『イントゥ・ザ・ワイルド』『ザ・マスター』など・孤独を描いたおすすめ映画まとめ

『イントゥ・ザ・ワイルド』『ザ・マスター』など・孤独を描いたおすすめ映画まとめ

孤独を描いた映画を紹介します。寂しい人や孤独を感じている人が共感できるような作品です。


『her/世界でひとつの彼女』

2013,アメリカ,アスミック・エース
© 2013 Untitled Rick Howard Company LLC All rights reserved.

近未来のロサンゼルス。長年一緒に暮らした妻・キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れたセオドア(ホアキン・フェニックス)は、人工知能搭載OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に恋してしまう。そうはいっても、“彼女”は実体などなく、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる、ただ声だけの存在。けれど、“彼女”は驚くほど個性的で、繊細で、クレバー。それでいてセクシーだった。次第にセオドアは、“彼女”と一緒に過ごす時間だけを幸せに感じるようになり、“彼女“に魅了されていく――。
セオドアとサマンサの愛を模索する描写や、それぞれのすれ違いなどが新鮮でとても素敵。切なくも面白い作品となっております。

『イントゥ・ザ・ワイルド』

2007,アメリカ,スタイルジャム
© MMVII by RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION.All Rights Reserved.

1992年4月、一人の青年がアラスカ山脈の北麓、住む者のいない荒野へ歩いて分け入っていった。4か月後、ハンターたちによって、彼はうち捨てられたバスの車体の中で、寝袋にくるまり餓死している状態で発見される。青年の名はクリス・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)。ヴァージニアの裕福な家庭に育ち、2年前に大学を優秀な成績で卒業したばかりの若者だった。全財産を捨て、労働とヒッチハイクを繰り返しながら、アラスカへと旅立ったクリス。なぜ彼は、恵まれた環境にいながら、悲惨な最期を遂げたのか...?ジョン・クラカワー原作のベストセラーを、ショーン・ペンが映画化。
本当の自由を求めて旅に出る主人公がとても魅力的です。社会に適応できなかった主人公の死を目前とした時の姿に思わず涙してしまいます。

『息もできない』

2008,韓国,ビターズ・エンド

母親と妹の死の原因を作った父親に対して強い憎しみを抱き、その苛立ちをぶつけるかのごとく周囲に暴力的にふるまう、借金取りのサンフン(ヤン・イクチュン)。ある日、サンフンは女子高生のヨニと出会う。ヨニもまた、強権的な父親や粗暴な弟との間で問題を抱えていた。ふたりは現実から逃避するように一緒の時間を過ごすようになる。そしてやがて、サンフンは心に温かいものを感じるようになり変わり始めていくが...。俳優ヤン・イクチュンの監督デビュー作。逃れられないしがらみの中で生きる青年と勝気な女子高生の純愛をパワフルに描く。
色んな意味での暴力描写があり不快感も感じるかもしれませんが後半からの感動するシーンの連続がとても味わい深いです。

『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』

2014,アメリカ,アルバトロス・フィルム
© 2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved

無職のシングルファザー、デニス・ナッシュ(アンドリュー・ガーフィールド)は、ある日突然、長年暮らしてきた家から強制退去させられる。たった2分間の猶予しか与えられず―。家族の思い出が詰まった家を何としてでも取り戻そうとするナッシュは、自分たちを追い出した不動産ブローカー、リック・カーバー(マイケル・シャノン)に金で釣られ、彼の儲け話に手を染めていく。それは法の穴を抜け、銀行や政府、そしてかつての自分と同じ境遇の人々を巧みに操り、家を差し押さえて大儲けするというビジネスだった。母親と息子に真実を言えないまま、人々を破綻させ大金を稼いでいくナッシュ。それによってやがて自らも大きな代償を払うことに気づくのだが...。
お金について考えさせられる作品となっています。業者のやり口などがリアルに描かれていて面白いです。

『アジョシ』

2010,韓国,東映
© CJ ENTERTAINMENT INC & UNITED PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED

街の片隅でひっそりと質屋を営んで暮らす男・テシク(ウォンビン)。元特殊部隊隊員である彼は、過去に起きたある出来事がきっかけで心に闇を抱えていたが、隣に住む貧しい少女・ソミだけは、彼と心を通わせていた。しかし、ある日ソミは麻薬密売組織に母と共に誘拐されてしまう。彼女を救うべく、テシクはその危険な企みの渦に飛び込んでいくが――。
善と悪がはっきりしているだけにラストが爽快です。悪が悪に徹していて残虐なシーンが多いですがそれだけ心温まる展開に癒されます。

