『レンブラントの夜警』『リリーのすべて』芸術家を描いたおすすめ映画まとめ

『レンブラントの夜警』『リリーのすべて』芸術家を描いたおすすめ映画まとめ

芸術家ってちょっと変わってて魅力的ですよね。そんな芸術家を描いた映画を紹介します。


『エゴン・シーレ 死と乙女』

2016,オーストリア・ルクセンブルク,アルバトロス・フィルム
© Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH

ときを遡ること1910年。美術アカデミーを退学したシーレは、画家仲間と“新芸術集団”を結成、16歳の妹ゲルティの裸体画で頭角を現していた。そんなとき、彼は場末の演芸場でヌードモデルのモアと出逢う。 褐色の肌を持つエキゾチックな彼女をモデルにした大胆な作品で一躍、脚光を浴びるシーレ。その後、敬愛するグスタフ・クリムトから赤毛のモデル、ヴァリを紹介されたシーレは、彼女を運命のミューズとして数多くの名画を発表。幼児性愛者という誹謗中傷を浴びながらも、シーレは時代の寵児へとのし上がっていく。しかし、第一次世界大戦が勃発。シーレとヴァリの愛も、時代の波に飲み込まれていく――。
主人公の考え方は理解しづらくて共感は得られないかもしれませんが物語としての面白さがあり芸術の美しさや怖さを垣間見ることができます。

『リリーのすべて』

2015,イギリス、ドイツ、アメリカ,東宝東和
© 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

1930年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。
美しく繊細な作品です。主人公が心と体の違いに苦悩する描写やそのカップルの残酷な運命がとても切ないです。

『ファクトリー・ガール』

2006,アメリカ,ファントム・フィルム、AMGエンタテインメント、エイベックス・エンタテインメント
© 2006 Factory Girl.LLC

1965年、ニューヨーク。アンディ・ウォーホル(ガイ・ピアース)が“FACTORY”と呼ばれるスタジオを構え、ポップ・アートの旗手として君臨していたある日、ひとりの魅力的な女の子が、活気と才能であふれるこのスタジオに登場した。由緒ある名家・セジウィック家の令嬢・イーディ(シエナ・ミラー)。大きな瞳に痩せっぽちの身体で奔放にふるまう彼女は、たちまちウォーホルとFACTORYに気に入られ、瞬く間に時代のミューズとなった。だが、あるひとりの人気絶頂のロック・スター(ヘイデン・クリステンセン)との出会いから、“ファクトリー・ガール”の運命の転落が始まる...。その美貌と圧倒的な存在感で一躍ポップ・カルチャーのアイコンとなりながらも、28歳という若さでこの世を去ったイーディ・セジウィックをシエナ・ミラーが熱演。
クリアながらも時代を感じさせる映像が作品の雰囲気を引き出していて全体的に完成度の高い作品です。

『レンブラントの夜警』

2007,カナダ、フランス、ドイツ、ポーランド、オランダ、イギリス,東京テアトル、ムービーアイ
© Nightwatching B.V. 2007

1642年、35歳のレンブラント(マーティン・フリーマン)は、一流の肖像画家としてヨーロッパ中にその名を轟かせ、妻のサスキアの優秀なビジネス手腕も手伝って、莫大な富を築いていた。その上、ふたりの間には待望の男子が誕生し、レンブラントはまさに人生の絶頂期にいた。この絵を描くまでは...。『コックと泥棒、その妻と愛人』のP・グリーナウェイ監督が、多くの謎に包まれてきた世界的名画「夜警」の謎に迫る。
一枚の絵から広がる物語がよく作り込まれていてとても面白いです。芸術に興味のある人や当時のオランダに詳しい人はより楽しめると思います。

