シリーズ最終章!『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のあらすじ&シリーズおさらい&キャストを紹介!

シリーズ最終章!『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のあらすじ&シリーズおさらい&キャストを紹介!

初代『猿の惑星』の前日譚を描いたリブートシリーズ『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のあらすじやシリーズおさらい、キャストをご紹介します。


リブートシリーズ第3弾!『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』ってどんな映画?

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation

1968年に第1作が公開されて以降、49年間人々の注目を集め続けている『猿の惑星』シリーズ。2011年に公開された『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を皮切りとしたリブート作品の第3弾が『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』。「そして、猿の惑星になる。」というキャッチコピーにドキリとさせられます。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のあらすじ

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核に、地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりが、ついにクライマックスを迎えます。未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは、猿か、それとも人類か。誰もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマがついに明らかに。

マット・リーヴス-(C)Getty Images

愛する者を失ったシーザーと彼の抹殺をもくろむ人類。地球は、ついに“猿の惑星”へと変貌していくのか。極限の怒りと葛藤のドラマが交錯するとき、猿と人類の“人間性”をかけた“聖戦(グレート・ウォー)”が幕を開けます。

シリーズおさらい①『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のあらすじ

© 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation

製薬会社に勤める神経科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、ある日実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付きます。アルツハイマー病の新薬が投与されていたその猿を見せ上司や同僚に成果を発表したウィル。しかし、突如猿は暴れだし射殺されてしまい、所長からプロジェクトの中止命令が。アルツハイマー病を患う父親のために研究を止めるわけにはいかなかった彼は、射殺された猿が妊娠していたことを知り、生まれたばかりの赤ん坊を連れて帰り“シーザー”と名付けて育てることに。3年後、ウィルとシーザー(アンディ・サーキス)の間には本物の親子のような絆が生まれ、シーザーは母親から受け継いだ特殊な遺伝子で類まれな知性を発揮していき…。

シリーズおさらい②『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のあらすじ

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox

知性あふれる指導者であり、妻を持ち、父親にもなったシーザー。ある日、人間たちが彼らの森に足を踏み入れたことがきっかけで、家族と仲間を守るための複雑な葛藤に直面。一方、猿ウイルスから生き残った人間の側にも切実な事情があり、穏健派のマルコムを中心とする人間たちは、平和的な共存を望みながらも思いがけない運命を辿ることに。やがて、誰も予想しえない敵対者との死闘が繰り広げられ...。

シリーズおさらい③そして物語はここにつながる...『猿の惑星』(1968)のあらすじ

猿のシーザー&アンディ・サーキス/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox

地球へ帰還するはずだった宇宙船が漂着したのは、どことなく地球によく似た大地。そこは猿が人間を支配する惑星でした。状況が飲み込めず混乱する船員たち。やがてひとつの事実が明らかになります。ここは未来の地球であった、と...。

シーザーを演じるのはおなじみアンディ・サーキス!

アンディ・サーキス/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox

猿のリーダー、シーザーを演じるのは前2作とおなじくアンディ・サーキス。

アンディ・サーキス(ゴラム役)/(C) Getty Images (C) 2012 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役、『キング・コング』のキング・コング役などで知られ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では悪役のスノークを演じた、パフォーマンス・キャプチャーの第一人者にしてスペシャリストです。

ウディ・ハレルソンも出演!

ウディ・ハレルソン-(C)Getty Images

『ナチュラル・ボーン・キラーズ』や『ノーカントリー』に出演したウディ・ハレルソンもメインキャストとして登場することが決まっています。どのような活躍を見せるのでしょうか?

すべてがつながる――『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は10月に公開予定!

アンディ・サーキス -(C) Getty Images

残された謎、これまでの軌跡、全てに決着がつく、リブートシリーズ最終章『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は2017年10月に全国公開予定です!

関連する投稿


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


アベンジャーズの新星『ブラック・パンサー』を見逃すな!エンディングのネタバレあり!

アベンジャーズの新星『ブラック・パンサー』を見逃すな!エンディングのネタバレあり!

2018年3月1日から公開の『ブラック・パンサー』。マーベルの『アベンジャーズ』に加わる新たなヒーローが登場です。今回はぜったいに見逃せない新ヒーロー『ブラック・パンサー』のエンディングのネタバレや、次回作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』についてまとめてみました。


伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画!アカデミー賞有力候補!?伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画

伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画!アカデミー賞有力候補!?伏兵『スリー・ビルボード』はこんな映画

今年もアカデミー賞の時期が近付いてまいりました。映画ファンにとってはなんだかんだで気になりますね。今回はスピルバーグやキャスリン・ビグロー監督の作品が有力視されていましたが、意外な伏兵が賞レースの有力視されています。気になある存在『スリー・ビルボード』について紹介します!


オーランド・ブルームは超がつくモテ男!ハリウッドきってのイケメン親日家俳優の魅力!

オーランド・ブルームは超がつくモテ男!ハリウッドきってのイケメン親日家俳優の魅力!

デビューから絶えず映画出演を続けるハリウッドきってのモテ男、オーランド・ブルーム。 「ロード・オブ・ザ・リング」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」の出演を機に大人気となり、たれ目の笑顔がたまらない!と、女性から絶大な人気を得ていますよね♡


2016年映画興行収入ランキング50位!『君の名は。』『シン・ゴジラ』ほか♪

2016年映画興行収入ランキング50位!『君の名は。』『シン・ゴジラ』ほか♪

2016年の映画興行収入ランキングを紹介します。


最新の投稿


【2018年度版】絶対に面白い映画20選!これは観なくちゃヤバい!

【2018年度版】絶対に面白い映画20選!これは観なくちゃヤバい!

本当に面白い映画はコレ!過去の名作から、今年度最新の映画まで、本当に面白い映画だけを20作品集めました!


ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

ちょい役だけど記憶に残る!アベンジャーズ出演の名脇役トーマス・クレッチマンのまとめ

数々の有名作品にちょい役での出演なのに、なぜか記憶に残る俳優トーマス・クレッチマン。でもちょい役なだけに顔は知ってるんだけど、名前は知らないという方も多いのでは?今回はそんな彼の生い立ちや魅力、出演作品をお伝えしていきます。


6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

6/22金曜ロードショー『ファインディング・ドリー』みどころ

『ファインディング・ドリー』は『ファインディング・ニモ』の続編。 ニモを、父親のマーリンとともに救った"忘れん坊"のドリーが、今作では主役に! ドリーは忘れてしまっていた両親を探して、マーリンとニモと再び大海原に冒険の旅に出かけます。 『ファインディング・ドリー』のみどころをご紹介!


青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

青春映画の名作を一挙50作品紹介!戻りたいあの時代へフラッシュバック!

若き良き青春時代!誰にでも一度はあった切ないあの時を思い出したいときに!おすすめの青春映画の傑作、名作をご紹介いたします。いま青春真っただ中のあなたにもピッタリ!


今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

今週末公開の映画 6/22〜『焼肉ドラゴン』『猫は抱くもの』

6/22(金)、6/23(土)に公開される映画を一挙ご紹介。大泉洋迫真の演技『焼肉ドラゴン』から、沢尻エリカ6年ぶりの主演映画『猫は抱くもの』、昨年多くの映画賞を獲得したドキュメンタリー作品『祝福〜オラとニコデムの家〜』など、話題作が続々公開!