『ライフ・オブ・パイ』『レッド・バロン』乗り物が舞台の映画まとめ

『ライフ・オブ・パイ』『レッド・バロン』乗り物が舞台の映画まとめ

ラブストーリーやサスペンスなど色々な映画のジャンルがありますがそんな物語のなかに舞台が乗り物という条件が付くだけで深みが増しますよね。そんな乗り物が舞台の映画を紹介します。


『サンシャイン2057』

2007,アメリカ,FOX
©2007 Twentieth Century Fox.

滅亡の時が迫る人類の唯一の希望は、宇宙船“イカロス2号”に搭乗したエリートたち。日本人船長のカネダ(真田広之)以下、学者や医師らで構成される男女8人のエキスパート・チームは、可能な限り太陽に接近し、この光と灼熱の巨大な星を再生させるという極限のミッションに挑もうとしていた。しかし彼らは、想像を遙かに超えた異常事態に巻き込まれていく。果たして、8人は絶体絶命の危機を乗り越え、太陽の死、すなわち人類の破滅を阻止することができるのか――?
地球上のあらゆる生命の源である太陽が死滅したら...そんな戦慄すべき仮定が現実となった50年後の近未来を描き出すSFアドベンチャー。
広大な宇宙が舞台となっていて美しい星々に魅せられる作品です。中でも太陽の圧倒的な存在感が印象的で恐怖感さえ覚えてしまいます。

『レッド・バロン』

2008,ドイツ,ブロードメディア・スタジオ
© 2008 NIAMA-FILM GMBH

第一次大戦のドイツ空軍の英雄で、“レッド・バロン”との異名をとったマンフレート・フォン・リヒトホーフェン将校の半生を描いた空戦ドラマ。主演に『ワルキューレ』のマティアス・シュヴァイクホファーと、レッド・バロンを撃墜したとされる英国空軍大尉に『恋におちたシェイクスピア』のジョセフ・ファインズが、大空を舞台に華麗に、そして激しくぶつかり合う――。
戦争の悲惨さを精神的に描いていて主人公やその周りの人が苦しむ姿に悲しくなる作品です。

『サブウェイ123』

2009,アメリカ、イギリス,SPE

ニューヨーク市営地下鉄の指令係、ガーバー(デンゼル・ワシントン)の平凡な一日は、無謀な犯罪により大混乱に陥る。武装ギャングのリーダー・ライダー(ジョン・トラヴォルタ)は、巨額の身代金が1時間以内に支払われなければ乗客を処刑すると脅迫してきたのだ。緊張が高まる中、ガーバーは人質を救出するため、地下鉄に関する全知識を駆使するが、彼にも解けない謎が一つだけあった。犯人たちが身代金を受け取ったとしても、彼らはどうやって逃亡するのか...?
物語のメインは交渉となっています。時間が進むにつれて緊張感が増していく展開からは目が離せません。

『アンストッパブル』

2010,アメリカ,FOX
© 2010 TWENTIETH CENTURY FOX

有毒な科学薬品を搭載した無人列車が暴走!この非常事態に、勤務歴28年のベテランエンジニアのフランクと、この日初めてコンビを組むことになった若い車掌・ウィルのふたりは暴走を食い止めようと試みるのだが...。実際に起きた列車事故を基に『サブウェイ123激突』、『デジャヴ』のデンゼル・ワシントン&トニー・スコット監督が再タッグを組んで贈るアクション大作。
地味ではありますがじっくりと描かれていて主人公の生き様がストレートに胸にきます。

『キャプテン・フィリップス』

2013,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2013 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

2009年4月。アメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号は、援助物資5,000トン以上の食糧を積んでケニアに向かうべくインド洋を航行していた。リチャード・フィリップス船長と20人の乗組員にとっていつもと変わらない旅だった。だが、ソマリア沖に入ったとき、事態は思わぬ方向へ暗転する。アラバマ号が海賊に襲われ、占拠されてしまったのだ。フィリップス船長は乗組員を救うため、身代わりとなり、海賊の人質になるという勇気ある決断をする。ソマリア海賊たちとの命がけの息詰まる駆け引きが続く中、アメリカも国家の威信を賭けた闘いに直面する...。
シビアな映画でエンターテインメント性があまりないですが実話を描いたドキュメンタリー映画としてとても面白いです。

『白鯨との闘い』

2015,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ映画
© 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

1819年、一等航海士オーウェンは、21人の仲間たちと捕鯨船エセックス号に乗り、太平洋を目指した。妻とまだ見ぬ子に「必ず帰る」と誓って。しかし、彼らを待ち受けていたのは巨大な白鯨。死闘の末、船を大破された彼らにさらなる試練が待ち受ける...。
難破した乗組員たちの理性を失った狂気の表情をとてもうまく表現していて映像に迫力があり物語に引き込まれます。

