アメリカンドリームなおすすめ映画!『スティーブ・ジョブズ』『幸せのちから』ほか

アメリカンドリームなおすすめ映画!『スティーブ・ジョブズ』『幸せのちから』ほか

アメリカンドリームとは社会的弱者でも努力によって手にすることができる成功を意味する言葉ですが今回はそんなアメリカンドリームを描いた映画を紹介します。


『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

パラマウント ピクチャーズ ジャパン
© 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

破格の伝説の数々を打ち立てた男は、26歳で証券会社を設立、年収4900万ドル(49億円)を稼ぎ出し、誰も思いつかない大胆なアイディアと、一瞬にして人を虜にする話術で瞬く間に成功。学歴もコネもないのにどうやってのし上がり、“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになったのか――?
とにかく物語のスケールが大きくて主人公の成り上がりっぷりがとても爽快な飽きさせない作品です。

『幸せのちから』

2006,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©2006 Revolution Studios Distribution Company,LLC.All Rights Reserved.

クリス(ウィル・スミス)はサンフランシスコで暮らす医療機器のセールスマン。家庭では5歳の息子・クリストファー(ジェイデン・スミス)の良き父親だが、セールスの方は思うようにいかず、家族を養うこともままならない。朝から晩まで働き通しで家計を支えてきたパートナーのリンダ(タンディ・ニュートン)も、とうとう苦労に耐えかねて、家を出て行ってしまう。そんなある日、学歴無用で高給取りへの道が開けると聞いたクリスは、一流証券会社の株式仲買人養成コースに申し込む。だが半年の研修期間中は無給。しかも家賃滞納でアパートを追い出され、クリスの奮闘の日々が始まった。ホームレス生活をひた隠しにしながら厳しい研修をこなす一方で、今夜のベッドの確保に奔走するクリス。そんな彼の心の支えは、どんな時も父親への変わらぬ愛と信頼が寄せる、けなげなクリストファーの存在だった。クリスは愛する息子の笑顔に励まされながら、まだ見ぬ幸せを目指して走り続ける...。
うまくいかない時に元気をもらえます。親子の絆が素晴らしい心温まる作品です。

『しあわせの隠れ場者』

2009,アメリカ,ワーナー・ブラザース
© 2009 ALCON FILM FUND, LLC ALL RIGHTS RESERVED

実の母親の元を離れ、ホームレス状態になったオアーは、高校2年生の時に裕福な家庭の母親と出会い、養子として迎えられる。温かな家族の愛に触れ、家族の大切さを知るオアー。そしてその家族と共に知らなかった自分の驚くべき才能を開花させていく――。昨年4月にプロのアメフト・リーグNFLのボルティモア・レイブンズにドラフト指名された新人プレイヤー、マイケル・オアーの半生を描いたノンフィクション。
アメリカ社会の中にある数々の問題を取り上げていますが決して重苦しくはなく、コメディタッチに仕上げれていて最後は心温まるハッピーエンドなので気軽に観ることができます。

『ソーシャル・ネットワーク』

2010,アメリカ,SPE
© 2010 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

反抗的な性格の持ち主ながら頭の回転が速く天才肌のマーク・ザッカーバーグはある日、ハーバード大学内で注目を集めるため、親友のサベリンとある計画を立てる。インターネット業界伝説の男、シアン・パーカーに導かれ、ふたりが始めたソーシャル・ネットワーキング・サービス「Facebook」はアイヴィー・リーガーたちの絶大な支持を受け、やがて社会現象を巻き起こすまでに!彼らは一躍有名になったが、気がつくと人間関係という直接的な愛憎の渦に巻き込まれていた...。世界最大のSNSサイト「Facebook」創始者の真実を描いたストーリー。
アイデアを実行することの価値や素晴らしさを学べる映画です。行動したいけど躊躇ってしまい、なかなかできない人におすすめです。

『スティーブ・ジョブズ』

2015,アメリカ,東宝東和
© Universal Pictures

パソコンか携帯電話さえあれば、指1本動かすだけで、いつでもどこでも世界中とつながることができる。現代ではすっかり当たり前のライフスタイルを実現させた男、スティーブ・ジョブズ。本作は、アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマの生き様の全てに迫った人間ドラマです。
スティーブ・ジョブズを美化せずにありのままを伝えることで彼の圧倒的な存在感を描くことができています。

『スラムドッグ$ミリオネア』

2008,アメリカ,ギャガ・コミュニケーションズ
© 2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation

