探偵コナン ゼロの執行人』まとめ!過去作も一挙おさらい!

『名探偵コナン ゼロの執行人』まとめ!過去作も一挙おさらい!

毎回劇場版が上映されると、大きな話題となる名探偵コナンシリーズ。 前作は邦画アニメNo.1ヒットを記録するなど、その勢いは一目瞭然! 最新作では、原作でも人気のあるキャラにフォーカスを当てており、既に注目が集まっています。 今回は新作『ゼロの執行人』の見どころを始め、これまで上映された過去作を一挙まとめました。


最新の投稿


青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

若き良き青春時代!誰にでも一度はあった切ないあの時を思い出したいときに!おすすめの青春映画の傑作、名作をご紹介いたします。いま青春真っただ中のあなたにもピッタリ!


今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

6/22(金)、6/23(土)に公開される映画を一挙ご紹介。大泉洋迫真の演技『焼肉ドラゴン』から、沢尻エリカ6年ぶりの主演映画『猫は抱くもの』、昨年多くの映画賞を獲得したドキュメンタリー作品『祝福〜オラとニコデムの家〜』など、話題作が続々公開!


アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

アーロン・テイラー=ジョンソン出演作まとめ!20代にして幅広い役をこなす、彼の演技とは?

現在27歳という若さにも関わらず、さまざまなジャンルの映画に出演するほか、一回り年上の女性監督と結婚、最近では『アベンジャーズ』シリーズにてクイックシルバー役を演じていることでも話題のアーロン・テイラー=ジョンソン。彼がこれまでにどのような役を演じてきたのか、主演・脇役問わずまとめました。


面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

面白い映画50選!最近のおすすめ作品はコレ!

最近なにか面白い映画ないかな~と思ったらこの記事を読めば間違いなし!最新~過去3年以内に公開されたおすすめ作品をまとめました。


『アベンジャーズ』ドン・チードルまとめ!シリアスな作品にも定評のある彼の演技とは?

『アベンジャーズ』ドン・チードルまとめ!シリアスな作品にも定評のある彼の演技とは?

『アベンジャーズ』シリーズにおいて、アメリカ空軍中佐、ジェームズ・"ローディ"・ローズをテレンス・ハワードから引き継ぐなど、その活躍が目覚しいドン・チードル。現在でこそ大衆作品のイメージですが、過去作ではシリアスな作品でアカデミー賞にノミネートするなど、その演技力ある作品などをまとめました。