ユースケ・サンタマリアが出演している映画10選!『交渉人 真下正義』『バースデーカード』など

ユースケ・サンタマリアが出演している映画10選!『交渉人 真下正義』『バースデーカード』など

『キサラギ』『ぼくたちの家族』『エイプリルフールズ』など、出演した作品すべてで確かな存在感を放つユースケ・サンタマリア。日本が誇る名脇役とも呼ぶべき彼の出演映画10選をご紹介します。


『踊る大捜査線』シリーズのスピンオフ『交渉人 真下正義』

大ヒットシリーズ『踊る大捜査線』のスピンオフ映画。ユースケ・サンタマリア演じる警視庁刑事部交渉課準備室課長の真下正義を主人公に据え、クリスマスイブに起きた事件と、その解決までを描きます。

アイドルの死の真相を巡って激論『キサラギ』

©『キサラギ』フィルムパートナーズ

自殺したアイドル“如月(キサラギ)ミキ”の一周忌に、とあるビルの一室に集まった5人の男。思い出話が次第にヒートアップしていき、そして誰かが呟いた言葉――「彼女は殺されたんだ」。この発言が引き金になり、怒涛の議論、二転三転する推理。果たして彼らは真相にたどり着けるのでしょうか!?5人の男のうちの1人としてユースケ・サンタマリアが登場するワンシチュエーション・サスペンス・ムービー。

不気味な男、サダキヨ『20世紀少年<第2章> 最後の希望』

© 1999,2006 浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館 © 2009 映画「20世紀少年」製作委員会

浦沢直樹の人気漫画「20世紀少年」の映画化第2弾。“血の大みそか”から15年が経った2015年。現在、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト・ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主と崇められていました。高校生になったケンヂの姪・カンナは、そんな“ともだち”中心の国家に反抗。そのため問題児とみなされ、洗脳施設「ともだちランド」での研修を命じられます。しかし、そこでカンナは次第に“ともだち”の真相に近づいていきます。ユースケ・サンタマリアは作品のカギを握る正体不明の男、サダキヨを演じました。

社員にムチャぶりをするクレイジーな社長!『少年メリケンサック』

© 2009「少年メリケンサック」製作委員会

メイプルレコードの新人発掘部に勤務する、契約切れ目前のOL・かんな(宮崎あおい)。何の成果も出せずに、ひたすら社長の時田とヤケ酒をあびる日々を過ごしてきたこの2年間…。そんなかんなに舞い込む千載一遇のチャンス。ある動画サイトで、これ以上ない野蛮で、凶暴なパンクバンド<少年メリケンサック>を発見したのです! 契約延長との引換えに、彼らの全国ツアー敢行を命じられたかんな。半裸にモヒカン、眉なしパンチ、協調性ゼロのメンバーたちを引き連れ、果たしてかんなは無事にツアーを乗り切ることができるのでしょうか!?ユースケ・サンタマリアはメイプルレコードの社長・時田として登場。

胸を揉むシーンがお気に入り!?『鈍獣』

© 2009『鈍獣』製作委員会

殺しても死なない鈍感な男、凸やん。とある事情により彼の殺害を目論む自分のことしか考えない、別の意味で鈍感な彼の幼なじみたち。しかし、何度殺しても凸やんは戻ってくるうえに、幼なじみを一切疑おうとしません。そんな凸やんの一途に友だちを求めるピュアな鈍感さが徐々に幼なじみたちの心を変えていき――。ユースケ・サンタマリアは本作の舞台挨拶でお気に入りのシーンを尋ねられ、「やっぱり(真木)よう子ちゃんの胸をもむシーンですね。ちょうど(宮藤監督作)『少年メリケンサック』でも宮崎あおいちゃんの胸をもむシーンがあって、あ、官九郎さんは僕に胸をもませたいんだと。2連チャンで非常に光栄でした」と答えました。

加瀬亮の兄に『はじまりのみち』

© 2013「はじまりのみち」製作委員会

戦時下、政府から戦意高揚の国策映画づくりが要求された時代。木下惠介(加瀬亮)が昭和19年に手がけた『陸軍』は、その役割を果たしていないとして当局から睨まれ、次回作の製作も中止となります。すっかり嫌気が差した木下は松竹に辞表を提出。脳いっ血で倒れた母・たまが療養している浜松市の気賀に向かいます。失意の中、たまに「これからは木下惠介から木下正吉に戻る」と告げる惠介。戦局は悪化、気賀も安心できる地ではなくなり…。ユースケ・サンタマリアは惠介の兄・木下敏三として登場。

妻夫木聡を優しくフォローする上司役『ぼくたちの家族』

60歳を過ぎ、物忘れが激しくなった母・玲子。だが、そんなことは誰でもあるものと、兄・浩介(妻夫木聡)も弟・俊平も父・克明も全く気にしていませんでした。しかし、あることをきっかけに病院で検査を受け、結果は「脳腫瘍」と判明、余命わずか1週間。「家族がバラバラになるのは、あたし怖いよ」、その一言を最後に母はそれまでの母ではなくなり…。ユースケ・サンタマリアは浩介の事情を汲んで、優しくフォローする上司役を演じました。