インドのスラム街で育った孤児のジャマール(イルファン・カーン)は、世界的な人気番組「クイズ$ミリオネア」で、あと一問で全問正解という状況にいた。だが、無学の少年が答えられるはずないと、司会者には疑われ、賞金の支払いを渋るTV番組会社の差し金で警察に連行され、尋問を受けることになる。一体なぜ、ジャマールは100ドル札に印刷された大統領の名前や、ピストルの発明者を知り得たのか...?警察の尋問、クイズが続く番組、そして彼の子供時代の記憶を行き来しながら、貧富の差が混在するインドを生き抜いた少年の人生を描く。
終始スピード感と迫力があり雰囲気がとても良い作品となっています。キャラクターに個性があって魅力的です。

『デザート・フラワー』

2009年,ドイツ、オーストリア、フランス,エスパース・サロウ、ショウゲート
© Desert Flower Filmproductions GmbH

アフリカの貧しい家庭で生まれ育ったワリス・ディリー(リヤ・ケベデ)は、13歳のときに父親にお金と引き換えに結婚させられそうになったことがきっかけで、家族の元を離れる。広大な砂漠をたったひとりで抜け出し、ロンドンへたどり着いたワリスは、刺激に満ちた大都会で、孤独な路上生活を送っていた。そんなある日、一流ファッションカメラマンにスカウトされ、彼女はショーモデルへと劇的な転身を遂げる。やがて名実ともに世界的トップモデルとなったワリスだったが、彼女には衝撃の過去があった――。
単純なサクセスストーリーだと思ってみたら大きなショックをうけることになります。宗教問題も取り扱った奥深い作品です。

『ジャージー・ボーイズ』

2014,アメリカ,ワーナー・ブラザース
© 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT

ニュージャージーの貧しい町で生まれ育った4人の若者。この町から抜け出すには、軍隊に入るか、ギャングか、スターになるしかない。4人は最後の選択肢“スター”を選んだ。神から与えられた類まれな歌声と、曲を作る才能、そして完璧なハーモニーだけで、なんとかスターダムにのし上がるが、待っていたのは栄光の果ての挫折。しかし、それでも彼らは歌い続けた――。
本格的で完成度の高いミュージカルもさることながらドラマの部分においてもとても面白いです。

『イヴ・サンローラン』

2010,フランス,ファントム・フィルム
© 2010 LES FILMS DU LENDEMAIN - LES FILMS DE PIERRE - FRANCE 3 CINEMA

ココ・シャネル、クリスチャン・ディオールらとともに20世紀のファッション業界の最高峰で、引退する2002年まで活躍し続けたイヴ・サン=ローラン。モード界におけるイヴ・サン=ローランの輝かしい功績を綴りながら、ブランドの歴史や彼自身のありのままの素顔や言葉が、50年間彼と共に歩んできたピエール・ベルジュによって初めて語られる。イヴ・サン=ローランの創造への苦悩や愛の日々を描いた公式ドキュメンタリー。
才能が一点に集中してしまったが故に人間性が欠落してしまった男の人生を描いた作品です。とても内容が濃く、見応えのある作品です。

『ココ・シャネル』

2008,アメリカ、イタリア、フランス,ピックス
© 2009 ALCHEMY/PIX ALL RIGHTS RESERVED.

1954年、パリ。空白の15年を経て、復帰コレクションを用意したココ・シャネル(シャーリー・マクレーン)のオートクチュール店にはたくさんの評論家や顧客が詰めかけていた。しかし、コレクションは不評に終わり、落胆するココと、ビジネス・パートナーのマルク・ボウシエ(マルコム・マクダウェル)。ココは、孤児からお針子となり、デザイナーとしての地位を築いた日々を回想する――。ファッションへの野心と燃えるような愛を貫き生きた、世界で最も有名なデザイナー、ココ・シャネルの伝説の物語。空白の15年を経たシャネルを大女優、シャーリー・マクレーンが、若き日のシャネルをバーボラ・ボブローヴァが演じる。およそ70着もの衣裳とヴィンテージの宝石、バッグが物語を彩る。
シャネルの立ち振る舞いがセンシティブで周りに流されない姿が爽快です。

まとめ

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 -(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

アメリカンドリームを描いた映画を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。貧困に悩む人々が社会的な地位や富を手にしていく姿には勇気がもらえますね。気になった作品があればぜひ観てください。

『大いなる陰謀』

© 2007 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.

