【閲覧注意】観るだけで食欲をなくす⁉映画10選

【閲覧注意】観るだけで食欲をなくす⁉映画10選

映画の中には世界観を表現するために刺激的な描写が必要なものや刺激的な描写を入れるために作られたものなどがあります。今回はそんな刺激的な描写により観るだけで食欲をなくす映画を紹介します。


『ヒルズ・ハブ・アイズ』

『ミラーズ』 -(C) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

警官を退職したばかりのボブ・カーターは家族を連れてトレイラーで砂漠を横断中、車の故障に見舞われ、砂漠の中で立ち往生することになる。しかし、核実験場にほど近いその荒野には、突然変異を起こした食人一家が潜んでおり、やがてカーター一家との殺し合いが始まるのだった…。ウェス・クレイヴン監督作『サランドラ』('77)のリメイク。
構成がうまく練られており設定や世界観が伝わってきやすくわかりやすいです。食人一家との闘いがハラハラドキドキの一風変わったホラーとなっています。

『REC』

2007,スペイン,ブロードメディア・スタジオ
© 2007 CASTELAO PRODUCTIONS,S.A.

ローカルTV局の若い女性レポーター、アンヘラはカメラマンと共に消防隊の同行取材を行っていた。深夜、老婆の叫び声を聞いたという隣室の住人からの通報を受けて、現場アパートへ駆けつけると、そこはこの世の地獄だった…。本国スペインで社会現象を巻き起こし、ハリウッド・リメイクも決定したリアルパニック・ムービー。
カメラワークや演出によりドキュメンタリーかのような臨場感があり登場人物たちの恐怖感がもろに伝わってきます。

『28週後…』

2007,イギリス、スペイン,FOX
© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

ほんの一滴の血液で感染し、瞬く間に凶暴性を引き起こしては容赦なく人間を襲う新種ウィルス“RAGE”。ロンドンに蔓延し、発生してから28日後にイギリスは崩壊。11週間後に米軍がイギリスへ上陸し、18週間後にはRAGEは根絶されたと宣言される。やがて24週後、イギリス国民は都市の再構築を始めた。しかし、誰に知られることもなくRAGEはあるひとりの体内に潜伏していた。そして28週後、再び目覚める日がやってくる…。
血液感染によって人間の凶暴性が増すというありえない設定ではありますがその映像や雰囲気からかリアリティがあって恐怖が大きいです。

『グリーン・インフェルノ』

2013,アメリカ、チリ,ポニーキャニオン
© 2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.

環境保護を訴える活動をしている学生グループたちはアマゾンの森林伐採の不正を暴くために現地を訪れる。しかし、彼らの過激な活動は問題視され、強制送還されてしまう。不運にも帰路についた飛行機にエンジントラブルが発生。あえなく彼らの乗った飛行機は、熱帯雨林に墜落してしまう。生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたのは人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。捕らわれた彼らは一人、また一人と喰われていく―。
人間を家庭料理の材料としてさも当たり前のように調理するシーンは現実的と非現実的がごちゃごちゃになってしまいます。

『シマウマ』

2006,アメリカ,アスミック・エース
© 2006 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.


美人局で仲間達と一緒に金稼ぎをしていた倉神竜夫は、ある日ヤクザを引っ掛けてしまったことから、転がるように闇へと堕ちていき、“回収屋”の“ドラ”として、禁断の世界へ足を踏み入れることになるが・・・。
暴力シーンに関しては生々しく完全にやりすぎですが新人社員に通ずるような悩みを抱える主人公のストーリーが面白いです。

