劇場版「GANTZ:O」の物語と映像美に迫る!日本のCG技術に圧倒!

劇場版「GANTZ:O」の物語と映像美に迫る!日本のCG技術に圧倒!

奥浩哉先生が贈る壮大なスケールで描かれたコミックである「GANTZ」。累計発行部数は2100万部以上を超えた「GANTZ」が、アニメ化、実写映画を経て、更に今作ではフル3DCGアニメーション映画化「GANTZ:O」となった。その進化したCGの魅力に迫る!


『GANTZ:O』とは!

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

奥浩哉先生による大ヒットSFアクションの「GANTZ」。それは死んだはずの人間たちがある殺風景な部屋へと招かれたことからすべては始まった。その人間たちはガンツと呼ばれた球体から地球外生命体である星人と戦うことを命じられるが、それは人間の想像を遥かに超えた壮絶な死闘を繰り広げるものであった。今作は特に人気を誇るエピソード「大阪篇」が、フル3DCGアニメーションで美しく描かれている。

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

ガンツと呼ばれる不気味な球体。
この球体が数々のミッションを命じたり採点をしている。

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

原作「GANTZ」の主人公である玄野計(CV:梶裕貴)。冒頭に登場しており、緊迫感溢れる状況である。

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

今作の主人公である加藤勝(CV:小野大輔)。

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

加藤勝をリーダーとして率いる東京チーム
東京と大阪のガンツチームが自らの命を懸けた「妖怪軍団」に闘いに挑むストーリーとなっている。

とにかく舞台となる夜景がリアルで綺麗!

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

フル3DCGアニメーションとのことで、一体どのような仕上がりとなっているのか。
今作は夜景がメインとなっているようだ。この夜間の空間での灯りが緊迫感であったりこれからの死闘を盛り上げる必要不可欠の素材の一つとなっているようにも思える。全てにおいてリアリティ溢れる画面に驚かされること間違いなし!

魅力的すぎるCGならではのヒロイン達!

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

レイカ(CV:早見沙織)

GANTZといえばアクションだけでなく、ヒロインのもつセクシーさがまたイイ!その色気をフルCGでは原作での魅力をうまく引き出して描かれている。
CGでセクシーさも味わえるのはGANTZ:Oの魅力の一つ!

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

山咲杏(CV:M・A・O)

アクションシーンはGANTZの世界をとことん引き出しています!

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

GANTZといえば、星人との壮絶なアクションシーン。原作でのアクションシーンは、迫力のあるバトルがかなりのページ数で繰り広げられている。
「GANTZ:O」でもそのバトルの壮絶さはもちろんのこと、本編の96分の殆どがバトルにあてられていると言っても過言ではない。そしてただ単にバトルが淡々と続くわけではなく、とにかくカッコイイ!こんなGANTZが見たかった!というような仕上がりになっていると話題になった程だ。それ程、CGアニメーションならではのアクションは手に汗握りっぱなし!

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

蒼く光るその巨大な物体は「ハードスーツ」。星人へ挑むための希望が込められた武器である。
巨大なメカも出てくるとなれば戦いが更に熱くなる!
メカニックの魅力をここまで引き出せるのもフルCGアニメーションだからこそ。

必ず、生きて帰る。素晴らしい日本のCG技術に魅せられた映画を堪能しよう!

『GANTZ:O』(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会


CGと言えば海外アニメーションのイメージが強く感じられる中で、この日本の技術をとことん魅せているのがこの「GANTZ:O」。
3DCGアニメーションならではのアクションシーンは手に汗握る緊迫感がたまらない。
「原作を知らなくても安心して見ることが出来るようになっている」とGANTZファンも太鼓判を押していて、GANTZを知らなくても、3DCGアニメーションの技術だけでも見てみる価値アリ!
そして、気が付いた時にはGANTZ:Oの魅力に夢中になってしまうだろう。

関連する投稿


【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

4/20(金)、4/21(土)に公開される映画を一挙ご紹介。巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督のオタク心が詰まったSF映画『レディ・プレイヤー1』不可能と思われていた大人気コミックの実写映画化『いぬやしき』、『聲の形』のスタッフが再集結し、美しい世界観を出した『リズと青い鳥』などが公開されます!


福士蒼汰がオレンジ髪の死神姿に!満を持しての実写映画化『BLEACH』

福士蒼汰がオレンジ髪の死神姿に!満を持しての実写映画化『BLEACH』

久保帯人の原作で知られる漫画「BLEACH」が、実写版となって2018年7月20日より公開予定!主演・黒崎一護役に人気若手俳優の福士蒼汰、キーパーソンである朽木ルキア役に杉咲花が決定し話題となっています。全74巻でシリーズ累計発行部数9,000万部の、圧倒的人気を誇る漫画の実写版『BLEACH』の魅力に迫ります。


長澤まさみ主演作品14選!『タッチ』『海街diary』ほか『嘘を愛する女』まで!

長澤まさみ主演作品14選!『タッチ』『海街diary』ほか『嘘を愛する女』まで!

『潔く柔く』『涙そうそう』など、国民的人気女優の長澤まさみが主演を務めた作品14選や、初の舞台出演作『キャバレー』や、噂されているある疑惑についてもまとめてみました!


アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』超豪華声優陣!

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』超豪華声優陣!

1954年に誕生した映画『ゴジラ』2016年には、庵野秀明が総監督を務めた『シン・ゴジラ』が公開され、興行収入82.5億円を記録する大ヒットとなりましたね。そして本作で『ゴジラ』は誰も予想していなかった新たな”進化”を遂げます。今回、主人公役に宮野真守さんが決定!本作のあらすじ、キャストをご紹介します。


【今週末公開の映画】11/23~『火花』『ジャスティス・リーグ』『覆面系ノイズ』など

【今週末公開の映画】11/23~『火花』『ジャスティス・リーグ』『覆面系ノイズ』など

又吉直樹原作、桐谷健太×菅田将暉で贈る『火花』、DC最強の超人たちが集結した『ジャスティス・リーグ』、切なくもキュンとする片恋ラブストーリー『覆面系ノイズ』など、11/23から公開の映画をご紹介します。


最新の投稿


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

『2012』『TSUNAMI』ほか・自然災害を描いたおすすめ映画50作品まとめ

自然災害を描いた映画を紹介します。天変地異を思わせるような大規模災害に圧倒されるような作品です。


【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

【今週末公開の映画】4/20~『レディ・プレイヤー1』『いぬやしき』

4/20(金)、4/21(土)に公開される映画を一挙ご紹介。巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督のオタク心が詰まったSF映画『レディ・プレイヤー1』不可能と思われていた大人気コミックの実写映画化『いぬやしき』、『聲の形』のスタッフが再集結し、美しい世界観を出した『リズと青い鳥』などが公開されます!