今年夏公開『ジュラシック・ワールド/炎の王国』!「ジュラシック・パーク」全シリーズおさらい!

今年夏公開『ジュラシック・ワールド/炎の王国』!「ジュラシック・パーク」全シリーズおさらい!

世界的人気を誇るシリーズ『ジュラシック・パーク』の最新作が2018年に公開されることが決定しました!初代『ジュラシック・パーク』の公開から24年、遺伝子技術も映像技術も進化した現代に、再び恐竜たちがやってきます。新作の公開に備え、珠玉のシリーズ作品をおさらいしておきましょう。


目次

『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作、2018年に公開決定!

『ジュラシック・パーク』 (c)1993 Universal City Studios Inc. & Amblin Entertainment Inc. All Rights Reserved

1993年に公開され、世界的ヒットを記録した映画『ジュラシック・パーク』。シリーズ待望の新作がいよいよ2018年に公開となります!公開前に、これまでのシリーズをおさらいしておきましょう♪新作の最新情報もいち早くお届けしますよ〜!

すべてはここからはじまった『ジュラシック・パーク』

『ジュラシック・パーク』 (c)1993 Universal City Studios Inc. & Amblin Entertainment Inc. All Rights Reserved

シリーズ第1作となった『ジュラシック・パーク』は、マイケル・クライトンの同名小説を基に製作されました。とある富豪が私財を投じ、バイオテクノロジーによって蘇った恐竜たちがいる夢のテーマパーク「ジュラシック・パーク」を創ります。しかし一人のスタッフの陰謀により安全システムが停止、恐竜たちが暴れはじめました!視察に来ていた主人公や子供たちは、恐竜に襲われる恐怖と戦いながら、パークからの脱出を図ります。

今見ても大迫力!新旧の技術が生んだ映像革命!

『ジュラシック・パーク』 (c)1993 Universal City Studios Inc. & Amblin Entertainment Inc. All Rights Reserved

公開されてから世界中で大ヒットを記録し、興行収入は9億ドルと言われています。その後の映画に与えた影響も大きく、まさに映画を変えた作品とも言えます。

『ジュラシック・パーク』 (c)1993 Universal City Studios Inc. & Amblin Entertainment Inc. All Rights Reserved

その中でも特筆すべきは、映像の中でいきいきと動く恐竜たち!20年以上前の作品とは思えないほど、迫力とリアリティを感じられます。CGが当たり前となった現在では出てくる恐竜は全部CGと思ってしまいがちですが、この『ジュラシック・パーク』でCGが使われたのは本編のわずか7分ほど。あとは着ぐるみやアニマトロニクスなどの伝統的な手法で、恐竜たちを表現しています。新旧の技術がうまく噛み合った結果、迫力とリアリティのある革新的な映像が生まれたのです。

恐竜たちがいるのはパークだけではなかった!?『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』

『ロストワールド』劇中ビジュアル -(C) Getty Images

「ジュラシック・パーク」での事件から4年。ティラノサウルスに襲われ重傷を負うも、パークから生還した数学者イアン・マルコム博士が、パークを建設した張本人、ハモンドの依頼を受け、再び恐竜と対峙することになります。実は4年前に訪れたパーク、通称「サイトA」以外にも、恐竜たちを供給する遺伝子工場「サイトB」が存在し、人知れず恐竜たちが生き延びているというのです。はたして博士たちはどうなってしまうのでしょうか?

前作の高評価から一転、酷評される結果に

『ジュラシック・パーク』 (c)1993 Universal City Studios Inc. & Amblin Entertainment Inc. All Rights Reserved

満を持して公開された続編ですが、前作があまりに良かったこともあり酷評される結果となってしまいました。第18回ゴールデンラズベリー賞においては「最低続編賞」「最低脚本賞」「最低人命軽視と公共物破壊しまくり作品賞」の3つにノミネートされるなど散々な様子。原作とはあまりにかけ離れた内容で、原作ファンの批判を受けたことも影響しているようです(原作者のクライトンからは「自由にやってくれて構わない」と言われていたそうですが…)。

