実話を映画化!『少女ファニーと運命の旅』のみどころを解説

実話を映画化!『少女ファニーと運命の旅』のみどころを解説

主人公のファニーと姉妹の生への願望、そして彼女たちを守ろうとする大人との温かな絆が見る者の心を打つ『少女ファニーと運命の旅』。実話がベースのこの作品はいったいどのような物語なのか、本記事でご紹介していきます。


子どもたちだけで旅を続けたユダヤ人少女の実話

『少女ファニーと運命の旅』 (C)ORIGAMI FILMS / BEE FILMS / DAVIS FILMS / SCOPE PICTURES / FRANCE 2 CINEMA / CINEMA RHONE-ALPES / CE QUI ME MEUT -2015

ユダヤ人の少女ファニーは、幼い二人の妹と共に児童施設に匿われていました。

ユダヤ人を迫害するナチスドイツが猛威を振るい、支配下に置かれたフランス。密告され存在がバレたファニーたちは、別の施設へと移ることになります。

移住先にもナチスの手がおよぶため、スイスへ逃れようと列車を乗り継ぐファニーたち。しかし、取り締まりが厳しく、引率者とはぐれてしまいます。

ナチスに追われ、引率者ともはぐれてしまったファニー。子どもだけで勇気と知恵を振り絞り、困難を乗り越えながら、スイスの国境を目指す物語。きっと涙なくしては見られません。

覚えておきたいポイントは、時代背景、実在した人物、主演女優の3点です。

舞台はナチスドイツ支配下のフランス

1943年のフランスが舞台。ナチスドイツに支配され、ユダヤ人は迫害され続けていました。ユダヤ人の家族は屋根裏などで息を潜めて生き抜いた時代です。

少しでもいいから暮らしやすくなるように、生き延びられますようにと両親に見送られ、子どもたちだけで支援者の元で暮らすユダヤ人も多かったそう。1つ2つこういったことを知っておくと、映画を別の視点でも見られたリ、感情移入できたりと、より深く楽しめるかもしれません。

ファニーのモデルは実在のファニー・ベン=アミさん

現在イスラエルで暮らしているファニー・ベン=アミさん。ファニーのモデルとなった彼女は、第二次世界大戦中にフランスからスイスへと逃げた際の体験を綴っています。2011年には、それをもとにしたフランス語翻訳版が出版されました。

たちまち話題を集め、2016年に映画化。フランスとベルギーで公開され、日本での公開となりました。世界的にもそれだけ意味をもつ作品です。

主人公ファニーを演じるのはレオニー・ス―ショー

この映画を製作するにあたり、フランスとベルギーでオーディションが行われました。1000人近い応募の中から見事合格し、ファニー役を演じることになったのはレオニー・スーショーさん。実は、今回が映画初出演となります。

現在と過去を鑑みるとまた悲劇が起きるのではないか…同じ歴史が繰り返されるのではないか…そういったことが起きないように、そして平和が維持されるようにといった願いを込め、また警告としても『少女ファニーと運命の旅』は公開されます。

そういった目的もあることを考えると、他の何にも染まっていないレオニー・スーショーさんのキャスティングはぴったりですね。

感動ヒューマンドラマ『少女ファニーと運命の旅』は2017年8月11日公開!

いかがでしたか?

現代では到底考えられないことが現実に起こっていた時代。子どもたちの目にユダヤ人迫害はどう映っていたのでしょう。この映画を通して多くの人に事実を知ってもらいたく思います。平和について考える良い機会になるかもしれません。

この映画のラストには、モデルとなったファニー・ベン=アミさんが出演しています。数秒と短い時間なので見逃さないようにご注意ください。

この記事のライター

関連する投稿


『少女ファニーと運命の旅』ナチスにまつわる物語5選

『少女ファニーと運命の旅』ナチスにまつわる物語5選

舞台は第二次世界大戦中のヨーロッパ。ナチスドイツ兵の追跡を逃れ、フランスからスイスの国境を目指す13歳の少女の決してあきらめない旅を描く、8月11日公開のフランス・ベルギー合作映画『少女ファニーと運命の旅』。 歴史の予習も含め、ナチスをテーマにした映画をいくつか振り返ってみましょう。


今年の夏は何を見ますか?『ワンダーウーマン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など注目の洋画まとめ!

今年の夏は何を見ますか?『ワンダーウーマン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など注目の洋画まとめ!

そろそろ夏がやってきますね♪海やプール、アウトドアもいいですが、映画観賞もおすすめです。この夏おすすめの映画館でご覧いただきたい洋画をまとめてみました。


最新の投稿


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!


これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

これぞ男勝り!女性が活躍する映画50選!カッコいいヒロインに惚れてしまうこと間違いなし!

映画って豪快でたくましい男のヒーローが主人公として活躍するイメージありますよね。ですが今回はいつもと趣向を変えて美しく華麗な女性が主役の映画を50本紹介します。


バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

バレンタインにお家デートで観たい!ラブコメ映画おすすめ50選!笑って泣いてキュンキュンしよう!

今ラブラブなカップルにもシングルのあなたにも、そして失恋の悲しさを吹き飛ばしたいそこのあなたにもおすすめのラブコメ映画50選!あの名作からハリウッドの傑作、インディーズ映画と、邦画洋画問わずにおすすめを一挙50個ご紹介いたします!♡


問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

問題作!?描写が過激で物議を醸した映画50選

世の中には、性描写や差別、グロテスクといった理由から物議を醸す映画があります。そのような映画には前衛的なものが多いため、狙って見てみると面白いかもしれません。今回はそんな物議を醸した映画を紹介します。