カンヌ国際映画祭で一番の注目作品!『BPM (Beats Per Minute)』

カンヌ国際映画祭で一番の注目作品!『BPM (Beats Per Minute)』

カンヌ国際映画祭の審査員長を涙させ、世界中の雑誌から惜しみない賞賛を受ける『BPM (Beats Per Minute)』のあらすじなどをご紹介します。


『BPM (Beats Per Minute)』の作品紹介とあらすじ

第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、FIPRESCI(国際映画批評家連盟)賞と次点にあたるグランプリをW受賞し話題となっている、ロバン・カンピヨ監督『BPM (Beats Per Minute)』。

ロバン・カンピヨ /第70回カンヌ国際映画祭授賞式-(C)AYAKO ISHIZU

舞台は1990年代初めのパリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描きます。「ACT UP」のメンバーだったというカンピヨ監督自身の経験が物語のベースとなり、当時のゲイコミュニティを詳細に描写。

カンヌ国際映画祭の審査員長が絶賛!

ペドロ・アルモドバル監督-(C)Getty Images

本作はカンヌの下馬評で各誌軒並み高評価を獲得。パルム・ドールやグランプリと予想している媒体も多数目立ち、今回のカンヌで最も注目を浴びた作品といえます。

ペドロ・アルモドバル監督-(C)Getty Images

熱心なLGBT人権活動家でもある審査員長のペドロ・アルモドバル監督は記者会見で『BPM (Beats Per Minute)』がパルム・ドールを受賞しなくて悔しかったか? と聞かれ、「映画は素晴らしかった。最初から最後まで心を打たれたよ。でも審査は民主的な方法で行われた。いま言えるのはこれだけだ」と答えました。

ペドロ・アルモドバル(C)Getty Images

さらに、涙を流しながら「ロバン・カンピヨ監督の作品は、我々(審査員)の大多数が気に入っていた。きっとどの国でも成功を収めるだろう。ストーリーは何年も前に起こったことであり、これはLGBTの人々によって伝えられるべきである。不公平な世の中について語っていて、何人もの命を救った本物のヒーローたちをカンピヨ監督は描いてくれた。それには私たちも共感している」と続けてコメント。

監督、ロバン・カンピヨのコメント

『散歩する侵略者』70回カンヌ国際映画祭(C)Kazuko Wakayama

本作品でメガホンをとったカンピヨ監督は授賞式のスピーチで、「この作品は、エイズで亡くなられた方へのオマージュであるとともに、頑張って生きている方々を勇気づけるものでもあります。勇気を持って闘い続けている人、当時、命を懸けて(ACT UP)の活動を行った人を想い、この作品を作りました」と、企画の意図について明かしました。

『The Beguiled』第70回カンヌ国際映画祭にて (C) KAZUKO WAKAYAMA

さらに授賞式後の記者会見では、「とてもパーソナルな内容である本作を作るにあたり、感情的にならないように必死だった」と撮影当時を振り返る場面も。ACT UPのメンバーだった監督は、当時、エイズ治療薬を提供しないフランスの製薬会社を巡って、ミッテラン政権と闘った経験があります。「この時代を生きるヒーローを描きたかったんだ。10年間もこの感染症に耐えなければいけならず、世間に被害者として見られ、急に“病んでいるホモセクシュアル”として見なされながらも、何人もの命を救う行動を起こしたことは、英雄的だったと思う」(画像は全て第70回カンヌ国際映画祭の様子を伝える写真です)

「Variety」をはじめ各誌が絶賛!

リューベン・オストルンド監督/第70回カンヌ国際映画祭授賞式 -(C)AYAKO ISHIZU

すでに各誌で絶賛を受けており、「Variety」誌では「21世紀、世界的に、中でも特にゲイコミュニティに影を落としたヘルス危機を、アメリカ以外の視点から描いているのは稀で貴重。『フィラデルフィア』や『ダラス・バイヤーズクラブ』のような政治色の強いAIDSドラマと比べて熱が感じられる」と評し、「主人公のショーンとネイサンの優しく互いを支え合うロマンスは、それぞれの人間性の奥深い部分を見せてくれる」とコメント。

また、「IndieWire」誌は「感動的なラブストーリーであると同時に、社会的活動が無関心な人々の目を覚めさせるためにいかに有効的かを証明していて、政治的にも関心も呼ぶにちがいない!」、「VANITY FAIR」誌では「パルム・ドール候補に挙げられるのも納得! AIDS患者の数が増えているにも関わらず、1980~1990年代のトラウマが薄らいでいってしまっている中、きちんと配給およびマーケティングされることを願っている」と評しています。(画像は第70回カンヌ国際映画祭の様子及び出展された作品です)

『BPM (Beats Per Minute)』は年内に日本公開予定!