“対テロ戦争”を掲げ、大統領選へと野望を抱く上院議員(トム・クルーズ)。
その裏に巨大な陰謀を感じ取ったジャーナリスト(メリル・ストリープ)は、議員との会話の中から彼の隠す真実を暴こうと画策する。
一方、アフガニスタンで対テロ戦争に命をかける若者たちを誇りに思いながらも、戸惑いを感じていた大学教授(ロバート・レッドフォード)がいた。
それぞれの思惑が一つに繋がろうとしていたとき、何も知らずに戦場へと向かう若者たちの未来が、大きな陰謀の渦に巻き込まれようとしていた――。

『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』

© 2014 PM/IN Finance.LLC

1981年、今日も不穏な事件のニュースで1日が始まるニューヨーク。
一代で築き上げたオイルカンパニー"スタンダード・ヒーティング・オイル社"の社長として、脇目も振らず働いてきた移民のアベル・モラレス(オスカー・アイザック)は大切な契約の日を迎えていた。
事業拡大のためにユダヤ人の土地の購入を計画、手付金として全財産を支払うのだ。
30日以内に残金を渡さなければ、その金は返ってこない。まさに人生を賭けた取引だった。
ちょうどその頃、アベルの会社の運転手のジュリアン(エリス・ガベル)が襲われ、積荷のオイルごとトラックを奪われる。
何度も続く強奪に、ブルックリンのギャングを父に持つ妻のアナ(ジェシカ・チャステイン)は、「これは"戦争"よ」と息まいて兄に相談しようとするが、クリーンなビジネスが信条のアベルはキッパリと制止する。
弁護士のアンドリュー・ウォルシュ(アルバート・ブルックス)と共に、ローレンス検事(デヴィッド・オイェロウォ)を訪ねて助けを求めるアベル。
この2年、ローレンスはアベルの会社に企業犯罪の疑惑を抱き、 徹底的に調べていた。
同業他社も捜査していると睨んだアベルは、その情報から襲撃する連中の見当がつくはずだと考えたのだ。
ローレンスはその頼みを断った上に、アベルを脱税と詐欺で告訴すると告げる。

『華麗なるギャツビー』

© 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved

1922年の春、アメリカはジャズと禁酒法と乱れたモラルが漂う時代。
作家志望のニック・キャラウェイは夢を追いかけてニューヨークへ上京した。
隣人は毎晩盛大なパーティを開く大富豪、ジェイ・ギャツビー。
近くにはいとこのデイジーとその夫である女好きの貴族出身、トム・ブキャナンが住んでいた。
彼ら上流階級の幻想、愛、偽りの世界を目の当たりにしたニックは、それらに惹かれながらも、
揺るぎない夢と叶わぬ愛を貫こうとする――。

『夜に生きる』

© 2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

舞台は禁酒法時代のボストン。
野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代。
厳格な家庭に育ったジョー(ベン・アフレック)は、警察幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。
ある日、ジョーは対立組織のボスの恋人エマ(エル・ファニング)と出逢ったことでジョーの人生は激変する――。

『バーレスク』

地方から歌手になる夢を追いかけて大都会ロサンゼルスにやってきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、ここでテス(シェール)が経営するバーレスク・クラブで働き始める。
やがて、アリの抜群の歌唱力が話題になり、クラブは大盛況を極めていく――。

『サバービコン 仮面を被った街』

© 2017 SUBURBICON BLACK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ロッジ家は家族4人、平穏に暮らしていたが、ある日繁栄が約束された郊外の街サバービコンに
黒人一家が越してきたことから街の様子は一変し、不穏な空気が漂い始め、ロッジ家に
強盗が入りローズが殺されるという悲劇が。
妹が亡くなり悲しみにくれるマーガレットらロッジ一家。
そんな中、街に漂う胡散臭い匂いに惹きつけられるように保険調査員のバド・クーパーが
やってきて――。

『カリフォルニア・ドールズ』

© 映画『カリフォルニア・ドールズ』 All Rights Reserved.