『非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎』

親類も友人もなく、雑役夫として働いた病院と教会のミサを行き来するだけの貧しい生活を送った孤高のアウトサイダー・アーティスト、ヘンリー・ダーガー。1973年にその生涯を閉じた後、彼が40年間暮らしたアパートの部屋からは「非現実の王国で」と題した15,000ページにも及ぶ小説の原稿と数百枚の挿絵が発見された。人々から注目を浴びながらもベールに包まれた彼の生涯と創作の秘密に、アカデミー賞監督ジェシカ・ユーが迫る。
主人公の芸術という絶対不可侵の領域を堪能することができます。絵のひとつひとつに迫力があり熱意を感じるような作品です。

『ミッドナイト・イン・パリ』

2011,スペイン、アメリカ,ロングライド
Photo by Roger Arpajou -(C) 2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

ハリウッドで売れっ子の脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とその両親と共に憧れのパリに意気揚々とやって来た。しかし、1920年代、文化・芸術が花咲く時代のパリへ突然タイムスリップしてしまう。真夜中のパリで出会ったのは、ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)のサロンに集うヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソたち。ロマンティックでマジカルな夜が始まろうとしていた――。
最初から最後までドキドキワクワクが続き最後は思わず涙してしまうような映画です。

『クリムト』

2006,オーストラリア、フランス、ドイツ、イギリス,メディア・スーツ
©epo-film

1918年。芸術の都・ウィーンの栄光は、まさに終焉を迎えようとしていた。そして、絵画に新たな潮流を生み出した稀代の画家、グスタフ・クリムト(ジョン・マルコヴィッチ)もまた、命の灯火を消そうとしていた。脳卒中で倒れ、病院に運ばれたクリムト。しかし、彼を見舞うのは愛弟子のエゴン・シーレ(ニコライ・キンスキー)ただひとり。発作に苦しみ、朦朧とした意識の中、クリムトの目には、栄光と挫折の人生がよみがえる。まるで寓話に満ちた彼の絵のように...。第28回モスクワ国際映画祭コンペティション部門においてロシア批評家連盟賞受賞を受賞。クリムトに扮するのはその演技に絶大な信頼を寄せられているジョン・マルコヴィッチ。監督・脚本は、鬼才との呼び声高い独特の演出、寓意に満ちたカメラワークをみせる『見出された時―「失われた時を求めて」より―』のラウル・ルイス。
クリムトの人生や芸術に対する感じ方などが走馬灯のように描かれていて展開が目まぐるしいですがとても美しく見応えがあります。

『バスキアのすべて』

2010年,アメリカ,CJ Entertainment Japan
ALL Jean-Michel Basquiat works © Estate of Jean-Michel Ba squiat. Used by Permision. Licensed by Artestar, New York

1970年代、犯罪が多発するニューヨーク。地下鉄や建物へのスプレーペインティングからキャリアをスタートさせたジャン=ミシェル・バスキア。やがてキース・へリングやアンディ・ウォーホルらに認められ、瞬く間にスターの座にのぼりつめた彼は、人気と栄誉を確実なものにする。しかし同時にドラッグの量が増え、奇行や妄想癖が目立つようになる...今年生誕50周年を迎えるバスキア。本作は80年代のアートシーンと共に、バスキアの素顔と真実に迫るドキュメンター。
才能ある青年の悲しい境遇に胸を打たれます。とても貴重なバスキア本人のインタビュー映像はバスキアファンなら必見です。

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』

2010,アメリカ、イギリス,パルコ、アップリンク
© 2010 Paranoid Pictures Film Company All Rights Reserved.

世界のグラフィティアーティストを撮影し続けたティエリー・グエッタが、いままで誰も接触することができなかったバンクシーを偶然撮影できるようになったところから始まる。ティエリーの映画は完成するものの、バンクシーが発した一言により想像しなかった事態へと発展する――。第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた、ストリートアーティスト・バンクシーの初監督作品。
ストリート・アートという落書きにも思える絵だって芸術を表現できるということがわかる少し変わった作りのドキュメンタリー映画です。

