カップルにおすすめ!『きみに読む物語』『風立ちぬ』ほか・夫婦を描いた映画まとめ

カップルにおすすめ!『きみに読む物語』『風立ちぬ』ほか・夫婦を描いた映画まとめ

未婚者のほとんどにとってた夫婦生活って憧れですよね。そんな夫婦をドラマチックにまたはリアルに描いた映画を紹介します。


『夫婦フーフー日記』

2015,日本,ショウゲート
© 2015川崎フーフ・小学館/「夫婦フーフー日記」製作委員会

出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の日々を綴るものになっていく。そして、夫婦待望の赤ん坊“ペー”が誕生。家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメの病状が悪化し始める。死期迫るヨメが最後に食べたいと望んだのは、彼女のソウルフードのハンバーガーだった。その数日後、ヨメは他界してしまう。そんなおり、ダンナのブログに書籍化の話が持ち上がり、原稿に向き合うことで現実逃避をするダンナ。そんな彼の前に、彼の心が見せる幻影?なのか、死んだはずのヨメが現れ...。原稿をまとめたいのに、ヨメのちゃちゃが入り、いつしかふたりで、夫婦として過ごしてきた日々を振り返っていく。そこから見えてきたのは、あの時伝えられなかったそれぞれの想い。やがて、ブログには書かれなかった真実が明らかになる――。
深刻な内容なのにコメディタッチで描かれていてあまり悲しい気持ちにならず観ることができます。

『人生に乾杯!』

2007,ハンガリー,アルシネテラン
© M&M Films Ltd.

運命的な出会いで結婚したエミルとヘディも、いまでは81歳と70歳。しかし、年金だけでは暮らしていけず、借金取りに追われる毎日の中、ついにふたりの出会いのきっかけだったダイヤのイヤリングをも借金のカタに取られてしまう。怒りを覚えた夫のエミルはイヤリングを奪い返すため、持病のギックリ腰を押して、何と郵便局を紳士的に強盗!それを皮切りに次々と強盗事件を重ねていく。一度は警察に協力した妻のヘディも、奮闘する夫の姿に昔の愛しい気持ちを思い出し、手を取り合って逃げる決心をする。そして、ふたりの逃避行はやがて思いもかけない展開に...。
愛とユーモアに溢れた作品です。シリアスなシーンでもコメディを挟むため終始和んだ雰囲気ですがほろりとするところもあります。

『きみに読む物語』

2004,アメリカ,ギャガ、ヒューマックス

とある療養施設に独り暮らす初老の女性(ジーナ・ローランズ)。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を全て失っていた。そんな彼女の元へデュークと名乗る初老の男(ジェームズ・ガーナー)が定期的に通い、ある物語を読み聞かせている。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物語だった――。1940年、ノース・カロライナ州シーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来た少女・アリー(レイチェル・マクアダムス)は、そこで地元の青年・ノア(ライアン・ゴズリング)と出会う。そのとき、青年の方は彼女こそ運命の人と直感、一方のアリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こうして、ふたりの恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが...。
ベタな展開ですが確かな感動を与えてくれます。ふたりの恋の美しさといつかは終わる人生の切なさを感じる作品です。

『やさしい嘘と贈り物』

2009,アメリカ,ピックス
© 2009 Overture Street Films, LLC.

すべてを忘れ、独り身で寂しい日々を過ごすロバート(マーティン・ランドー)。ある日、彼が仕事を終えて家に戻ると、そこに一人の美しい女性、メアリー(エレン・バースティン)がいた。メアリーとの出会いで毎日が心躍る楽しいものになったロバートだったが、薬を飲み忘れ、つい先ほどのこともすっかり忘れてしまっていた自分に気づき、ショックを受ける。そして、昔の自分の写真を目にし、次第に過去を思い出していく。恋の相談相手だった仕事先のオーナーは息子であり、メアリーの娘だと思っていた女性は自分の娘でもあり、そして恋に落ちたメアリーは妻であった...。
夢のようなラブストーリーですが最後の最後には現実的すぎるシビアな展開を迎え思わず涙してしまいます。

