『トランスフォーマー』『アバター』CGがすごい映画おすすめまとめ

『トランスフォーマー』『アバター』CGがすごい映画おすすめまとめ

今となってはアニメーション、ファンタジー、アクションなど色々な映画でCGは欠かせないものとなっています。そんなCGがすごい映画を紹介します。


『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』

2014,日本,東映
© 2014 車田正美/「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会

遥か神話の時代、闘いの女神アテナを護る戦士たちがいた。彼らこそ、この世に邪悪がはびこる時、必ずや現れるという希望の戦士・聖闘士(セイント)。長きに渡る「聖戦」より時は経ち、現代。自らの持つ不思議な力に思い悩む少女・城戸沙織は、突如刺客に襲われ、青銅聖闘士(ブロンズセイント)の少年・星矢に救われる。そこで自らの運命と使命を知った沙織は、星矢と仲間の青銅聖闘士と共に聖域(サンクチュアリ)へと向かう決意をするのだった。だがそこには教皇の罠と、聖闘士の中でも最強を誇る伝説の黄金聖闘士(ゴールドセイント)たちとの死闘が待ち受けていた――!
原作をうまくまとめるとともにCGの映像美をいかしたオリジナル要素を加えていてとても面白いです。

『キャプテンハーロック』

2013,日本,東映
© LEIJIMATSUMOTO/CAPTAIN HARLOCK Film Partners

銀河の果てまで進出した時代、残されたフロンティアのなくなった人類は、地球への居住権をめぐり紛争を引き起こした。この紛争の切札として建造された四隻のデス・シャドウ級宇宙戦艦。その四番艦・艦長の名前をハーロックと言った。しかし、英雄と呼ばれたハーロックは終戦とともに姿を消した。そして次に姿を現したとき、彼は艦首に巨大なドクロを刻んだ海賊船を駆る、呪われた宇宙海賊となって政府に叛旗を翻した。なぜハーロックは姿を消し、海賊となって現れたのか?彼の目的は?そしていま、ハーロック暗殺計画が発令された…。
ドロドロとした恋愛や歪んだ正義など無駄な要素がなく硬派なSF映画を楽しみたい人におすすめの作品です。

『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』

2009,日本,東宝
© 2009 フジテレビジョン/Production I.G/電通

幼い頃母親を亡くし、父親に育てられた高校生の遥(綾瀬はるか)。ある日、子供の頃よく遊んでいた神社に行くと、捨てられたゴム式のおもちゃの飛行機を運んでいる“きつね”と遭遇する。きつねを追っていくうちに、森の中に迷い込んだ遥かは、一瞬にして不思議な世界“ホッタラケの島”に吸い込まれてしまった。そこは人間たちが「ほったらかした=ホッタラケにした」もので出来た島。テオと名乗る島の住人に導かれ、遥は幼い頃に大切にしていた宝物の存在を思い出す。母から貰った大切な手鏡を探しに、旅に出るのだが…。“ホッタラケの島”に迷い込んだ女子高生・遥と島の住人・テオが繰り広げる冒険ファンタジー。フジテレビとプロダクションI.Gが初タッグを組んだ、長編フルCGアニメーション。
フルCG映像がとてもきれいでどこか温かみのあるタッチで描かれています。

『ベクシル -2077日本鎖国-』

2007,日本,松竹
©2007 ベクシル製作委員会

21世紀初頭、世界市場を独占し、最先端を極めた日本のロボット技術は世界から危険視され、国際規制の対象となった。これに猛反発した日本は2067年に国際連合を脱退、遂にハイテクを駆使した完全なる鎖国を開始し、それから10年間、本当の日本を見た外国人は誰もいなかった。2077年、米国特殊部隊“SWORD”のベクシル(黒木メイサ)は日本に潜入するのだが…。『ピンポン』の曽利文彦監督が近未来を舞台に描いたフル3Dアニメーション映画。
映像、音楽、アクションなどのレベルが高いです。ハイテクノロジーな世界がとてもかっこいいです。