『ソウ3』

2006,アメリカ,アスミック・エース
© 2006 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

女刑事ケリー(ディナ・メイヤー)は、小学校でおこった殺人現場に呼び出される。鎖に繋がれた死体は爆弾で飛び散っていた。死体が行方不明となっていたエリック刑事(ドニー・ウォルバーグ)ではなかったことに、ケリーは胸をなでおろす。でも、ジグソウ(トビン・ベル)はもう動けないはずなのに、これらの仕掛けはいったい誰がやったのか? しかも、今までのジグソウのパターンとは違うようだ。その日の夜、ケリーは何者かに拉致され、気が付くと、どこかの地下室に監禁されていた…。ジグソウの謎とアマンダ(ショウニー・スミス)の秘密が本作で明らかに。『ソウ』監督・脚本を手がけたオリジナル・チームのジェームズ・ワン、リー・ワネルが2人で考えた原案を練りに練り上げ、ワネル自身が脚本を執筆、コンビで製作総指揮を担当。
1作目、2作目よりも残虐性を増していますがゲームは奥深さがあり面白いです。心理描写がうまくメッセージ性もあり考えさせられます。

『マーターズ』

2007,フランス・カナダ,キングレコード、iae
© 2008 Eskwad - Wild Bunch- TCB film

マーターズ(Martyrs)。それは“殉教者”または“犠牲者”を指し、古くは“証人”を意味する言葉。1970年初頭のフランス。行方不明となっていた少女・リュシーが、傷だらけの衰弱しきった姿で路上を彷徨っているところを発見される。何者かの手で食肉処理工場の廃墟に監禁され、長期間に渡って拷問と虐待を受けた彼女は激しいショック状態にあったが、同じ年頃の少女・アンナの献身的な介護で、少しずつトラウマを癒し、平穏な日常を取り戻していく。だが、15年後のある朝、ある家庭の玄関で呼び鈴が響く。家主が扉を開くと、そこではリュシーが猟銃を構え立っていた。自身を虐待した者達を見つけ出したと思った彼女は復讐を遂げるために引き金をひく――。
とにかく無残な拷問シーンが続くので不快感が募ります。観終わった後も痛々しい傷などが記憶として残り不快感がつきまといます。

『ホステル』

2005,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

バックパッカーをしながらヨーロッパ各地を旅行しているアメリカ人大学生のパクストン(ジェイ・ヘルナンデス)とジョッシュ(デレク・リチャードソン)、そして道中で出会ったアイスランド人のオリー(エイゾール・グジョンソン)の3人は刺激を求め、旅は次第に過激さを増していく。オランダのアムステルダムに滞在する彼らは、スロバキアのブラティスラヴァに男たちの求める快楽を全て提供する“ホステル”があるという情報を聞き、現地へと向かう…。監督は『キャビン・フィーバー』のイーライ・ロス。
とてもグロテスクでショッキングな描写が印象的ですが脚本が練られていて飽きさせない作品です。

『ムカデ人間』

2009,オランダ、イギリス,トランスフォーマー
© 2009 SIX ENTERTAINMENT

ドイツ郊外の人里離れた屋敷にひとり暮らす医師・ハイターはシャム双生児切り離しのエキスパート。しかし、彼は数人の人間の口と肛門をつなぎ合わせ、“ムカデ人間”を創ることを夢見ていた…。
博士の発想だけでも不快感を覚えてしまいますがそれを実現してしまった映像的にも気持ちの悪い作品です。

『屋敷女』

2007,フランス,キングレコード、トルネード・フィルム
© 2007 LA FABRIQUE DE FILMS- BR FILMS

クリスマスイヴの夜、出産を翌日に控えた妊婦・サラの家に見知らぬ女が忍び込んだ。サラが呼んだ警察も、何も知らないお客も、女の手により帰らぬ人となる。はさみを手にし、サラの大きなお腹を狙う女。彼女は一体何者なのか? 謎に包まれた恐怖に苛むサラを、さらに陣痛が襲う…。
ホラーに徹したとてもグロテスクな映画です。映像、音楽、脚本の全てが怖さを引き出していて普通のホラーに飽きた人におすすめの映画です。

まとめ

『ドント・ブリーズ』

観るだけで食欲をなくす映画を紹介してきましが、いかがでしたか。人によっては刺激的な描写を観ることで不快な気分になったり精神的に悪影響を被ることがあるので観る際は注意してください。