『P.S.アイラヴユー』

2007,アメリカ,ムービーアイ、東宝東和
© 2007 CUPID DISTRIBUTION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

“つつましくても幸福な人生”を信じて疑わなかったホリー(ヒラリー・スワンク)に、突然襲いかかった最愛の夫(ジェラルド・バトラー)の死――。彼の死を受け入れられず、絶望に打ちひしがれる彼女のもとに、一通の手紙が届く。その手紙の差出人は亡き夫だった。それから毎月1日になると消印のない夫からの手紙が届くようになる。最愛の人を失った悲しみと、最愛の人に出会えた幸せをかみしめながら、徐々に生きる力を取り戻していくが...。
感動的な内容となっているため涙もろい人は注意が必要です。身近な人、特に彼氏彼女を大切にしようという気持ちになれる作品となっています。相手と過ごせる時間の貴重さに気づかされると思います。

『風立ちぬ』

© 2013 二馬力・GNDHDDTK

ひとりの青年技師“堀越二郎”の半生の物語。主人公のモデルとなったのは後に神話と化した零戦を設計した堀越二郎と、同時代を生きた文学者、堀辰雄。このふたりの人生を融合させ、技師としての生き方や薄幸の少女・菜穂子との出会いなどを描く。
今までの子供向けで冒険ファンタジーだった主人公の境遇をみて考えさせられる作品です。人間には愛が必要なんだと再確認できます。
今までのジブリのようなドキドキワクワク冒険ファンタジーではなく大人向けでメッセージ性のある作品という印象です。主人公の物作りに対する情熱と妻に対する愛に感動させられます。

『今度は愛妻家』

2010,日本,東映
©2010 映画「今度は愛妻家」製作委員会 

かつては売れっ子のカメラマン・北見俊介(豊川悦司)は、いまは仕事もせずお気楽な生活を送っている。クリスマス直前のある日、俊介は妻のさくら(薬師丸ひろ子)に子作り旅行をせっつかれるまま、沖縄へとふたりで出かける。しかし、その日を境にさくらと俊介に微妙な変化が訪れる。さくらは愛想を尽かしたかのような態度をとり、俊介は写真が撮れない、一層自堕落な生活を送るように。そんなある日、俊介はカメラに残された一枚の写真を見つける。それは、走っていくさくらの、小さくなった後ろ姿...。俊介は何かを少しずつ理解し始める――。
前半は伏線が散りばめられていて後半で思わず唸るのような衝撃の展開が待っています。ラブストーリーでは珍しく捻りのきいた作品です。

『ぐるりのこと。』

2008,日本,ビターズ・エンド
© 2008『ぐるりのこと。』プロデューサーズ

小さな出版社で女性編集者としてバリバリと働く妻・翔子(木村多江)と、法廷画家の仕事に戸惑いながらも記者として働く、頼りない夫・カナオ(リリー・フランキー)。そんなふたりに、小さな命が宿る。そして翔子は、カナオと共に子を授かった幸せを噛みしめていた。だが、そんなどこにでもいる夫婦を、突然の悲劇が襲った...。初めての子供の死をきっかけに翔子は、精神的に追い詰められ、うつに陥ってしまう。だが、そんな翔子をカナオは全身で受け止める。ふたりは、困難に直面しながらも“夫婦の絆”で、壁を乗り越えていく――。90年代から初頭から21世紀へ時代が激変した10年。実際に起きたさまざまな社会的事件を背景に、一組の夫婦の時の流れを紡ぎ出した物語。
人生経験の深い人ほど共感できる映画だと思います。軽く観ようと思ったらびっくりしてしまうような重い内容となっています。

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

2008,アメリカ、イギリス,パラマウント
© 2008 Dreamworks LLC. All Rights Reserved.