グラント博士が帰ってきた!『ジュラシック・パークⅢ』

『ジュラシック・パークIII』 -(C) Jerry Watson/Camera Press/AFLO

2001年に公開されたシリーズ第3作です。前作からさらに4年の月日が流れ、今も恐竜たちが生息する「サイトB」。そこに12歳の少年が、パラセイリング中に不時着したとの情報が!8年前の「ジュラシック・パーク」事件の当事者であるアラン・グラント博士らは救援要請を請け、再び恐竜たちのいる島へと向かいます。

監督はスピルバーグからジョー・ジョンストンに

ジョー・ジョンストン

前2作を手がけた巨匠、スティーヴン・スピルバーグに代わってメガホンを取ったのはジョー・ジョンストン。『ジュマンジ』『キャプテン・アメリカ/ファースト・アベンジャー』などの監督作品のほか、『スター・ウォーズ』シリーズの特殊効果を担当したことでも有名です。

スティーヴン・スピルバーグ-(C)Getty Images

一方スピルバーグも完全にシリーズから降りたわけではなく、今作には製作総指揮として携わっています。

「原点回帰」をテーマにしたストーリー

『ジュラシック・パーク3』劇中ビジュアル -(C) Getty Images

今作では原点回帰をテーマにしており、「生命倫理や生命の進化・歴史」、人間が神の真似事をすることへの批判など、原作やシリーズ第1作『ジュラシック・パーク』の精神を受け継いだ作品となっています。

あれから22年、ついに夢のパークが開園!『ジュラシック・ワールド』

『ジュラシック・ワールド』-(C) UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.

そして2015年にはシリーズ第4作となる『ジュラシック・ワールド』が公開されました。初代『ジュラシック・パーク』から22年、ついに開園となったパークは年間2万人もの観光客が訪れる人気スポットとなっていました。ところがある日、遺伝子組換えによって誕生したキメラ恐竜インドミナスが姿を消したことにより、パークは再び惨劇の舞台となっていくのです。

最新のCG技術で生まれ変わったジュラシック・パーク

『ジュラシック・ワールド』 - (C) ILM / Universal Pictures and Amblin Entertainment

『ジュラシック・パーク』から22年の月日が流れ、劇中の遺伝子技術もさることながら、映画のCG技術も格段に進化しています!恐竜たちはもちろん、ジャングルの密林やヘリの激突シーン、ワールド内を移動する乗り物「ジャイロスフィア」など、ありとあらゆるシーンにCG
が使われています。それでいてリアリティを感じられるのは、やはりCG技術の進歩によるものでしょうね。

『ジュラシック・パーク』の再来か?全世界で大ヒットを記録!

ニック・ロビンソン、ブライス・ダラス・ハワード、コリン・トレボロウ監督、タイ・シンプキンス/『ジュラシック・ワールド』来日記者会見

久しぶりのシリーズ作品ということもあってか、映画は大ヒット!オープニング週末3日間の興行成績が、全世界合計で5億2410万ドル(日本円で約630億円!)という記録的な数字を叩き出し、それまでトップだった『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』を抜いて堂々の1位に輝きました。このメガヒットを受けて日本での公開予定も2日繰り上げられ、異例の水曜日公開となったほどです(ちなみに日本は世界で一番最後の公開となっていました)。

プチ炎上騒動に?金曜ロードショーの吹き替え声優問題

玉木宏、木村佳乃、「オリエンタルラジオ」中田敦彦、藤森慎吾/『ジュラシック・ワールド』テーマパークオープン発表会

今年の8月には日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にて地上波放送も行われました。その際にプチ炎上騒動となったのが、吹き替えのキャスト交代問題。もともと日本語の吹き替えは主人公オーウェンを玉木宏さん、ヒロインのクレアを木村佳乃さんがつとめていました。ですがその2人の演技があまりにも下手だったらしく、放送用にわざわざキャストを総入れ替えして作り直したのです。

金曜ロードSHOW!「2週連続 ジュラシック祭り」『ジュラシック・ワールド』新吹き替え版を担当する仲間由紀恵&山本耕史

その結果オーウェンを山本耕史さん、クレアを仲間由紀恵さんが担当することになりました。評判は概ね良好だったようですが、筆者的にはキャストを変えるくらいならはじめからプロの声優に依頼してほしいなと思う次第です。

2018年の新作、タイトルは『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に決定!

