シリーズ最終章!『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のあらすじ&シリーズおさらい&キャストを紹介!

シリーズ最終章!『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のあらすじ&シリーズおさらい&キャストを紹介!

初代『猿の惑星』の前日譚を描いたリブートシリーズ『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のあらすじやシリーズおさらい、キャストをご紹介します。


リブートシリーズ第3弾!『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』ってどんな映画?

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation

1968年に第1作が公開されて以降、49年間人々の注目を集め続けている『猿の惑星』シリーズ。2011年に公開された『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を皮切りとしたリブート作品の第3弾が『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』。「そして、猿の惑星になる。」というキャッチコピーにドキリとさせられます。

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のあらすじ

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核に、地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりが、ついにクライマックスを迎えます。未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは、猿か、それとも人類か。誰もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマがついに明らかに。

マット・リーヴス-(C)Getty Images

愛する者を失ったシーザーと彼の抹殺をもくろむ人類。地球は、ついに“猿の惑星”へと変貌していくのか。極限の怒りと葛藤のドラマが交錯するとき、猿と人類の“人間性”をかけた“聖戦(グレート・ウォー)”が幕を開けます。

シリーズおさらい①『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のあらすじ

© 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation

製薬会社に勤める神経科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、ある日実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付きます。アルツハイマー病の新薬が投与されていたその猿を見せ上司や同僚に成果を発表したウィル。しかし、突如猿は暴れだし射殺されてしまい、所長からプロジェクトの中止命令が。アルツハイマー病を患う父親のために研究を止めるわけにはいかなかった彼は、射殺された猿が妊娠していたことを知り、生まれたばかりの赤ん坊を連れて帰り“シーザー”と名付けて育てることに。3年後、ウィルとシーザー(アンディ・サーキス)の間には本物の親子のような絆が生まれ、シーザーは母親から受け継いだ特殊な遺伝子で類まれな知性を発揮していき…。

シリーズおさらい②『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のあらすじ

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox

知性あふれる指導者であり、妻を持ち、父親にもなったシーザー。ある日、人間たちが彼らの森に足を踏み入れたことがきっかけで、家族と仲間を守るための複雑な葛藤に直面。一方、猿ウイルスから生き残った人間の側にも切実な事情があり、穏健派のマルコムを中心とする人間たちは、平和的な共存を望みながらも思いがけない運命を辿ることに。やがて、誰も予想しえない敵対者との死闘が繰り広げられ...。

シリーズおさらい③そして物語はここにつながる...『猿の惑星』(1968)のあらすじ

猿のシーザー&アンディ・サーキス/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox

地球へ帰還するはずだった宇宙船が漂着したのは、どことなく地球によく似た大地。そこは猿が人間を支配する惑星でした。状況が飲み込めず混乱する船員たち。やがてひとつの事実が明らかになります。ここは未来の地球であった、と...。

シーザーを演じるのはおなじみアンディ・サーキス!

アンディ・サーキス/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox

猿のリーダー、シーザーを演じるのは前2作とおなじくアンディ・サーキス。

アンディ・サーキス(ゴラム役)/(C) Getty Images (C) 2012 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役、『キング・コング』のキング・コング役などで知られ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では悪役のスノークを演じた、パフォーマンス・キャプチャーの第一人者にしてスペシャリストです。

ウディ・ハレルソンも出演!

ウディ・ハレルソン-(C)Getty Images

『ナチュラル・ボーン・キラーズ』や『ノーカントリー』に出演したウディ・ハレルソンもメインキャストとして登場することが決まっています。どのような活躍を見せるのでしょうか?

すべてがつながる――『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は10月に公開予定!

アンディ・サーキス -(C) Getty Images

残された謎、これまでの軌跡、全てに決着がつく、リブートシリーズ最終章『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は2017年10月に全国公開予定です!

関連する投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ、みどころ、キャスト!【スターウォーズ全10作紹介】

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ、みどころ、キャスト!【スターウォーズ全10作紹介】

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はどんな映画なのでしょうか?この記事では『ローグ・ワン』のあらすじやキャスト、みどころと、「スター・ウォーズ」シリーズ全9作品を紹介します。この記事を読めば『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』をもっと楽しめますよ!


『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

『ブレードランナー 2049』あらすじ・キャスト・トリビア記事【どのバージョンから見る?】

SFアクション『ブレードランナー 2049』は、1982年の第一作以来、実に35年振りとなる全世界待望の続編である。退廃した近未来の斬新なデザインから小道具の細部にまで徹底的にこだわったカルトSFの続編ということで、期待度は最高潮だ。ここでは、「ブレードランナー」のどのバージョンからみたらよいかわからない人への解説と、最新作に期待するいくつかのポイントを挙げてみよう。


『スター・トレック』シリーズの登場人物・キャストまとめ【あの人気俳優まで!?】

『スター・トレック』シリーズの登場人物・キャストまとめ【あの人気俳優まで!?】

人気SFドラマシリーズ「宇宙大作戦」を知っていますか?そのリブート作品として2009年から展開されている『スター・トレック』シリーズ。オリジナルの外せない部分を踏襲しつつも、新しい切り口で描かれる魅力たっぷりのキャラクターたち、そして今後の続編情報などをご紹介していきます!


2014年公開のおすすめ映画ランキングTOP14!興行収入1位も発表

2014年公開のおすすめ映画ランキングTOP14!興行収入1位も発表

アメリカで2014年に公開した映画の中から選りすぐりの14本をご紹介します。最後に興行収入第1位となった作品も発表します。


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。