ティッシュ必須の感動長編『光をくれた人』のあらすじ&キャストを紹介

ティッシュ必須の感動長編『光をくれた人』のあらすじ&キャストを紹介

マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルのW主演。2人が交際するきっかけにもなった『光をくれた人』のあらすじとキャストをご紹介します。


涙なしには見られない...『光をくれた人』ってどんな映画?

『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

「電車の中やカフェでは読んではいけない、なぜなら人目もはばからず泣いてしまうから――」と絶賛され、世界40か国以上でベストセラーとなったオーストラリアの作家M・L・ステッドマン著「海を照らす光」の映画化作品。

『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

実の母親と育ての夫婦それぞれの心の痛みと幸福が、胸を締めつけられる本作は、2016年ベネチア国際映画祭でプレミア上映され、各国マスコミから「涙なしに見られない」と絶賛を受けました。マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデルは本作での共演をきっかけに恋人同士に。

『光をくれた人』のあらすじ

『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

戦争の傷跡により心を閉ざし、オーストラリアの孤島で孤独を求めて灯台守となったトム。しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれました。

『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つけます。ある日、島に流れ着いた一隻のボート。乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊でした。

『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。それが過ちだと分かりながら願いを受け入れるトム。4年後、愛らしく育った娘とともに暮らし、幸せの絶頂にいた2人は、偶然にも娘の生みの母親ハナと出遭ってしまいます。

監督はデレク・シアンフランス

『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

本作で監督をつとめたのはデレク・シアンフランス。

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 -(C) 2012 KIMMEL DISTRIBUTION, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

ある夫婦の愛の始まりと破綻を描いた『ブルーバレンタイン』や父と息子の二代に渡るドラマを描き切った『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』など、ライアン・ゴズリング主演の名作を次々と世製作。今回は原作を自ら脚色し、メガホンをとります。

マイケル・ファスベンダーが語る本作の魅力

マイケル・ファスベンダー-(C)Getty Images

夫のトムを演じるのはマイケル・ファスベンダー。ドイツ生まれで、『それでも夜は明ける』でプランテーションの支配人、『スティーブ・ジョブズ』では本人役として登場。アカデミー賞のノミネート経験がある俳優です。本作について「「古き良き物語だと感じた。こんな脚本とは滅多に出会えない」とコメント。さらに「それぞれの登場人物が抱えてる問題はとてもリアルだし 共感できた。2人は流産を経験するが、それは多くの人が知ってる悲しみのはずだ。それについて話すことはタブー視されがちだが、いかに一般的な問題か一度、語り始めると見えてくる」と述べました。

アリシア・ヴィキャンデルが語る本作の魅力

妻役のアリシア・ヴィキャンデルは本作について「脚本を読んだとき、ものすごく心を揺さぶられたの。どの登場人物にも共感でき胸が張り裂けそうだった。ある選択をしたトムとイザベルはジレンマに陥ってしまうの。その選択が思わぬ結果を招いて、2人はつらい決断を強いられる。さらに自分たちについても考えさせられたわ」とコメント。さらに「同時に(この作品は)赦しや現実的な問題も描いている。たとえ善人でも最善策を講じるとは限らないと、観客は自らの経験と照らし合わせて必ず何かしら共感できるはずよ」と語っています。

各界の著名人が絶賛!『光をくれた人』

『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

草刈正雄、檀れい、綾戸智恵など、日本の著名人も数多く絶賛する『光をくれた人』。檀れいの言葉を借りるなら、本作は、愛とは、生きるとは、赦すとはについて考えさせられる、深く深く心に突き刺さる映画です。

関連する投稿


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。


『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』まとめ!実在のトーニャ・ハーディングと、その起こした事件とは?

第90回アカデミー賞にて助演女優賞を受賞し、そのスキャンダラスな題材と相まって話題沸騰中の『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 スキャンダルと、その事件を起こした主人公・トーニャの半生に迫る内容でありながら、独特のポップな演出が見どころの作品となっています。 今回は、トーニャと彼女が起こした事件もまとめました!


同性愛・LGBTを描いたおすすめ映画50選!

同性愛・LGBTを描いたおすすめ映画50選!

LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)の人たちのことを意味します。最近は同性愛者であることを公言する有名人も増え、昔に比べると同性愛に対しての偏見は減ってきました。しかし、まだまだ理解の及ばないところが多いと思います。今回はそんな同性愛を描いた映画を紹介します。


ドキドキが止まらない!ロマンチックな海外映画ランキングベスト20

ドキドキが止まらない!ロマンチックな海外映画ランキングベスト20

2000年以降のロマンチックな海外恋愛映画をあつめてみました!恋がしたくなることまちがいなしの恋愛映画を、ランキング形式でご紹介します。


新生ララ・クロフトが日本上陸!『トゥームレイダー ファーストミッション』の見どころは?

新生ララ・クロフトが日本上陸!『トゥームレイダー ファーストミッション』の見どころは?

原作ゲームの販売から、既に20年近くの時を経てもなお、その人気が衰えることのないコンテンツのひとつ「トゥームレイダー」 今回、アンジェリーナ・ジョリー主演で映画化された作品の前日譚を描いた新作が、キャストを今最も注目を集めるアリシア・ヴィキャンデルでリブートされます! 今回は彼女の魅力や、作品の見どころを紹介します!


最新の投稿


『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

『デッドプール2』キャスト&あらすじ紹介!前作のおさらいも!

ライアン・レイノルズがアンチヒーロー・デッドプールを演じ大ヒットを記録した『デッドプール』その続編となる『デッドプール2』!前作のおさらいから引き続きやキャストについて、さらにはデッドプールのトリビアなど、公開が待ちきれなくなる情報をまとめました。


阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

阿部寛が浮世絵に⁈笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』

『後妻業の女』の鶴橋康夫が約40年映画化を熱望し続けた、阿部寛主演で贈る笑って泣ける傑作時代劇『のみとり侍』。豪華キャストが勢ぞろいする本作品の公開日が2018年5月18日に決定しました。本記事では気になる本作について詳しくご紹介します。


ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

ドキドキ女性同士の恋愛!レズビアン映画おすすめ20選【洋画・邦画】

女性同士の恋愛=レズビアンをテーマにした作品を観たことはありますか?セクシーな女性同士の恋愛を描くシーンはまるでアートのような美しさ。ぜひワインを片手に見てほしいレズビアン映画がたくさんあります。そこで今回は海外・日本国内の作品問わず、おすすめのレズビアン作品をまとめてみました。


【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

【GWに公開の映画】『君の名前で僕を呼んで』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ほか!

4/27(金)、4/28(土)そしてGWの頭である5/4(金)、5/5(土)に公開される映画を一挙ご紹介。 数多くの豪華オールスター・ヒーローが集結する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をはじめ、公開前からメディアで多く取り上げられた『君の名前で僕を呼んで』など期待作が続々公開されます!


『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

『ゲティ家の身代金』まとめ!実在した世界一の富豪ケディとは?

実際にあった誘拐事件をベースに、誘拐された孫の身代金支払いを拒否し続ける大富豪と、誘拐された子を救おうと奔走する母を描いたサスペンス作品。 その内容と同じくらい当時取り上げられた、主演俳優のスキャンダルによる降板など、完成まで過酷を極めた今作。 今回はその制作背景から、実在したケディ家についてまとめました。