『トランスフォーマー』

2007,アメリカ,UIP
©2006 PARAMOUNT PICTURES AND DREAMWORKS LLC. ALL RIGHTS

物語は、2003年の火星探知機ビークル2号の事故から始まる。その事故の裏には、NASAが封印した最後の交信として残されたある映像があり、それこそが人類への唯一の警告だった。今、南極海の厚い氷の下で、灼熱のカタールで、パリや東京、アメリカの都市、そしてエアフォース・ワンの機内で想像を絶する現象が同時多発する…。マイケル・マン監督、スティーヴン・スピルバーグが手を組み、シャイア・ラブーフ主演で贈るSF超大作。
ハリウッド映画らしい大迫力の映像に圧倒されます。ストーリー、キャラクター、映像ともに分かりやすい面白さがあります。

『バイオハザード ダムネーション』

2012,日本,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2012カプコン/バイオハザードCG2製作委員会

米国大統領直属のエージェント、レオン・S・ケネディは内戦が続く東欧の小国・東スラブ共和国において生物兵器 「B.O.W.」が実戦投入されているという情報を受け、現地に単独潜入。その直後、米国は同国からの撤退を決め、レオンにも退去命令が下る。しかし、レオンは真実に迫りB.O.W.がもたらす悲劇の連鎖を食い止めるべく、命令を無視し、戦場へと独り身を投じる。レオンのもっとも過酷で最悪の一日が始まる…。
ゲームのバイオハザードをプレイしている人におすすめしたい作品です。CGがきれいでストーリーが単純なので気軽に観ることができます。

『パシフィック・リム』

2012,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ映画
© 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC

2013年、太平洋(パシフィック)の深海から突如出現した未知なる巨大生命体に、世界中の大都市が次々と破壊され、人類は滅亡の危機に晒される。甚台な被害を受けた人類は、巨大生命体と戦うため、英知を結集して人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。“イェーガー”は次々と現れる巨大生命体の侵攻を食い止めることができるのか――?
色彩や演出など細かなところまで監督の強いこだわりがみられてとても完成度が高いです。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

2015,アメリカ,パラマウントピクチャーズジャパン
© 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

2029年、人工知能の反乱により、人類は滅亡の危機に瀕していた。人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)は、敵が母サラ・コナー(エミリア・クラーク)を抹殺するため、殺人マシン“ターミネーター”を過去に送り込んだことを知り、彼女の命を守るために信頼できる同志カイル・リース(ジェイ・コートニー)を1984年の過去へと送り込む。だが、そこに待ち受けていたのは、たくましい女性戦士に変身していたサラと彼女の守護神(ガーディアン)となっていたT-800型ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)。過去と未来は、完全に書き換えられていたのだ。人工知能“ジェニシス”の起動が迫る中、人類滅亡の「審判の日」(ジャッジメント・デイ)へのカウントダウンは始まろうとしていた。もはや人類の運命は、1人の女性サラ・コナーとT-800型ターミネーターに委ねられていた――。
T-800の変化には感情を揺さぶられるものがあります。迫力のアクションシーンは健在で見応えある作品です。

『アバター』

2009,アメリカ,FOX
© 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved

息をのむほどに美しい遥か彼方のパンドラという星を舞台に、1人の男が様々な発見と思いがけない愛を経験し、やがてひとつの文明を救うために、彼の戦いの旅が始まる――。ジェームズ・キャメロンが、構想14年、製作4年を費やした最新作。
とにかく美しく、迫力のある圧巻の映像美が魅力の作品です。当時、革命的な映像にばかり注目されていましたがストーリーも面白く、その他音楽など全てにおいて素晴らしい作品です。

まとめ

『アバター』 -(C) 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

CGがすごい映画を紹介しましたが、いかがでしょうか。高いCG技術を使って作られた映画は非現実の世界をリアルに描いていて引き込まれるような魅力を持っているので気になった作品があればぜひ観てください。

関連する投稿


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。


「銃夢」の実写版『アリータ:バトル・エンジェル』あらすじ・キャスト紹介!