『アフター・ウェディング』

インドで孤児の援助活動に従事するデンマーク人・ヤコブ(マッツ・ミケルセン)は、あるデンマークの実業家から巨額の寄付金の申し出を受ける。条件はたった一つ、直接会って話をすること。久しぶりにデンマークへ戻ったヤコブは、実業家のヨルゲン(ロルフ・ラッセゴード)との交渉を成立させるが、週末に行われる彼の娘の結婚式に出席するように強引に誘われる。断れずに出席し、思いがけない人と再会して困惑するヤコブ。そして明らかになる衝撃の事実。やがてヤコブは全てを仕組んだヨルゲンの秘密と、彼の本当の望みを知ることになる...。日常に潜む運命に絡めとられていく 男と女の究極の愛の形を描く。2007年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。
最初から最後までムラがなく完成度の高い作品となっています。じんわりとした寂しさと希望を感じることができます。

『鑑定士と顔のない依頼人』

2013,イタリア,ギャガ
© 2012 Paco Cinematografica srl.

物語の始まりは、ある鑑定依頼。引き受けたのは、天才鑑定士にして一流オークショニア、ヴァージル・オールドマン。それは、資産家の両親が遺した絵画や家具を査定してほしいという、ごくありふれた依頼のはずだった。ところが、依頼人の女性は決して姿を現さない。やがて、彼女が屋敷の壁の向こうの隠し部屋にいることを突き止めたヴァージルは、我慢できずに彼女の姿を覗き見、その美しい姿に一瞬で心奪われ、どうしようもなく惹かれていく。さらに、美術品の中に、歴史的発見となるようなとんでもなく価値のある美術品の一部を見つけ...。
全体的に巧妙な作りになっていて観る方は多少の集中力を要しますがとても迫力があり美しい世界を堪能することができます。

『ザ・マスター』

2012,アメリカ,ファントム・フィルム
© MMXII by Western Film Company LLC All Rights Reserved.

第二次世界大戦末期。海軍での海外赴任から戻った帰還兵のフレディ・クエルは、デパートでのカメラマンとして一般生活に戻ったが、戦地でハマったアルコール依存を断ち切れず、職場で問題を起こしてしまう。その後も普通の生活に適応できず、放浪生活をしていた彼は、あてのない旅に出た。密航した船で「ザ・コーズ」という教団に遭遇し、その船の主であり、指導者であるランカスター・ドッドに迎えられる。そこからフレディの人生は180度変わる。ドッドはあるメソッドで悩める人々の心を解放し、カリスマ的な人気を得ていた指導者だった。フレディは次第にその右腕として地位を得ていくが、その陰にはドッドの妻が潜んでいて...。
人間の汚い部分を清々しいほどに描き切っていてそこから生まれる緻密なストーリーがとても面白く見応えがあります。

『ファーナス/訣別の朝』

2013,日本,ポニーキャニオン
© 2013 Furnace Films, LLC All Rights Reserved

ペンシルベニア州・ブラドックは、ファーナス(=溶鉱炉)から昇る白煙が常に立ちこめる田舎町。ラッセル(クリスチャン・ベイル)はこの町で生まれ育ち、年老いた父親の面倒を見ながら製鉄所で働いていた。心配なのは、イラク戦争で心の傷を受けて帰ってきた弟・ロドニー(ケイシー・アフレック)。だが、貧しいながらも恋人・レナ(ゾーイ・サルダナ)とはささやかな幸福の時間を見出していた。だが、ある夜を境に、彼の運命は闇の底へと転がり堕ちていく...。
とてもリアルでハードボイルドな作品です。暴力、貧困、ドラックなどアンダーグラウンドな部分からアメリカの歴史を描いています。

まとめ

片方の靴を置いていくかどうか悩む…シンデレラ/『イントゥ・ザ・ウッズ』-(C)2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.