コリン・トレボロウ監督&クリス・プラット&ブライス・ダラス・ハワード-(C)Getty Images

そして2018年に待望の新作が公開となります。その題名が『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ということも明らかになりました!前作より引き続きクリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードが主演をつとめ、監督のコリン・トレボロウが脚本を執筆することになっています。

あのマルコム博士が21年ぶりに出演予定!

ジェフ・ゴールドブラム-(C)Getty Images

そして往年のジュラシックファンにはとても嬉しいニュースが!『ジュラシック・パーク』および『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に出演していたイアン・マルコム博士が今作で再び登場となります。彼の活躍にも期待がかかりますね。

シリーズ史上最もダークな内容?動物の権利を問う社会派作品に

クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

気になる新作の内容ですが、エンターテイメント要素が強かったこれまでのシリーズと比べ、少しダークで社会派な内容に仕上がりつつあるとのことです。また「恐竜の兵士」「人間と恐竜の共存」など、気になるワードが少しずつ明らかに!恐竜に限らず、動物たちの権利について考えさせられる作品になりそうです。

このたび、あらすじも明らかに!

『ジュラシック・ワールド』 - (C) Universal Pictures and Amblin Entertainment

<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆が。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られます。

© 2015 Universal Pictures.

そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、行動を起こす事を決意し、島へ向かいます。
しかしその矢先に火山は大噴火を起こしてしまい、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開けます!

これまでに作中で見られなかった選択とは?

『ジュラシック・ワールド』 - (C) ILM / Universal Pictures and Amblin Entertainment

これまでのシリーズでは、ストーリーで出てくる選択肢の殆どが、人間についてのものばかりでした(パニックムービーなので、当然といえば当然なのですが)
しかし、最新作ではその様子がちょっと変ってきているようです。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』-(C) Universal Pictures

というのも、今作では人間が恐竜を救うのか、見殺しにしてしまうのかという、恐竜のための選択を迫られるようになる場面が、予告からも見受けられるのです。
これまでのシリーズにない展開が期待できます。

登場人物に、これまで以上に感情移入できる作品。

© 2015 Universal Pictures.

J・A・バヨナ監督は、今作において「登場人物たちに共感し、同じような経験を感じてもらいたい」とコメントしています。
監督を「人を驚かせることにかけては天才的」と賞するクレア役のブライス・ダラス・ハワードも、今作の監督の手腕に手ごたえを感じている様子。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(C) Universal Pictures

その驚かせる内容のひとつに、すでにファンの間では話題を呼んでいる、過去シリーズに登場した人気キャラマルコム博士が新作に登場するという件。
これにはクリス・プラットも驚いた様子。

シリーズ史上最多の恐竜が登場!

『ジュラシック・ワールド』新ビジュアル (C) UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.

前作ではインドミナス・レックスという恐ろしい新種恐竜が生み出されましたが、新作ではこれまで以上の種類の恐竜が登場!
最新技術のアニマトロニクスによって命を吹き込まれた恐竜は、「本物そっくり! 本当に怖かったわ」とブライスを興奮させるほど!

ザック(ニック・ロビンソン)&グレイ(タイ・シンプキンス)/『ジュラシック・ワールド』-(C) UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.

この度公開された予告でも、またしても人間によって新たに生み出された恐竜を示唆するようなシーンも見て取れます。
そのシーンで、男の背後に移るモニターの「INDORAPTOR」で画像検索をしてみると・・・?

ヴェロキラプトルのブルーの活躍にも期待!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』-(C) Universal Pictures

同じく予告編にて、オーウェンが謎の恐竜に襲われそうになると、そこへ前作からの相棒である、ヴェロキラプトルのブルーが颯爽と登場し、敵と戦うシーンも見受けられます!

クリス・プラット/『ジュラシック・ワールド』 - (C) Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

こうした展開も、『ジュラシック・ワールド』シリーズならではなのでしょうか?
最新作では人間だけでなく、人間と共闘する恐竜の活躍にも目を見張りそうです・・・!

公開まで待ちきれない!

『ジュラシック・ワールド』(C) 2015 Universal Studios and Amblin Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

いよいよ2018年7月13日(金)に公開となる『ジュラシック・パーク/炎の王国』。
これまでにないダークな内容ということで、賛否両論あるでしょうが、期待せずにはいられませんね!
公開まで待ちきれない!という方は、シリーズを一から見直して復習しておきましょう♪筆者も待ちどおしいかぎりです!

