『シン・ゴジラ』で大ブレイク!長谷川博己の魅力が光る出演作10選

『シン・ゴジラ』で大ブレイク!長谷川博己の魅力が光る出演作10選

『地獄でなぜ悪い』『舞妓はレディ』『ラブ&ピース』など、穏やかな態度の奥に荒々しさを潜ませた長谷川博己が出演している名作10選をご紹介します。


独自の教育理論を駆使する国語教師【映画 鈴木先生】

© 2013 映画「鈴木先生」製作委員会

「一見普通に見える生徒たちほど心の中には鬱屈したものを抱えている」と感じている緋桜山中学の国語教師・鈴木先生(長谷川博己)。彼は教育現場の常識を打ち破り、独自の教育理論“鈴木メソッド”を駆使して理想のクラスを作り上げようと奮闘。二学期が始まり、鈴木先生の担任学級・2年A組にも生徒会選挙と文化祭の季節が訪れました。妻・麻美の支えと生徒たちの成長に助けられ、教師として充実感のある日々。そんな中、OBが学校に立てこもり、女子生徒・小川が人質にとられるという事件が発生...。

何が何でも映画を撮る!【地獄でなぜ悪い】

© 2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

ヤクザの組長、武藤は妻・しずえの出所祝いに、彼女の夢である娘ミツコの映画デビューを叶えたいと思い、ミツコ主演で映画を自主製作しようとします。

武藤と憎しみ合いながらもミツコ主演の映画製作を成功させたい対抗組織の組長池上、ひょんなことから映画監督と間違えられた公次、その公次に頼まれミツコ主演映画を撮るハメになる自主映画監督・平田(長谷川博己)が加わり、事態はよりややこしく...。

上白石萌音と長谷川博己が歌って踊る!【舞妓はレディ】

単身京都にやってきた田舎娘(上白石萌音)が言語学者(長谷川博己)の助力を借りて厳しい稽古に耐え、立派な舞妓を目指す物語。長谷川博己は本作で歌と踊りを披露しており、完成披露試写会では「不安でいっぱい。早くそのシーンは終わってほしい」と述べたものの、最終的には「渾身のおもてなしを込めた作品で、実は自信あります」とコメント。

人生を取り戻すのに必要な最後の欠片【ラブ&ピース】

『ラブ&ピース』-(C) 「ラブ&ピース」製作委員会

2015年、来る東京オリンピックに向けて湧く東京。うだつの上がらない日々を過ごすサラリーマン・鈴木良一(長谷川博己)。ある日、良一はデパートの屋上で一匹のミドリガメと目が合い、運命的なものを感じます。あきらめたロックミュージシャンへの道、まともに話せないが恋心を抱いている寺島裕子(麻生久美子)への想い...彼の人生を取り戻すのに必要な最後の欠片(ピース)、それが...そのミドリガメ!

狂気の男、東和夫を怪演!【劇場版 MOZU】

© 2015劇場版「MOZU」製作委員会 © 逢坂剛/集英社

灼熱の地・ペナム共和国を舞台に、事件の真相を追う倉木(西島秀俊)達と、最後の敵=ダルマとの死闘がついに幕を開ける...。西島秀俊扮する刑事、倉木が執念を燃やし自らに関わる事件の真相を追いかける作品群「MOZU」の完結作品。長谷川博己は悪役でありながら一時西島に協力する男、東和夫を演じました。

哲学的尾行の実践【二重生活】

大学院の哲学科に通う平凡な学生の珠は、担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていました。論文のテーマに悩む珠に、篠原教授が持ち掛けたのはひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践。理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂(長谷川博己)の姿。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まりました。

日本アカデミー最優秀作品賞受賞!【シン・ゴジラ】

© 2016 TOHO CO.,LTD.

第1作の『ゴジラ』が公開されてからおよそ60年、『シン・ゴジラ』は、東宝が12年ぶりに製作したゴジラ映画となりました。興行収入は80億円を超え、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録。現代日本における巨大不明生物ゴジラの出現と立ち向かう戦略を、徹底的なリサーチをもとにリアリティを追求し、見事に描写。

『シン・ゴジラ』 (C)2016 TOHO CO.,LTD.

本作は第40回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞に加え、編集賞、撮影賞、照明賞、録音賞、美術賞などで最優秀賞を受賞しました。さらに長谷川博己は主演男優賞を受賞。

内に炎を秘めた天性の演技者、長谷川博己!