第70回カンヌ国際映画祭-(C)AYAKO ISHIZU

審査員長のアルモドバルも涙で絶賛を贈る、若者たちの愛と人生を描いた『BPM (Beats Per Minute)』は2017年内に全国で公開予定です!

関連する投稿


映画『スーサイド・スクワッド』あらすじ・キャスト・魅力まとめ!

映画『スーサイド・スクワッド』あらすじ・キャスト・魅力まとめ!

『スーサイド・スクワッド』とは一体どんな映画なのか、ご存知ですか?今回は、個性豊かな“悪役”が勢ぞろいした『スーサイド・スクワッド』のあらすじやキャスト、魅力などを紹介!もう映画を観た方もまだ観ていない方も必見です。


スペイン映画おすすめ人気作12選!美しい女優達にも注目♡

スペイン映画おすすめ人気作12選!美しい女優達にも注目♡

アントニオ・ガウディの個性的な建造物や、伝統的な美術装飾、美しい景色が世界中の旅行者たちを魅了するスペイン。フラメンコなどの情熱的な舞踏の舞も、スペインのイメージとしてパッと浮かぶ。そしてエキゾチックな美人女性が多く、ペネロペ・クルスを代表とする美しく魅惑的な女優さんたちもハリウッドに数多く輩出しているスペイン映画界。他国よりも文化的に発信される描写の規制は厳しくないのでビックリするような作品も存在していますが、斬新な切り口で官能的に訴えかけてくる映画が沢山あり、ひとつ作品を観るとその関連で魅力溢れる作品にヒットしていくので自分にとっての逸品を探す楽しさもあります。今回はいくつかスペイン映画の代表作を紹介していきたいと思います。


フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

フランス映画おすすめ代表作8選!2019年公開の最新作も紹介♪

冬は暖かい部屋で趣味に没頭したりして、芸術的な感性も研ぎ澄まされてきやすい時期。普段置きっぱなしの雑誌や画集なんかを手に取ってみたり、映画を観ながらゆっくり過ごしたい...。という事で2010年代のフランス映画をいくつか紹介していきたいと思います。フランス映画は、活発に動き回っている時にサラっと観れる作品が少ないですが、個人的には涼しくなってくる秋頃から冬、外の震える寒さから逃れて家にいる時、映画館でのんびり休日を楽しみたい時期にピッタリだと感じます。ポートレートのように美しい風景や、芸術的なインテリアや食器コーディネート、凛とした女優さんの輝き、ウィットに富んだ会話の心地よさ、見終わった後の何とも言えない独特な余韻に浸りましょう!


ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

ジャレッド・レトの出演映画まとめ!日本ロケのあの作品も!気になる恋人は?

少年のような若いルックスと、どこか危ない魅力を放つハリウッドのモテ男ジャレッド・レト。両親の離婚により方々を巡り、様々な環境で少年時代を過ごした彼は、俳優として活躍するだけに留まらず、全米チャート入りも果たしているロック・バンド "Thirty Second To Mars" のヴォーカリスト兼リズムギター担当でソングライティングまでこなしている。プライベートでもキャメロン・ディアスやアンジェリーナ・ジョリー等、ハリウッドを代表する美人女優たちとの浮名を流すモテっぷりが話題に..。そんなジャレッド・レトの生い立ちや華やかな歴代彼女たち、役に入り込んだ時のエピソード、キャリア、主な出演映画の紹介などを詰め込んで紹介します!


『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』日本が舞台の最新ストップモーション・アニメが上陸!

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』日本が舞台の最新ストップモーション・アニメが上陸!

『コララインとボタンの魔女』などで知られるストップモーション・アニメの草分け「スタジオライカ」の最新作『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』。今作は日本を舞台に描かれており、アカデミー賞ほか世界の映画賞を席巻しています。 。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。