原作ファンも納得の人選!『南瓜とマヨネーズ』あらすじとキャスト

原作ファンも納得の人選!『南瓜とマヨネーズ』あらすじとキャスト

恋愛マンガの金字塔との呼び声高い魚喃キリコ原作の『南瓜とマヨネーズ』が待望の映画化!原作ファンも納得の素晴らしいキャスティングとなった、『南瓜とマヨネーズ』のあらすじとキャストをご紹介します。


原作は魚喃キリコの代表作!

「南瓜とマヨネーズ」 (C)魚喃キリコ/祥伝社フィールコミックス

映画化された『blue』や『strawberryshortcakes』などで知られる、魚喃キリコさんの恋愛マンガが原作。今回映画化される『南瓜とマヨネーズ』は、日常の普遍的な尊さと女性の繊細な心情をリアルに描いた作品になっています。

魚喃キリコによる独特のタッチで描かれた原作の空気感を忠実に再現

ほとんど白と黒のみのパッキリとした画面。シンプルでありながら、主張の強さを感じさせるタッチの線。独特の雰囲気を持ったそれこそが魚喃キリコさんの作風。その魅力に惹かれるファンは多く、映画化が決定し「あのキャラクターたち、空気感を再現できるのだろうか」と不安に思うファンも少なくなかったはず。

しかし、そんなファンたちを納得し唸らせた、今作のキャストをあらすじに合わせ紹介していきましょう。

『南瓜とマヨネーズ』あらすじ

相関図(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

ツチダは同棲中の恋人の夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き生活を支えていた。一方、恋人のせいいちは曲が書けずスランプに陥り、仕事もせず毎日だらだら過ごしていた。しかし、ツチダが生活費を稼いでいることを知り、心を入れ替え働き始める。そんな矢先ツチダは昔の恋人・ハギオと偶然再会。過去の思い出にすがるようにハギオにのめり込んでいく――。

今彼と元彼の間で揺れる主人公・ツチダ役の臼田あさ美さん

主人公のツチダを演じるのは元モデルとして活躍していた女優・臼田あさ美さん。映画化するにあたり、4年も前からオファーを受けていたそうです!

『南瓜とマヨネーズ』(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会 (C)魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』/祥伝社フィールコミックス

臼田さんがタバコを片手に思い悩む姿は、原作のツチダを彷彿とさせますね!メガホンを握った冨永監督も「ツチダは臼田さん以外ありえません」と断言するほど。

臼田あさ美さんの出演作

『愚行録』本ポスタービジュアル(C)2016「愚行録」製作委員会

臼田あさ美さんは今年2月に公開された妻夫木聡さん主演『愚行録』にも出演しています。この映画で描かれるのは、登場人物たちの綺麗なだけではない人間の生々しさと、それらが無意識のうちに積み重なっていく様。

今作で臼田あさ美さんが演じるツチダも、単なる「物語のヒロイン」ではなく「現代に生きる等身大の女性」という役どころ。そのリアルな演技は必見!

ミュージシャン志望の今彼・せいいち役の太賀さん

ツチダに支えられながらミュージシャンの夢を追う恋人・せいいち役を演じるのは、『淵に立つ』や『闇金ウシジマくんザ・ファイナル』などの作品に出演している、若手実力派俳優の太賀さん。

『南瓜とマヨネーズ』(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

同棲中の部屋で仲睦まじげに寄り添う二人。おんぶにだっこだったせいいちが、どのように変わっていくのかが気になります。また、ハギオが現れたあとはどうストーリーが展開するのかなど、目が離せません。

太賀さん出演作『走れ、絶望に追いつかれない速さで』

太賀さん主演の『走れ、絶望に追いつかれない速さで』は2016年公開の映画。友人の死を受け入れることができないまま、日々慌ただしさの中で悲しみを紛らわして過ごす主人公・漣を演じました。友人が残した絵の中にかつて友人の恋人だった女性の姿があり、そこから物語が動き出すというストーリーです。

太賀さんも、停滞した日々を過ごしつつ繊細な感情の揺れを表現することに長けている俳優さん。ファンも納得のせいいち役ですね。

ツチダが忘れられない元彼・ハギオ役のオダギリジョーさん

ツチダが忘れられない元彼・ハギオ役を演じるのは『オーバー・フェンス』や『湯を沸かすほどの熱い愛』など数々の映画に出演している、オダギリジョーさん。

『南瓜とマヨネーズ』(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

自由奔放で女にだらしないが、どこか憎めないキャラクター。ハギオとの再会により、ツチダの心は大きく揺れ動くことになります。

どこか無国籍さを感じさせる顔立ちも、ハギオの持つ色気にぴったり

『エルネスト』 -(c)2017 "ERNESTO" FILM PARTNERS.