関連する投稿


2015年映画興行収入ランキングTOP50!『ベイマックス』『ミニオンズ』ほか♪

2015年映画興行収入ランキングTOP50!『ベイマックス』『ミニオンズ』ほか♪

2015年の映画興行収入ランキングを紹介します。


『アベンジャーズ』待望の第3弾!全作総まとめ!

『アベンジャーズ』待望の第3弾!全作総まとめ!

2018年4月に公開予定の『アベンジャーズ』第3弾となる作品『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』。スーパーヒーローたちが一堂に会するとあって、待ちきれない!というファンも多いのでは?今作に繋がるこれまでの作品の紹介や、見どころなどをご紹介していきます。


『ジュラシック・パーク』『インデペンデンス・デイ』ジェフ・ゴールドブラム出演作品5選!

『ジュラシック・パーク』『インデペンデンス・デイ』ジェフ・ゴールドブラム出演作品5選!

『ジュラシック・パーク』で一躍有名になった俳優ジェフ・ゴールドブラム。個性派の彼が出演する作品を5本ご紹介します。


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が大人気の理由3選

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が大人気の理由3選

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が過去最高に人気の理由とは!?「アメコミの知識がない」、「SFものは苦手」という人でも、人気の理由を知れば見たくなるはずです!


【ネタバレ注意】『リメンバー・ミー』は「アナ雪」を超えるか⁉ピクサーが“音楽”をテーマに本気出した傑作【ネタバレ注意】

【ネタバレ注意】『リメンバー・ミー』は「アナ雪」を超えるか⁉ピクサーが“音楽”をテーマに本気出した傑作【ネタバレ注意】

フルCGアニメのパイオニア、ピクサーが遂に本気を出した⁉ 『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督が贈る最新作『リメンバー・ミー』のテーマは“音楽”。世界的ブームを巻き起こした「アナ雪」の最新短編『アナと雪の女王/家族の思い出』との同時上映開始が、2018年3月16日に決定しました!ネタバレが含まれますので注意!


最新の投稿


映画『ママレード・ボーイ』まとめ!あらすじや主題歌にも迫る!

映画『ママレード・ボーイ』まとめ!あらすじや主題歌にも迫る!

1990年代に集英社の少女コミック誌「りぼん」で連載され、多くのファンに愛され続けている吉住渉の人気コミック「ママレード・ボーイ」 20年の時を経て、過去にはアニメ化もされた今作が、満を持しての実写映画化となります。 今回は、そんな『ママレード・ボーイ』の魅力溢れるストーリーやキャストに土江まとめました。


イーストウッド監督の最新作!実話に基づいた『15時17分、パリ行き』

イーストウッド監督の最新作!実話に基づいた『15時17分、パリ行き』

巨匠クリント・イーストウッド監督の最新作『15時17分、パリ行き』が、2018年3月1日(木)より日本で公開されます!2015年にパリで実際に起きた、乗客全員をターゲットにした無差別テロ事件を基に製作されたノンフィクションムービー。イーストウッド監督がある"前代未聞の挑戦"をした本作品についてまとめてみました!


【最新版】面白い映画おすすめ50選!洋画も邦画も名作・人気作品を一挙紹介!

【最新版】面白い映画おすすめ50選!洋画も邦画も名作・人気作品を一挙紹介!

ラブコメ、アクション、コメディー、ミステリー、傑作、名作のおすすめ映画作品を全て集めました!まだ観たことのない作品があるなら即チェック!


ラブコメおすすめドラマ作品50選!笑ってキュンキュンしたいなら♪

ラブコメおすすめドラマ作品50選!笑ってキュンキュンしたいなら♪

ラブコメの邦モノ・洋モノ問わずにおすすめのドラマを50作品紹介します!観ていてドキドキ、いつの間にかハッピーな気持ちになれること間違いなし!あの人気作品から隠れた名作まで。シリーズ物なので、ハマりすぎ要注意です!


見応えがある!週末にみたい長編映画おすすめ50選

見応えがある!週末にみたい長編映画おすすめ50選

長い時間を潰したい人やがっつり映画を楽しみたい人におすすめなのが見応えある長い映画です。ここで紹介する作品はどれも2時間半を超える大作なので観る前に準備は整えてください。