井浦新×瑛太のタッグが送るサスペンス映画『光』のあらすじ・キャスト・みどころを紹介!

井浦新×瑛太のタッグが送るサスペンス映画『光』のあらすじ・キャスト・みどころを紹介!

三浦しをんの同名小説を井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミら豪華キャストを迎えて実写化した映画『光』のあらすじとみどころをご紹介します。


ある殺人事件を巡るサスペンス『光』ってどんな映画?

『光』 (C)三浦しをん/集英社・(C)2017「光」製作委員会

三浦しをんの原作を大森立嗣監督が映画化した『光』。井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミをキャストに迎えた、25年前におきた殺人事件の秘密をめぐるサスペンス映画です。

2人が抱える秘密とは?『光』のあらすじ

『光』 (C)三浦しをん/集英社・(C)2017「光」製作委員会

東京の離島、美浜島で暮らし、同級生の美花と付き合っている中学生、信之。ある日、島を大災害が襲います。生き残ったのは信之と美花、幼なじみの輔、そして数人の大人だけ。島での最後の夜、信之は美花を守るため、後に2人だけの秘密となるある罪を犯します。

『光』 (C)三浦しをん/集英社・(C)2017「光」製作委員会

それから20年。妻(橋本マナミ)とひとり娘と共に暮らしている信之(井浦新)の前に輔(瑛太)が現れ、過去の事件の真相をほのめかします。信之は美花(長谷川京子)を守ろうとするものの...。

『光』 (C)三浦しをん/集英社・(C)2017「光」製作委員会

東京の離島・美浜島で暮らす少年たちに突然襲いかかった天災。直後に発生した津波の猛威は、島での暮らしと共に、彼らだけが知る“ある秘密”をも飲み込んでしまいました。そして25年の月日が経ち、舞台は東京へ。大人になった彼らのもとに訪れる、消え去ったはずのあの“秘密”。過去の秘密が新たな秘密を生み出し、関わる人間たちを追い込み、本性をむき出しにさせます。

原作者は『舟を編む』の三浦しをん!

原作は直木賞作家・三浦しをんによる同名小説。三浦はこれまで「まほろ駅前シリーズ」や「神去なあなあ日常」、「舟を編む」などベストセラーを次々発表。「神去なあなあ日常」は『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』と改題され映画化されています。

監督は『さよなら渓谷』の大森立嗣!

監督の大森立嗣は2013年に真木よう子を主演に迎え製作され、第35回モスクワ国際映画祭のコンペティション部門に日本で唯一出品された『さよなら渓谷』でメガホンをとったほか、同じく三浦しをん原作の『まほろ駅前多田便利軒』でも監督をつとめています。

テクノの巨匠ジェフミルズが全編音楽を担当

アメリカのテクノミュージシャン、DJジェフミルズ

「デトロイト・テクノ」のパイオニア的存在。DJとして多数のイベントを開催しており、世界中から注目を浴びるジェフミルズの音楽が、様々なシーンや登場人物の感情を表現。初の劇場公開映画への音楽提供に期待が膨らみます。

キャスト:瑛太と井浦新による狂気の化学反応が見どころ!

本作で「最も化学反応を起こせたのが瑛太くんでした」と語る信之役の井浦新。「彼と芝居がしたいと前々から大森監督に言っていた分、この座組でナニかが起きないわけがないとは思っていましたが、彼のポテンシャルは想像以上、互いに後ろを顧みない変化球なしの真っ向勝負の連続は、どのシーンも何が起きるか、どこに向かうのか、まったく予測なんてできません。芝居が終われば心には辛さが残りましたが、微かに全部出し切った心地良さもありました」と、その手応えを熱く語りました。

一方の瑛太も、「もともと大好きだった井浦新さんとの共演はとにかく刺激的で芝居の新たな面白さを教えていただいた。新さんが演じる信之の内側にある凄まじい熱量と冷酷さは、原作、台本を超越していた」と語っており、お互い望み続けた共演が本作にて実現し、計り知れない化学反応が巻き起こっている様子です。

キャスト:橋本マナミが井浦新の妻役として登場!

夫である信之にある秘密を抱えている美しい妻・南海子役を演じるのは女優でグラビアアイドルの橋本マナミ。2016年にはアンソロジー映画『全員、片想い』の1編で主演をつとめた彼女。どこか疲弊したような母性と色気が、ひしひしと伝わってきます。

『光』の見どころ

井浦新の冷たい熱情が長谷川京子の狂気と美を呼び覚ます

『光』 (C) 三浦しをん/集英社・ (C) 2017「光」製作委員会

関連する投稿


『蛇にピアス』を徹底解説!あらすじ・キャスト・ネタバレ・考察まとめ

『蛇にピアス』を徹底解説!あらすじ・キャスト・ネタバレ・考察まとめ

『蛇にピアス』とは、金原ひとみさんの小説作品を原作に、2008年に公開された映画作品。“痛み”によってしか“生”を感じられない少女の姿を描いた作品で、監督は蜷川幸雄さんが務めました。主演には吉高由里子さん、共演には高良健吾さんや井浦新さんなどが名を連ねています。今回は『蛇にピアス』のあらすじやキャスト、結末・ラストのネタバレや考察など紹介していきます。


永野芽郁の出演映画おすすめ11選!年齢・身長は?可愛いすぎると話題!