わずかなファイトマネーを求めて、「カリフォルニア・ドールズ」のあてなき旅は毎日が崖っぷち。
マネージャーは頑固者で野心家、仕事のためなら嘘もつく。
そんな彼に導かれて彼女たちの旅は、想定外の落とし穴と思わぬ喜びが待ち受けている――。

『プラダを着た悪魔』

©2006 TWENTIETH CENTURY FOX

大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。
オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった!
それは一流ファッション誌のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のアシスタント。
しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった…!
ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。
朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上“センス、ゼロ!”と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは戦えないことを思い知らされる。
キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。
この会社で、このままでいいの? 私って、本当は何をしたいんだっけ…?
働く女性なら誰でも共感してしまう等身大の悩みを、華やかなファッション業界を舞台に
ゴージャス&ユーモラスに描く。

『クリード チャンプを継ぐ男』

© 2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

元ヘビー級王者アポロ・クリードの愛人の息子アドニス(マイケル・B・ジョーダン)は、生まれる前に死んだ父を知らずに育つ。
だが、その血に流れる戦いへの情熱は抑えられず、かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)を探し出し、トレーナーを依頼する。
一度は断るロッキーだが、親友アポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見出し、アドニスをチャンピオンにすると決意。
果たして絶対的不利なアドニスと、かつての英雄ロッキーは奇跡を起こすことができるのか!?

『ランナーランナー』

(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

プリンストン大学に在学する天才学生リッチー(ジャスティン・ティンバーレイク)は、貴重な学費をオンライン・カジノのポーカーで“スッて”しまう。
だが、ネットカジノのペテンに気づいた彼は、カジノサイトのオーナー(ベン・アフレック)のもとへ談判に乗り込んでいくが、そこで待ち構えていたのは、自分の命を賭けることになる一世一代の大博打だった…。

『ドリーム』

© 2016Twentieth Century Fox

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ヴォ―ン、メアリー・ジャクソン。
大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、全ての世代を大きな夢へと導いた感動の実話。

『はじまりのうた』

© 2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

ミュージシャンの彼に裏切られ、バーで歌う失意の主人公グレタ。
偶然居合わせた落ち目の音楽プロデューサーと出会いデビューの話へと発展するが、録音スタジオはなんとニューヨークの街角!? 
予想外の展開からグレタは思いもよらぬ最高の瞬間を手に入れることに――。

『パティ・ケイク$』

© 2017 Twentieth Century Fox

主人公のパティは、掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌手だった母と、車椅子の祖母と3人暮らし。
23歳の彼女は、憧れのラップの神様O-Zのように名声を手に入れ、地元を出ることを夢みていた。
金ナシ、職ナシ、その見た目からダンボ!と嘲笑されるパティにとって、ヒップホップ音楽は魂の叫びであり、観るもの全ての感情を揺さぶる奇跡の秘密兵器だった。
パティはある日、フリースタイルラップ・バトルで因縁の相手を渾身のライムで打ち負かし、諦めかけていたスターになる夢に再び挑戦する勇気を手に入れる。
そんな彼女のもとに、正式なオーディションに出場するチャンスが舞い込んでくる――。

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

© 2007 by PARAMOUNT VANTAGE, a Division of PARAMOUNT PICTURES and MIRAMAX FILM CORP. All Rights Reserved.

20世紀初頭のカリフォルニアを舞台に、石油採掘によって富と権力を手に入れていく鉱山労働者(ダニエル・デイ=ルイス)と、その家族の愛と確執を軸に、石油業界にうごめく陰謀を鋭く描く壮大なる人間ドラマ。

『ナイトクローラー』

© 2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。
さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。
良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレートしていく。
そして、遂にルーは一線を越える──。

『ゴールド/金塊の行方』

インドネシアの山奥で過去最大と呼ばれる巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げた探鉱者、ケニー・ウェルス(マシュー・マコノヒー)。
倒産寸前だった彼の会社はV字回復。
ウォール街の巨大投資銀行から全世界の金山を牛耳ってきた黄金王までがケニーの成功を賞賛し、それを連日報じる全米のメディアは、彼を一躍スターへと押し上げた。
そんな中、報じられたのは衝撃のニュースだった。
170億ドルの金塊が一夜にして消えた――。
「オレは何も知らない!」ケニーの主張もむなしく、会社の株価は大暴落。
混乱の中、メディアや株主からの追求は激しさを増し、そして遂にFBIの捜査が始まった。
騙したのは、誰だ。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロック(マイケル・キートン)は、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。
ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。
どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック(ニック・オファーマン)&マック(ジョン・キャロル・リンチ)兄弟が経営するハンバーガー店があった。
合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。
次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。
やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく――。

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』

© 2008 Warner Bros. Ent. Inc. © 2008 Village Roadshow Films (BVI) Ltd.