戦前の日本でタクシー業者に『バンクーバーの朝日』

妻夫木聡/『バンクーバーの朝日』-(C) 2014「バンクーバーの朝日」製作委員会

カナダ・バンクーバーに実在した、日系カナダ移民の二世を中心とした“サムライ野球”の原点ともいわれる野球チーム「バンクーバー朝日」の奮闘を描いた映画。ユースケ・サンタマリアはタクシー業者の堀口虎夫として物語に登場しました。

「命懸けの接客係」を熱演!『エイプリルフールズ』

ユースケ・サンタマリア(命懸けの接客係)/『エイプリルフールズ』-(C) フジテレビジョン

本作の舞台は東京らしき大都会。4月1日は年に一度だけ嘘をついていい“エイプリルフール”。何気なく言った嘘が新たな嘘を呼び、あちらこちらで大騒動が勃発!街が緊張と混乱に包まれていきます…。ユースケ・サンタマリアは「命懸けの接客係」を熱演。

ユースケ・サンタマリアと橋本愛が親子に『バースデーカード』

ユースケ・サンタマリアと橋本愛が親子に扮し、亡き母から、誕生日ごとに届く10通のバースデーカードを通して、母の愛、子への想い、そしてそれを受け取る子どもたちの成長を、温かい視点で描いた家族愛の物語『バースデーカード』。ユースケ・サンタマリアは「実は、自分が出たものを見られないという病にかかっていて(笑)、撮影が終わるとそのお仕事は終わりというのが普通。でも、この作品はPRのために愛ちゃんが僕の番組にも出演してくれたとき、主演を務めた女優さんが、これほど満足しているなんてどんな作品なんだろうと興味がわいた。この物語がとても好きだったこともあって、これはと思い、珍しく出演作を見たんです。いま、すごく温かい気持ちに包まれていて。もし自分が出演していなくても、何度も見返すような大事な作品になるだろうな」と語っています。

日本を代表する名脇役、ユースケ・サンタマリア!

『バースデーカード』(C)2016「バースデーカード」製作委員会

日本を代表する名脇役ユースケ・サンタマリア。この記事で紹介した映画を見て彼に興味を持ったら、今年公開予定の『あゝ、荒野』をぜひ劇場でご覧になってください!

関連する投稿


『パラダイス・キス』『ルームメイト』『探偵はBARにいる3』北川景子主演作品15選!

『パラダイス・キス』『ルームメイト』『探偵はBARにいる3』北川景子主演作品15選!

『Dear Friends』や『花のあと』などに出演し、最近では人気アーティストDAIGOの妻としても知られる美人女優、北川景子さん。 彼女がデビューしたばかりの作品から、主演をつとめたものまで、15選をご紹介します!


イケメン田中圭出演作まとめ!最新出演作からさくらさんとの結婚生活まで♡

イケメン田中圭出演作まとめ!最新出演作からさくらさんとの結婚生活まで♡

そのルックスから、「爽やか」「好青年」といった役柄を演じたら右に出るものはいないほどの田中さん。 しかし最近ではそれ以外、あるいはそれとは真逆の役にも取り組んでおり、その精力的な活動に再び注目が集まっています。 そんな田中さんの過去の出演作を振り返ります。


長澤まさみ主演作品14選!『タッチ』『海街diary』ほか『嘘を愛する女』まで!

長澤まさみ主演作品14選!『タッチ』『海街diary』ほか『嘘を愛する女』まで!

『潔く柔く』『涙そうそう』など、国民的人気女優の長澤まさみが主演を務めた作品14選や、初の舞台出演作『キャバレー』や、噂されているある疑惑についてもまとめてみました!


岡田将生出演作まとめ!テレビ番組でも好きだと公言したあの人との関係も!

岡田将生出演作まとめ!テレビ番組でも好きだと公言したあの人との関係も!

絵に描いたようなさわやかな顔立ちを持つ岡田さんですが、実はいろんなジャンルの映画に挑戦しているのをご存知ですか? 青春モノやラブストーリーだけでなく、ここ最近ではアクションやサスペンスにて、今までに無い役柄に挑戦しています! さらにはドラマで共演したあの人との関係もまとめました!


最新主演作『悪と仮面のルール』で顔を変えた殺人犯に!?イケメン俳優・玉木宏出演作まとめ

最新主演作『悪と仮面のルール』で顔を変えた殺人犯に!?イケメン俳優・玉木宏出演作まとめ

数多くの映画・ドラマで活躍し、マルチな才能をみせるイケメン俳優の玉木宏さん。最新主演作『悪と仮面のルール』では、顔を変えて生きる殺人犯が己に潜む悪と葛藤する様子をダークに演じています。そんな玉木さんのこれまでの出演作品や俳優以外の活動、気になるプライベートな話題を紹介します。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。