『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

2012,アメリカ,20世紀フォックス
© 2012 Twentieth Century Fox

家族とともに、経営する動物園の様々な動物たちを乗せた貨物船で航海に出たが嵐に見舞われ、ただひとり生き残った16歳の少年・パイ。パイが遭難した小さな救命ボートには、トラが隠れていた。このあまりにも巨大な試練に直面した少年は、どのようにトラとの共存関係を築き、希望をたぐり寄せていくのか。絶望的な現実の中でも前向きな気持ちを失わないパイの227日間を描く。
終始描かれるパイとトラの縮まりそうで縮まらない絶妙な距離にひきつけられる面白い作品です。海のど真ん中での漂流という絶望的な状況下でのサバイバルに見ごたえがあります。

『スネーク・フライト』

2006,アメリカ,ムービーアイ

たまたま暗殺組織の殺人事件を目撃してしまい、組織犯罪の重要証人となってしまった高校生の乗ったジェット機を悲劇が襲う。彼の命を奪うために暗殺組織がジェット機に送り込んだのは、1万匹の蛇だった!!そんなパニックに陥るジェット機の中でひとりの男が立ち上がる――。サミュエル・L・ジャクソン主演でおくる上空3,000フィートでの蛇との死闘を描いた前代未聞のアクション・パニック超大作。
バカバカしい設定ではあるものの製作陣の熱意が伝わってくる面白い作品です。搭乗者のキャラクターがよりストーリーを盛り上げていてヘビ好きにはたまらないかもしれません。

『ハッピーフライト』

2008,日本,東宝
© 2008 FUJI TELEVISION, ALTAMIRA PICTURES, TOHO, DENTSU

機長昇格への最終訓練である、乗客を乗せた状態で実機の操縦に臨む副操縦士と、その試験教官として同乗する威圧感バリバリの機長。一方、初の国際線フライトに戦々恐々の新人CAとCA泣かせの鬼チーフパーサー。乗客のクレーム対応に追われ、限界を感じるグランドスタッフ、離陸時刻が迫り、必死にメンテナンスを行う若手整備士。窓際族のベテランオペレーション・ディレクター。ディスパッチャー、管制官、バードパトロール...などなど。1回のフライトに携わる多種多様なスタッフたちの使命はただ一つ、飛行機を安全に離着陸させることである。そして、その日も定刻に離陸し、そのままホノルルまで安全運航で行くはずだったが――。
滲み出てくる自然な笑いが魅力的な作品です。同時進行するストーリーにより拡がりのある展開が楽しめます。

『フライト・ゲーム』

2014,アメリカ,ギャガ
© 2014 TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. - STUDIOCANAL S.A.

NY発ロンドン行旅客機の警備のため、客を装って乗り込む航空保安官のビル。真夜中、彼の携帯に指定の口座に送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺すというメールが届く。悪戯か本気か半信半疑でいるうちに、ひとり目の犠牲者が出てしまう。ビルは乗客を拘束して荷物や携帯を調べるが、何ひとつ手掛かりは見つからない。乗客名簿を調べた保安局は、「全員問題ない。お前以外は」とビルを疑う。彼には暗い過去があり、今もある問題を抱えていた。さらに犯人の指定口座がビルの名義だと判明する。二人目、三人目と犯行は繰り返され、機内の疑惑と緊張感が頂点に達するなか、次のタイムリミットが迫る──!
犯人探しで登場人物も観ている方も忙しい作品です。アイデアや工夫が凝らされていて密室の緊迫感が味わえます。

まとめ

『白鯨との闘い』 (C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

乗り物が舞台の映画を紹介しましたが、いかがでしたか?乗り物と一口に言っても飛行機や船や電車など色々なものがありそれぞれ特有の緊迫感があって面白いですね。気になった作品があればぜひ観てくださいね。

関連する投稿


天真爛漫な魅力がたっぷり!女優・綾瀬はるかの出演作品まとめ

天真爛漫な魅力がたっぷり!女優・綾瀬はるかの出演作品まとめ

ドラマや映画などで幅広い役を演じ、実力を発揮している女優・綾瀬はるかさん。「ホタルノヒカリ」では、干物女がハマり役でしたよね!そんな綾瀬さんの魅力をご紹介します。


最新の投稿


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。


【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

【今週末公開の映画】2/16~『グレイテスト・ショーマン』『リバーズ・エッジ』『チェリーボーイズ』ほか

2/16、2/17に公開となる映画をまとめてご紹介。待ち焦がれた『グレイテスト・ショーマン』がいよいよ日本でも公開!そのほか二階堂ふみの『リバーズ・エッジ』、林遣都の『チェリーボーイズ』が公開です。映画館でぜひお楽しみください。