永野芽郁の出演映画おすすめ11選!年齢・身長は?可愛いすぎると話題!

今年で20歳になる永野芽郁さんは、モデルや朝ドラ、映画ヒロインを経て、いまや国民的女優として老若男女に広く認識され、そして愛されています。この記事ではそんな彼女が出演する映画の中からおすすめ11作品をご紹介いたします。永野芽郁が声優に初挑戦する最新作『二ノ国』は現在公開中!


安藤サクラ出演映画作15選!実力派女優が魅せるさまざまな顔とは?

安藤サクラ出演映画作15選!実力派女優が魅せるさまざまな顔とは?

圧倒的な演技力から大きな注目を集めている安藤サクラさん。これまでには『百円の恋』や『万引き家族』などに出演しています。この記事では柄本佑さんの妻としても知られる女優の安藤サクラさんが出演した作品15選を紹介します!


サントラがおすすめな映画60選!名曲ばかり!【2019年版!洋画・邦画・アニメ含む】

サントラがおすすめな映画60選!名曲ばかり!【2019年版!洋画・邦画・アニメ含む】

最近、『ハリー・ポッター』『ラ・ラ・ランド』など、演奏が付いて映画を楽しめるコンサートがあるとよく聞きます。もちろん、オーケストラ劇伴も素敵ですが、中には実験的なサントラや、バンドマンが手掛けたサントラなど、少し変わったアプローチのサントラも多くあるのです!今回は本編を見たらきっとサントラも聴きたくなる15作をご紹介!


映画『そして父になる』あらすじ・キャスト・感想まで公開!【結末ネタバレ注意】

映画『そして父になる』あらすじ・キャスト・感想まで公開!【結末ネタバレ注意】

衝撃の結末で世間を驚かせた、福山雅治主演の名作『そして父になる』。豪華俳優人たちの抜群の演技力と複雑なストーリーで話題になりましたが、まだ見ていない方も多いのではないでしょうか?今回は、映画『そして父になる』のあらすじやキャスト、感想まで大公開します!結末のネタバレもあるので要チェックですよ!


最新の投稿


『未来のミライ』はつまらない?細田守監督の最新作はなぜ酷評されたのか徹底考察・解説!

『未来のミライ』はつまらない?細田守監督の最新作はなぜ酷評されたのか徹底考察・解説!

細田守監督作品のアニメ映画『未来のミライ』は、海外からの評価は高いものの、国内での評価はイマイチ…。今回は本作が酷評される理由や、ネタバレあらすじ、声優を務めたキャスト陣をまとめてご紹介します!作品の評価や感想、見どころが知りたい人は要チェックです。


続編前はこれを見ればOK!映画『エスター』ネタバレ&最後のシーンを考察

続編前はこれを見ればOK!映画『エスター』ネタバレ&最後のシーンを考察

『エスター』は2009年に公開されたサイコ・サスペンス映画。映画好きなら一度は見たことがある「名作」として知られる本作は、続編の製作が決定したことで、再び注目を集めています。そこで今回は本作のあらすじをネタバレありで解説!「実話」と呼ばれる理由や、本作の前日譚を描く続編の内容もまとめてピックアップ♪


VODサービス14社徹底比較ランキング!自分にとってベストなVODサービスを見極めよう!

VODサービス14社徹底比較ランキング!自分にとってベストなVODサービスを見極めよう!

空前のVOD(ビデオ・オンデマンド)時代を迎え、サービス自体も増え続けている今、視聴ユーザーも "楽しむ" だけではなく "チョイスする" 時代に突入しています!殆どの人が「もっと自分に合った配信サービスはないか..」と模索しているのでは?ここでは、そのヒントとして頂けるようVODサービス14社を徹底比較しています!是非ご覧下さいね。


「恋つづ」で大ブレイク!上白石萌音の出演作品まとめ

「恋つづ」で大ブレイク!上白石萌音の出演作品まとめ

大ヒットドラマ「恋はつづくよどこまでも」で大ブレイクした上白石萌音さん。22歳ですでに女優の風格漂う彼女は、演技だけでなく歌もお得意。今年は歌手活動も積極的に行っていくようです。今回はそんな彼女のおすすめの出演作品や、プロフィールなどをまとめてご紹介していきます。


新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

新型コロナウイルスの影響で公開延期となった映画作品まとめ【随時更新】

世界で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響で、次々と公開予定の映画が延期することになりました。楽しみにしている映画は延期公開?予定通り公開?情報随時更新しますので、気になる方はこちらの記事を注目してください。