天才子役から女優へ!ダコタ・ファニングまとめ

天才子役から女優へ!ダコタ・ファニングまとめ

世界中の誰もが知る天才女優ダコタ・ファニング。子役から魅力的な女性に変貌した彼女の魅力に迫ります。


ダコタ・ファニングとは?

ダコタ・ファニング-(C) Getty Images

ダコタ・ファニングは1994年2月23日に、アメリカ・ジョージア州で生まれ現在23歳です。
幼い頃より、芸能生活を送っている彼女は、デビュー当時天才子役として脚光を浴びました。
ミステリアスな雰囲気を持つダコタは、妹のエル・ファニングとともにハリウッドを引っ張る若手女優として活躍中です。

『アイ・アム・サム』で新人賞を総ナメ!

ダコタ・ファニング-(C)Getty Images

2001年に公開された映画『アイ・アム・サム』。
ショーン・ペンを主演に迎え、当時7歳のダコタが娘役として登場しました。
公開当初から、話題の感動作として注目を浴びた同作は、期待通り大ヒット!
知的障がいを持つ父親とその娘の生きる様を描いた同作は、現在でも感動作として有名です。
彼女の素晴らしい演技が評価され、放送映画批評家協会賞やヤング・アーティスト賞など各種新人賞を子役ながら総ナメし、ノミネートも多数されました。

毎年数本の映画出演をこなすスーパーガール!

『シャーロットのおくりもの』 サブ1

デビュー当時から現在まで、映画に出演していない年は無いほど売れっ子の彼女。
年間3〜5本の映画出演をこなす彼女は、それ以外にTVドラマにも多く出演しています。

『シャーロットのおくりもの』

映画『シャーロットの贈りもの』ではジュリア・ロバーツと共演し、大物女優との共演でも堂々とした演技で魅了した彼女。
天才子役ならではのハリウッドスターとの共演でも、彼女のあどけない笑顔にきっと出演者は癒されたはずです。

© 2008 Twentieth Century Fox

デンゼル・ワシントンと共演した映画『マイ・ボディガード』では、その演技力の高さから、デンゼル・ワシントンがダコタのことを絶賛するなど、誰もが認める女優になります。

『宇宙戦争』メイン

2009年にトム・クルーズ主演の『宇宙戦争』に出演した際は、表現豊かなダコタの表情に感動の声が寄せられました。
しかしこの年齢で数々のスターとの共演をこなすなんて、とても精神力が高いことが伺えます。

『PUSH 光と闇の能力者』 -(C) SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

次々と映画出演をこなす彼女の成長ぶりを、スクリーンの中で観る事ができ、
子役時代は勿論ですが、ティーン時代の多彩な演技は年々磨き上げられています。

妹・エルとの仲は良いの?

NAACPイメージ・アワードに出席したダコタ・ファニング -(C) Splash/AFLO

近年、姉妹でスターになることが注目されることが多いですが、ダコタにもエルという同じく女優で活躍する妹がいます。
不仲説もあるようですが、二人の場合はオフの日は遊びに行ったり、仲良く過ごしているようです。
同じ女優の立場だとどうしても比較されがちですが、ダコタ&エルには仲良し姉妹でいてくれることを願います。

ダコタ・ファニング&エル・ファニング

よく似てはいるものの、それぞれ魅力の異なる二人。
姉妹での共演も見てみたいですね!

ロマンスに関しては堅実派?

2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved. 『17歳のエンディングノート』 -(C) 2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.

ダコタといえば目立ったゴシップもない優等生で有名ですが、ロマンスに関してインタビューを受けた際、交際=結婚という考えがあると語っていました。
火遊びのような恋愛はせず、きちんと将来を考えられる人としか恋愛はしないとのこと。
きっと幼い頃から注目の的だったことでしょうから、その反面色々な助言をもらって生きてきたダコタらしい発言です。

2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved. 『17歳のエンディングノート』 -(C) 2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.

彼女のハートを生涯射止めるのは果たしてどんな人なのか?!
今から楽しみでなりません。

ダコタの今後に期待!

ダコタ・ファニング-(C) Getty Images

新作の出演も続々と決まっているダコタ。
彼女の快進撃はまだまだ止まらないようです。
大人の女性の魅力も兼ね備えてきた彼女の今後にも期待したいですね。

関連する投稿


【今週末公開の映画】12/1~『鋼の錬金術師』『探偵はBARにいる3』など

【今週末公開の映画】12/1~『鋼の錬金術師』『探偵はBARにいる3』など

12/1〜公開の映画をご紹介します。人気漫画の実写映画から社会派ヒューマンドラマまで、幅広いラインナップが揃っています。さらに12/1は年に一度の「映画の日」!全国どこでも一律1000円で映画鑑賞できます。この機会に映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?


実写版ディズニー映画まとめ!リアルディズニープリンセスを演じたあの女優は⁈主役キャスト&あらすじまとめ

実写版ディズニー映画まとめ!リアルディズニープリンセスを演じたあの女優は⁈主役キャスト&あらすじまとめ

『美女と野獣』や『マレフィセント』をはじめ、続々と増えてきているディズニーの実写化。豪華な俳優陣が出演し、新作が出る度に話題になっていますね。その実写化されたディズニーの作品をいくつかまとめてみました!


『あしたは最高のはじまり』間もなく公開!親子の絆に涙する名作10選

『あしたは最高のはじまり』間もなく公開!親子の絆に涙する名作10選

9月9日公開予定の『あしたは最高のはじまり』。本国フランスでは8週連続トップ10の興行成績を記録し、その後ヨーロッパ全土を笑いと涙で包み込んだハートフルな一作です。 ここでは、親と子の絆がテーマとなる秀作の数々をご紹介致します。


『美女と野獣』『シンデレラ』ディズニーアニメの実写化作品5選

『美女と野獣』『シンデレラ』ディズニーアニメの実写化作品5選

不朽の名作揃いのディズニーアニメ。その中でも実写化になった作品は多数あります。最近ではエマ・ワトソン主演で、世界中で大ヒットした『美女と野獣』がありますね。今回は『アリス・イン・ワンダーランド』『マレフィセント』『シンデレラ』『美女と野獣』、そして実写化が決定した注目の作品『ノートルダムの鐘』についてご紹介します。


【Happy Birthday!】2月後半生まれのハリウッドスター達

【Happy Birthday!】2月後半生まれのハリウッドスター達

寒さの中にも春の訪れが感じられるこの時期。 ここでは、2月後半に誕生日を迎えるハリウッドスター達をご紹介致します。 若い才能がとても目立つ結果となりました!


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。