まとめ

『レンブラントの夜警』 -(C) Nightwatching B.V. 2007

芸術家を描いた映画を紹介しましたが、いかがでしたか?このような天才と呼ばれる人たちの立ち振る舞いや考え方は変わってて面白いのでぜひ観てくださいね。

関連する投稿


最新5年分のアカデミー衣装デザイン賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー衣装デザイン賞受賞作まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

本記事では最新5年分の「アカデミー衣装デザイン賞」を受賞した作品をご紹介します。 作品の世界観に一役も二役も買っている、熟考された素晴らしいセンスと衣装の数々を楽しみましょう。


最新5年分のアカデミー助演女優賞受賞者まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

最新5年分のアカデミー助演女優賞受賞者まとめ【何を観ようか迷ったらどうぞ】

本記事では最新5年分の「アカデミー助演女優賞」を受賞した作品をご紹介します。 必要なのはキャリアや人種ではなく、観客の心を揺さぶる名演技です!


『リリーのすべて』『ファンタスティック・ビースト』エディ・レッドメイン出演作品5選!

『リリーのすべて』『ファンタスティック・ビースト』エディ・レッドメイン出演作品5選!

『リリーのすべて』に出演し、その熱演が世界中の注目を集めた若手俳優エディ・レッドメイン。彼が出演する作品を5本ご紹介します。


『ビッグ・アイズ』『リリーのすべて』画家が登場する映画5選!

『ビッグ・アイズ』『リリーのすべて』画家が登場する映画5選!

『アキレスと亀』『ミッド・ナイト・イン・パリ』など、不遇の生涯を送った天才から法廷画家まで、様々なジャンルの画家が登場する名作5選をご紹介します。


偏見との闘い!同性愛を描いた映画10選

偏見との闘い!同性愛を描いた映画10選

最近は同性愛者であることを公言するタレントなどが増え、昔に比べると同性愛に対しての偏見は減ってきました。しかし、まだまだ理解の及ばないところが多いと思います。今回はそんな同性愛を描いた映画を紹介します。


最新の投稿


二宮和也主演『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』あらすじとキャスト

二宮和也主演『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』あらすじとキャスト

伝説のTV番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一の小説デビュー作『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』が「嵐」の二宮和也さん主演で実写映画化されることになりました!本作のあらすじとキャストをご紹介します。


長澤まさみ『嘘を愛する女』恋人は高橋一生、あらすじ&キャスト

長澤まさみ『嘘を愛する女』恋人は高橋一生、あらすじ&キャスト

長澤まさみと高橋一生、さらに人気実力派俳優の吉田鋼太郎も加わり、「嘘」に隠された真実と愛に迫る新感覚ラブストーリー『嘘を愛する女』が映画化。恋人の秘密を追うという、ミステリアスな要素も気になりますね。そのあらすじ&キャストをご紹介します!


福士蒼汰がオレンジ髪の死神姿に!満を持しての実写映画化『BLEACH』

福士蒼汰がオレンジ髪の死神姿に!満を持しての実写映画化『BLEACH』

久保帯人の原作で知られる漫画「BLEACH」が、実写版となって2018年7月20日より公開予定!主演・黒崎一護役に人気若手俳優の福士蒼汰、キーパーソンである朽木ルキア役に杉咲花が決定し話題となっています。全74巻でシリーズ累計発行部数9,000万部の、圧倒的人気を誇る漫画の実写版『BLEACH』の魅力に迫ります。


【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

【今週末公開の映画】2/23~『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』ほか

2/23(金)、2/24(土)に公開される映画を一挙ご紹介。サンダンス映画祭で話題となった『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』、日中合作の『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』、そして竹中直人の爆笑エンターテイメント『レオン』などが公開となります!映画館でぜひ楽しんでくださいね。


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』榮倉奈々、安田顕のW主演!

2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿されたミステリアスで奇想天外な投稿が、たちまち話題を呼んだコミックエッセイ「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」が、まさかの実写映画化!『図書館戦争』の榮倉奈々と、『銀魂』や『不能犯』などに出演する安田顕のW主演です。2018年6月8日公開予定の本作をチェック!