仕事でもプライベートでも「ノー」、「嫌だ」、「パス」と答える極めて後ろ向きの男、カール・アレン(ジム・キャリー)。
親友の婚約パーティまですぽっかしてしまい、“生き方を変えない限り、お前はひとりぼっちになる”と言われてしまったカールは、勇気をふり絞って、とあるセミナーに参加する。
そこでは、何事も否定せず「イエス」と答えなければならない…。
偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)は、カールの積極的でユーモアのある人柄に惚れ込む。
やがて、人が変わったように運気をどんどん上げていくカール。
だが、全てが好転し始めたとき、思わぬどんでん返しが待ち受けていた――!?

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』

© 2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイルは、アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っている。
ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがエミリーにバレて、2人は破局を迎える。
ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。
病院へ駆けつけたクメイルは、彼がエミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリーとベスに出会う。
最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。
彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。
果たして、エミリーは目覚めるのか? そのとき、2人の未来の行方は…?

関連する投稿


芯の強さを演じればピカイチ!ジェシカ・チャステインの魅力とおすすめ映画!

芯の強さを演じればピカイチ!ジェシカ・チャステインの魅力とおすすめ映画!

芯の強さを感じさせる美女を、決して個性を際立たせる方法じゃなく凛と演じるジェシカ・チャステイン。 観る者に無理強いさせない、女性本来の優しさも秘めた彼女の演技が素晴らしいです。大地のように揺るがない自信と包容力を持つ彼女に触れる事が出来る作品をおすすめしていきます。


ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

ハリーポッターのスピンオフ作品『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』とは?

日本でも大人気の「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品として製作された2016年公開の『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』。原作者のJ・K・ローリングが脚本を担当したこともあり、話題になりました。そんな本作のあらすじやキャストについて紹介します。


Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

Netflix「ブラッドライン」出演中リンダ・カーデリーニのまとめ

現在ネットフリックスで配信中のオリジナル作品「ブラッドライン」に出演中のリンダ・カーデリーニ。ドラマから大ヒット映画にも出演するなど実力派女優として知られています。今回はそんな彼女についてまとめてみました。


貧困を描いた映画50選!人間の底力ってすごい!

貧困を描いた映画50選!人間の底力ってすごい!

貧富の差が問題となっている今、貧困について考えることは大切です。愛や努力で貧困を耐え抜いた感動の映画を50本紹介します。


『アメリ』『最強のふたり』花の都パリを舞台にした映画50選!

『アメリ』『最強のふたり』花の都パリを舞台にした映画50選!

パリを舞台にした、『勝手にしやがれ』『巴里のアメリカ人』など、世界に名だたる名作50選をご紹介します。


最新の投稿


ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

ショートヘアが可愛い♡女優ミア・ワシコウスカのおすすめ出演映画作品!

オーストラリア出身の実力派女優ミア・ワシコウスカ。可愛いベリーショートヘアがよく似合っていて印象的な彼女。私生活はとてもミステリアスだけど、映画の中での彼女は多彩で様々な顔を魅せてくれます。その中でもおすすめの映画を紹介していきたいと思います。


圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

圧巻の演技力!北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルが超カワイイ!

ヴィトンのミューズ、そしてハリウッドのイットガール、アリシア・ヴィキャンデル。その美貌だけでなく、アカデミー賞受賞の演技力も兼ね揃えた、近年大注目の女優のひとりである彼女の魅力をご紹介します!


面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

面白い邦画おすすめ作品ベスト100‼なんの映画を観ようか迷ったら♪

邦画でズバリおすすめなのはこの映画‼映画選びに迷ったら、この記事を読むべし!面白い邦画を100作品集めました。あなたはこの中から何作品観たことがありますか?


ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

ベン・アフレックの気になる私生活と出演映画特集!

幼い頃から俳優業に憧れ、若くして脚本と俳優を掛けもつ偉業を成し遂げたベン・アフレック。アルコール依存症と戦いながらも、才能溢れる彼の人生!そんなベンアフレックの恋愛、苦悩等を追ってみました。おすすめ映画も含めて紹介していきます!


はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

はじめての人向け『名探偵コナン』あらすじ&キャラクター紹介!ネタバレありで紹介!

「名探偵コナン」のだいたいのストーリーは知っているけど、いまから読むのは大変そう……と思っている人は案外多いのではないでしょうか。そんなみなさんのために、サイドストーリーは一切除外、原作単行本を基礎にメインストーリーだけを、「これから『名探偵コナン』に触れる人」向けにご紹介します!