関連する投稿


【今週末公開の映画】7/13~『ジュラシックワールド/炎の王国』『グッバイ・ゴダール!』ほか

【今週末公開の映画】7/13~『ジュラシックワールド/炎の王国』『グッバイ・ゴダール!』ほか

7/13(金)、7/14(土)に公開される映画を一挙ご紹介。第1作目から約18年に及ぶ大人気シリーズ『ジュラシック・ワールド』最新作をはじめ、20年以上続く人気アニメ『ポケットモンスター』からも新作が公開。 他にもドキュメンタリー作や、人気ホラー映画のリメイクなど続々公開!


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。


後味悪い!バッドエンディングの映画50選

後味悪い!バッドエンディングの映画50選

ハリウッドの派手で爽快なヒーロー映画の多くはハッピーエンドですが、そんな映画ばかりではなく後味の悪いバッドエンドの映画もあります。今回はそんなバッドエンドの映画を紹介します。


全米スマッシュ・ヒットを記録したホラーの傑作8選!10月公開『ゲット・アウト』は必見!

全米スマッシュ・ヒットを記録したホラーの傑作8選!10月公開『ゲット・アウト』は必見!

『ゲット・アウト』決して巨額の予算をかけた大作ではなく、また前評判も至って静かだったにも関わらず、公開されるや否やその面白さが口コミで広まり、全米でスマッシュ・ヒットを記録した傑作ホラーの数々をご紹介致します。


怖いけど可笑しい⁉︎狂気を感じる映画10選

怖いけど可笑しい⁉︎狂気を感じる映画10選

道徳心や倫理観を失った時の人間の狂気というものは怖さもありますが普通ではない発想があって興味深いものです。そんな狂気を感じる映画を紹介します。


最新の投稿


ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

幼い頃から俳優業に憧れ、若くして脚本と俳優を掛けもつ偉業を成し遂げたベン・アフレック。アルコール依存症と戦いながらも、才能溢れる彼の人生!そんなベンアフレックの恋愛、苦悩等を追ってみました。おすすめ映画も含めて紹介していきます!


はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

「名探偵コナン」のだいたいのストーリーは知っているけど、いまから読むのは大変そう……と思っている人は案外多いのではないでしょうか。そんなみなさんのために、サイドストーリーは一切除外、原作単行本を基礎にメインストーリーだけを、「これから『名探偵コナン』に触れる人」向けにご紹介します!


2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年レッドカーペットを飾ったセレブ達のドレスを覗き見!

2018年も終わりに近づき、そろそろ旬なスター達を飾ったドレスの数々をまとめてみようと思います。アカデミー賞やゴールデングローブ賞等もありますが、今回は各映画やドラマのプレミアイベントで盛り上げてくれたスター達のドレスをピックアップしてみたいと思います。


あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

あまちゃん松岡茉優のプロフィール、出演ドラマ&映画について!

いまもっとも注目されている若手女優、松岡茉優。ドラマや映画だけにとどまらず、その器用なトーク力でナレーションやバラエティ番組にまで活躍の場をひろげています。ここでは彼女の経歴に少しだけ触れながら、出演した作品を紹介したいと思います。彼女の名を世間に知らしめた「あまちゃん」から、カンヌ最高賞受賞の『万引き家族』まで。


【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

【ネタバレ】知ればもっと面白い!ドラマ「ARROW/アロー」トリビア15選!キャスト、ストーリーもざっくり紹介

ダークな世界観と「THE FLASH/フラッシュ」「レジェンド・オブ・トゥモロー」などとのクロスオーバーで人気を集めるヒーロー・ドラマ「ARROW/アロー」。ドラマをもっと楽しめるトリビアや、これまでのあらすじや登場人物などをおさらいできる基本情報を改めて整理してみました。※ネタバレ内容が含まれています