2017年9月16日には自身の出演作『散歩する侵略者』が公開される予定の長谷川博己。柔らかい口調と優しい笑みの中にもどこか“凶暴さ”を感じさせる彼の今後の活躍に目が離せません!

関連する投稿


ハイテンション・ロック・コメディ『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』まとめ

ハイテンション・ロック・コメディ『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』まとめ

声域(オクターブ)とは”聖域”である。なぜなら一番きれいで、人が発信できる音だからだ。だからあなたの想いを言えるのはその”聖域”だけ。 ”聖域”を犯したシンガーは声がしだいに出なくなる。そこに現れる歌声が小さすぎるストリートミュージシャン。どうなる『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』


7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

7/20公開『未来のミライ』アニメ界の金字塔、細田守監督の最新作

アニメ界の金字塔として、近年数々の名作を生みだしている細田守監督の最新作『未来のミライ』が、2018年7月20日より全国ロードショーが始まります。今回もまた「家族」をテーマとした作品で、多くの観客を魅了することでしょう。公開前に、あらすじなどチェックしてみましょう!


【今週末公開の映画】7/20~『BLEACH』『未来のミライ』など

【今週末公開の映画】7/20~『BLEACH』『未来のミライ』など

7/20(金)、7/21(土)に公開される映画を一挙ご紹介。週間少年ジャンプにて連載されていた大人気漫画『BLEACH』の実写映画化や、『バケモノの子』などの細田守監督最新作『ミライの未来』など、夏休みに向けて、大作映画がどんどん公開されていきます!


7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

7/27放送の金曜ロードショー!『バケモノの子』みどころや気になる声のキャストを紹介☆

細田守監督、スタジオ地図製作の長編アニメ映画『バケモノの子』。人間界【渋谷】とバケモノ界【渋天街】を舞台に、師弟関係となった少年・九太とバケモノの徹熊。「本物の強さ」を求めて修行した九太が徹熊らと、人間界とバケモノ界の危機に立ち向かう「新冒険活劇」です。


金曜ロードショー7/20放送『時をかける少女』みどころ

金曜ロードショー7/20放送『時をかける少女』みどころ

『時をかける少女』はスタジオ地図の細田守監督作品。小説「時をかける少女」はじめての長編アニメ映画化です。原作のヒロイン・芳山和子の姪、紺野真琴を主人公に、タイムリープの能力を身につけた少女の青春のひとコマを描きます。声のキャストは仲里依紗さん、石田卓也さん、谷村美月さんほか。国内外で高い評価を受けた名作アニメ映画です。


最新の投稿


洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

洋画コメディーおすすめ50選!面白すぎる名作傑作決定版!

アメリカンジョークがききまくりな洋画コメディーを観たい!そんな気分の日、ありますよね♪お腹を抱えて涙しながら笑い転げること間違いなしなコメディー映画の名作、傑作を集めました!


金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

金曜ロードショー8/17放送!スタジオジブリ『となりのトトロ』みどころをもう一度!

宮崎駿監督が原作、脚本、監督をつとめ、全ての世代に贈る珠玉の名作『となりのトトロ』。トトロ、ネコバス、マックロクロスケ…などスタジオジブリ作品を象徴とするキャラクターがたくさん登場!「もしかしたらどこかにいるのでは?」と探してみたくなるような、不思議な生き物たちとの冒険が繰り広げられる、ファンタジーアニメ映画です。


面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

面白いアニメ映画ランキング50!人気作品、名作、傑作が盛りだくさん!

本当に面白いアニメ映画を50作品集めました!そして筆者の独断と偏見でランキング形式にまとめています‼懐かしのあの作品から、最新の話題作まで、なんのアニメを観ようかまよったときは、これを読めば間違いない!


映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

映画おすすめ100選!【2018年版】本当に面白い名作傑作を集めました♪

本当に面白い映画作品を、邦画・洋画・アニメのジャンルに分けて、100作品紹介します♪あの人気作品から不朽の名作・傑作まで盛りだくさん!レンタルしたいDVDや、オンラインで何を観ようか迷ったときは、この映画をチェックして!


【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

【今週末公開の映画】8/17~『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ペンギン・ハイウェイ』など

8/17(金)、8/18(土)に公開される映画を一挙ご紹介。夏休みも8月には入り、話題の続編やアニメ作が続々公開!週間少年ジャンプの看板作品が、スケールもギャグも格段に上がって再びスクリーンにて登場する『銀魂2』や、宇多田ヒカルが主題歌を務めた『ペンギン・ハイウェイ』など、大人も子供も楽しめる作品に注目が集まります。