「銃夢」の実写版『アリータ:バトル・エンジェル』あらすじ・キャスト紹介!

海外にもファンの多い木城ゆきと作「銃夢」の実写版『アリータ:バトル・エンジェル』が2月22日に公開されます。一体どんな映画なのか?気になるあらすじからキャスト、みどころまで最新情報を一気にご紹介します。


『トランスフォーマー/ロスト・エイジ』あらすじ・キャストを紹介!

『トランスフォーマー/ロスト・エイジ』あらすじ・キャストを紹介!

大人気「トランスフォーマー」シリーズの第4作目となる作品『トランスフォーマー/ロスト・エイジ』が2014年に公開されました。監督は過去作に引き続きマイケル・ベイが担当。今回は本作のあらすじやキャストについて紹介します!


『トランスフォーマー』を観るべき順番は?シリーズを時系列に沿って解説!

『トランスフォーマー』を観るべき順番は?シリーズを時系列に沿って解説!

『トランスフォーマー』は気になるけど主人公は変わるし、どこから観ればいいのかよくわからない…。という方に、今回は『トランスフォーマー』シリーズを視聴するおすすめの順番を時系列に沿ってご紹介します。また、新作『バンブルビー』の情報も合わせてお伝えします。


ジェマ・アータートン出演映画8選!イギリス美女の魅力的な画像もアリ

ジェマ・アータートン出演映画8選!イギリス美女の魅力的な画像もアリ

ジェマ・アータートンがカメレオン女優と呼ばれているのはご存知ですか?どの作品を始めに観たかでガラっと印象が違う彼女。デビュー2作目が『007 慰めの報酬』のボンドガール役という超エリートな女優さんなのに、肩ひじ張らない自然さが魅力的!彼女のお勧め作品をピックアップしたので是非見てみてください!


最新の投稿


J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

J・J・エイブラムス、マニアが喜ぶ大人気映画とTVドラマ15選!

TVドラマ業界の一時代を築いた天才プロデューサーJ・J・エイブラムスは、映画界でも重宝される逸材。人気シリーズの生みの親として絶大な人気を誇っていますね。そんな彼のマニアックでクリエイティブな世界についてもっと知りたくなってしまいませんか?ここでは世界で大活躍する彼の作品に注目!是非ご覧くださいね。


『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

『東京喰種トーキョーグール』のネタバレ!あらすじ・登場人物

大人気マンガの実写映画『東京喰種トーキョーグール』。独特のダークな世界観で世間を圧倒させた話題作です。作品は知っているものの、まだ見ていない人もいるのではないでしょうか?今回は『東京喰種トーキョーグール』のネタバレを含むあらすじや、登場人物を徹底紹介します!これを読んで新作に備えましょう♪


『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『LOGAN/ローガン』のトリビア15選【ネタバレ注意】

『X- MEN』シリーズで高い人気を誇るキャラクター・ウルヴァリン。彼を主役にしたスピンオフシリーズ第3弾として2017年に公開された『LOGAN/ローガン』は、ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じた最後の作品として公開し大ヒットを記録しました。今回は『LOGAN/ローガン』から15のトリビアを厳選してお届けします!


V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

V8を讃えよ!オーストラリア映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の魅力とは?

2015年に公開された映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観たことがありますか?あまりの中毒性の高さから映画を観た人々がどんどんハマり、SNSでも評判が広まっていったことで当時まだ少なかった“爆音上映”が大々的に行われるなど、ちょっとしたお祭り状態になった作品です。実はシリーズ物の4作目である本作ですが、前作を観ていなかった人々も巻き込むほどの魅力とは…?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のあらすじやキャスト、見どころなどをたっぷりご紹介します。


『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現

2014年連載から一瞬で人気を集めた眉目じゅんさんの原作を実写化した本作。大人気の俳優陣に、監督から音楽まで最高のクリエイターが揃い組です。またその文学的な表現にも注目です。そんな『恋は雨上がりのように』のあらすじ・キャスト・音楽・ネタバレ・文学的表現まで紹介します。