1950年代のアメリカ。エイプリル(ケイト・ウィンスレット)とフランク・ウィーラー(レオナルド・ディカプリオ)の夫婦は、ふたりのかわいい子供に恵まれ、美しい家で暮らし、誰もが憧れる理想のカップルだった。ただ、外見の充足や周囲からの賞賛とは裏腹に、彼らは互いの心に若き日に抱いたある思いを潜ませていた。それは、フランクのヨーロッパで成功するという野望、エイプリルが追い続けた女優への夢――。彼らは、それぞれの“輝かしい未来”と“完全なる自己実現”のため、大きな賭けに出ることを決意する。やがて、ふたりに訪れる葛藤。だが、その大きな運命の渦の中で今、この瞬間、ふたりの愛が試されるときが訪れようとしていた...。
夫婦をリアルに描いていて核心を突き合う夫婦喧嘩にはヒヤヒヤさせられます。新婚の方にはあまりおすすめできない作品です。

『マイレージ、マイライフ』

アメリカ,パラマウント
© 2009 DW STUDIOS L.L.C and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved.

ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)は、年間322日も出張で飛び回り、企業のリストラ対象者に解雇を通告するプロフェッショナル、“リストラ宣告人”。全米中を旅しながら、二度と会うことのない相手に人生のやり直しを宣告する。そんな彼の唯一の生きがいは、出張で乗る飛行機のマイレージを貯めること。しがらみという煩わしい人生の荷物を背負うことなく、夢の目標1,000万マイル達成だけが彼の存在証明だった。しかし、ある日ライアンに予期せぬ出会いが訪れ、自分の立場と1,000万マイル達成を危うくする存在が現れる――。
主人公の境遇をみて考えさせられる作品です。人間には愛が必要なんだと再確認できます。

まとめ

『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

夫婦を描いた映画を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。感動するような純愛ストーリーばかりですが、中にはこれでもかというほどリアルを描いた作品があり一口に夫婦の映画といっても色々なものがありました。気になった作品があればぜひ観てください。

関連する投稿


Netflixデートならこれ!ネットフリックスでおすすめ映画50選♪

Netflixデートならこれ!ネットフリックスでおすすめ映画50選♪

おうちデートの定番といえば映画ですよね。ですがレンタルしてきた映画が面白くないこともあります。そんな時にNetflixなら見放題なのですぐ他の映画に変えられるというのがとても便利です。そんなNetflixのデートでおすすめする作品50選を紹介します。


スーパーヒーロー映画『ドクター・ストレンジ』まとめ

スーパーヒーロー映画『ドクター・ストレンジ』まとめ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品の14作目として2017年1月27日に公開されたスーパーヒーロー映画『ドクター・ストレンジ』。『アベンジャーズ』シリーズで知られるこれまでのマーベルヒーローたちとは一味違った"魔術師"の物語!あらすじや見どころ、キャスト情報などをまとめました。


『斉木楠雄のΨ難 』『アウトレイジビヨンド』に出演・新井浩文の出演作品15選!『百円の恋』『葛城事件』

『斉木楠雄のΨ難 』『アウトレイジビヨンド』に出演・新井浩文の出演作品15選!『百円の恋』『葛城事件』

ワイルドさが魅力のイケメン俳優新井浩文。『アウトレイジビヨンド』『松ヶ根乱射事件』など、彼が出演する作品を5本ご紹介します。


最新5年分のアカデミー長編アニメ映画賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー長編アニメ映画賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

本記事では最新5年分の「アカデミー長編アニメ映画賞」を受賞した作品をご紹介します。 どの作品も、実写映画では到底表現できないアニメならではの特性を生かし、かつ実写に負けない魅力に溢れた心に残る感動作品ばかりです!


人生これから!敬老の日に観る、おじいちゃんおばあちゃんの洋画5選

人生これから!敬老の日に観る、おじいちゃんおばあちゃんの洋画5選

2017年の敬老の日は、9月18日の月曜日。「敬老」とは文字通り、お年寄りを敬うという意味ですが、「敬ってもらうまでもなくまだまだ人生これから!」というアグレッシブなお年寄りの皆さんも多いですよね! 今回は、そんな素敵なおじいちゃんおばあちゃんを描いた作品を、いくつかご紹介致します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。