10月には『エルネスト』でチェ・ゲバラの意志を継いだ日系人役を演じたオダギリジョーさん。

今作でのハギオへの配役について、彼の持つどこか無国籍さを感じさせる顔立ちが、危うさをはらんだ色気を持つハギオにぴったり!とファンの間で絶賛されています。

音楽監修・劇中歌制作は、やくしまるえつこさん

音楽監修・劇中歌制作は、世界最大の国際科学芸術賞でグランプリを受賞するなど唯一無二の活躍を続ける音楽家・やくしまるえつこさんが担当。ポップなようでいてどこか哀愁も感じるようなメロディーライン、そして彼女自身のウィスパーボイスにより作り出される独特の世界観は、今作の曖昧に揺れ動くツチダの心情を完璧に表現することでしょう。

『南瓜とマヨネーズ』予告編映像

予告編では、せいいちとのぬるま湯のような時間、衝突、ハギオとの再開で揺さぶられる心、さらに今作の音楽監修を手がけるやくしまるえつこさんによる劇中歌「ヒゲちゃん」のセルフカバーも聴くことができ、『南瓜とマヨネーズ』の世界観を味わえます。

心に突き刺さる等身大の恋愛映画

『南瓜とマヨネーズ』(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

他には、浅香航大さん、若葉竜也さん、清水くるみさん、光石研さんなどが出演。『乱暴と待機』『パビリオン山椒魚』などで知られる、鬼才・冨永昌敬監督が手掛けています。

『南瓜とマヨネーズ』(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

「先の見えない現在の恋人」と「忘れられない過去の恋人」2つの恋の狭間で揺れ、葛藤するツチダ。彼女は最後にせいいちとハギオのどちらを選ぶのでしょうか。ラストシーンに注目です!

この記事のライター

関連する投稿


50代のダンディー俳優まとめ!イケメン・渋メン俳優をランキング形式で紹介!

50代のダンディー俳優まとめ!イケメン・渋メン俳優をランキング形式で紹介!

こちらの記事は、50代になっても最前線を走り続けるだけでなく、漢としても魅力を出し続ける俳優を、国内外問わず20人選出!そのなかで、ランキング形式によって俳優をご紹介します!徹底した役作りによってキャラを確立した人から、どんな役もこなす名バイプレイヤーまでまとめています!果たしてあなたが気になる俳優は何位なのでしょう?


40代イケメン俳優20人!渋くてかっこいい40代俳優総まとめ[2018年最新版]

40代イケメン俳優20人!渋くてかっこいい40代俳優総まとめ[2018年最新版]

経験と実力を兼ね備えた40代イケメン俳優たち。主役だけでなく脇役もこなせる彼らは、映画やドラマに引っ張りだこですよね。今回はそんな40代イケメン俳優の中から、とびきり渋くてかっこいい20人をご紹介!代表作や私生活の情報も合わせてお伝えしていきます。お気に入りのイケメン俳優は入っているのか?ぜひチェックしてみて!


オダギリジョーの映画主演作品17選!かっこいい彼の名前は本名⁉息子は?

オダギリジョーの映画主演作品17選!かっこいい彼の名前は本名⁉息子は?

『スクラップヘブン』『ゆれる』など、朴訥さとワイルドさをうまく切り替えて演じる実力派俳優オダギリジョーの主演作品17選をご紹介します。


『愚行録』のあらすじやキャストを紹介!直木賞候補作が実写映画化!【ネタバレ注意】

『愚行録』のあらすじやキャストを紹介!直木賞候補作が実写映画化!【ネタバレ注意】

貫井徳郎の同名小説を原作とした『愚行録』。主演は妻夫木聡が務め、他にも満島ひかりや小出恵介、臼田あさ美など豪華俳優陣が出演しています。また本作は、ワーナー・ブラザース映画とオフィス北野の共同配給にて公開された作品です。今回は『愚行録』のあらすじやキャストについて紹介します。


『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじ・キャストを紹介!余命わずかの母がやり残したこととは?

『湯を沸かすほどの熱い愛』のあらすじ・キャストを紹介!余命わずかの母がやり残したこととは?

主演を宮沢りえが務めた映画『湯を沸かすほどの熱い愛』。日本アカデミー賞をはじめとする数々の映画賞を受賞し話題になりました。キャストとして宮沢りえの他に、杉咲花やオダギリジョー、松坂桃李などが出演しています。今回は映画『湯を沸かすほどの熱い愛』について紹介します。


最新の投稿


ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

かわいいな笑顔とセクシーな大人の魅力を持つジェシカ・アルバ。幼少時から女優を目指し演技の勉強をしていたという彼女の主演作品9選をご紹介します。


デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

『セブン』や『ファイト・クラブ』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャーは、作品の色を抑えた暗い画面の映画が多いことが特徴で、映画ファンからの熱狂的な人気を集める映画監督です。そんな彼のおすすめ作品10選をご紹介します。


竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

透明感のある美しさで男女問わず人気が高い美人女優・竹内結子さん。そんな彼女が出演する映画・ドラマおすすめ5選を紹介します!


広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

デビュー以来映画やドラマに数多く出演し、トップ女優として活躍し続ける広末涼子。アラフォーとなった現在でも透明感あふれる美しさでCMにも多く出演しています。そんな彼女のおすすめ映画・ドラマ6作品をご紹介します。


『キック・アス』あらすじ・キャスト紹介!オタク主人公が正義のヒーローに!?

『キック・アス』あらすじ・キャスト紹介!オタク主人公が正義のヒーローに!?

興行収入96億円を記録した、アーロン・ジョンソン主演、マシュー・ヴォーン監督の2010年のアメリカ映画『キック・アス』のあらすじ・キャストを紹介します!