孤独を描いた映画を紹介しましたが、いかがでしたか?独りで生きる難しさや辛さを感じることができ周囲の人への感謝を再確認するきっかけにもなるかもしれません。気になった作品があればぜひ観てくださいね。

関連する投稿


無表情のジョニー・デップ?実話ベースの映画『ブラック・スキャンダル』

無表情のジョニー・デップ?実話ベースの映画『ブラック・スキャンダル』

日本では2016年に公開された、ジョニー・デップ主演の映画『ブラック・スキャンダル』。本作は実在したギャングのボスを描いたノンフィクション作品を原作とした実写作品です。今回は『ブラック・スキャンダル』のあらすじやキャストについて紹介します。


【今週末公開の映画】6/1~『デッドプール2』『ビューティフル・デイ』ほか!

【今週末公開の映画】6/1~『デッドプール2』『ビューティフル・デイ』ほか!

6/1(金)、6/2(土)に公開される映画を一挙ご紹介。あのクソ無責任ヒーローが、今度はまさかのファミリー映画でカムバック?『デッドプール2』や、カンヌ国際映画祭で、脚本賞と主演男優賞をW受賞した異色作『ビューティフル・デイ』など、期待作が続々公開されます。


【今週末公開の映画】5/25~『犬ヶ島』『ファントム・スレッド』ほか!

【今週末公開の映画】5/25~『犬ヶ島』『ファントム・スレッド』ほか!

5/25(金)、5/26(土)に公開される映画を一挙ご紹介。ウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に描いたストップ・モーションアニメ『犬ヶ島』や、名優ダニエル・デイ=ルイス引退作『ファントム・スレッド』など、期待作が続々公開されます。


見逃せない!菅田将暉&ヤン・イクチュンW主演『あゝ、荒野』がすごい!

見逃せない!菅田将暉&ヤン・イクチュンW主演『あゝ、荒野』がすごい!

寺山修司唯一の長編小説である「あゝ荒野」を映像化し、菅田将暉&ヤン・イクチュンのW主演でも話題となっている『あゝ、荒野』。公開に先立ち、みどころをまとめてみました。


【今週末公開の映画】10/6~『エルネスト』『ナラタージュ』『アウトレイジ 最終章』ほか

【今週末公開の映画】10/6~『エルネスト』『ナラタージュ』『アウトレイジ 最終章』ほか

松本潤×有村架純初共演、禁断の純愛を描いた『ナラタージュ』、ついに終結を迎える『アウトレイジ 最終章』、菅田将暉×ヤン・イクチュンW主演『あゝ、荒野 前篇』など、10月6日、7日に公開される話題作の映画を一挙ご紹介いたします!気になる作品はありますか?


最新の投稿


ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

ジェシカ・アルバの主演映画おすすめ9選!かわいいファッションにメイクが気になる!

かわいいな笑顔とセクシーな大人の魅力を持つジェシカ・アルバ。幼少時から女優を目指し演技の勉強をしていたという彼女の主演作品9選をご紹介します。


デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

デヴィッド・フィンチャー監督映画おすすめ10選!セブン、ファイト・クラブにつづく新作は?

『セブン』や『ファイト・クラブ』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャーは、作品の色を抑えた暗い画面の映画が多いことが特徴で、映画ファンからの熱狂的な人気を集める映画監督です。そんな彼のおすすめ作品10選をご紹介します。


ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

ジュード・ロウ代表作映画のまとめ!やっぱりかっこいい!気になる恋人、妻は?

現代版ドンファン、世界中の女性を虜にしてきたジュード・ロウ。ソフトな物腰、セクシーな眼差し、そして甘く整った容姿と才能で常に存在感を放ってきました。プライベートでも、出会った女性全員に恋をするんではないか?と思ってしまう程の目撃情報、自らの "ポロっと告白" によってエピソードが溢れかえっていますが欲望に抗わないスタンスが崩れることはありません。彼ほどになると、これもまた才能か?!先日映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開に伴い来日した彼は、大の日本好きでも知られていて過去に何度も来日を果たしています。今回の来日での様子やサービストーク共に、彼が今まで出演してきた代表的な映画作品も紹介していきたいと思います。


竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

竹内結子のおすすめ映画・ドラマ5選!年齢を重ねるごとにかわいい美人女優♡

透明感のある美しさで男女問わず人気が高い美人女優・竹内結子さん。そんな彼女が出演する映画・ドラマおすすめ5選を紹介します!


広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

広末涼子のおすすめ映画・ドラマ6選!結婚してもかわいい大女優!

デビュー以来映画やドラマに数多く出演し、トップ女優として活躍し続ける広末涼子。アラフォーとなった現在でも透明感あふれる美しさでCMにも多く出演しています。そんな彼女のおすすめ映画・ドラマ6作品をご紹介します。